1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒田清 記者魂は死なず

★本日の金言豆★
播種:作物の種子をまくこと。その方法に撒播(さんぱ:一様にばらまくこと)・条播(じようは:間隔をおいた平行のまき溝を作って種をまくこと)・点播(てんぱ:一定の間隔をおいて一粒または数粒ずつ種子をまくこと)の三種がある。

2005年12月16日発売
 差別問題への取り組み、戦争絶対反対の姿勢、阪神大震災への取材と報道姿勢への批判等、ジャーナリズムの世界に身を置く人なら知らぬものはないその情熱的かつ精力的な活動ぶりで一世を風靡した男の生涯を、詳細な取材に基づき記した伝記。

 読売新聞大阪本社社会部長として、社会部記者集団「黒田軍団」を縦横に動かし、次々に特ダネと大ヒット連載を打ち出してきた男。
 ジャーナリストとしての取材能力、文章力といったものだけでなく、親分肌で部下の面倒見もいいその人柄に、軍団メンバーが全幅の信頼をよせ、気持ちよく仕事が出来ていたんだろうなあと、うらやましくなります。  後に黒田氏の片腕的存在となる記者が体調を崩して会社を休みがちになり、総務が彼を欠勤扱いにすると黒田に言いに来たとき、「俺が頼んだ仕事をやっとんじゃ!」と一喝、無休扱いにさせてしまうというエピソードなどは心が熱くなります。部下は上司を選べないと言いますけど、それ以前にこんな上司、選びたくてもいやしないですよね。

 紙面での連載でも絶大な人気を誇り、特ダネもものにするなど実績も抱負、社内での人望も厚い。そんな彼でもやはり、読売新聞という大組織の中では、仕事とは無関係の人間関係という軋轢によって結局仕事を干され、退社を決意するまでになっていく。会社社会の悲哀はどんなカリスマにも等しく訪れるもののようです。まあ、雇う者と雇われる者という関係においては、やむをえない部分もあるでしょうが、それにしても「雇う者に”取り入るのが上手い者”」がのし上がっていく組織っていうのはろくなもんじゃない。仕事で実績を上げる能力とそれとが往々にして相反する場合が多いので、唯我独尊的に仕事に邁進するタイプのカリスマっていうのは組織では弱いんですよね・・・。

 黒田清の生い立ちから、記者になるきっかけ、読売新聞時代、退社してミニコミ誌による活動を展開し、病魔との壮絶な闘いの末に亡くなるまでを、綿密な取材を積み上げて詳細に描き上げた傑作。  著者はもちろん黒田氏信者の一人なんでしょうが、それはそれとして本書の内容そのものは極めて公正に、先入観を極力排して書かれているところも好印象。それこそが、黒田清の”記者魂”DNAを受け継ぐ者として当然の姿勢だったのでしょう。

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 本の部屋へ

黒田清 記者魂は死なず
有須和也

黒田清の作品

スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

2006年4月1日(土)(赤口)のイベントピックアップ

エイプリルフール
罪のないウソをついてもかまわない日。
1564(永禄7)年、フランスの国王シャルル9世が、それまでヨーロッパでは3月25日だった新年を1月1日にしたため、春の祭りの最終日だった4月1日を「ウソの新年」として祝ったことが由来といわれています。

電気用品安全法の猶予期間が一部終了
今年に入って、中古屋さんやオーディオマニアを激怒させたPSEマーク。
結局、法律は予定通り施行されるものの、ビンテージ楽器は除外だの、中古品もレンタル形式ならOKだの、事実上の骨抜き状態に。
今年一発目(でもない!?)のオマヌケ行政ぶり炸裂。

携帯端末向けの地上デジタルTV放送「ワンセグ」開始
あとは長持ちする電池が欲しいですね。

■洋画「ファイヤーウォール

まだまだインディもイケる!

■洋画「リバティーン

デップ様すごい髪型です

■洋画「ドゥーム

ザ・ロックVSエオメル王子

■ロシア「ナイト・ウォッチ

こんどは露流がくるか!?

洋画DVD「DOMINO/ドミノ

実在の女賞金稼ぎ

PSPソフト「実況パワフルプロ野球ポータブル

ネット対戦が熱い!

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイトへ

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ファイヤーウォール

★本日の金言豆★
ファイヤーウォール(防火壁):ある特定のコンピュータネットワークとその外部との通信を制御し、内部のネットワークの安全維持を目的としたソフトウェア、またはそれを搭載したハードウェア。外部から侵入しようとするクラッキング行為を火事に喩え、防火壁と表現する。

2006年4月1日公開
 凄腕のコンピュータ技術者が思いもかけず超手の込んだ犯罪に巻き込まれる、サスペンス・アクション。
 いつもと同じく職場で仕事に励むジャック(ハリソン・フォード)のところへ、いきなり身に覚えのない借金を取り立てにくる男が。
 私も何通かもらったことありますけど、やれエロサイトの接続料だの、海外の宝くじに当たっただの、あの手のよくあるネット詐欺!?さすがタイトルに偽りなし、ネットがらみの犯罪を描くのか・・・と思いつつ、しかしそんな架空請求で実際に職場にまで借金取りが押しかけてくることなんてありうるのか!?

 そう、それはネット詐欺などという生易しいものではなく、ジャックをターゲットにし、1年も前から周到に計画された犯罪の、ほんの始まりでしかなかった・・・

 60過ぎとはとても思えない、変わらない渋い男の魅力(昔から老け顔だった、ともいいますが・・・)と、アクションスターといっても過言ではないスタント無しの体当たりで挑む過激なアクションシーン、まさにハリソン流!ともいうべき作風は本作でも健在。
 しかも、ジャックを狙う犯人グループとは別に、会社どうしの合併話も進行中という設定で、職場の上司(ロバート・パトリック)からも行動を監視される中、その場にあるあらゆるITアイテムを駆使しながら犯人の要求に対応しつつ、しかも逆に犯人への逆襲の糸口を掴もうとする。
 周到に張り巡らされた罠、複雑に絡み合うプロットが秀逸。

 ま~しかし、バリバリのコンピュータ技術士で裕福な一家の主にしては、悪党相手に少々大活躍しすぎの感も否めません。まあインディ・ジョーンズだけに・・・と思いつつ、この年にしてこれだけのアクションをこなすその勇姿に、ようやく撮入の気配が見えてきたと言われるインディ4への期待もいや増すというもの。

 今回は悪役のポール・ベタニー・・・う~ん、以前「ウィンブルドン」の記事でさんざん彼を地味だ地味だ書いて、女性陣から猛反論をいただきましたけども・・・やっぱ地味じゃないですかあ!?これだけの知能的犯罪を犯す超知能犯っぽい”キレそうなコワさ”みたいなのにいまいち欠けるような気が・・・優男っぽくていい人って感じなんですもん・・・。

 そして出ました!現在全米オンエア中「24 TWENTY FOUR Day5」でもジャックの右腕として大活躍中の”ITエテ公”クロエ・オブライエン役、メアリー・リン・ライスカブが、本作でもジャックの右腕として出演!
 役柄もさることながら、本作での扱われ方まで、クロエとすごくかぶってる気がするんですけど・・・
 全米でもえらい人気だそうですね~この人。どうみてもジーラ博士なのに、その人気の秘密は何処に・・・!?確かに一度見たら強烈に印象に残る面構えではありますけどね。

 ロバート・パトリックもすごくいい年のとり方をしてて、すっかり職場の渋い上司キャラが板についた感じ。
 というように、脇を固める名優達の存在感もバッチリ!
 ちょっとラストの片付け方が、結局暴力なの!?って感じで物足りない気がしなくもないですが、最初から最後まで息をもつかせぬ緊迫感満点でたっぷり楽しめます。

firewall_DVD.jpgオリジナル・サウンドトラック「ファイヤーウォール」


●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

ファイヤーウォール 日本語公式サイトはこちら
監督:リチャード・ロンクレイン
脚本:ジョー・フォート
出演:ハリソン・フォードポール・ベタニーバージニア・マドセン、メアリー・リン・ライスカブ
2006年/アメリカ/ワーナー/106分

説明不要の名優ハリソン・フォード出演作

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

金言豆メインサイト更新

金言豆メインサイト、今週のイベントカレンダー更新!

2006年3月31日(金)(大安)のイベントピックアップ

エッフェル塔の日
1889(明治22)年、エッフェル塔の落成式が行われたのがこの日。
1900(明治33)年にパリで開かれた万国博覧会に合わせて建設された、パリのシャン・ド・マルスの広場に立つ鉄塔で、高さは約320メートル。

プロ野球セ・リーグ開幕
今シーズンこそ人気は盛り返せるか!?

社会保険庁、年金記録をWebで確認できるサービスを開始
基礎年金番号による本人確認後、自宅に郵送されるユーザIDとパスワードで、
・これまでの公的年金制度の加入の履歴(加入制度、事業所名称、資格取得・喪失年月日、加入月数等)
・国民年金保険料の納付状況
・厚生年金の標準報酬月額、標準賞与額
・船員保険の標準報酬月額、標準賞与額
などが確認できます。

アルバム「SAKURA SONGS
「さくら」「春」がテーマ

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイトへ

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

孕み 白い恐怖

★本日の金言豆★
ハラミ:牛の横隔膜の部分。牛一頭から2~3kgくらいしかとれない貴重な部分。

2006年1月発売
 すんません駄洒落で豆書いちゃいました・・・m(_ _)m
 それくらい、本書は何の内容も無い、しょうもない作品でした・・・。
 2005年12月にDVDが発売済の同名ホラー映画の脚本をもとに新たに書き起こされた、”殺戮系ホラー”。
 なんとなくエッチして妊娠した女子中学生ゆいが、一家で人里離れた雪深い山奥のペンションへ叔母夫婦を訪ねて出産のためやってきたところ、徐々にいろんなおかしなことがおきはじめ、やがて一人一人何者かによって殺されていく・・・

 ・・・って、ほんとにこれだけ!な~んのひねりも工夫もありません!こりゃびっくりです。
 タイトルがタイトルだから、ゆいが妊娠したお腹の中の子供がなんかするのか!?とか、彼女を孕ました男子中学生が実はなんかたくらんでんのか!?とか・・・まあベタな期待ではあるんですが、それらはものの見事に”悪い方へ”裏切られます。
 序盤に登場するいかにも怪しげな人物は実は・・・やっぱり怪しい人だったりしますし、別に正体不明のシリアルキラーが登場するわけでもない、さりとて、その殺害動機には何の説得力もリアリティもない、ほんとにただ、山奥でどんどん人が無意味に殺されていく、というだけの話・・・これを称して殺戮系ホラーと!?いつの時代から来た人ですかあ~!?

 元になったDVDは未見ですが、たぶんそっちの方は、映像的に恐怖を煽る見せ方の工夫などがされてて、映画としては楽しめるものになっているんでしょうね。でもそれを小説にしちゃあいかんかったですね・・・。

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 本の部屋へ

harami_DVD.jpg孕み 白い恐怖 DVD
2005年12月16日発売

孕み―白い恐怖
佐藤有記

著者の作品

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

2006年3月30日(木)(仏滅)のイベントピックアップ

マフィアの日
1282(弘安5)年のこの日、フランス支配下のシチリアでフランス人の蛮行に対抗した「晩鐘事件」という暴動が起こった。
ちなみにシチリアといえば「ゴット・ファーザー」=「マフィア」のイメージが強いが、「グラン・ブルー」、「ニュー・シネマ・パラダイス」などの映画の舞台ともなってます。

ゴルフ、クラフト・ナビスコ選手権
カリフォルニア州のミッションヒルズCCで行われる、米女子ツアーのメジャー大会。
日本ツアーの賞金ランク上位2位に与えられる特別推薦枠で、不動裕理と宮里藍も参戦。
女子スポーツ選手は顔だ!

洋画DVD「愛についてのキンゼイ・レポート

エロを真剣に語る

DSソフト「陰山英男のIQティーチャーDS

ドジョウは何匹までいるか!?

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイトへ

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ドゥーム

★本日の金言豆★
FPS(First Person Shooter):ゲーム画面がプレイヤー自身の目となるタイプの一人称シューティングゲームをさすジャンル。

2006年4月1日公開
2006年8月11日DVD発売
 ゲームって、ジャンルによっては日本とアメリカでウケ方が全くちがうもので・・・
 よく知られている(!?)のは、ドラクエやFFに代表される日本製のRPGは、カッタルイってんでアメリカ人には全然ウケないとか、
 逆に3Dダンジョン型シューティングゲーム”FPS”は、大味すぎるってことで日本じゃあアメリカ国内ほどの大ヒットはしないとか。
 「HALO」っていう、Xboxで出てるFPSなんて、むこうではXbox本体の販売本数かさ上げにも貢献するほどの大ヒット、こんど映画化もされるっていうくらいなのに、日本ではそもそもXboxがコケにコケてますから、その存在すらあまり知られていないのでは。

 そんな中でも「DOOM」シリーズは、初期版から日本でもけっこうヒットしてた人気シリーズといっていいんじゃないでしょうか。
 主演級キャストが、”イマイチブレイクしきれない肉体派”ザ・ロックと、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのエオメル役での神経質そうなキャラクターが記憶に新しいカール・アーバンってとこがなかなかシブい!そこにボンドガール経験もある美貌の若手実力派ロザムンド・パイクを加えた三枚看板、日本ではどうみても超B級ホラーとしか思えない題材でも、アチラにとってはそれなりのバリュー・タイトルってことなんでしょうか!?

 火星の研究施設からの救援要請に、海兵隊特殊作戦本部(RRTS)の精鋭8人が乗り込む。人工的な閉鎖空間である研究施設の中を調査するRRTSのメンバーが、やがて1人、また1人と正体不明の敵に倒されていく・・・はたしてその正体は!?

 空間に浮かぶバレーボール大のアワのようなものを通して行われる物体転送装置や、一見何もない壁がスイッチ一つで半透明状態になり通過できるようになるなど、近未来という設定を生かしたSFチックなアイテムが満載。私はゲームの方はそれほどやったことはありませんが、こういうのゲームにもあったんでしょうかね?

 「ハウス・オブ・ザ・デッド」の映画化版にもありましたが、終盤にゲームのプレイ画面を再現し、スクリーンが登場人物の視点になって3Dダンジョン内を進みながら敵を撃ち倒していくという映像が・・・これはやはり、ゲームユーザーの観客向けサービスってことなんでしょうが、意味あるんでしょうかね果たして!?プレイヤー視点でのシューティング画面なんて、自分でリアルタイム操作できるゲームだからいいんであって、観客が一方的に観てるしかない映画でそれを再現する意味がさっぱりわからない!?

 3枚看板の主演級3人は見せ場も出番もたっぷり、特にラストの異色マッチメイク格闘対戦シーンはある意味必見!?
 前述のSFアイテムを適度に駆使したプロット、SFサスペンス的なシナリオなど、よくよく見るとけっこう細かいところまで作りこんだ秀作。でも鑑賞後の感想はとにかく大味、さすが”洋ゲー”映画の面目躍如!?

 あと、ついでながら公式サイト、いろいろ凝ってるせいで激重なのはともかく、サウンドoffにしても効果音だけは延々流れ続けるのはどういうこと!?意味ないじゃ~ん!

こちらが本家のゲームソフト
doom3.jpgDOOM3 (輸入版)

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

ドゥーム 日本語公式サイトはこちら
監督:アンジェイ・バートコウィアク
脚本:ウェズリー・ストリックほか
出演:カール・アーバン、ロザムンド・パイク、ザ・ロック
2005年/アメリカ/UIP/104分/R-15

アンジェイ・バートコウィアク作品

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

2006年3月29日(水)(先負)のイベントピックアップ

マリモの日
1952(昭和27)年のこの日、北海道・阿寒湖のマリモが国の特別天然記念物に指定。

ハイチ、プレバル新大統領就任式
未だ政情不安定なハイチを、新大統領がどう立て直すのか注目。

アルバム「山崎まさよし with 服部隆之とラッシュストリングス WITH STRINGS

10周年ライブをCD化

DVD「水曜スペシャル「川口浩 探検シリーズ」 川口浩探検隊~野性の脅威・猛獣編

いっけいっけ~川口浩!

PS2ソフト「プロサッカークラブをつくろう!ヨーロッパチャンピオンシップ

約9000人の選手が実名登場

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイトへ

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

マラケシュの贋化石(上・下)

★本日の金言豆★
ヒステロリト(子宮石):形状が女性器に似ているため、正体不明のまま命名され、母親石、陰門石などの俗称でも呼ばれるが、実際には腕足動物の内形雌型の化石。

2005年11月発売
 世にも珍しい遺物が発見された!そんな特ダネに飛びつき、世紀の大発見!と喧伝したのはいいものの、実はそれが昔から使い古されたペテンの贋作だってことがばれ、世界中の失笑を買うとともに愚か者の烙印を押されてしまったべリンガーという人がいたそうです。
 古生物学史上でも有数の贋作事件としてけっこう有名な話らしいこのエピソード、なんだかつい最近、日本の国会でもいたような気がしますねえこういう人・・・昔っからガセネタ流しで業界では札付きの人物から得た情報を頭っから鵜呑みにして、それも国会という公共の場で大々的に喧伝したあげく、贋物だとばれた後も雲隠れするわ謝罪もろくにしないわ、議員辞める辞めないも自分では決めず上司に預けるわ、その卑怯・卑劣・無能ぶりを日本中にさらしまくった永田議員。
 まあ永田氏の方は、「あなたパソコンさわったことないの!?」ってくらい、ど素人でも分かりそうなしょうもない代物にひっかかってるわけで、明らかにだまされる方がバカという事例ですが、遺物の贋作の方はけっこう手が込んでいます。

 本物のトカゲなどを石膏で型取りして作られるという贋化石ってのがモロッコの都市マラケシュで今も売られているそうで、見た目は確かにそれっぽい。まあ土産物っていう意味でもちょっとくらいなら買ってみようかなって気にもなるでしょう。でもよく観ると、小形動物の眼や指などがあまりにもくっきりと浮き彫りにされたそれは、ありえないっちゃあありえない。ちょっと調べれば素人でも分かる、でもそれは買う方も織り込み済みの予定調和的な土産物とでも言うべき代物。

 こんな感じで、科学史に埋もれた奇妙な出来事、おかしな間違い等の事例を掘り起こすエッセイ集。
 かのガリレオ・ガリレイでさえ、「土星は”だんご三兄弟”のような三連星構造である」という誤った説を唱えてしまっていたとか。一方で当時の世間の常識を覆すような大発見をしておきながら、何故そんな誤りをしてしまったのか?分かってみれば納得ながら、当時としてはやはりずば抜けていたその先見性と探究心には逆に感心させられます。

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 本の部屋へ

マラケシュの贋化石(上・下)
スティーヴン・ジェイ・グールド
渡辺政隆・訳
早川書房

著者の作品

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

2006年3月28日(火)(赤口)のイベントピックアップ

シルクロードの日
今から2000年前、中国の敦煌から砂漠を16日ほど進んだところにあるロプ・ノール湖のほとりに楼蘭(クロライナ)というシルクロードのオアシスがありました。 楼蘭はいつしか荒れ果て、砂漠の中に消えてしまいましたが、1900(明治33)年のこの日、探検家スウェン・ヘディンによって発見されました。

イスラエル総選挙実施
2005年11月に与党の右派リクードを離党し、新党カディマを結成したシャロン首相。その後、2006年11月の任期切れを待たずに国会を解散し、総選挙が行われることに。
2005年末に倒れ、昏睡状態が続くシャロン首相。主要3党がどんな戦いを見せるか?

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイトへ

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ナイト・ウォッチ

★本日の金言豆★
セルゲイ・ルキヤネンコの原作小説は「Night Watch」「Day Watch」「Dusk(たそがれ) Watch」の3部作。

2006年4月1日公開
 ロシア映画ですよ、ロシア!いやあ~私も不勉強なもので、ロシア映画ってちゃんと観るのたぶん初めてのような気がします。
 映画誕生以来、通算60本程度しか作られていないというウルグアイから飛び出した異色作「ウィスキー」を観た時も、その異世界のノリに、いかに普段からハリウッド的な娯楽作品に慣れすぎてるかを痛感させられる新鮮な驚きがありましたが・・・

 「「マトリックス」の真の後継者」なんて大仰な宣伝文句につられて期待して観るとかなり肩透かしをくらうでありましょう、これまた異次元・異世界テイストの作品です。

 この世はかつて光の種族と闇の種族にわかれて戦っていた、終わりなき戦いを終わらす為、一部の特殊な超能力に目覚めた人間達にそれぞれの勢力を監視させることにした・・・

 いかにも神話チックで漫画チックな設定、これだけで食指を動かされる向きもありそうですが・・・
 単純な設定のはずなのに、この難解さは何!?誰が敵で誰が味方やら、何よ急に出てきてバンパイアって・・・何したら勝ちなのか負けなのか、どうやって戦ってんのか?この攻撃は何!?
 説明がなさすぎですあまりにも・・・映像でそれを表現しようとしてるのかもしれませんが、ちょっと突き放しすぎでは!?

 「極寒の地シベリア」というステレオタイプなイメージがあるロシアの作品らしく、物凄く冷たい感じの映像美はさすが。CGも存分に駆使した独特の異世界表現をたっぷり堪能できます。

 本作は、原作のベストセラーSF小説三部作の第1部で、既に本国ロシアでは続編「Day Watch」も公開され大ヒット中とか。
 確かに本作のラストは、思わせぶりなネタふりを残して「続く・・・」的な終わり方ですが・・・あんまり続きが気になるほどのシナリオでもなく。

 本国ロシアでは、並居る外国映画作品を押しのけて大ヒットを記録したという本作、やはり、自国にウケる作品は自国で作るのが一番なんでしょうか。

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

night_watch_book.jpgナイト・ウォッチ 原作小説
2005年11月29日発売

ナイト・ウォッチ 日本語公式サイトはこちら
監督・脚本:ティムール・ベクマンベトフ
原作・脚本:セルゲイ・ルキヤネンコ
出演:コンスタンチン・ハベンスキー、ディマ・マルティノフ、ウラジミール・メニショフ
2004年/ロシア/FOX/115分/PG-12

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

2006年3月27日(月)(大安)のイベントピックアップ

さくらの日
日本さくらの会が1922(平成4)年に制定。さくらと「3(さ)×9(く)=27」の語呂合わせ。
日本さくらの会は学校への作植樹などを行っています。

石綿新法、施行
石綿(アスベスト)による健康被害者救済のための新法がこの日から施行に。
石綿が原因で中皮腫や肺がんと診断された患者や遺族に医療費が支給されます。

am/pmに「指静脈認証ATM」登場
am/pm内に設定している「@BANK」ATMで、指静脈認証がスタート。暗証番号を入力後に指静脈情報を照合。

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイトへ

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

巨大投資銀行(バルジブラケット)上・下

★本日の金言豆★
持物(じぶつ):宗教画で、描かれている人物を示す特定の物として一緒に描かれているもの。マリア像には彼女の純潔性を表す白百合が描かれている等。

2005年11月11日発売
 よく、保険の勧誘パンフレットなんかに、サラリーマンの証券太郎くんとか保険花子さんとかが主人公で、彼らが保険や投資に興味を持ち始め、実際に加入したり投資したりする話を描きながらその仕組みを解説するという、しょ~もないマンガが載ってますよね。
 本書は一言で言うとまさにそれ。そのハードカバー小説版。

 桂木英一という元銀行マンが、ある日一念発起して銀行を辞め、外資系投資会社に転職するところから物語は始まります。
 銀行の人事に納得がいかなくて辞めた彼が行くことになった新天地モルガン・スペンサーは、待遇はそれなりにいいものの、営業ノルマは何百万ドルも課せられ、達成できなければ容赦ない首切りが待っているという、”ザ・外資”。
 最初は自身が生き残れるのかどうか不安に感じる桂木も、なんだかんだで目前のノルマは着実にこなし、あれよあれよと出世街道ひた走り。最後は時の財務大臣からお呼びがかかって経済界のトップに抜擢されるという・・・
 仕事も女も何故かいつも思い通りにうまくいく「島耕作」をさらに単純にしたようなしょうもないサクセス・ストーリー、はっきりいってそこに小説として見るべきものは何もありません。

 本書のキモは、そんな桂木の立身出世伝にからめて描かれる、バブル景気前の日本とそれを取り巻く外資系企業の内情や、バブル景気前後の日本経済が辿った道筋を振り返りながら、M&A、証券取引などの仕組みについて解説的に描いているところ。
 銀行や証券会社の営業マンや幹部の年収がどれくらいだとか、報酬体系がどんなだとか、上がりが近づいた幹部連中がどれくらい個人資産を貯めこんでるかとか、どこまでホントか分かりませんがホントだとしたら真面目に働く気がしなくなるような内情も。

 しかし本としてみると、本格的に証券・投資関係を志す人向けにはあまりに掻い摘まれすぎた薄い内容だし、読み物としては前述のとおりお話にならないレベル。
 ハードカバーの上下巻仕立てでハッタリの利いた装丁、まさに本書で描かれる、虚飾に満ちた虚業・マネーゲームの実体を体現しているかのよう。

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 本の部屋へ

巨大投資銀行(バルジブラケット)上・下
黒木亮
ダイヤモンド社

著者の作品

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

2006年3月26日(日)(仏滅)のイベントピックアップ

カチューシャの歌の日
1914(大正3)年のこの日、島村抱月と松井須磨子が起こした芸術座で、トルストイ原作「復活」の初演がありました。このとき松井が歌った劇中歌が「カチューシャの歌」で、当時この歌は大流行、一世を風靡しました。

2006世界フィギュア選手権大会決勝
トリノのヒロイン、荒川静香選手は出場を辞退したものの、村主選手をはじめ、中野友加里、恩田美栄、織田信成ら有力選手が出場。頑張れニッポン!

横浜市長選投票日
日本一有名な!?市長、中田現市長は再選なるか!?

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイトへ

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

タッチ 劇場版

★本日の金言豆★
タッチ(原作本):81~86年少年サンデー連載。コミック(単行本、愛蔵版、文庫本)総売上 6500万部以上。

2006年3月24日発売
 不覚にもウルってきてしまうシーンが何度か・・・
 やっぱりここは外せない、カッちゃん死亡のシチュエーション、
 原作とはまた一味違ったアレンジが光るタッちゃんのマウンドでの頑張り、そこに駆けつける南ちゃん、流れるテーマ曲!ジャージャジャジャジャジャジャジャ、ジャジャジャジャン!呼吸を~止めて~♪

 20年も前の作品で、TVアニメ化も劇場映画化も何度もされてて、そのあらすじもキャラクター性も泣き所も十分すぎるほど分かってるはずなのに、それでもやっぱり感動してしまう、
 これはもう、原作の完成度の高さ、
 犬童監督の手腕の見事さ、
 そして私自身モロ原作ジェネレーションだってのが大きいのかなあと。

 浅倉南ちゃん役にこれほどハマる人がいまだかつていただろうか!?と素直に思ってしまう奇蹟のベストキャスティング、長澤まさみチャンは言うことなし。
 まあ強いて言えば、運動神経バツグンという設定の南ちゃんが新体操やるエピソードがバッサリ無くなったのは、もしかして尺の問題だけでは無いのか!?ってことぐらいですが、ま~瑣末なこと。

 野球も出来る高校生役イケメン双子俳優っていうめちゃめちゃ高いハードルをクリアした上杉兄弟役の斉藤兄弟が正直すっごい心配だったですけど、それが杞憂だったとまでは言えないまでも、なかなか思った以上にナイスな上杉ぶりではないかと。ま~いかんせん、原作の偉大さゆえにハードル高すぎですからね・・・。
 カッちゃんのキャラが若干違うような気もしますが(ちょい悪すぎ!?)、タッちゃんはその淡々としたキャラクター、ぶっきらぼうなもの言いなどがなかなかハマってます。狙った演技なのかはちょっと微妙ですが・・・

 原作から適度にアレンジされたシナリオがまた絶妙。カッちゃんの後を継ぐ格好で野球を始めたタッちゃんや、それを見守る南ちゃん、上杉母の葛藤を描いていたり、ラストの須見工新田との対決もちょっとアレンジされてたり、どれも原作の雰囲気を保ったままより人物を掘り下げており、うまい!
 原作には確か一切出てこなかったような気がする、南ちゃんちの母親が冒頭ちょろっと出てくるのは、イマイチ意味不明でしたけども・・・

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

タッチ
監督:犬童一心
出演:長澤まさみ斉藤祥太斉藤慶太風吹ジュン若槻千夏小日向文世宅麻伸
2005年/日本/116分

犬童一心監督作品

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

2006年3月25日(土)(先負)のイベントピックアップ

電気記念日
1878(明治11)年のこの日、東京・銀座木挽町中央電信局が開設され、その祝賀会会場であった工部大学校(東京大学工学部)で日本初の電灯となる50個のアーク灯が点灯したことを記念し、日本電気協会が1927(昭和2)年に制定。

プロ野球、パ・リーグ開幕
今年もまたTV番組録画予約がめんどくさい季節到来。

■洋画「サウンド・オブ・サンダー

未来は変わるという主張で

■露「大統領のカウントダウン

ロシアンアクション炸裂

■豪「リトル・イタリーの恋

「きみ読む」脚本家監督デビュー

■韓「春が来れば

チェ・ミンシュクの感動作

アルバム「スピッツ/CYCLE HIT

メンバー公認ベストはこれが初

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイトへ

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

素数の音楽

★本日の金言豆★
フィールズ賞:数学界におけるノーベル賞ともいうべき、最高の賞。4年に1度開かれる国際数学者会議の場で授与される。賞金は1万5千カナダドル、また受賞資格は40歳以下の数学者という制限がある。

2005年8月30日発売
 「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」の敵役プッチ神父は、窮地に陥ったとき自分を落ち着かせるために「2,3,5,7,11・・・」と素数を数えます。
 一見規則性があるようでその実、気まぐれに出現し、「数の原子」とも呼ばれているというこの”素数”というやつ、もともと数学は大の苦手な私、学校で習って以来、特に気にかけることなく今まで過ごしてきましたが・・・

 数学界には昔から未解明のまま残されている難問がいくつかあるっていうのも知ってはいましたけども、「フェルマーの最終定理」以上の超難問として、素数の出現の規則性を予想した「リーマン予想」というやつを証明するというのがあるとは知りませんでした。
 この問題、伊達に”超難問”と言われているわけではありません。なにせ、この証明に取り憑かれた挙句、精神をやられ人格崩壊してしまった数学者までいるというんですから・・・

 そんな不思議な”素数”にまつわる数学界の歴史や、その問題に挑んだ歴史上の数多の数学者たちの素顔を描くノンフィクション。

 秀逸なのは本書の読み物としてのレベルの高さ。とにかく面白い!
 前述したように数学は大の苦手で大嫌いな私でさえ、生き生きと描写される登場人物たち、数学にまつわるさまざまな豆知識、数学という学問の意義や歴史などについて鮮やかに描く筆者の類まれなる筆致に我知らず引き込まれてしまいます。
 数学のことなど全く知らなくても全然問題なし。数学のアウトラインの勉強としても、学会ノンフィクションとしても、数学者の伝記としても楽しめる書。

 原作のそのポテンシャルを損なうことなく、巧みに日本語化した訳者の力量もあいまって、細かい字で約500ページ弱というボリュームにもかかわらず、一気にすらすらと読めてしまいます。

 ま・・・そうはいっても、書いてある「リーマン予想」とは何ぞや?なんてことは、読後も全く分からないままなんですけどね(^^; それでも面白く読めるっていうのが本書のすごいところ。

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 本の部屋へ

素数の音楽
マーカス・デュ・ソートイ
富永星:訳
新潮社クレストブックス

素数の世界に浸ろう

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

金言豆メインサイト更新

金言豆メインサイト、今週のイベントカレンダー更新!

2006年3月24日(金)(友引)のイベントピックアップ

マネキン記念日
1928(昭和3)年、高島屋呉服店が上野公園で開かれた大礼記念国産振興東京博覧会で日本初のマネキンを登場させました。

韓DVD「親切なクムジャさん

その親切にはワケがある

邦画DVD「カスタムメイド10.30

カエラって変な名前

邦画DVD「タッチ

意外とナイスキャスティング

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイトへ

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ウェス・クレイヴン's カースド

★本日の金言豆★
狼男:月を見るとオオカミになるとされる伝説の生物。ウェアウルフ、ライカンスロープなどとも呼ばれる。実際の伝承では、人語を話すオオカミ、もしくは人と同じ大きさのオオカミという形で語られ、月や丸いものを見ると変身するという設定は映画や小説における創作。

2006年3月18日公開
cursed.jpg  「ティム・バートンのコープスブライド」はまあ、同時期に同監督の「チョコレート工場の秘密」も公開されてましたし、あのティム・バートンが「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」に続き久々にパペットアニメーションアニメ映画を!っていう意味で監督名を冠するのも分かるんですけど・・・
 ウェス・クレイブンの言われてもねえ・・・ホラーマニアならともかく、普通”誰やねん!?”思いますよね失礼ですけど。

 直訳で「呪い」ってタイトルからは、怨念系のおどろおどろしいホラーを想像しますけども、実のところは”噛まれるとうつる”という狼男の呪いのことで、内容的には”学園コメディ”と”アクション系サスペンス”といった感じ。
 CGを駆使して描かれる狼男の変身シーンやアクションシーンはなかなかのリアリティと迫力。でも予算の関係か、画面上で狼男が活躍するシーンはけっこう少なめなんですけども・・・

 ヒロイン役クリスティーナ・リッチは、感じ変わりましたね~!子供の頃はこういっちゃなんですけど、目玉ギョロギョロして、梅図かずおの漫画に出てくる女の子キャラみたいな雰囲気で、まさにホラー映画の申し子!みたいな感じでしたけど、大きくなっていい意味で普通っぽくなってきたというか。ぶっちゃけ最初観た時は、彼女ってわかんなかったですもん私・・・。
 年相応に!?それなりのお色気シーンも演じてたりして。いい感じでキャリアを積み重ねてって欲しいですね。

 狼男に関する設定は、
 銀が苦手、
 噛まれると狼がうつる、
 一番元祖の狼男を倒すと、うつされた人は元に戻る、
とオーソドックスなところを踏襲。
 あとは、学園青春コメディっぽいノリで味付けされ、お色気シーンもちりばめられてと、全体的にわりと軽いノリ。といいつつ、ホラーが苦手な人にオススメできるほどヤワでもありません。

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

ウェス・クレイヴン's カースド 日本語公式サイト
監督:ウェス・クレイブン
製作・脚本:ケビン・ウィリアムスン
出演:クリスティーナ・リッチジェシー・アイゼンバーグジョシュア・ジャクソン、ジュディ・グリア
2005年/アメリカ/ギャガ/97分

ウェス・クレイブン監督作品

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

2006年3月23日(木)(先勝)のイベントピックアップ

世界気象の日
気象の共同観測や資料交換などの国際協力を目的に、世界気象機関(WMO)が1950(昭和25)年のこの日に発足。
同機関の発足10周年を記念して制定されました。
日本は1953(昭和28)年に加盟。

第78回センバツ高校野球大会開幕
春のセンバツがいよいよ開幕!
勝ってうれしいからって酒盛りはやめましょうね。

東京国際アニメフェア2006

国内・国外のアニメ制作会社や、TV・映画会社、玩具メーカーなど、アニメに関わる企業・団体が多数出展する見本市。
アニメ業界の最先端がここに!?

ライブDVD「ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2005-2006 A

ヒット曲満載

東京事変/DVD映像作品集 ADULT VIDEO
さすがナイスなタイトルで

DSソフト「Puzzle Series Vol.3 SUDOKU 数独
世界中で人気沸騰中パズル

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイトへ

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

米中石油戦争がはじまった

★本日の金言豆★
SSGNミサイル原子力潜水艦:米軍の最新式ミサイル原潜で、魚雷発射口から小型艦艇でシールズを送り出すことができる。

2006年1月発売
 米中石油戦争とはいったい何のこと!?私も含めて、日本のほとんどの一般人はおろか、もしかしたら大多数の政治家すらも、全然意味が分からないんじゃないでしょうか。
 しかし、まったくマスコミでは報道されない国際社会の裏側では、かつてのアメリカとロシアの冷戦時代とはまた違った、そしてより恐ろしい、アメリカと中国という二大大国による戦いが、すでに繰り広げられている、というのです。

 それは石油の獲得合戦という、大昔からあいもかわらず国際社会で戦争の火種になり続けてきたネタをめぐる攻防。
 そうでなくても人口の多い中国、でも国土が広いわりに、産出資源がほとんどありません。そこへもってきて、ここのところ急速に発展を遂げてきた経済事情により、石油の消費量は爆発的に増加。彼らにとってその獲得はのっぴきならない事情であるのはもちろんですが、それよりもこのペースで中国の消費量が延びると、早晩世界規模で深刻な石油不足になるんじゃないか?という、そっちの方もかなりコワイ・・・。

 そして、これまでは事実上ほぼアメリカのための産油国であったサウジアラビアが、実は最近中国との距離を急速に縮めており、合同で石油会社を作ったりしているという・・・そしてその反面、サウジアラビアはアメリカは日本といった国と距離を置き始めているといいます。
 このへんの事実関係には、多分に著者の憶測が混じっている感もあるものの、少なくとも会社の株式保有率という、第三者的に検証可能な事実で、中国の持ち株比率が高くなっているというんですから、見逃せない重要事実。

 こんな感じで、これまで”自分が一番!中国人にあらずんば人にあらず!”でやってきた中国が、アメリカの事実上の敵対国家としてさまざまな手段を裏に表に講じているという事実を、詳細に検証、論証する書。

 まず間違いなく、著者は愛国者であると同時に、かなりの中国嫌いなのでしょう。まあその2つは多分に相容れるので、悪くはないのですが・・・
 人民元の切り上げや、中国の台湾侵略計画などに関する論証は、ことごとく中国の戦略の傲慢さを暴き、その先行きについて失敗を予言しており、読んでて溜飲が下がるところは大いにあります。

 しかし、事はまさに日本の隣の国の話、そしてその敵対国家がアメリカとなれば、あまり感情的に物ごとを判断するのも有益じゃありません。
 著者は結局、中国はアメリカには勝てない、と断じており、その根拠は一言で言えば「中国の軍事技術はアメリカより数十年遅れているから」。
 確かに、いまだに放射能漏れおこす原潜を使っているらしかったり、戦闘機の管制も昔ながらのレーダーと通信連絡によるものだったり、徴兵制なので質の高い兵士がいなかったりと、現時点で遅れを取っているのはまぎれもない事実なんでしょうが・・・
 そんな感じで相手を侮って進出した挙句、いいように技術だけ盗まれて、いつのまにか製造業における地位を逆転されてしまったのもまた事実。なんだかんだいっても、米粒に字を書ける文化を持つ国、彼らの軍事技術がいつまでも先進国に水をあけられたままだ!などと侮ってタカをくくるのは、私は非常に危険じゃないか!?っていう気がします。

 愛国者を気取る人って、中国嫌い、それは全然いいんですけど、絶対中国は破綻する、やつらは技術的には絶対こっちに追いつけない等、変なプライドがあるんでしょうか、必ず相手を最終的にはバカにするんですよね、大した根拠も無しに。
 でもそうじゃなく、今の靖国問題にしたって、めちゃめちゃ高度な情報戦、心理戦を仕掛けてきているんだっていうくらいの認識を持ち、奴らがいつ攻めてきたっておかしくない!というくらいの緊張感を持って事にあたらないと、シャレにならないことになるのは間違いないと思います。

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 本の部屋へ

米中石油戦争がはじまった
日高義樹
PHP研究所

著者の作品

テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

2006年3月22日(水)(赤口)のイベントピックアップ

放送記念日
1925(大正14)年のこの日の午前9時30分、東京・芝浦にある東京高等工芸学校の仮スタジオから、東京放送局(NHK)が日本初のラジオ仮放送を開始。これを記念して、日本放送協会(NHK)が1943(昭和18)年に制定。

MAXI「KAT-TUN/Real Face
待望のデビュー曲は松本孝弘作

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイトへ

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

サウンド・オブ・サンダー

★本日の金言豆★
「いかずちの音」:1952年、レイ・ブラッドベリ作のSF小説。

2006年3月25日公開
タイム・トラベルで過去を変えた場合、未来ははたして変わるのか?
 変わる!というスタンスで、数十年レベルの短いタイムトラベルによる過去と未来の変化を最高のエンターテイメントのモチーフに変えた名作が「バック・トゥ・ザ・ヒューチャー」、
 変わらない!というスタンスで、何百年単位から数時間単位の細かいタイムトラベルによるキャラクター達の動きをジグソーパズルのようにロジカルに組み立てた面白さが魅力の「サマータイムマシン・ブルース」。
 実際のところどうなのかは残念ながら検証のしようがありませんが、タイムトラベルもののシナリオの骨子はこのどちらかのスタンスをとることになります。

 で、本作は前者の「変わる!」スタンスをとる話なんですが・・・その変わり方、そしてそもそもタイムトラベルの概念そのものの描き方が、良く言えば非常に独特。逆に言えば非常にいいかげん
 まずタイムトラベルものに必須の「タイムマシン」。これは、乗り物の類ではなく、据置型の装置の体をなしています。現代から過去へ通じる穴をあけ、こっからが面白いとこですが、地面からちょっと浮いたところに透明バリアみたいなので廊下を発生させて、トラベラーはその上しか歩いちゃいけない!
 これは本作のキモのひとつである、「タイムトラベル三原則」に則ったもの。
「過去を変えるな」
「過去に何も残すな」
「過去から何も持ち帰るな」
・・・ってこれ、最初の「過去を変えるな」だけでいいんじゃないでしょうか? あとの2個は補足にしかなってないような気が・・・
SF界の巨匠、アイザック・アシモフの提唱した「ロボット三原則」
「ロボットは人間に危害を加えてはならない。」
「ロボットは人間の命令に服従しなければならない。」
「ロボットは、前2条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。」
に比べるといささか見劣りするチャチな原則です。

 まあそれはさておき、その原則に従うため、過去を一切変えないように、地面にも降りない、空気を吸ったり吐いたりもしないように宇宙服みたいなのを着て移動する。このへんの見た目の描き方は、これまでにない変り種ではあります。

 で、そこまで厳重に気を使いながらやることというのが、「恐竜ハンティング」。もともと火山の爆発のせいで死ぬはずだった恐竜を1匹、その数分前に殺すだけだから、過去を変えることにはなってない、というロジック。う~ん・・・突っ込みたいところではありますがまあいっか・・・。
 それよりもここで本作のタイムトラベルの第2の特徴、「同じ時間の過去に何度行っても、”前回のタイムトラベルでそこに行った自分達には会わない”」。
 これはどういう理屈でそういうことにしてんのか、イマイチ納得のいく説明は無いようです。これまでのタイムトラベルものなら、未来が変わる、変わらないに関わらず、一度行ったタイムトラベルの結果は残るので、会うはずなんですけど・・・
 なので、何度も何度も同じ時間に戻って同じ恐竜を殺すっていうツアーが、本作の舞台となる会社の売り物という設定。
 まあ、実際どうなるのかは誰にもわかりませんから、別にこういう解釈でもいいっちゃあいいんですけど。

 で、3つ目の本作のタイムトラベルの特徴、ここが本作の最大の見せ場。
過去を変えると、その変化が津波のように現代へ押し寄せてくる
 こりゃも~、まじめに論理的に解釈しようとするだけムダというもんでしょう。
 劇中では「ディープ・インパクト」の大津波の透明版みたいなのが街を襲う映像で描かれますが、その波はどこから来てどこに向かってくの?
 1つの変更による変化の波が、何で4段階に分かれてくるの?
等など、突っ込みどころというより、話の面白さ重視でそういうとこ何も考えてないんじゃないかとしか思えない!?でもその狙い通り、映像化されたものはビジュアル的には非常にインパクトがあり面白いので、まあいっかみたいな(^^;

 タイムトラベルものというよりは、生態系の乱れでいろんなワケわかんない生物が出てきたり、近未来都市の様子がどんどんジャングルみたく変わっていったり、そういう絵的なインパクトとそこで繰り広げられるアクションを楽しむ作品。あんま真剣にタイムパラドックスがど~のこ~のと考えると損します。
 だいたい、前述しました「前回のトラベルで過去に行った自分には会わない」ってのも、ラストで都合よくあっさり覆えされてますし。いいかげんにもほどがあるんじゃないの?

 あと、恐竜、生態系変化後に出てくるクリーチャー、近未来世界の街並みなどにCG映像が多用されてますが、その仕上げのユルさは脱力もの。序盤、主人公達が街中を歩きながら会話するシーンなど、昔のコントを見るようなハメコミ映像丸分かりの画面。こういうの観ると、あ~やっぱ「スター・ウォーズ」ってよく出来てんだな~と思いますね。

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

back_to_the_future.jpgタイムトラベルものの名作中の名作「バック・トゥ・ザ・フューチャー

summer_timemachine_DVD.jpgこちらは本広監督のコメディ「サマータイムマシン・ブルース
2006年2月24日発売

サウンド・オブ・サンダー 日本語公式サイトはこちら
監督・撮影:ピーター・ハイアムズ
原作:レイ・ブラッドベリ
出演:エドワード・バーンズベン・キングスレーキャサリン・マコーマック、ジェミマ・ルーパー
2005年/アメリカ/松竹/102分

ピーター・ハイアムズ監督作品

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

テーマ : 映画情報 - ジャンル : 映画

2006年3月21日(火)(大安)のイベントピックアップ

ランドセルの日
3+2+1が、小学校の修業年数の6になることから、ランドセルをミニサイズに加工する店「スキップ」が記念日として提唱。
他に上手い語呂合わせもありませんし・・・

2005 第45回 ACC CMフェスティバル入賞作品上映会

ACC(全日本CM放送連盟)CMフェスティバルに入賞した作品154本をまとめて上映。
CMクリエイターの解説を交えたカタチなので、また新たな見方ができるかも。
@情文ホール(みなとみらい線日本大通り駅)

アニメ「ゲッターロボG Vol.2

続編アニメシリーズ第2弾

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイトへ

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

官邸主導 小泉純一郎の革命

★本日の金言豆★
ソールズベリー・ドクトリン:英国下院の総選挙で選ばれた政権与党がマニフェストで掲げ、下院を通過させた法案を、選挙で選ばれていない上院(貴族院)は否決しない、という、マニフェスト型選挙の先達・英国議会の不文律。

2005年12月発売
 バブル崩壊後、財政、金融といった日本のマクロ経済政策は、常に時の政局を左右する最大の政治課題であり続けました。先の郵政民営化もその重要な一つといえるでしょう。
 時の政治情勢と密接に連動する、財政政策の決定プロセスに特に重点を置き、官邸を舞台に過去十年における政治史、政策決定メカニズムの変遷を検証する、政治ドキュメントが本書。

 ・・・なんですが、ぶっちゃけ本書には”読ませる努力”が決定的に足りないようです。
 時の政治家達が密室で交わしたであろう政治決定の際の会話を、まるでその場にいたかのような再現形式で書いたり、
 誰もが知る政治家達の裏のつながり、人脈、しがらみなどを詳細に検証してあったりと、情報量は文句なし、あの政治の裏はこうなっていたのか!と、ドラマティックさはなくとも政治らしいキナくささ、ドロくささが感じられてもよさそうなものですが・・・

 ドキュメンタリーっていうのは映像作品もそうですが、ただカメラをまわして撮った映像を繋いで流しただけ、ただ事実を羅列しただけ、では面白い作品には絶対なりません。そもそも、ドキュメンタリー作家という作り手が介在する時点で、純然たる”事実の列挙”にはなりえず、作り手なりの”物語””メッセージ”が否応なしに反映されるもので、それが意識されていないと、何も伝わらないものになってしまう。
 そのあたりの極意は、ドキュメンタリーの大家の書に詳しいです。

 本書は、非常に生真面目に”政治の歴史的事実”を列挙した書。なので、研究資料としては優れているのかもしれませんが、読み物としては正直読えない代物。

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 本の部屋へ

官邸主導 小泉純一郎の革命
清水真人
日本経済新聞社

名宰相?迷宰相?小泉純一郎

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

2006年3月20日(月)(仏滅)のイベントピックアップ

電卓の日
日本事務機械工業会が、1974(昭和49)年のこの日に日本の電卓生産数が世界一になったことを記念して制定。
1973年、シャープが発売した世界初の液晶表示電卓「エルシーメイト」の量産化が大きく貢献。

IC旅券申請受付開始
偽造対策として、書き換え不可のICチップに個人情報を記録した旅券(パスポート)をこの日から導入開始。
申請時の手続きは大きな変更無し(写真の規格は変更に)。手数料は1000円アップ。

ENEOS ECO LP-1発売

世界初の灯油式家庭用燃料電池。
夢の自家発電への第一歩!?


話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイトへ

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

SPIRIT スピリット

★本日の金言豆★
フォ・ユァンジア(霍元甲 1868年-1910年):中国武術の創始者、ブルース・リーの原点ともいわれる実在の人物。

2006年3月18日公開
 もーのすごい、ジェット・リーの格闘アクションがたっぷり!  最近、彼の作品にも多くなってきた、CGバリバリ、ワイヤーバリバリのアクションとは違い、生身と生身のぶつかり合いに重点を置いた格闘シーンを迫力満点に描きます。
 といってもまあ、それなりにVFXも使ってるっぽいですけども。

 しかし、劇中語られる、実在の主人公フォ・ユァンジア(リー)の語る精神的な部分、ひいてはそれが”中国人の”精神、ものの考え方とされている部分については、正直失笑を禁じえないというところ。
 嘘八百でも屁理屈でも何でも並べ立てて他人の財産をぶんどることで肥え太ってきた、倫理・道徳・公共精神とは世界一縁の無い国の作品、せめて映画の中だけでもええかっこしたいという願望なんでしょうか。
 あるいは、確かにフォ・ユァンジア個人はそういう立派な精神を持った人物だったのかもしれません。そして監督が個人的にその物語を世に伝えたいと思うのは創作者として自然な発想でありましょう。

 まあ、気の持ちよう心のありようとしては言ってる事は別にまちがっちゃないので、世界一物分りが良くお人よしな国の私どもとしては、目くじらたてずに純粋にアクション娯楽作として楽しみたいところ。

 ラストにリーと一騎打ちを演じる日本人格闘家に扮した中村獅童は、なかなかどうしてリー相手に立派な戦いぶりを見せます。といってもまあ、バリバリ全開アクション!というよりは、見せ方を工夫して技を重く見せる演出で戦いの重厚感を出す方向。「スター・ウォーズ シスの復讐」のメイス・ウィンドウ対パルパティーン戦って感じ!?それでもやはり歌舞伎で鍛えてるだけあって、剣を使った流麗なアクションとそのキレは見応えあり。

 あと、冒頭フォの少年時代の回想シーンに出てくるお父さんって、「マトリックス・リローデット」以降で預言者の用心棒セラフ役だったコリン・チョウ!サングラスとった顔初めてみました・・・けっこうパッチリした可愛い目してたんですね。
 レイザーラモンHGの素顔の住谷はどっちかっつ~と細目なんですけどね(関係なし)。

スピリット 竹書房文庫 DR 184
2006年3月発売


●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

SPIRIT スピリット 日本語オフィシャルサイトはこちら
監督・製作:ロニー・ユー
製作・出演:ジェット・リー
脚本:クリス・チョウほか
音楽:梅林茂
出演:中村獅童原田眞人スン・リーネイサン・ジョーンズ、ドン・ヨン、コリン・チョウ
2006年/中国/ワーナー/103分

世界のジェット・リー出演作

テーマ : 今日観た映画 - ジャンル : 映画

2006年3月19日(日)(先負)のイベントピックアップ

アカデミー賞設立記念日
1927(昭和2)年のこの日、アメリカで映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が設立。
第1回アカデミー賞は1927年8月1日から1928 年7月31日までの1年間に公開された作品が対象とされ、ウィリアム・A・ウエルマン監督の「つばさ」が作品賞を受賞。

日本フットボールリーグ(JFL)開幕

1999年に9チームで発足したJFL。今年は18チームで争われます。

阪神大賞典

あのディープインパクトも今年初の出走を予定。
復活なるか!?

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイトへ

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ペリー提督 海洋人の肖像

★本日の金言豆★
アメリカでは、”ペリー提督”といえば「オリバー・ハザード・ペリー」(米英戦争(1812~14)の英雄)が超有名。「マシュー・カルブレイス・ペリー」(黒船のペリー)の実兄。

2005年12月発売
 「THE 有頂天ホテル」が大当たりして監督としての地位もさらに大幅アップの三谷幸喜氏が脚本を担当したNHK大河ドラマ「新撰組!」で、来日した黒船を坂本竜馬やら土方歳三やらの歴史上のオールキャストが仲良く並んで見に行くというシーンが「そんなわけあるか!」とめちゃめちゃ物議をかもしましたね~。
 私は大河は観てませんでしたが、そのニュースがあまりに騒がれるので、「三谷幸喜脚本だよ!?「サザエさん」でタラちゃんを巨大化させようとした人でしょ。何しょうもないことで騒いでんの・・・。」と嘆息していたのを覚えています。

 ところでその黒船に乗ってやってきて、鎖国していた日本の扉をこじあけた「ペリー提督」なる人物については、その顔写真は日本人なら誰でも一度は落書きしたであろう歴史の教科書でよ~く知っていますけども、じゃあどんな人物だったの?生い立ちは?なんで日本にやってきたの?など等、細かい履歴についてはまったく知らないのでは!?

 っつってもぶっちゃけ、別に知らなくても何も困らないのですが・・・そんなすき間に焦点をあて、「海洋人ペリー」の生涯をあますところなく紹介するのが本書。

 まずは彼が日本にやってくるまでの世界情勢、日本の外交政策について紹介。実は日本に外国船がやってくるのは黒船が初めてでもなんでもなく、貿易だってやってましたし、アメリカ船も何度か来ていた。なのに、ペリーの黒船が何故インパクトのある出来事として当時の日本に受け止められ、後世まで語られることになったのか?その裏にはペリー提督の周到な計画と粘り強い執念があったようです。

 続いて、開拓時代から”海の名門”として名をはせていたペリー一族の来歴を紹介。ペリーが海の男としての道を歩み始めるまでと、いかにして「黒船の船長」になったかを詳細に紹介。
 ”知ってるようで知らない”人物に徹底的に焦点をあてて掘り下げた書、”だからどうしたの?”といってしまえばそれまでですが、前後の歴史の裏事情も垣間見え、日本史、世界史をまた違った角度から見るきっかけになりそうです。

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 本の部屋へ

ペリー提督 海洋人の肖像
小島敦夫
講談社現代新書

著者の作品

テーマ : - ジャンル : 本・雑誌

2006年3月18日(土)(友引)のイベントピックアップ

精霊の日
万葉集を代表する歌人の柿本人麻呂、女流歌人の和泉式部と小野小町、この3人の忌日が3月18日であると伝えられていることから記念日に。「しょうりょう」と読みます。

人体の不思議展 横浜

全国13会場で360万人を動員した大好評展覧会が、横浜で開催される。
ホンモノの人体標本もあります。
@横浜産賀ホール ~6月18日

■邦画「子ぎつねヘレン

きよしです~!ヘレンをよろしく~

■中国「SPIRIT

結子のダンナをぶっつぶせリー!

■英、米「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!

アカデミー賞受賞

■香、中「THE MYTH 神話

ジャッキーアクションとCGが炸裂

■洋画「南極物語

犬が主役なのにリメイクって・・・

■邦画「放郷物語

モデル出身の徳永えり主演

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイトへ

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。