1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武士の一分

2006年12月1日公開
●「普段は地味で目立たない武士、実はナントカ流免許皆伝の凄腕の剣豪。」
●「のっぴきならない事情により、最後は凄腕の敵と斬り合いに。」
●「基本的にハッピーエンド。」

 原作者の作品の、まるで寅さんシリーズのごとき黄金パターンは、本作でももちろん健在。

 キムタク演じる主人公は、お上の食事の毒見役という変わった設定。
 もっとも、冒頭もっともらしく「毒見役」についての解説を出すほどのこともなく、あんまりその設定そのものは本筋には関係ないわけですが。

 毒味役という職業柄、その体にのっぴきならない障害を追ってしまった三村新之丞と、彼を献身的に支える妻、その家付きの召し使いの3人を中心に描かれる人情ドラマ。

 ストーリーだけみると、けっこうベタな物語と言えなくもないですが、出演者たちの好演がそれを補って余りあるすばらしさ。
 昔の日本らしく、登場人物たちはそれぞれの置かれた立場なりに、家柄、しきたり、そして”武士の一分”といった規律や束縛下にあるわけで、それが彼らの1本筋の通った潔さ、ゆるぎない信念に基づく行動に結び付く様が明快。

 細かいところの演出も実にきめ細かく、シンプルな物語ゆえに初見でそれらを反芻して楽しむことも容易。
 殿様との謁見のくだりなどは、単なる当時の階級社会の現実を描いただけのシーンかと思いきや、終盤であれが意外と殿様の立場ゆえの人情表現だったことが分かったり、
 とぼけた演技で終始頼りなさげだった小姓の徳平(笹野高史)が最後にとっても粋なはからいをしたりと、小技がピリリと聞いています。

 ご新造役の檀れいがとにかく艶っぽくて良い!およそ世の日本男児が思い描く理想の大和撫子という感じでしょうか。

 無駄のない、それでいて登場人物のキャラクターがよく表現されている脚本も秀逸。そしてTVでは不動の視聴率男キムタク、銀幕でもあらためてその実力を見せつけた周作。

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

武士の一分 日本語公式サイトはこちら
監督・脚本:山田洋次
原作:藤沢周平
プロデュース・脚本:山本一郎
脚本:平松恵美子
音楽:冨田勲
出演:木村拓哉 檀れい 坂東三津五郎 笹野高史 小林稔侍 緒形拳 桃井かおり 大地康雄
2006年/松竹/121分


金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

Tag : 毒見 剣豪 平松恵美子 冨田勲 木村拓哉 檀れい 坂東三津五郎 笹野高史 小林稔侍 緒形拳

トゥモロー・ワールド

2006年11月18日公開
 少子高齢化は先進諸国共通の悩み事だといいますが、だからって「人類が生殖能力を失う未来」を描く映画を作るほど悩まなくてもいいんじゃないでしょうか・・・本気で悩んで製作してるんかどうか知りませんけども。

 「イーオン・フラックス」のようにスタイリッシュなSFアクション作品として描かれるのなら、映画としてのエンターテインメント性もあって観ていて面白いんですが、
 何なんでしょう本作のこの暗さ・・・
 とことん荒廃しきって夢も希望も無くなった未来。世界で一番若い人が既にティーンエイジャーで、それも日々亡くなっていき、ご丁寧にそれがニュースとして世界中に配信されているという・・・
 そんな中、芽生えた新たな希望に、目に映る人々は畏敬の念を持って迎え、かすかな望みを未来へ託す・・・それ自体は物語として立派に成立はしていますが、根本的にあまりにも異次元世界のお話すぎて、全然共感できません。

 物語が地味だからか、映像的テクニックも、地味なわりに面倒くさそうな「ハンディカメラで長回し」が多用されていますが、これもけっこうごまかしてそう
 1カット長まわしのように見せてますが、たぶん途中で繋いでいそうです。
 ジュリアン・ムーアとクライブ・オーエンが車の中でピンポン玉で遊ぶところから、襲われて逃げるくだりまでのシーンなどは、なにげに1テイクで成功さすのが難しそうなエピソードまで入れときながらよく1カットでやったなあと感心しそうになりましたけど、その後も何度かこういう長回しに見えるシーンがあって、その中で明らかに、本当に1カットでやってるなら絶対にありえないシーンがあるので、な~んだという感じ。
 そもそも、ごまかし無しだったところで、どっちみち地味すぎる上に、映画の内容を鑑みても全然意味ないんですもん。
 本作中ほとんどが、戦争映画のごとくゲリラ戦の暗く殺伐とした絵ばっかりなので、ドキュメンタリータッチで臨場感を出したい、という意図なのかもしれませんが、先述の通り物語そのものにあまりにもリアリティがないため、効果をあげているとは言い難い。

 人もバタバタ死んでっちゃいますしねえ・・・別にメッセージ色が強いわけでもない、いわばSFファンタジーみたいなものなのに、何が楽しくてこんな暗い映画わざわざ撮るんでしょうかね。さすが、ハリー・ポッターシリーズをホラー映画みたく撮った(正解でしたけど)監督だけのことはあります。
 ちょっと気の利いた批評家なら、本作を、少子高齢化問題や、増加する凶悪犯罪、泥沼化する民族紛争といった問題を抱えたこの世界へのアンチテーゼだ、みたいな観方すんのかもしれませんが・・・単なるしょうもないSF映画、でいいんじゃないでしょうかこんなん。

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

tomorrow_world_book.jpgトゥモロー・ワールド(文庫)

tomorrow_world_sound.jpgトゥモロー・ワールド サウンドトラック

トゥモロー・ワールド 日本語公式サイトはこちら
監督・脚本:アルフォンソ・キュアロン
原作:P・D・ジェイムズ
脚本:ティモシー・J・セクストン
出演:クライブ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン
2006/米/東宝東和/109分



金言豆メインサイト 映画の部屋へ

テーマ : 映画★★★★★レビュー - ジャンル : 映画

Tag : アルフォンソ・キュアロン P・D・ジェイムズ ティモシー・J・セクストン クライブ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン 少子化 高齢化 少子高齢化 不妊

フリーダムランド

2007年1月27日公開
 アメリカ社会が内包する、人種差別、暴力、性といった問題を描く映画。

 ストーリー
 深夜、両手を血だらけにして病院にやってきた白人女性ブレンダ(ジュリアン・ムーア)。彼女は車に乗っていたところを黒人に襲撃され、車を奪われたという。しかもその後部座席には、4歳になる息子が乗ったまま・・・
 警察は、彼女が襲われたと言う団地一体をロックアウトし、賢明に犯人捜しをする。
 それに対し、不満をつのらせる住人達・・・
 そして、黒人警官ロレンゾ(サミュエル・L・ジャクソン)は、ブレンダの言動に不審を抱き、彼女がまだ真実をすべて語っていないのではないかとの疑惑を強める。
 はたして実際には何が起こったのか?彼女を襲ったのは本当に黒人だったのか、それとも・・・


 「疑わしきはとりあえず罰す」というアメリカ社会ならではのリンチ思想
 黒人対白人の人種差別、
 国家権力対貧者の格差弾圧とでもいうべき思考、
 虐待や孤児などの児童問題、、
 そして白人女性と黒人男性の恋愛というタブー意識と、
 「クラッシュ」などでもおなじみのこれらアメリカ社会の病理が本作でもひととおり押さえられています。あとはゲイか性転換者の登場人物でもいればオールインワンというところ。

 いつも思いますが、こういう映画をわざわざ日本で公開する意味がさっぱりわかりません。
 「他人事じゃないのよ!日本もいろんな残虐な事件が起きてるし、自分達の身近に起こることと思って観た方がいいと思うの!」ってなことおすぎならすぐ言いそうですが・・・ちゃんちゃらおかしいですなあ。

 前述の問題はすべて、アメリカ社会がその建国の、いやそれ以前の開拓時代から抱えている国民性と、それによって繰り返されてきた歴史上の出来事によって脈々と受け継がれ、彼らが忌み嫌いながらも自ら育んできたものであって、私ども日本人が共感したり、同情したりできる部分などこれっぽっちもありゃしません。

 なにしろ、当の本人たちが、こういう映画にアカデミー賞やったり、好意的な評論を書いたりすることはできても、問題そのものを克服することはおろか、その努力すら満足にしようとしないんですもん。
 むしろ、社会派ドラマとして無難な評を得られる映画のネタとしてちょうどいい、とでも考えてんじゃないか。

 たぶん今後も、こういう作品は連綿と作られ続け、そして彼らは何もかわらないんでしょう。

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

freedomland.jpgオリジナル・サウンドトラック「フリーダムランド」

freedomland_book.jpgフリーダムランド 原作本

フリーダムランド 日本語公式サイトはこちら
監督:ジョー・ロス
原作・脚本:リチャード・プライス
出演:サミュエル・L・ジャクソン ジュリアン・ムーア イーディ・ファルコ ウィリアム・フォーサイス
2005年/米/ソニー/112分



金言豆メインサイト 映画の部屋へ

テーマ : 映画★★★★★レビュー - ジャンル : 映画

Tag : ジョー・ロス リチャード・プライス サミュエル・L・ジャクソン ジュリアン・ムーア イーディ・ファルコ ウィリアム・フォーサイス アカデミー賞 クラッシュ

ディパーテッド

2007年1月20日公開
 オリジナル版の方の大ファンにとっては、
 「こんなん「インファナル・アフェア」じゃねえ!」ってとこでしょうか、それとも
 「見事なアレンジとオリジナリティ、これぞリメイク作品の鏡だ!」となるんでしょうか。
 なにしろ、オリジナル版のキモの設定
マフィアからのスパイの警官VS警察からのスパイのマフィア
 これ以外、あと人物設定を踏襲している程度で、あとはまったくもって”スコセッシ映画”にアレンジ。

 もともと、香港では圧倒的(カルト的!?)人気を博し、シリーズ三部作と銘打って作られたほどのパワーがあるとはいえ、アメリカでの知名度はほとんどゼロに近いはずの作品、よくあるリメイク作品のごとく、キャスティングを欧米人にして台詞を英訳して撮り直すだけでも十分だったかもしれないのに、そこはスコセッシ御大、あくまで自分流を貫き通したというところでしょうか。
 オリジナル版を知らなくても楽しめるのはもちろん、後で見比べてみてその違いを楽しむこともできそうです。

 ディカプリオVSデイモンっていう2大スターの息詰る攻防戦が最大の見所ってところはオリジナルと変わらず。
 原作ではケリー・チャンが演じた美人精神外科医、本作ではあんまり良く知らない女優さんが演じてまして、何故か主役二人を兄弟分にしてしまう大活躍。この描写をオリジナル版で観てみたかったですねえ個人的には(^0^)。

 設定は引き継いでるものの、あんまり敵対してるっていう印象も、実際その描写もあまり無いスパイの親玉役マーティン・シーンとジャック・ニコルソンも、すっかりいいおじさんですね~もう。
 ここんとこマーティンおじさんは米ドラマの「ザ・ホワイトハウス」での大統領役のイメージが強かったせいか余計に、複雑な役柄とはいえ一応正義の味方という役柄がはまってみえました。
 しかし、オリジナル版ではそれぞれ香港のゆうたろうと谷啓が演じてた、あれほどのインパクトというかおもしろさは無く・・・まあいらんですけどねそんなインパクト。

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

departed_sound.jpgディパーテッド サントラ

ディパーテッド 日本語公式サイトはこちら
監督:マーチン・スコセッシ
制作:ブラッド・ピットほか
脚本:ウィリアム・モナハン
出演:レオナルド・ディカプリオ マット・デイモン ジャック・ニコルソン マーク・ウォールバーグ
2006年/アメリカ/ワーナー/152分/R-15



金言豆メインサイト 映画の部屋へ

テーマ : 気になる映画 - ジャンル : 映画

Tag : マーチン・スコセッシ ブラッド・ピット ウィリアム・モナハン レオナルド・ディカプリオ マット・デイモン ジャック・ニコルソン マーク・ウォールバーグ インファナル・アフェア マフィア スパイ

モンスター・ハウス

2007年1月13日公開
 確かに、ここんとこ動物が主人公のCGアニメがあまりにもあいついだので、その中にあって異色といいますか、逆を行った的なとこは見所の一つかと思いますが・・・

ストーリー
 自分ちの敷地内に入られることを病的なまでに嫌う奇妙な老人と、その向かいに住む少年達との攻防(?)・・・。やがてそれは、老人の住む家そのものが相手となって・・・


 主人公はじめ、主要な登場人物はすべて人間。ここがまずよろしくない。
 人間ってことがでなく、そのキャラづくりが。
 お世辞にも親しみが持てるとは言い難い、ギョロついた目つきに中途半端な頭身や身体のバランス。可愛くも格好よくもない、ただ不気味なだけ
 トイ・ストーリーなど、これまでも人間が出てくるCGアニメはありましたし、それらもだいたいこんな感じの不気味なキャラになってたんですけども、あくまでチラ見せ程度の出番しかなかったわけで。
 本作のキツいところは、彼らをほぼ全編にわたって見せ続けられること。なんせ主役ですんで・・・。
 もともと、コミックのキャラでも濃い顔が大好きなアメリカ人の感覚だと、こんなキャラでもOKなんでしょうかね!?
 少なくとも、ファミリー向けを意識してる(はず!?)んであれば、キャラデザインにはもう一工夫してもよかったのでは。

 だいたいが、全体的に中途半端なんですよね。
 ホラー仕立てなシナリオも、昨今のCGアニメとしては変わってていいと思うんですけども、モンスター・ハウスの描き方も含めて絵的には暗くて不気味でホラーっぽさ満載なくせに、結局やってることはコントなんですもん。
 見ていて、怖がった方がいいのか(まあ別に怖いとこありませんが)、笑った方がいいのかよくわからない。
 中盤の見せ場で、モンスターハウスから脱出するくだりなどはその典型。考えオチすぎて、笑えもしないしさほど恐怖もないし、ただ気色悪いだけという・・・。

 とはいえ、終盤のモンスターハウスとのチェイス・シーンは、さすがにCGアニメならではの持ち味を存分に生かした出来で盛り上がりは十分。
「ハウルの動く城」と化すモンスターハウスのアニメーションは目を見張るものが有ります。
 単純に成仏しておわりじゃなくて、最後にもう一段階変身があって終わり(良い家になるとか、飛んで去っていくとか・・・それこそハウルですけど(^^;)っていうのでも、少年マンガっぽくてよかったかも。

 しかしま、子供が見ても喜ぶようなキャラクター姓があるわけでもなく、シナリオの出来も中途半端。
 伏線の張り方もベタすぎ。序盤、少年たちがクレーンで遊んでた時点で終盤の展開を思い浮かべたのは私だけではないはず!
 あえて動物以外で攻めたその”漢気(おとこぎ)”だけが依り所か。

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

monster_house_book.jpgモンスター・ハウス(単行本)

モンスター・ハウス ゲーム

モンスター・ハウス 日本語公式サイトはこちら
監督:ギル・キーナン
総指揮:ロバート・ゼメキス スティーブン・スピルバーグほか
声の出演:ミッチェル・ムッソ サム・ラーナー スペンサー・ロック スティーブ・ブシェミ
2006年/アメリカ/ソニー/90分



金言豆メインサイト 映画の部屋へ

テーマ : 気になる映画 - ジャンル : 映画

Tag : ギル・キーナン ロバート・ゼメキス スティーブン・スピルバーグ ミッチェル・ムッソ サム・ラーナー スペンサー・ロック スティーブ・ブシェミ CGアニメ ハウルの動く城

エラゴン 遺志を継ぐ者

2006年12月16日公開
 「ほら!CMでやってるあの、「ロード・オブ・ザ・リング」みたいな映画あんじゃん、あれって面白そうじゃない?」
 ってのが、本作に対する一般的な印象だと思うんです。
 本編の絵作りも含めて、CMから受ける印象はモロ「ロード~」って感じ。壮大な世界観の中で展開する一大叙事詩的ファンタジーって。

 何でしょうかねこのギャップ感。
 「ドラえもん」か「キテレツ大百科」のような、藤子不二雄のマンガを思い起こさせますね。
 一見何の取り柄も無さげな少年のところに、ドラゴンがやってきて、少年自身にもスーパーパワーをもたらしてくれてめっちゃ強くなれるという・・・ほんとに、ただそれだけの話。

 壮大な世界観の描写も、ドラマチックなシナリオも、目を見張るど迫力アクションの見せ場すらありません。ヒドイ・・・このショボさは。
 原作モノの映画を、原作読んでなくて映画から観た場合、面白かったから原作も読んでみたくなるっていうのはよくありますけども、本作は別の意味で原作に目を通しとこうかなと思ってしまいました。「誰が悪いんだこれは!?」って。

 主人公エラゴン役の新人エド・スペリーアスの良し悪し、好き嫌いはおいといたとしても、
 敵の王様役にジョン・マルコビッチ、エラゴンを導く謎の男にジェレミー・アイアンズと、渋い実力派俳優で脇をがっちり固めたキャスティングのわりに、それらを全然生かせて無い感じ。

 誰と誰が、どういう目的や理由で戦ってんのか?
 どっちが何したら勝ちなのか?
 そのへんがイマイチわかりにくい。映画が終わって初めて、「あっあれで終わりなの!?」と拍子抜け。
 話し的には全然終わっていないにもかかわらず、続きが観たいとはまったく思えないですし。

 ていうより、続きようがないでしょう、最後の一匹なんだし。あれで決着ついたってことなのか・・・!?
 それとも、また新たな隠された卵かドラゴンがでてくる?少年ジャンプにでも連載しはったらどうでしょう・・・

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

エラゴン 遺志を継ぐ者 オリジナル・サウンドトラック

eragon_book.jpgエラゴン 遺志を継ぐ者 原作本

エラゴン 遺志を継ぐ者 日本語公式サイトはこちら
監督:シュテフェン・ファンマイアー
原作:クリストファー・パオリーニ
出演:エド・スペリーアス ジェレミー・アイアンズ シエンナ・ギロリー ジョン・マルコビッチ
2006年/アメリカ/FOX



金言豆メインサイト 映画の部屋へ

テーマ : エラゴン - ジャンル : 映画

Tag : シュテフェン・ファンマイアー エド・スペリーアス ジェレミー・アイアンズ シエンナ・ギロリー ジョン・マルコビッチ ロード・オブ・ザ・リング ドラえもん キテレツ大百科

ラッキーナンバー7

2007年1月13日公開
luckynumber7.jpg  非常に緻密で良く出来た、上質のサスペンス。

 正直、最初はワケ分かりません。
 無説明で次々に登場する人物たち、
 神出鬼没で謎めいた存在の殺し屋ブルース・ウィリス、
 意味不明なまま次々に殺されていく人々・・・

 目まぐるしい展開に、序盤から中盤まではついて行くのがやっと。
 しかし、次々に出てきて多いように思える登場人物は、その実すっきり整理されており、どの勢力に属するのか、立場が分かりやすく描かれているので、意外にさほど混乱することはありません。

 そして終盤、張り巡らされたあらゆる伏線が見事に束ねられ帰結していく展開は圧巻。胸につかえていた数々の疑問が瞬く間に氷解していく気持ち良さ。
 そしてそこに描かれるのは、幼くして不運な人生を歩んできた一人の男の悲哀と、孤高の殺し屋の計り知れない複雑怪奇な内面。
 きっちりと主役二人の人間像が描かれているのが秀逸。

 それにしても、ハリウッドのメイクアップアーティストの増毛技術には毎度驚かされます。今度のウィリスも髪の毛ふっさふさ。渋い!
 でもよく考えると、わざわざ手間隙かけて生やす必要あったんでしょうか!?殺し屋なんだからスキンヘッドでも迫力が出ていいのに・・・

 あえて言うなら、ルーシー・リューとの出会いからのくだりは少々無理があるような・・・いくら顔がジョシュ・ハートネットだからって、正体不明の男に対してあまりにも無防備すぎるでしょって。まあ、人がどんどん死んでいく殺伐とした物語のわりに、暗さをあまり感じさせない軽快なタッチで展開する物語、そのエピソードの一つとしてこういう軽い男女の描き方も効果的ではありますけども。

 ブルース御大と言えば、最近予告編も公開された出世作の最新版
「ダイ・ハード4.0」も気になるところ。
 今更感が強すぎる「ロッキー」や「ランボー」とも違って、マクレーン刑事まだまだ全然いけそうな感じしますし。
 着実に幅広い役柄でキャリアを継続して積み上げているブルース・ウィリスの魅力のなせる技なんでしょうか。

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

ラッキーナンバー7 日本語公式サイトはこちら
監督:ポール・マクギガン
出演:ジョシュ・ハートネット ブルース・ウィリス ルーシー・リュー モーガン・フリーマン ベン・キングズレー
2005年/アメリカ/アートポート/111分/R-15



金言豆メインサイト 映画の部屋へ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

Tag : サスペンス ブルース・ウィリス ハリウッド メイクアップ かつら ルーシー・リュー ジョシュ・ハートネット ダイ・ハード4.0 ロッキー ランボー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。