1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界最速のインディアン

 タイトルがタイトルなのでてっきり、ウルトラジャンプ好評連載中の荒木飛呂彦大先生の漫画「スティール・ボール・ラン」に登場する、アメリカ大陸を文字どおり自分の足で走って横断しようとしているインディアンサンドマンのようなのが主人公のお話かと思ってしまいましたが、何のこたあないインディアンってバイクの名前でした(^^;

 ストーリー
 若かりし頃はレーサーとして名を馳せた老人(アンソニー・ホプキンス)が、自分のバイクで時速200マイル以上の世界新記録を出すという積年の夢を叶えるため、ニュージーランドから単身、アメリカはソルトレイクで開催されるレースに出場するために愛車と共に旅に出る。
 果たして彼は無事に目的地までたどりつき、夢を叶えることができるのか?


 ともすれば、極めてはた迷惑な隣人でしかなく、下手すりゃボケてんじゃないか?とさえ思えてしまうこのお方、しかし持ち前の人懐っこさで不思議と周囲の人々の心をとらえ、支えられていきます。
 まあこのへんの描写は正直、ご都合主義すぎる感は否めません。
 出会う人出会う人、みんな良い人すぎ。オメーラ、そんなフレンドリーな国民性じゃねーだろ!って。

 姓転換をしたもと男の女性、未だ伝統的な暮らしを続ける先住民、ベトナム帰還兵など、さりげなくお国柄を反映した登場人物とばかり出会うのは映画的にオッケーとしても。

 なので逆に言えば、全編に人としての善意と希望に満ちた映画に仕上がっているといえます。それをわざとらしくおしつけがましい美談ととるか、素直に心温まる物語ととるか・・・

 正直、1960年代当時、あの国の人達が、ガラクタ同然にしか見えないマシンをひきずってレースで新記録を出すとのたまう老人にそこまで寛容だったのか?全然信用ならないし、リアリティを感じません。
 何のこたあない、今世界中から「お前とこの国が一番あぶないねん!」と思われているご時世だからこそ「自由と希望の国アメリカ」をことさらPRしたいだけの映画なんでないの?と思ってしまう。
 まあそこまでの意図があるかないか知りませんが、少なくとも奴らの善意なんて私は絶対信用なりませんし、この映画で描かれるような寛容と友愛を今一番大事にしなきゃいけないのは外ならぬ自分達だってことにちったあ気付いてほしいもんです。

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

世界最速のインディアン サントラ

世界最速のインディアン 日本語公式サイトはこちら
監督・製作・脚本:ロジャー・ドナルドソン
製作:ゲーリー・ハナム
出演:アンソニー・ホプキンス ダイアン・ラッド ポール・ロドリゲス アニー・ホイットル
2005/ニュージーランド.米/ソニー/127分



金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー - ジャンル : 映画

Tag : ウルトラジャンプ スティール・ボール・ラン インディアン サンドマン アンソニー・ホプキンス 200マイル ニュージーランド ソルトレイク ロジャー・ドナルドソン ゲーリー・ハナム

シャーロットのおくりもの

 絵本やアニメだったら、いいお話なんだと思います。
 クモとコブタとの友情や、その友情のためにクモがおくりものをするなんて、ファンタジーじゃないですかメルヘンじゃないですか。
 しかもそのおくりものというのが、人間の言葉でのメッセージだなんて、そりゃあ奇跡です。びっくりします。話題になって観客が押し寄せるのも当然でしょう。

 実写映画でやる意味がどこにありますかってことなんですよね。
 動物たちのかけあいの演技までなら、よくある動物もの映画ってことで、動物達が会話してても別にそこに現実感はなく、動物どうしのコミュニケーションを映画というフィルターを通して観ているんだな、とイマジネーションを膨らませることができますが・・・
 クモが英語書いちゃまずいでしょういくらなんでも。それも、CGで気色悪いぐらいリアルに描かれたクモが。
 絵本なら、ほのぼのした手書きイラストの醸し出す独特の雰囲気でまだイマジネーションを働かせる余地もあろうってものですが、リアルすぎる実写映像でのそれは、感動を呼ぶ奇跡というよりは単なるありえない絵空事にしか見えない。

 現実の物理的現象として字を書いちゃった瞬間、動物達は動物としてコミュニケーションをしていたのではなく、人間の言葉(それも英語!)を操っていた!?というあらぬ妄想と現実のはざまに叩き落とされます。

 とにかく、クモが主人公でそれがリアルすぎるってのが致命的。
 ラストにしても、シナリオ的には感動的なはずなのに、ある意味あまりにもおぞましい。クモが苦手な人だったら卒倒するんじゃないでしょうか。そりゃ確かにクモの生態ってああなんでしょうけども・・・

 ダコタ・ファニング嬢も本作では、出番は(人間の中では)もちろん多いものの、せっかくの天才子役の本領を発揮できるような見せ場は無し。
 むしろ、ダコタとコブタ、コブタとクモというそれぞれの関係が、相関関係があるわけでもなくもちろん三角関係でも無い、一見絡み合ってるようでいて、実はまったくパラレルな2つの関係であるってところがけっこう違和感があり、観ていてどっちの観方をすればいいのか?誰に感情移入すればいいのかがイマイチわからない。

 映像的なグロさから子供にわざわざ見せる気にもならない、とにもかくにも、何故実写なのか!?

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

sharlot_sound.jpg「シャーロットのおくりもの」オリジナル・サウンドトラック

シャーロットのおくりもの 日本語公式サイトはこちら
監督:ゲイリー・ウィニック
原作:E.B.ホワイト
出演:ダコタ・ファニング
声の出演:ジュリア・ロバーツ ロバート・レッドフォード キャシー・ベイツ スティーブ・ブシェミ
2006/米/UIP/90分




金言豆メインサイト 映画の部屋へ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

Tag : 絵本 ファンタジー メルヘン 実写映画 ダコタ・ファニング ゲイリー・ウィニック E.B.ホワイト ジュリア・ロバーツ ロバート・レッドフォード キャシー・ベイツ

守護神

2007年2月10日公開
 日本でも「海猿」が大ヒットしたから、ハリウッドでも海のレスキューものやっとけ!みたいなノリなんでしょうかね・・・
 まあ別に、ありがちなネタですからたまたまでしょうけども。

 内容的にはしかし、「レスキューもの」っていうシナリオのひな型に極めて忠実に作られた、オーソドックスすぎる物語。
 伝説の英雄的人物とされるレスキューのベテランヒーロー、
 でも彼は人知れず仕事にも家庭にも悩みを抱えている、
 仕事のミスがきっかけで一線を離れる、
 若きヒーロー候補生登場、
 能力的にはずば抜けて優秀、
 ベテランヒーローと最初いがみ合い、後に打ち解け合う、
 美女とくっつく、
 彼にも人に言えない暗い過去がある・・・

 とまあ、押さえるべきポイントはひととおり網羅。オーソドックスなのが悪い訳ではないとはいえ、もう一ひねり二ひねり欲しかったところ。
 だいたいの話の流れがほぼ同じなら、「海猿」と呼ばれる主人公たちと社会とのつながり的なものや、飲み屋の水槽に飛び込んでしまうアホっぷりで度肝を抜かせるなど、暗く生真面目になりがちな彼らの日常描写にも工夫があった「海猿」の方に、作品の出来的にも軍配があがる気がします。

 あとこれ私だけかもしれませんが、アシュトン・カッチャーちょっと老けてブサイクになった気もするんですけど・・・
 いきなり扶養家族が増えた私生活での重圧がボディブローのようにじわじわ効いてるとか!?まあ、男の渋さと貫禄が出てきたっていうみかたもあるのかもしれませんが・・・

 逆に、ケビン・コスナーの方は変わらない!いつまでも年齢相応に若々しいというか、渋い男の魅力を絶妙のバランスで保ってます。

 「守護”神”」っていうタイトル、海上レスキューっていう職業を象徴的に表現したってだけかと思いきや、何とそれを実践(?)してしまうというラストはしかし、全編徹底した男の美学とリアリズムを追求した硬派な作品ににつかわしくなく、そこだけやけにファンタジックで違和感アリアリ。
 まあ、あまりに苛酷すぎる現実と日々向き合うだけじゃあ人間何事も長続きしない、やはり人を人たらしめるものは、こういった神話というか精神世界を支えに生きるってことなんでしょうか。

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

守護神 日本語公式サイトはこちら
監督:アンドリュー・デイビス
制作:ボー・フリンほか
出演:ケビン・コスナー アシュトン・カッチャー セラ・ウォード メリッサ・サージミラー クランシー・ブラウン
2006/米/ブエナ ビスタ/139分



金言豆メインサイト 映画の部屋へ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

Tag : レスキュー 海猿 オーソドックス アシュトン・カッチャー ケビン・コスナー アンドリュー・デイビス ボー・フリン セラ・ウォード メリッサ・サージミラー クランシー・ブラウン

パフューム ある人殺しの物語

2007年3月3日公開
 これは、すごい・・・まさに衝撃の1作、しかし一歩間違えば笑撃作ともなりそうな、何にせよ一筋縄ではいかない作品。

 ストーリー

 魚の死体や臓物の生臭さが立ち込めるとある漁村で産み落とされた男。生まれた瞬間から母親にすら見放され、生命の危機に幾度となくさらされながらも、しぶとく生き延び成長した彼は、己に他人にはない天分があることを悟っていく。
 それは、どんな匂いもかぎ分け、どんなに遠くても嗅ぎたい匂いだけを嗅ぐことの出来るすさまじく発達した嗅覚。
 匂いの調合師との出会いを経て、匂い成分の抽出、調合といった匂いの探求術に目覚めた彼は、やがて師から聞いた”究極の匂い”を追い求める旅に出る。
 とある街に行き着いた彼が得た”究極の匂い”への道筋、それは若く美しい女性から、匂い成分を抽出することだった。

 親もなく、親しい知人も、理解者もない片寄った生活環境で生まれ育った彼の行動はあくまでも純粋。正義とか、善悪とかを超越し、あくまで”究極の匂い”を追い求める彼にとって、
「匂いのためなら、花を摘むのも人を殺すのも同じ」だったにちがいありません。

 とにかく”匂い”がテーマの作品、徹底的にこだわった目に見えぬ”匂い”を描くその映像美はすばらしいの一言。まるで匂いを抽象的に視覚化しようとするかのようなこだわった映像の連続。
 それだけに、抽象的にではなく実際に”匂いを映像化”したシーンが逆に笑えてしまう。
 主人公が初めて香水を調合し、それを師匠(ダスティン・ホフマン)が匂うシーンなどはその典型。ワインのテイスティングスクールでは、味をあんなふうに花畑を歩いてどうのこうのとか、美女の口づけのようとか例えて言うのがあるみたいですけど、それをまんま映像化してしまうという荒業。
 まあ最初のこのシーンは、確かに笑い半分みたいなとこあるのかもしれないですけど、終盤の本作最大の見せ場、捕らえられた主人公がまさに刑罰を加えられようとするシーンは・・・すごいっちゃあすごいですし、笑わせようとしてるのか?と思えばかなり大笑い出来る強烈なインパクト。
 このプロットをたとえ考えついたとしても、実行して実際に撮っちゃうところがすごい。とにかくいろんな意味で必見。

 主人公に関わった人物は、彼と別れた直後に必ず死ぬというプロットも、彼自身が迎える衝撃の結末も(こちらは本当にかなり衝撃的。やはりこういうドラマ作品の場合、表現はあまり直接的でない方がかえってインパクトあります)、はたしてこれは現実の話なのか、はたまたまったくの虚構なのか・・・
 はっきり感じ取れるにもかかわらずとらえどころがない、まさにタイトルどおり、匂いにまつわる不思議な物語です。

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

perfume_book.jpg香水―ある人殺しの物語 (文庫)

パフューム ある人殺しの物語 日本語公式サイトはこちら
監督・脚本・音楽:トム・ティクバ
制作・脚本:ベルント・アイヒンガー
出演:ベン・ウィショー レイチェル・ハード=ウッド アラン・リックマン ダスティン・ホフマン
2006/独/ギャガ/147分/PG-12



金言豆メインサイト 映画の部屋へ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

Tag : 究極の匂い 匂い ダスティン・ホフマン トム・ティクバ ベルント・アイヒンガー ベン・ウィショー レイチェル・ハード=ウッド アラン・リックマン

ゴーストライダー

2007年3月3日公開
 カテゴリー的にはいわゆる”ダークヒーロー”ってやつなんでしょうけども、全身燃えてるガイコツという刺激的な造形のキャラクター、およそヒーローとは縁遠い不気味な姿はインパクト十分。

 でも、ガイコツやドクロって、実は意外とそんなに一般大衆に対して嫌悪感抱かせるものじゃなく、むしろ逆なのかも?
 アンパンマンに出てくるガイコツのキャラクター「ホラーマン」も、原作者やなせたかし御大は、1回限りのキャラのつもりで登場させたところ、子供たちの間ですごく人気が出てきて、いつのまにやらばいきんまんの一味みたいになって準レギュラー的な存在になってますし、
 漫画、映画、アトラクションと様々な分野で定番の人気を誇るジャンル「海賊」も、シンボルといえばド定番のドクロマーク。
 現カリフォルニア州知事の大出世作のロボットキャラも、一皮むけると露出してくる金属性のドクロも人気でしたし。

 なんでしょうね、本来人間の死の象徴でもあるはずのドクロのこのへんの人気ぶり、なんか暗示的なとこもあって、それっぽくもっともらしい論文を書けそうな雰囲気です。

 象徴学的なそのへんの考察はさておき、しかし本作そのものは、やはりアメコミ大好きアメリカ人向けとしか言いようがない浅い出来。
 シナリオは何のひねりもなく単純そのもの、
 人間関係もあっさりしてますし、
 映像的にも、ライダーが近所迷惑なことこの上ない走りをみせるシーンなどは面白いですけども、
 敵にインパクトがなさすぎて、対決がさっぱり盛り上がらないですし、
 そもそもガイコツな上に全身燃えてるという究極のアンデッドを連想させるゴーストライダー、それなりにやられるシーンもありますが、ダメージがあんのかないのか・・・
 リアリティなどはなから求めませんけど、このキャラならではのインパクトがあるかっていうとそんなでもなく。

 どうみても、主演がモト冬・・・もといニコラス・ケイジって以外、ベッタベタのB級アクションにしかみえない本作が本気で全米大ヒットとなったのは、やっぱ文化的背景の違いとしか・・・
 スーパーサイヤ人が妻夫木くん主演で実写になったようなインパクトと喜びがアメリカ人にとってはあったんでしょうかね。

 ともあれ、大ヒットしたことだし、これからバンバン続編作るぞ~っていう意気込み全開のラスト、しかし続けるのはいいですけど、意外とすぐネタ切れしそうですが・・・

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

ghost_rider.jpgゴーストライダー 書籍

オリジナル・サウンドトラック「ゴーストライダー」

ゴーストライダー 日本語公式サイトはこちら
監督・原案・脚本:マーク・スティーブン・ジョンソン
出演:ニコラス・ケイジ エバ・メンデス ウェス・ベントリー サム・エリオット ドナル・ローグ ピーター・フォンダ
2007/米/ソニー/110分



金言豆メインサイト 映画の部屋へ

テーマ : 映画レビュー - ジャンル : 映画

Tag : ダークヒーロー ガイコツ ドクロ ホラーマン やなせたかし アンパンマン ニコラス・ケイジ マーク・スティーブン・ジョンソン エバ・メンデス ウェス・ベントリー

ナイト ミュージアム

2007年3月17日公開
 夜な夜な、美術館の所蔵品、恐竜の化石標本、歴史上の人物の蝋人形、ブロンズ像、ジオラマ上のミニチュア人形、動物の剥製といったものがひとりでに動き出し、美術館内を徘徊する。
 なんだかホラー映画にもなりそうなシチュエーションも、主演ベン・スティラーにかかれば立派なコメディに・・・まあそこまではいいとしても、
 さすがにそれだけじゃあお話的に単純すぎる、ということで、美術館の警備員役である主人公ラリーと、その息子との父と子の絆を確認し深め合う親子愛を取り入れて・・・と、まるでハリウッドのスタジオ重役たちがプロット会議してるさまが目に浮かぶような、超安易なシナリオ

 ラリーがたまたま知り合った歴史研究家の女性とのちょっとしたロマンスなどもお約束どおり。まるでB級アクション映画の中盤に必ずくるラブシーンのようで、あまりにステレオタイプなその作りに逆に笑えます。

 そう、本来はコメディ作品であるはずの本作、別にシナリオそのものの安易さはどうでもよくて、それを吹き飛ばすギャグと笑いがあれば文句ないわけですが、残念ながらそれも大半がスベってる感じなのが痛恨。
 せっかくロビン・ウイリアムズとか、ベン・スティラーつながりでノンクレジット出演のオーウェン・ウィルソンなど一流俳優をキャスティングしてるのにもったいない・・・
 特に、終盤、オーウェンの見せ場にしたかったのか!?彼らが奇跡の生還をとげる、みたいなシーンがあるんですが、笑っていいのか感動すべきなのか・・・あまりのスベリ感に、逆に痛々しくて見てられません。

 せめてもの見所は、ラリーの元妻役に、あの「24」オードリー・レインズ役のキム・レーヴァーが出ていること、ぐらいでしょうか・・・「24」シーズン6には今のところオードリーの出番がないみたいなのは、まさかこっちへの出演があったから・・・!?っていうほど本作での出番ないですけど(^^;

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

オリジナル・サウンドトラック「ナイト・ミュージアム」

night_museum_book.jpg小説 ナイト ミュージアム

ナイト ミュージアム 日本語公式サイトはこちら
監督・製作:ショーン・レビ
原作:ミラン・トレンク
製作:クリス・コロンバスほか
出演:ベン・スティラー ロビン・ウィリアムズ カーラ・グギノ ディック・バン・ダイク
2006/米/FOX/108分



金言豆メインサイト 映画の部屋へ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。