1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛べ!フェニックス

★本日の金言豆★
輸送用航空機を双胴機に改良すると、直接運行費を約11%低減できる可能性があるが、でかくなり過ぎて着陸出来る飛行場が無い

 公開中のデニス・クエイド主演「フライト・オブ・フェニックス」の原作にあたる映画。

 本ブログでも、”1コイチ飛行機作って大冒険!”という荒唐無稽なストーリーは失笑モノとの評をしてしまったリメイク版ですが、それに負けず劣らぬハチャメチャぶり爆裂の原作版、さすが40年も前の作品だけあります。

 冒頭、いきなり何の説明も無く飛行中の機内のシーンから開始。クルーの背景説明も何にもなし。う~んこういうアバウトさは逆にアナクロな感じで悪くないんですけどね~。
 貧相でセット感丸出しのセット、クロマキー合成丸出しの車窓風景、春先の黄砂を思わせる黄色い薄霞にしか見えない砂嵐など、絵作りのチャチさもひしひしと時代を感じさせます。まあそんなん当たり前ですし、逆に当時としてはかなり頑張ってる方ではないでしょうか。

 物語の軸となる、機長と飛行機設計者のキャラクター、二人の確執、会話のやりとりなどは、リメイク版は原作版をそっくりそのままなぞっており、特に設計者キャラは見た目まで完全にかぶせてます。神経質で典型的なオタクという設計者のキャラは、この物語の重要な要素の一つですからね。
 むしろこの原作版の方が設計者キャラは立っている感じで、模型飛行機設計の難しさを半ば半狂乱で熱弁するシーンなどは、思わず「ふ~んそいうもんか!?」とちょっと納得しそうになるほど。

 何より時代を感じさせるのは、映画内の時間が経過するにつれ、砂漠の強烈な日差しにやられたクルー達の顔面の皮膚が火ぶくれ状態になり、見るも無残に剥けてくる様をわざわざ特殊メイクを施して再現していること。
 これがまた中途半端に良く出来ており、リアルはリアルなんでしょうけどはっきり言って気色悪いんです・・・。しかも映画中盤からエンディングまで出演者全員の顔がずっとその状態。いくらなんでもこれはちょっと・・・こういうリアリティは要らないって誰か止めなかったんですかね~。

 リメイク版の、VFXを駆使した映像ですら荒唐無稽で説得力に乏しかった”1コイチ飛行機”に至っては、もう悲惨。どうみてもセットのガラクタにしか見えません。だいたい、大きさが普通の一人乗り戦闘機ぐらいしかなさげなんですもん、どう贔屓目にみても7人も乗せて飛べるシロモノには思えません。

 ラストも、つながり無視のわけわかんない終わり方。
 だいたい、リメイク版観たときも思いましたが、飛んでハイ、オメデト~で終わっていいんでしょうかね!?やっぱ飛行機扱うからには、一番難しい着陸を無事こなすとこまで描かないと説得力無いと思うんですが・・・

 ”恐竜大スキお爺ちゃん”リチャード・アッテンボロー、当たり前ですけど若い!今のあの渋い感じがちょっと想像つかないくらい、むしろ可愛い感じ。それほど出番も見せ場も無いのが残念・・・。

 いやはや、荒唐無稽なリメイク版の原作は、時代を超越したさらなるハチャメチャぶりをいかんなく発揮しておりました。

●オススメ度●
★ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

飛べ!フェニックス
監督:ロバート・アルドリッチ
出演:ジェームズ・スチュワート、ハーディ・クリューガー、アーネスト・ボーグナイン、ピーター・フィンチ、リチャード・アッテンボロー
1965年/アメリカ

スポンサーサイト

COMMENTS

日焼けコワイ

こんにちは。TBありがとうございます。
確かに、セットのちゃちさに比べてあの日焼けメイクは力入れすぎですよね!
着陸シーンがないことについても同感です。やはり予算の都合でしょうか(笑)。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

飛べ! フェニックス

(原題:THE FLIGHT OF THE PHOENIX)【1966年・アメリカ】TVで鑑賞(★★★☆☆)現在公開中のリメイク作品「フライト・オブ・フェニックス」のオリジナル。石油会社の輸送機が、飛行中に砂嵐に巻き込まれて砂漠に不時着した。航路を離れてしまったために、救助隊は期待で

飛べ!フェニックス

4月9日から「フライト・オブ・フェニックス(2004年・米)」が公開されている。 オフィシャルサイトはこちら。 このリメイク版の製作者の父親が監督したオリジナルを。 【 The Flight of the Phoenix 】 監督:ロバート・アルドリッチ 1966年・米 原作:エレストン・トレ

飛べ!フェニックス

1966年 アメリカ監督 ロバート・アルドリッチ出演 ジェームズ・スチュアート/リチャード・アッテンボロー 砂漠のど真ん中で繰り広げられる、おっさんたちの密室劇。 石油採掘業者のスタッフを乗せた飛行機が、砂嵐で砂漠に不時着。救援隊は期待できない。無事な部品を
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。