1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミリオンダラー・ベイビー

★本日の金言豆★
ゲール語:ケルト語派に属する言語。アイルランド、スコットランド、イギリスのマン島でそれぞれ異なるゲール語が存在。本作のはアイルランド語。

 F・X・トゥールの短編集「Rope Burns」の一編を映画化した、御大クリント・イーストウッド25本目(!)の監督作品。
 本作ではそれにとどまらず、製作、出演、そして音楽まで担当しているというマルチぶり。
 2005年アカデミー賞では、並居る他のノミネート作品を抑え、堂々主要4部門(作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞)受賞してしまったのも記憶に新しい感動作。

 物語そのものは非常にシンプル。ゆえに、出演俳優陣の熱演が登場人物の背負う環境や感情を胸の奥までストレートに訴えかけてきます。
 監督自身あえて意識したという、”いつの時代なの?”というようなさびれたボクシングジムや試合風景は、「ロッキー」のようでもあり、もっと古い時代のようでもあり、はたまた現代のようでもあり・・・その何ともいえない超越したような感覚が、物語の普遍性をさらに高めており演出効果抜群。

 撮影前、何人もの世界チャンピオンを排出した名トレーナーに実際に3ヶ月間ボクシングのトレーニングを受けたという、 ヒラリー・スワンクの”CGなし!スタントなし!”ボクシングシーンは圧巻!まるで本物のボクシングの試合を見ているかのようなリアリティと臨場感。おまけに最後に出てくる世界チャンピオン役の人も本物のボクサーだそうですから、気合入ってます!
 そういえば「ロッキー5」にも、本物のボクサーがボクサー役で出てましたね。さすが本場、そういう人材には事欠きませんね。
 日本の誇る伝説のボクサー”ミスターOK牧場”だって負けちゃいません。なんせスピルバーグ作品出演ですから!ボクサー役じゃないけど・・・

 スワンク演じる女性ボクサーは30過ぎてプロボクサーになって活躍しますが、ボクサーの選手寿命は、本格的に始めてから約10年前後といわれてまして、つまり始めた年齢が少々遅くてもそれほど身体を痛めてないですから、ある程度活躍できる可能性は実際十分にあります。
 ましてや本場アメリカでは、現役20年、30年とやって世界チャンプになったツワモノも何人もいますし。
 また一方、本作のワンポイントキャラ・デンジャー君のように、若い頃から始めててもやはり才能に恵まれないとどうしようもない。このあたりも、ボクシング界の現実と厳しさがかつてないリアリティで描かれています。

 もうすっかりおじいちゃんのイーストウッドの渋すぎる演技、モーガン・フリーマンのこれまた存在感たっぷりの重鎮ぶりはいまさら何もいうことはありません。

 男女の愛、親子の愛といったものを超越し、同じ境遇、立場そして目標を共有した他人だからこそ築かれる絆。
 本作では一つの過程の結果としてとても悲しく切ない結末を迎えてしまいますが、既に絶ち難い固い絆で結ばれていたはずの2人、もしあのような不幸な事故が無ければどういう結末を迎えていたのか・・・おそらく、親子でもあり夫婦でもある不思議な、しかし究極のおしどりカップルとして、やはり”死が分かつまで”幸せに暮らしたことでしょう・・・。

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

Millionduller_music.jpgMillion Dollar Baby [Original Motion Picture Soundtrack] [SOUNDTRACK] [FROM US] [IMPORT]

ミリオンダラー・ベイビー
監督・製作・音楽・出演:クリント・イーストウッド
出演:ヒラリー・スワンクモーガン・フリーマン
2004年/アメリカ/133分



金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

COMMENTS

こんばんは。

haryさん、TBさせていただきましたのでよろしくお願いします。

今回の収穫はヒラリー・スワンクのカッコよさを確認できたことでしょうかw
この映画の彼女、すごくいいですよねぇ~。
予備知識なしで鑑賞できたこともラッキーでした。

CMなんかで、オチを完全に予想してた。オチは予想とおりだったけど、それ
でも感動した~♪
しかし、この映画のCMってどうよ? ネタバレだと思うんだけど・・・

トラックバックありがとうございました。

この映画、音楽も本当によかったですね。
改めてイーストウッドは才人だと思いました。

TBありがとうございました~!

静かだけれど存在感のある、本当に良い映画でしたね。
映像も音楽も、そして3人の俳優さん達もそれぞれが素晴らしかったです!!
フランクはあれからどこへ行ったんでしょう?
友人といろいろと想像しています。

>究極のおしどりカップルとして、やはり”死が分かつまで”幸せに暮らしたことでしょう・・・。
いいですね! 私もそう思います~♪

鼻のシーンが一番印象に…

TBありがとうございました。
この映画の複線になっている ヒラリーやイーストウッド それぞれの家族との確執がありましたが、説明的でないところが良かったと思います。
行間を読ませる映画…って良いですね。

TBありがとうございました。

本当にいろいろ考えさせられる映画でした。
ボクシング映画は 「ロッキー」等のように苦しみながら栄光を掴んで行く
話が多い中で今回のように一瞬の輝きを放った後にはかなく消えていく・・・
といった悲しい結末は本当におもーく感じました。

それだけに心に残る映画ともなりました。

TBありがとうございます。

はじめまして、16mmと申します。
TBありがとうございます。

孤独であると言う事を自覚した時に戦い始めた人達の話。
戦えなくなった時、孤独が絶望に変わるんでしょうな。
ただ生きてるだけという状態に意味を見出せなくなるから。

私を含めて孤独である事に無自覚な人間の方が楽に生きれるのにな。

見事でしたよね

TBいただきに来ました。

あの怖いボクサーは本物のボクサーだったのですね~。
もう迫力がありましたよ~~

しかしヒラリー・スワンクも、筋肉つけて、かっこよかったですね。
見事でした。
主演女優賞は、納得しました!



女子プロボクサー

思いっきり顔のどつきあい競技であるプロボクシングを女子がやってるんですから、すごいですよね~。
モハメド・アリの娘もやってて、CMでおやじと競演してましたよねCG合成で。

お久しぶりです

TBありがとうございました。haryさんのおっしゃる通り、あの試合での事故がなければ、幸せに暮らしていたでしょうね。しかし現実はそういかなかった。悲しいですね。DVD出たら買おうと思ってます。またよろしくお願いします!

TBありがとうございました^^

ヒラリーは女優魂を見せてくれました。
女としてだけじゃなく、人間として生きる強さには
感動しました!!

TBありがとうございます。

ボクシングについては全く知識がなかったので、読ませて頂いて大変勉強になりました。

TBさせていただきました。

DVDで見ました。いまさら感あるかもしれませんが…。
感動しました。

trichoptera様

TB/コメントありがとうございます。
いまさら感なんてそんな、DVD出たばっかじゃないですか(^^;
今後ともよろしくお願いいたします。

TBありがとうございました!

また遊びに来ます!

安易なサクセスストーリーぐらいで考えてみて、反則パンチ級の衝撃を受けました。心に残り、考えさせられる映画ですね。イーストウッドはいい映画を作りました。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

試写会「ミリオンダラー・ベイビー」

試写会「ミリオンダラー・ベイビー」開映18:30@サイエンスホール「ミリオンダラー・ベイビー」MILLION DOLLAR BABY 2004年 アメリカ配給:ムービーアイ、松竹監督:クリント・イーストウッド 製作:クリント・イーストウッド、ポール・ハギス、トム・ローゼンバ

ミリオンダラー・ベイビー(試写会)

MILLION DOLLAR BABY2004年、アメリカ監督 : クリント・イーストウッド 出演 : クリント・イーストウッド     ヒラリー・スワンク     モーガン・フリーマン この物語は、「人と人」とのラブストーリーだ...――クリント・イーストウッド幸運にも試写会チケットを

ラスト30分がすげえ!! 「ミリオンダラーベイビー」

ミリオンダラーベイビー評価:85点{/fuki_love/}舐めてた。かなりの衝撃を受けました、この映画。予備知識ゼロで観に行ってもらいたいですね。下手にネタバレして欲しくない映画です。さぁ、いますぐ映画館にGO!!さて、今回はネタばれに気をつけて、感動を伝えて行きた

「 ミリオンダラー・ベイビー 」

監督 : クリント・イーストウッド主演 : クリント・イーストウッド / ヒラリー・スワンク /      / モーガン・フリーマン / 公式HP:http://www.md-baby.jp ミリオンダラーベイビー   最近の映画通は単なる絆の物語やサクセスストーリーじゃ感動でき...

ミリオンダラー・ベイビー

監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド    ヒラリー・スワンク    モーガン・フリーマン同じ境遇にありボクシングという世界に身を置くマギーとフランキーがお互いに思い焦がれるものを相手に重ね合わせながら栄光へと歩んで

ミリオンダラー・ベイビー

静かに熱く胸を打つ,味わい深く濃厚な人生ドラマ!

ミリオンダラー・ベイビー

!けいを逆のとこいたりや。だいんなゃじ屈理はグンシクボ この映画を観た直後に印象に残ったキーワードを書き出してみると、「110回目のプロポーズ」という言葉が残ってしまいました。「自分自身を守れ」とか「タフ・エイント・イナフ」よりもずっと強烈に・・・そして、ア

ミリオンダラー・ベイビー

地味な内容の作品ですけど、しみじみ味わい深いいい映画でした。この作品、日本で下馬評が高かった「アビエイター」を蹴散らしてアカデミー賞の主要部門を独占。アカデミーなんて全然アテにならないと思ってる方なんですが、その時はあぁ、スコセッシ可哀相!...

ミリオンダラー・ベイビー

その人にとっての幸せって何だろう・・・最近観た映画、「海を飛ぶ夢」「バタフライ・エフェクト」に続き本作も‘人生’‘道を選ぶこと’について考えさせられる内容だ。特に最後の方は・・重い・・涙流れっぱなしの状態だった。。133分という時間、長くは感じなかっ

悔いのない人生

「ミリオンダラー・ベイビー」★★★★ヒラリー・スワンク、クリント・イーストウッド主演鋭いパンチが炸裂しのけぞると、こちらも同じような痛みを感じるそんな映画だった。人は何を求めて生きているのか。「やりたいこと」がしたい。よく耳にす...

ミリオンダラー・ベイビー

<ストーリー>ボクサーとしての成功を夢み、ウェイトレスをしながら自己流のトレーニングに励むマギーは、ベテラン・トレーナーであるフランクの門を叩く。昔気質のフランクは女性を拒むが、熱意に負け、二人三脚で頂点を目指すことにする。意外な素質を見せ、連勝街道を突

「ミリオンダラー・ベイビー」 Million Dollar Baby

いったいどんな映画なのか、ほとんど予備知識なしで観たので、後半の展開には驚いて、戸惑いさえ覚えてしまった。せっかく有望な選手を育てながら次の一歩に躊躇するため去られてしまうしがないボクシングジムの経営者でありトレーナーでもあるフランキー(クリント・イース

『ミリオンダラー・ベイビー』

 “モ・クシュラ”■監督・製作 クリント・イーストウッド■脚本 ポ-ル・ハギス■原作 F・X・トゥール■キャスト クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー ★第77回アカデミー賞主要4部門を制覇!  ・作品賞

ミリオンダラー・ベイビー鑑賞

ミリオンダラー・ベイビー鑑賞しました。今年のアカデミー賞主要4部門を、受賞した作品。ずいぶん前から、観たいと思っていたら、アンアンの「Movies」でも稲垣吾郎氏が、大絶賛のコラムを書いてて・・・。「スマステ4」の「月イチゴロー」でも1位に選ん...

ミリオンダラー・ベイビー

第108回★★★☆(劇場)(核心に触れる文面あるのでご注意あそばせ) 元アイドルと呼ばれる女性達。 下克上激しい芸能界、生き残れるのはほんの僅か。 旬を過ぎたアイドルは人気の低迷とともに、その人生も失墜してゆく。なぜかはわからないが、

『ミリオンダラー・ベイビー』

「そして幽霊が戻ってきた」正確な引用ではないかもしれませんが、そんなセリフが出てきます。イーストウッド作品の多くに、幽霊が登場することはよく知られています。もちろんそのフィルモグラフィーには、ジャンルとしてのオカルト映画なんて存在しませんので、なんのこと

『ミリオンダラー・ベイビー』

      MILLION DOLLAR BABY   '04・アメリカ・133分   '04アカデミー   [作品・主演女優・助演男優・監督]賞受賞   '04G・グローブ(ドラマ)[女優・監督]賞受賞    オフィシャル・サイト   映画生活      誰とも語りたくないのに、...

「ミリオンダラー・ベイビー」 モ・クシュラ

ミリオンダラー・ベイビー この映画をいわゆる「ネタバレ」なしで、感想を述べるとい

『ミリオンダラー・ベイビー 』

『ミリオンダラー・ベイビー 』公式サイト製作・監督:クリント・イーストウッド脚本:ポール・ハギス出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン 2004年/アメリカ/133分第77回アカデミー賞主要7部門にノミネートされ、作

ミリオンダラー・ベイビー

格闘技は好きですがボクシングだけは苦手でした...。でもこれは映画なのだし、なによりストーリーがおもしろそうということもあって初日に行ってきました。ボクシングだけではない、とても重い内容のヒューマンドラマでしたね。静かな音楽とともに流れていくストーリーは淡々

ミリオンダラー・ベイビー

(原題:MILLION DOLLAR BABY)【2004年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆)アカデミー賞で作品賞・主演女優賞・助演男優賞・監督賞の計4部門を受賞したヒューマン・ドラマ。ロサンゼルスのダウンタウンにある小さなボクシング・ジム。そこを経営する老いたトレーナーの

『ミリオンダラー・ベイビー』

------あれっ、今日は別の映画について喋るはずでは?『ミリオンダラー・ベイビー』のようなビッグタイトルはいつものように"週末にゆっくり"のパターンかと思ってた。「うん。初めはそのつもりだったんだけど、これは一言、早く言わなくてはと思って」-----なに、

「ミリオンダラー・ベイビー」@よみうりホール

今日は久しぶりに誘ってもらっての試写会です。あーちゃんはよく試写会に行くけど、自分から誘う事がホトンドで誘ってもらったのは夏絵ちゃんに誘ってもらった「ニライカナイからの手紙」以来。てか、まぁ・・・せっかく誘ってもらったのにその時は行けなかったんだけどねぇ

「ミリオンダラー・ベイビー」に見る絆

先日知り合いになったeiga.comからいただいた試写状で アカデミー4部門受賞の「ミリオンダラー・ベイビー」を見てきました。 クリントイーストウッド演じるフランキー・ダンの指導を仰ぐために ジムを訪れた女性ボクサーマギー・フィッツジェラルド(ヒラリー・スワンク)

ミリオンダラー・ベイビー☆サスガだね

第77回アカデミー賞・作品賞他を獲得した話題作。『ミリオンダラー・ベイビー』見てきました。とても真面目な作品でした。でも、痛いです。ボクシングシーン。いくら、スポーツだからってそんなに殴っちゃイヤだ。みたいな?で、この作品、宣伝されている以上に深く、また...

ミリオンダラー・ベイビー

愛に、打たれる。 二人が命をかけて守った魂は、永遠に輝き続ける。 ストーリー

『ミリオンダラー・ベイビー』

『ミリオンダラー・ベイビー』を観ました。    イントロダクション全米中にわき上がる絶賛の声。アカデミー賞2部門に輝く『ミスティック・リバー』から1年、ハリウッドの頂点を極めたクリント・イー

ミリオンダラー・ベイビー(新映画日記転用)

クリント・イーストウッド監督の映画を観てきました。アカデミーの四部門の賞受賞ほか、さまざまな映画の賞を獲得した作品ですが見れば「納得」イーストウッド、あんたすごいよ!(って私が言わなくても皆知ってるちゅうの)ヒラリー・スワンクもタフで野心家なのに素直でけ

「ミリオンダラー・ベイビー」

観てきました。(2004年 アメリカ)(ネタバレしてないつもりですが、難しい・・・)アカデミー賞4部門受賞ということで、かなり期待していた作品でした。いや~、重くて地味だけどいい映画でした。なんといってもヒラリー・スワンクの熱演が光ってましたね。マギーの

絶句するほど美しい「絆」のドラマ/「ミリオンダラー・ベイビー」評

『ミリオンダラー・ベイビー』(05/米/クリント・イーストウッド) Text By 膳場 岳人  筆者がこの映画を見てから一ヶ月以上が経つ。その間、ヒラリー・スワンクが演じたマギー・フィッツジェラルドの屈託ない笑顔を、クリント・イーストウッドが扮したフランキー・ダンの

『ミリオンダラー・ベイビー』、観ました。

勝負の世界は、僅か一握りの勝者と、その他圧倒的多数の敗者によって成り立っている。そして残酷にも勝負のアヤは、あと少しの運と不運がその両者を分けるのだ。ここに描かれるのは、紛れもなく“その敗者たち”の物語‥‥、彼らは互いに夢破れ、孤独に耐え、傷を胸にしまっ

■ミリオンダラー・ベイビー

■MILLION DOLLAR BABY●「ミリオンダラー・ベイビー」、既にオスカーで主演女優賞、助演男優賞、作品賞、監督賞という主要部門を受賞した注目の作品。この作品、やっとGW明け、それも5月末という遅さで公開になる。映画は始まりと同時に、一瞬にしてクリント・イーストウ

『ミリオンダラー・ベイビー』を観ました。

テレビで流れる予告編が軽いネタバレにはなってはいたものの、『尊厳死』まで話が及んで行くとは思っていなかった・・・。アホくさい程金をかけ作った映画よりも、よっぽど観た後に心に残る良い作品。人間、生きている間に何か残せるものが有ると思うが、人それぞれに生

ミリオンダラー・ベイビー

今日(28日)から封切りの「ミリオンダラー・ベイビー」 、早速観て来ました。 アカデミー賞授賞式の模様を、BSで見た時(Mar.12)から観たかった映画。さすがアカデミー賞主要4部門受賞作品! 「アビエイター」も、これじゃとうてい敵わないよね(^_

ミリオンダラー・ベイビー

ようやく「ミリオンダラー・ベイビー」を観た。 予想していた内容とは、かなり違う"ドラマ"で、「ロッキー」的な内容を期待している方には全くお薦めできません。 ヒラリー・スワンクは大熱演で、2003年の「モンスター」のシャーリーズ・セロン同様、体を張った

ミリオンダラーベイビー「自分を守れ」と痛切なドラマの中に描く感動の作品

ミリオンダラーベイビーは、アカデミー賞で作品賞など主要4部門を制した話題の作品ですが、その内容は気力の充実したクリント・イーストウッド監督渾身の最新作。ミリオンダラーベイビーのアカデミー賞4部門受賞は伊達じゃない。話題だけで興味を持って観ても、助演男優賞

『ミリオンダラー・ベイビー』を観た~!#81

ミリオンダラー・ベイビー (原題:Million Dollar Baby)【愛に、打たれる】キーワードは"モ・クシュラ"?監督クリント・イーストウッド出演クリント・イーストウッドヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマンアンソニー・マッキー/ジェイ・バルチェル マイク・コル

ミリオンダラー・ベイビー

「ミリオンダラー・ベイビー」を観ました。★★★☆この手のヒューマンドラマは私には難しい。ハードなイメージがちょっと肌に合わなかったかも。フランキーとマギーの親子のような関係、お互いになくしたものを補いあってる優しい感じはいいんだけれど、あのラスト

ミリオンダラー・ベイビー

このところ、立て続けに(う~~ん…)…って感じの映画が続いたので食傷気味だった私も、久しぶりに映画の中に引き込まれました。だけど…だけど…重苦しいんだよね。ヒラリー演じるヒロインが トップに上り詰めるところまでは軽快なテンポで進んでいくんだけど…(あ~~

ミリオンダラー・ベイビー

公開:アメリカ公開:2005年5月28日監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン本当は昨日観ようと思ってたけど、ガンダム事件(?)で予定が狂ったため、本日八王子シネマにて鑑賞。ストーリーは

ミリオンダラー・ベイビー

昨日観て来ました。「ミリオンダラー・ベイビー」です。こないだのオスカーで4部門(作品・監督・主演女優・助演男優)を獲った話題の作品ですね。テレビCMとか見る限りでは「バード」(’88)の様な暗い話なんだろーなぁ・・と予想はしてましたが・・・ホントにその通り

「ミリオンダラー・ベイビー」 を見ました

「ミリオンダラー・ベイビー」予想通り、私好みの、とても好きなタイプの映画でした。「私はこれが好きなの。。。。歳だなんていわないで。。。。」ウーン。とてもよく分かりますね。30歳を過ぎた女性、マギー。ボクシングで夢をかなえようと必死に立ち向かう。最初に

ミリオンダラー・ベイビー (2004) MILLION DOLLAR BABY 130分

 ロサンジェルスのダウンタウンにある小さなボクシング・ジムを営む老トレーナー、フランキー。その指導力に疑いのない彼だったが、選手を大切に育てるあまり、成功を急ぐ優秀なボクサーたちはみんな彼のもとを去ってしまうのだった。そんなある日、31歳になる女性マギーが

『ミリオンダラー・ベイビー』

ボクシングを題材にした小説やら漫画やらルポルタージュやら映画やらは沢山ある。沢山あるという事はそれを読み解く事に魅力があるからだ。なぜ魅力があるかと言えば、それは"不自由"なものだからだと思う。サッカーにしてもそうだろうが通常ならかなり難しいだろ

ミリオンダラー・ベイビー MILLION DOLLAR BABY

ストーリー: 愛に、打たれる。 二人が命をかけて守った魂は、永遠に輝き続ける。 それは、深い絆の"ミリオンダラー・ラブストーリー" 主な出演者: クリント・イーストウッド Clint Eastwood

ミリオンダラー・ベイビー 【すごいよクリント】

クリント・イーストウッド(のようなじーさん)になりたい!!心からそう思った。アカデミー賞をとった俳優二人は、それはもちろん素晴らしい演技だったのだけど、僕には俳優クリントの方がはるかに輝いて見えた。彼は自分が歳をとったことに気付いていないのではないだろうか?「

Million Dollar Baby

思った。この人は映画がほんとに好きなんだ。きっと大好きなんだ。イーストウッド。自分で監督して自分で演じて自分で音楽を作る。贅沢だ。でもこの人はできるんだ。思った。イーストウッド。年とったなぁ。最初の30分、ほんとにこの人はイーストウ

『ミリオンダラー・ベイビー』('04/米国)

 今年のオスカー4部門制覇作品、というのはとりあえず私にとってはどうでもよく。この作品が観たかったのは、女版・明日のジョー、のその後を描いたものらしい、という理由からだった。 真っ白な灰になれなかった矢吹丈(あるいは、丈と闘っては消えたボクサー達)と丹下段

ミリオンダラー・ベイビー

監督・製作:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン ほか製作国:アメリカ2004年日本公開 2005/5/28~ううむ。ボクシングの師匠と女ボクサーのサクセスものかなぁと、勝手に思っていたらラストはこうくるのかぁ

ミリオンダラー・ベイビー

 一人シネマラソン、2作品目は数々の賞に輝いた「ミリオンダラー・ベイビー」です。 ボクサーの身体を気遣うあまりに冒険をさせられない老トレーナーと、無垢だけども決して弱音を吐かない女性ボクサーの絆と悲愴な人生を描いたドラマです。  ジムを経営する老トレーナ

ミリオンダラー・ベイビー

オススメ度☆☆☆★(3.5)ミドコロKOシーンの連発は最高。本当のボクシングの試合みたいな興奮を味わうことがきました。ストーリー自体は単純で王道を走ってます。とりあえずはボクシングもののストーリーを頭で想像してください・・・まったくその通りのストーリーです。要

ミリオンダラー・ベイビー

アカデミー賞4部門受賞作品『ミリオンダラー・ベイビー』(MILLION DOLLAR BABY)<作品・監督賞(クリント・イーストウッド)・主演女優賞(ヒラリー・スワンク)・助演男優賞(モーガン・フリーマン)>を観にいってきました。(久々のビックタイトル)あらすじボクシング・

「ミリオンダラー・ベイビー」

「ミリオンダラー・ベイビー」 イイノホールで鑑賞泣こう!と思っていきましたが今日も空振りでした。会場はすすり泣き声、鼻水すする音…。今日は全部ネタバレです。ジムを経営するフランクは強いボクサーを育てているがチャンピオンを目前にして皆彼の元を去ってゆく。そ

痛いッ!! @ ミリオンダラー・ベイビー(吉祥寺)

アカデミー賞受賞作品でもあるミリオンダラー・ベイビーを観に行ってきました。各レビューに載っているのでセーフだと思いますが老トレーナーの「自分を守れ」と繰り返す言葉は、耳にするタイミングで違う言葉のように思えました。ボクシング話

ミリオンダラー・ベイビー

ミリオンダラー・ベイビー上映時間 2時間13分 監督 クリント・イーストウッド 出演者 クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン  特集ページ  ジャパンプレミア フリーマンは31日までずっと日本にいるみたいだねー。スワン

【ミリオンダラー・ベイビー】

名トレーナーと言われたフランキーのもとへ、女性ボクサー・マギーが「トレーナーになって下さい」とやってに来た。最初は断っていたフランキーだったが、マギーの熱意と垣間見せるセンスの良さに、トレーナーを引き受ける事に。2人で目指してきた頂点に手が届いたその時・

ミリオンダラーベイビー

今年度アカデミー賞受賞作(?)ミリオンダラーベイビーを見た。これはこの間銀座で前売り券を安く買ったので1250円で見られた。ボクシングのシーンとかボクシングで怪我して止血するシーンとかいろいろと目を閉じてしまうところがあったけど(どうもそういうシーンは苦手な

ミリオンダラー・ベイビー

貧しい小さな村で生まれたマギー。13歳のときからウェイトレスとして働いていた彼女の夢は女子ボクシングのチャンプになること。31歳になったとき、老舗のボクシングジムの老トレーナー、フランキーの教えを請うため、ジムに出入りするようになるが、フランキーは女性ボ

ミリオンダラー・ベイビー・・・・ヒラリー・スワンク

本日映画の日ですね~。アカデミー賞を取ったこの映画、やっぱり見てこなくちゃと、出かけてきました。☆ミリオンダラー・ベイビー☆(2004)クリント・イーストウッド監督クリント・イーストウッド・・・・・フランキーヒラリー・スワンク・・・・・・・・マギーモーガン・...

ミリオンダラー・ベイビー

2004/アメリカ(133分)監督 クリント・イーストウッド原作 F・X・トゥール出演 クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン/■アカデミ-賞作品賞受賞評価:★★★★★/ 05.5.28 劇場この映画の感想ネタバレはしたく無いので何と書いて良い物か

「ミリオンダラー・ベイビー」

本年度アカデミー賞で主要4部門を受賞した話題作。クリント・イーストウッド、この映画では監督、俳優としてはもちろん、音楽も担当してるんですね。さて、公開初日に張り切って観に行ってきました。あぁ…もうクリント・イーストウッドが登場した瞬間に目頭が熱くなりました

「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきました

突然ですが、アメリカ合衆国第35代大統領と言えば、初めてWASP以外から大統領になったジョン・F・ケネディ。彼のミドルネームの“F”を略さない読み方をご存じでしょうか。フィッツジェラルド(Fitzgerald)。典型的なアイルランド系の名前ですね。なんでJFKの話をしたのか

ミリオンダラー・ベイビー

人と人とは、心の虚ろな部分を補い合うかのように求め合うものである。それによって見失われていた魂が救済されれば幸いである。ヒラー・スワンクが演じるマギーは、愛を獲得した者と棄てられた者との違いはあるが、フェリーニの『道』でのジュリエッタ・マシーナのように神

ミリオンダラー・ベイビー(評価:☆)

【監督】クリント・イーストウッド【出演】クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン【公開日】2005/5.28【製作】アメリカ【ストーリー】ジムを経営するトレーナー、フランキー(クリント・イーストウッド)。彼の育てた若いボクサーは、実

ミリオンダラー・ベイビー

イーストウッドの映画なら、アカデミー賞を取ろうが取るまいが関係ない。キャストもしぶいし、期待しない理由が皆無。レイトで観てきた。

ミリオンダラー・ベイビー ★★★★☆

娘を求めるトレーナー家族の愛に恵まれない女子選手一生のうち1度もチャンスを貰えずに人生を終えるものもいる譲れない物があるボクシングだけは譲れないこれだけが生きがいだから、これを失くしたら何も残らない後半ストーリーは想像もしなかった展開を迎え

■〔映画鑑賞メモVol.1〕『ミリオンダラー・ベイビー』(2004/クリント・イーストウッド)

皆さん、こんばんは~私め、昨晩のレイトショーで『ミリオンダラー・ベイビー』を鑑賞いたしました!じわりじわり、映画のあれこれが今甦って来ています。うーん、鑑賞した昨日よりも、むしろ、日が変わった今日の方が『ミリオンダラー・ベイビー』という映画の余韻に浸らず

「ミリオンダラー ベイビー」とハリーポッター

こんにちは(^^今日は予告通り、映画を見て来ました。「ミリオンダラー・ベイビー」アカデミー賞を4部門受賞しただけあって迫力のある映画になっていました。途中までは、ボクサーになる夢を追いかける内容で残り三分の一はがらりと内容が変わっていました。そのどちら...

ミリオンダラー・ベイビー

鑑賞してきました「ミリオンダラー・ベイビー」。さすがイーストウッド!と叫びたくなるような傑作ではないでしょうか?自分だけでなく様々な人々の人生をもよく観察し、昇華して集大成しなければ描けそうにない重みを感じるストーリー。このあたり、「許されざる者」「マデ

ミリオンダラーベイビー MILLION DOLLAR BABY

今日が公開日初日。初日に見に行った作品はこれが初めてかもしれませんクリント イーストウッド監督作品、ヒラリー スワンク主演作品(2004年)辛かったですね。何回も泣いてしまいました。ヒラリー演じるマギー、クリント演じるフランキー、モーガン演じるエリックの関係

ミリオン・ダラー・ベイビー

ミリオン・ダラー・ベイビー (MILLION DOLLAR BABY)を見ました。(試写会です)ご承知のとおり、第77回アカデミー、作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞の主要4部門を獲得。クリント・イーストウッド監督主演、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマンらの共演。

ミリオンダラー・ベイビー

■ ミリオンダラー・ベイビー原題:MILLION DOLLAR BABY  本年度アカデミー賞で作品賞、主演女優、助演男優、監督賞の主要4部門を受賞した作品。「許されざる者」「ミスティック・リバー」の映画の伝道師クリント・イーストウッドが監督、主演などを務めた衝撃の

ミリオンダラー・ベイビー

「ミリオンダラー・ベイビー」が漸く公開され、今年のオスカー総決算という形での鑑賞になった。当初より、単なるボクシング映画では無いという評判(では、「単にボクシング映画」って例えばどういう映画?「ロッキー」にしても、「レイジング・ブル」も「チャンプ」も、どれ

【 ミリオンダラー・ベイビー 】

<2004年 米>■監督/製作/音楽: クリント・イーストウッド■出演:        ヒラリー・スワンク  クリント・イーストウッド             モーガン・フリーマン  他≪あらすじ≫ロサンゼルスで古いジムを運営しながらボクサーを育てているフ

ミリオンダラー・ベイビー(5/29 幕張)

『エンドロールが流れる間、涙が止まらなかった、重いテーマを投げかけるイーストウッド渾身の作』 今年のアカデミー賞で、ディカプリオ&スコセッシ組の『アビエイター』を抑えて主要部門を制覇した注目作。といっても、私はイーストウッドファンではないので、アカデミー

『ミリオンダラー・ベイビー』

先日試写会で観て来ました。 <ストーリー>貧しい家に生まれた女性がプロボクサーを目指す。そのために優秀なトレーナーを探すが、見つけた人物は女性だからと申し入れを拒否。諦めない彼女は、彼の経営するジムに通いつめ、オーケーさせる。彼と共に

「ミリオンダラー・ベイビー」劇場にて

ファボーレ東宝で『ミリオンダラー・ベイビー』を観ました。云わずと知れた本年度アカデミー賞主要4部門受賞作です。出演は「クリント・イーストウッド」「ヒラリー・スワンク」そして「モーガン・フリーマン」。ジムを営む初老のトレーナー『フランキー・ダン(クリント・イ

ミリオンダラー・ベイビー 2004アメリカ

クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマンにアカデミー賞作品となれば観ないわけにいかないでしょう。監督・製作:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマンあらすじは、こちらご参照ください。アカデミー

ミリオンダラー・ベイビー

道徳心と戦い、家族に失望し、自分の行動を後悔している人生の大半を終えた老人。彼の前に現れた女性ボクサーに面くらい拒絶するも、結局は自分の下で育てあげる。原作『ロープ・バーンズ』を読み、その男を演じたいクリント・イーストウッドが、映画化しました。オスカー4部

ミリオンダラー・ベイビー

アカデミー賞4部門受賞(作品賞、監督、主演女優、助演男優)に恥じない。ボクシングを通じで描かれた切ない人生と愛の感動ドラマ。泣きました。{/face_naki/}2004年アメリカ ヒューマンドラマ2005年6月1日 川崎チネチッタ監督 クリント・イーストウッド出演 クリント・

『ミリオンダラー・ベイビー』

ネタばれありです。『ミリオンダラー・ベイビー』で描かれていることのいくつかで俺が心を動かされたものは、ひとつだけだった。それは、主人公がボクシングにそれまでの全人生をかけてチャレンジしたということである。叩きのめす相手だけを見つめ、秒単位のチャンスに拳を

「ミリオンダラー・ベイビー」

「ミリオンダラー・ベイビー」 クリント・イーストウッドが主演・監督、アカデミー賞で、主要4部門を制覇、老トレーナーと女性ボクサーのストーリー。予備知識はここまで。いざ劇場へ。  米国の保証書付だが、そんなことは関係ない。本当に良い作品なのか、疑うくらいの気

映画「ミリオンダラー・ベイビー」を見たぞ!

親戚のおばさんから松竹の株主優待券をもらったので、話題の「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきました。さすがに始まったばかりの映画なので、映画の日の前日なのに込んでいました。+400円で指定席の2階席に移れるというのでもともとタダなので、その2階席のド真ん中に「

『ミリオンダラー・ベイビー』

監督・制作・音楽:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド(フランキー・ダン)ヒラリー・スワンク(マギー・フィッツジェラルド)モーガン・フリーマン(スクラップ)本年度アカデミー賞では、主要7部門にノミネートされ、見事、作品賞・

ミリオンダラー・ベイビー

ハッピーバースデイ ミスター イーストウッド!  どんなミュージシャンでも風変わりなアルバムがディスコグラフィーに一枚くらい紛れ込んでいるものです。イーストウッドを見続けてきた者ならば『許されざる者』で、いわゆるイーストウッド的なものの集大成=ベストア

ミリオンダラー・ベイビー

今年度アカデミー賞受賞作品とはいえ、観るつもりはぜーんぜんありませんでした。が、たまたま土曜日に見たsma-station4の月イチゴローで大絶賛していたので、ついつい観てしまいました。恐るべし、月イチゴロー。ボクシング映画なのかと思ったら、とんでもなく重い人間ドラ

『ミリオンダラー・ベイビー』  ☆☆☆☆★

「ガールファイト」じゃないよ!アカデミー賞主要4部門制覇!ってこの上ない肩書きを持つ映画。松竹もこの映画とZガンダムのとんでもないヒットでうはうはなことでしょう。うはうはなんはわかるけど、本編フイルムの先付けにあの予告はないわ~。なんで「ミリオンダラー・ベ

ミリオンダラー・ベイビー  ボクシングとは距離を置いたストーリーに一抹のさびしさ

タイトル:ザ・ミリオンダラーベイビー/アメリカ,ムービーアイジャンル:スポ根+哀切なヒューマンドラマ/2004年/133分映画館:MOVIX京都10(422席)鑑賞日時:2005年5月28日(土),16:00~ 350人私の満足度:60% オススメ度:70%※同名原作本(原題Rope Burns):F.X.ト

人生を考えさせられた!

日頃そんなに自分の人生なんて、考えた事もないが、ふと、このままで良いのかななんて、思ったりすることがある。それは、この世の物とは思えない綺麗な景色をみたり、自分とは違う価値観を持った人に出会ったりと様々だけど、映画を観て思うことなんてめったにない。個人差

ミリオンダラー・ベイビー

ネタバレにはなってないと思いますよ。多分・・・試写会でした。今年度のアカデミー賞を獲りましたね。この作品侮っちゃだめ!!イーストウッドは音楽もやっててびっくりしました。才能が豊かですね~。それで映画なんだけど・・・何を書いてもネタバレになってしまいます。

ミリオンダラー・ベイビー。

18日に『ミリオンダラー・ベイビー』の試写会に行ってきました。TVブロスさんありがとうー、実は試写会って初めてです。アカデミー賞主要4部門受賞の話題作ということで、ほぼ満員。孤独な老トレーナーとハングリーな女性ボクサーの物語。前半はボクシングシーンの連続で

試写会感想 ミリオンダラー・ベイビー 編 ★★★★+2/3★

”夢みる30女(is me)”には、いろんな意味でキツイハナシだったため、途中からなるべく感情移入しないよう、頭の中の”共感スイッチ”を切ってニュートラルに鑑賞したにもかかわらず、観終わった後、じわじわ効いてくるボディーブロー(これを書いている今でも)。さすがは

★「ミリオンダラー・ベイビー」

いよいよ公開になりました・・・今年度アカデミー賞主要4部門受賞作品。ひらりんお得意のレイト・ショウで見ようと思ったけど・・・ずるいチネチッタ・・平日はレイト設定無し、土曜はヘンな時間設定。どうしても1800円取りたい作品らしいです。まっ133分ものだから

ミリオンダラー・ベイビー

   今や74歳となったクリント・イーストウッド監督 (余談ですが、イーストウッド監督のお誕生日は5月31日。もうすぐですね。)、30歳にしてオスカーに二度も輝くヒラリー・スワンク、ベテラン名脇役モーガン・フリーマン、この3人がいっしょにいるというだけでな

ミリオンダラー・ベイビー(映画館)

愛を、教えて。アカデミー賞受賞作品だから公開2週目にもかかわらず、まずまずの人の入り。久しぶりに両隣に人がいて、ちょっと窮屈だわと思いながら鑑賞~。まるでマギーのフックをもろ脇腹にくらったような重い、重い映画でやんした。人の栄光と脱落を淡々と描いてた。そし

ミリオンダラー・ベイビー

 アカデミー賞と言う最大の売り文句と,巧い役者勢揃いで,ハズレは無いと予想されつつ,既に巨匠の域なクリントおじの作品である。 これは尊厳の物語である。師匠と弟子以上の,そして腐れ縁の親友以上の,馴れ合い家族よりお互い知り合った,身体と心のぶつかり合いに

『ミリオンダラー・ベイビー』

『ミリオンダラー・ベイビー』(アメリカ映画)133分  監督  :クリント・イーストウッド  キャスト:クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン(あらすじ)ボクシングの名トレーナー・フランキーを一人の女が尋ねる。彼女マギーはフラ...

ミリオンダラー・ベイビー:ネタバレあり注意(^_^;)

 やっと見れました・・・。あの胸がキュンとひねりあげられるようなBGMにのせて、年を聞かれ、「31歳よ」と答えるヒラリー・スワンクは、不遇な境遇を背負い、喫茶店でウェイトレスをしながら、ボクサーになるのだけを願い続ける、おそろしく情熱だけはあるけど

短くても太く生きた女性の話◆『ミリオンダラー・ベイビー』

6月7日(火)TOHOシネマズ木曽川にて最初に断っておくが、私はクリント・イーストウッドがあまり好きではない。彼の若い頃の活躍については、実際のところよく知らないが、あそこまで歳を取ってもあくまで"ヒーロー"をやりたがる姿勢が好きになれなかったし、自分

ミリオンダラー・ベイビー

今週、ご紹介する作品は、アカデミー賞で、主演女優、助演男優、監督、作品賞の主要4部門を制覇した、クリント・イーストウッド監督の最新作。「ミリオンダラー・ベイビー」です。ボクシングに希望を見い出そうとする女性と、そのトレーナーの心の葛藤(かっとう)を丹念に描

ミリオンダラー・ベイビー

またまたレディースデーに、映画を観てきた。アカデミー受賞作「ミリオンダラー・ベイ

ミリオンダラー・ベイビー

年老いたトレーナーと孤独な女性ボクサーの深い絆を描いたヒューマン・ドラマ。今年のアカデミー賞で、作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞を受賞。ボクシングに全てを賭けるマギーに「ボーイズ・ドント・クライ」でもアカデミー主演女優賞を受賞したヒラリー・ス...

ミリオンダラー・ベイビー(クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン)

2005年度アカデミー賞、主要4部門受賞という話題に惹かれシネコンにて鑑賞。 全くストーリーも知らないまま、なんとなく鑑賞という感じだったが、ゆっくりしたテンポで流れる音楽と共に、3人の人生がボクシン

映画鑑賞記「ミリオン・ダラー・ベイビー」

鑑賞日:05.06.10 鑑賞場所:AMCイクスピアリ16今年のアカデミー賞主要4部門を獲得した作品。今年75歳になったクリント・イーストウッドが作り上げた愛と絆と魂のぶつかり合う、渾身の映画。2005年アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演

「ミリオンダラー・ベイビー」を観る(From MM)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ◆ ミリオンダラー・ベイビー 2004年 アメリカ       ┃   監督:クリント・イーストウッド   脚本:ポール・ハギス   出演:クリント・イーストウッド,ヒラリー・スワンク,      モー

「ミリオンダラー・ベイビー」を観る(From MM)

◆三位一体の奇跡のようなアンサンブルが織りなす魂のドラマ (★★★★★)  本年度のアカデミー四部門を独占した本作。評判通りの傑作、珠玉  の逸品であります。    細部に至るまで緻密に造形されたキャラクター、全てが計算され尽  くされた言動など、全く無駄とい

心にしみる「ミリオンダラー・ベイビー」

「ミリオンダラー・ベイビー」観ました私はクリント・イーストウッドの監督作品が大好きなんですこの作品もアカデミー賞を4部門も受賞しただけに、ずっと楽しみにしていました。この映画は女ボクサー・マギー(ヒラリー・スワンク)と彼女のトレーナー・ダン(クリント・イー

Million Dollar Baby (2004)ミリオンダラー・ベイビー

最後の対戦相手、娼婦上がりで汚い手を使うチャンピオンの「青い熊」を演じたLucia Rijkerは実際にボクサーですね(オランダ系でタイのキックボクシングの経験もありとか)。クレジット見ると彼女がヒラリー・スワンクへのボクシング指導もしてたような…。あとクレジット見

ミリオンダラー・ベイビー

※ネタバレに対する配慮は一切しておりません。正直、この映画がこういった展開を迎えるなんてこれっぽっちも予想してなかった。前半と後半でこれだけ印象が違う映画もなかなかありません。予想外だったぶん、頭に一発ガツーンとくらったような気分です。しかし、考えてみれ

ミリオンダラー・ベイビー

《ミリオンダラー・ベイビー》 2004年 アメリカ映画 - 原題 - MILL

絆と命と・・・

久々の映画レビューです。今回は「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきました。 監督・主演があのクリント・イーストウッドという事で、かなり期待して観にいきました。前作「ミスティック・リバー」も非常に良い作品だったので。 正直、かなり期待以上です。個人的

百万弗ベイビー

 と言えば銀蝿一家のジョニーという日本人の常識を覆す、クリント・イーストウッドの

名作?はたまた?ミリオンダラーベイビー

 最近、私の周りでも、「ミリオンダラベイビー」の評価が二つに分かれています。いい映画、またはイマイチか。私の解釈では、確かにいい映画だけど、見た人の「生涯ベストテン」に入るかどうかは、おおむね望み薄だと思う。 それは、永遠に名作といわれたりする、そのよう

ミリオンダラー・ベイビー

 枯にして淡にあらず。……この映画を一口に表すとこういうことになるでしょう。  枯れた作品、枯れた演出というと、"枯淡の境地"という言葉があ

ミリオンダラー・ベイビー

 『ミリオンダラー・ベイビー』を観た。 観る前の印象はアカデミー賞で4部門もかっさらっていったトレーナーと女性のボクシング映画くらいにしか思ってなかった。こういう映画を観ると、実際に映画を観なくてはわからないものだなあというのを思い知らされる。 ...

ミリオンダラー・ベイビー

 本年度アカデミー賞作品賞他主要4部門を受賞した、クリント・イーストウッド監督最新作。 かなり期待していたが、多少的外れされた感じだった。ただ、主役3人の人物描写はかなり緻密で深く掘り下げられているし、ストーリーにも矛盾がなく、丁寧に作られているところは

ミリオンダラー・ベイビー

クリント・イーストウッドの映画は好きでは無いのですが、アカデミー賞主要4部門(作品賞・監督賞・主演女優賞・助演男優賞)を総ざらいした映画とあっては映画好きとして見ておかなければという気になり「ミリオンダラー・ベイビー」を見てきました。★★★★★普通のスポ根

ミリオンダラー・ベイビー

●メインスタッフ監督:クリント・イーストウッド脚本:ポール・ハギス原作:F・X・トゥール公式サイト:http://www.md-baby.jp/【ストーリー】フランキー(クリント・イーストウッド)は、ロスのダウンタウンにある小さなボクシングジムのオーナー。かつては血止めのプロの

ミリオンダラー・ベイビー (クリント・イーストウッド&ヒラリー・スワンク主演)

ミリオンダラー・ベイビー「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキーは、23年...

ミリオンダラー・ベイビー

本年度アカデミー賞主要4部門(作品賞・監督賞・主演女優賞・助演男優賞)に輝いた作品はいかに。それは期待ではなく、興味から。

『ミリオンダラー・ベイビー』続き(ネタバレ)

公式サイト すごくわかり易い映画なのだけど、この映画について語るのは難しいと思...

クリント・イーストウッド Clint Eastwood 俳優特選

Date of birth (location),31 May 1930,St. Francis Hospital, San Francisco, California, USA本名 Clinton Eastwood Jr.ミリオンダラー・ベイビー Million Dollar Baby (2004) ブラッド・ワーク Blood Work (2002) スペース カウボーイ Space Cowboys (2000) トゥル

ヒラリー・スワンク Hilary Swank 女優特選

Date of birth (location),30 July 1974,Lincoln, Nebraska, USA本名 Hilary Ann SwankThe Reaping (2006)The Black Dahlia (2005) ミリオンダラー・ベイビー Million Dollar Baby (2004)Red Dust(2004) Iron Jawed Angels (2004) (TV) 11:14 (2003) ザ・コア

モーガン・フリーマン Morgan Freeman  俳優特選

Date of birth (location),1 June 1937,Memphis, Tennessee, USAColors Straight Up(2006) Untitled Morgan Freeman WWII Project (2006)Harry and the Butler (2006)The Contract (2006)Edison(2005)Lucky Number Slevin (2005) An Unfinished Life(2005)バッ

ミリオンダラー・ベイビー

究極の選択、極限の悲しみにいたったときに宗教は何ができるのか?

「ミリオンダラー・ベイビー」

DVDにて、「ミリオンダラー・ベイビー」を観ました。私はこの作品をボクシングに賭ける女のサクセスストーリーだとばかり思っていました。けどれ、ボクサーのパンチを食らったくらい、大きく違っていました。予備知識なしで観ればきっと私以上の衝撃を受けるでしょう。

ミリオンダラー・ベイビー 今年の222本目

ミリオンダラー・ベイビーハッピーエンド、スポ根ものだとばかり思っていました。申し訳ございません。第77回アカデミー作品賞、主演女優賞、助演男優賞、監督賞、ですね。途中まで快調に見ていたんだケド、この映画のメインストーリーが始まってからは、見るのがつら....

ミリオンダラー・ベイビー

か…悲しすぎる…泣いてしまいました。僕は同じクリント・イーストウッド作品の、パーフェクトワールドが好きで何度見ても泣いてしまいます。僕がファザコンだからかもしれないですが(決して“パパ愛してる”ってキモいのではないのであしからず。この映画みればその意味は

ミリオンダラー・ベイビー

重い・・・・・。ズシリと重い作品である。観終わった後でも、まだなんだか心に鉛を流し込まれたような感覚が残っている。でも、いい意味で、非常に後遺症の残る作品である。小さなボクシング・ジムを経営する、初老のフランキー(クリント・イーストウッド)....

ミリオンダラー・ベイビー

Million Dollar Baby200

8 - ミリオンダラー・ベイビー

製作年度・製作国・上映時間2004年・アメリカ・133分監督クリント・イーストウッド出演クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、アンソニ

映画「ミリオンダラー・ベイビー」

DVDで観ました。アカデミー賞で、作品賞、主演女優、助演男優、監督賞の計4部門を受賞した作品。とにかく演技はいいです。ヒラリー・スワンクの体当たりの演技や、クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマンの渋い演技が見ものです。ストーリーはセオリー通りに進み

ミリオンダラー・ベイビー

ミリオンダラー・ベイビークリント・イーストウッド F・X・トゥール ヒラリー・スワンク ポニーキャニオン 2005-10-28売り上げランキング : 268Amazonで詳しく見る by G-Toolsテーマ的には『海を飛ぶ夢』と似通ったところがあるのですが、あちらはやや情熱的に、こちら....

ミリオンダラー・ベイビー

昨年度のアカデミー賞で「アビエイター」を蹴散らして見事!主要4部門を受賞したのが「ミリオンダラー・ベイビー」。観た人の感想が賛否両論だったから、予告編を観ただけで敢えて何の予備知識も仕入れずに鑑賞してみたけど、これがとってもよかった!!ひょっとしてお涙頂

ミリオンダラー・ベイビー

8.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)アカデミー賞主要4部門受賞は伊達じゃなかった。クリント・イーストウッド監督作品では『マディソン群の橋』と並んでワタクシの中で最高傑作にランキングされました。先ず、映画全体の雰囲気が凄く良いです。派手

CINEMA●STARR 「ミリオンダラー・ベイビー」

監督 クリントン・イーストウッド 出演 クリントン・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、他 貧しい家庭に育った女子プロボクサーは老トレーナーの指導の元、世界チャンプを狙う、しかし、待っていたものわ・・。  女子ボクシング....

ミリオンダラー・ベイビー

『ミリオンダラー・ベイビー』 2004年アメリカ(133分)監督:クリント・イーストウッド 音楽:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド   ヒラリー・スワンク   モーガン・フリーマン   アンソニー・マッキー   ジ....

ミリオンダラー・ベイビー

話題作なので映画館で観ました。それとヒラリー・スワンクに興味があって。しかし私の周りで観た人に感想を聞くと皆一様に「う~ん」と唸り、「まー、いい映画だよ」だとさ。もしかして、つまらないのか?同じビルの「機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-」は満員。

ミリオンダラー・ベイビー/クリント・イーストウッド

神はなぜこれほどの試練を与えるのか。世の中に公平というものはあるのか。これほど感動し、そしてこれほど辛く、心が痛い映画を久しぶりに観ました。ボクシングトレーナーのフランキー(クリント・イーストウッド)が、女性ボクサー・マギー(ヒラリー・スワンク)を育てて

映画「ミリオンダラー・ベイビー」

映画「ミリオンダラー・ベイビー」(Million Dollar Baby, 2004・米国)モーガン・フリーマン扮するスクラップがこの映画のナレーションを務めるのは、彼には語らねばならない物語があるからである。物語とは、人を生かすものであるし、自分の生の意味を確認するものでもあ

『ミリオンダラー・ベイビー』’04・米

あらすじロサンゼルスで古いボクシングジムを営むフランキー(クリント・イーストウッド)は実力はあるが育てた若者は欲を求め彼の元を去っていく。あるとき、そんなジムへ31歳のボクサー志望のマギー(ヒラリー・スワンク)が入ってくる。フランキーにとってマギーのよう..

ミリオンダラー・ベイビー

Million Dollar Baby (2004/アメリカ)【TV放映】監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマンいろんな人から勧められた映画を今頃鑑賞。予備知識なしで観たので、こんな展開の映画だとは思ってもみなかった。

ミリオンダラー・ベイビー

Million Dollar Baby (2004/アメリカ)【TV放映】監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマンいろんな人から勧められた映画を今頃鑑賞。予備知識なしで観たので、こんな展開の映画だとは思ってもみなかった。

ミリオンダラー・ベイビー

ミリオンダラー・ベイビーMILLION DOLLAR BABY監督 クリント・イーストウッド出演 クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク    モーガン・フリーマンアメリカ 2004

ミリオンダラー・ベイビー

2004年度のアカデミー賞で予想されてたアビエイターを蹴散らして見事!主要4部門を受賞した本作。クリント・イーストウッドの枯れた魅力が味わえます。あらすじは・・・小さなボクシングジムを経営する初老のフランキー(クリント・イーストウッド)は手

ミリオンダラー・ベイビー/Million Dollar Baby(映画/DVD)

[ミリオンダラーベイビー] ブログ村キーワードミリオンダラー・ベイビー(原題:Million Dollar Baby)キャッチコピー:愛を、教えて。製作国:アメリカ製作年:2004年配給:ムービーアイ、松...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。