1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴジラ FINAL WARS

★本日の金言豆★
マグロ食ってちゃゴジラには勝てません!

2005年7月29日発売
 ゴジラ50周年の幕を閉じる最後の作品。ある意味、良くも悪くもゴジラ映画らしい作品です。

 昭和を思わせるチープさが光る、着ぐるみ怪獣の格闘シーン・・・まあこれは、最後のゴジラ映画としてのオマージュ的な意味で、あえてそうしてるのでしょうね。これはこれで味があって許せてしまいます。
 しかし、マトリックスをパクってスケールダウンさせたような演出のアクションシーン、ベタで寒い脚本、懐かしの怪獣大集合で終始するあざといストーリーと、全体的には非常に中途半端な印象。

 一瞬で決着がつく日米ゴジラ対決、大槻教授と韮澤教授のトンデモバトル等、日本国内限定の楽屋落ちネタも炸裂。世界を意識する昨今のジャパンコンテンツの流れに逆行するかのようなその演出には、別に大和魂が感じられるわけでもなく、単に「ゴジラ」をバカにしてんじゃないの?とさえ思ってしまいます。ハリウッドでもリメイクされた日本を代表するコンテンツとして、最後にこれでいいの?ヽ(´~`;)

 終盤の、ドラゴンボール的に派手なCG演出満載のゴジラアクションシーンも、いまいちしっくりきません。「ジュラシック・パーク」「スター・ウォーズ」等の大作映画そして「GODZILLA」でCGによって見事に生命を吹き込まれた異生物の映像を見慣れた私達にとっては、人間の骨格でしか動かない着ぐるみ怪獣の映像は、どうしても物足りなく映ってしまいます。

 過去のゴジラ作品の価値は決して失われることなく、名作として語り継がれるものですが、それを現在に至るまでテイストを変えずにそのまま作り続けることには、”チャンバラ命!”北村龍平監督の起用も含めて「お祭り的」以上の意味は無くなってしまったのかもしれません。。

 「核と未知の外敵による破壊の脅威」という「ゴジラ映画」の根幹をなすシチュエーションがリアリティを失ってしまった今、「ゴジラ」復活の芽はあるんでしょうか!?私は「ある!」と信じたいです。「核と外敵の破壊」の脅威が消えたわけでは無いし、テロ、少年犯罪、経済戦争等、常に新たな脅威に晒され続けているんですから。
 ただ、ポケモンなどのモンスターものアニメに押され、もはやあのコワモテ怪獣はお正月子供映画の主役たりえないでしょう。となれば、「全盛期に子供だった層」向けに舵を切るのも一つの選択肢だと思います。そうすれば、我々に最も身近な拉致テロ国家と絡めてとか、アメリカVS非従属国VS独自路線国という昨今の世界情勢と絡めてとか、リアリティも怪獣の存在意義もある脚本が成り立つような気がするんですが・・・妄想ですかね!?(。-_-。)

 本作ラストの「まだまだ続けられます!」的演出を信じて、「帰ってきたゴジラ!」を私は待っています!

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

ゴジラ FINAL WARSゴジラ FINAL WARS サウンドトラックCD
2004年12月22日発売

ゴジラ FINAL WARS
監督:北村龍平
出演:松岡昌弘菊川怜北村一輝ケイン・コスギ

ゴジラ作品

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

COMMENTS

どうも。

初めましてー。
takaと申します。
楽しいサイトですねー。
北村龍平監督は大好きな監督の一人ですが、
ゴジラってまだ観てないので、是非観たいと思いました。
またお邪魔しますねー。

takaさん有難うございますm(_ _)m

まだ始めたばっかりで中身少ないですが・・・いい年して頑張ってますので宜しくお願いしますです(^o^;

コメント、ありがとうございます。

「帰ってきたゴジラ!」、これ、いいですね。しばらくしてからゴジラにも帰ってきて欲しいのはもちろんですが、東宝といえば8.15シリーズに帰ってきてもらいたいところです。昨年、今年と日露戦争100周年ですから、その意義の再評価も踏まえて日本海海戦のリメイクに期待。「ローレライ」にも期待しているのですが、原作での重要人物が2人もカットされているのがなんとも。ディレクターズカット版を望むのは気が早すぎでしょうか。

初代ゴジラ

やっぱり初代ゴジラに勝るものはないですね。
あれは世界に誇る傑作です。
なかなかあれ以上のものはつくれんですね~
こちらでも記事にしたので、よかったらお越しください。
コメントなんぞいただけると倍うれしいです♪

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴジラ FAINAL WARS

TOHOにて-----------日本の特撮バンザイ!いや~興奮!おもしろかったよ!なんかしらんが格闘家がいっぱいでてた♪CGを使えばなんだってアリな今、人間入ってます!ビルは模型です!爆破します!ってのがやっぱりいいね~ゴジラ生誕50周年で、最後のゴジラやっぱりCGの早さと

GODZILLA FINALWARS

ということで18日は「AVP」なのでその前に行っとく?ということで観てきたゴジラ生誕50周年にして ゴジラ最後の戦い「GODZILLA FINALWARS」いやもう ぶっとびですわ(^^;基本的に北村龍平作品の「VERSUS」は好きだし「ALIVE」もけっこうツボにはまった

ゴジラ FINAL WARS

お正月映画は見たい映画が少ないなあ。石塚です。

ゴジラ最後の戦い

昼から時間があったので、ファイナルゴジラを見てきました。ゴジラ最初の作品から50年。これが最後のゴジラ映画というふれこみです。前に新聞で、50年前の初代ゴジラ映画に次ぐおもしろさだと絶賛されていたので、ちょっと楽しみに見に行ってました。チビズと3人、片手

ゴジラ ファイナルウォーズ

とうとう終わってしまうゴジラの最終作・・・感想は,う~~~~ん微妙っ!!

ゴジラ ファイナルウォーズ

クリスマスの朝イチ、ワーナーマイカル明石に行ってきました。 土曜日の朝にしてはガ

GODZILLA FINAL WARS

今年最後の映画鑑賞となるであろう作品。見てまいりました。世界のゴジラ。うーーーーん、内容が・・・・ない(;-_-A北村龍平監督の自己満足作品としか言いようがないなー。怪獣オンパレード&豪華キャスト作品という感が。最後のゴジラ作品としては淋しいものがあっ

【ゴジラ】初代

初代ゴジラは深い!そもそも口から放射能火炎を吐くのは、ゴジラを通して被爆しているようなもの。もとは人間のまいた種。そのゴジラを倒す最終兵器がオキシジェンデストロイヤー(酸素破壊剤)しかし発明者の芹沢博士は世に公表するのをはばかる。それは原爆ys原爆水爆v

ゴジラ FINAL WARS 今年の153本目

ゴジラ FINAL WARS これは、絶対に映画館へは見に逝けないシリーズ、、、もしも、万が一、勇気を振り絞って映画化へ逝ったとしても、、、子供が、、、うるさいんだよねぇ、、、子供じゃなくっても、横の方で、ポテトチップス、ばりばりやり出しやがったら、

ゴジラ FINAL WARS

ゴジラ生誕50周年にしてファイナルを謳うシリーズ第28作。20xx年。数年前から世界各地で特殊能力を持った超人類=ミュータントが確認されるようになり、地球防衛軍では対怪獣用

ゴジラ FINAL WARS

ゴジラ生誕50周年にしてファイナルのゴジラ第28作目。北村龍平監督ってことで多少は期待して観た。さすがにアクションなんかは迫力があって見応えがある。バイクのシーンもスピード感もあるしかっこいい。これが新しいウルトラマンか仮面ライダーだったら結構....

ゴジラ FINAL WARS

ゴジラ生誕50周年にしてファイナルのゴジラ第28作目。北村龍平監督ってことで多少は期待して観た。さすがにアクションなんかは迫力があって見応えがある。バイクのシーンもスピード感もあるしかっこいい。これが新しいウルトラマンか仮面ライダーだったら結構....
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。