1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローサー

★本日の金言豆★
ネットの掲示板などでいきなり過激で大胆な書き込みを連発する女性は、ほぼネカマ名簿業者・・・( ̄▽ ̄;)

 登場人物の台詞がやたら浮世離れしてて、長台詞で持って回った言いまわしの連発だなあと思ってたら、何のことはない舞台戯曲が原作なんですね。
 1997年に英国国立劇場で初演されて以来、イギリス演劇界で大ヒット、数々の演劇賞を受賞し、30カ国で翻訳され世界中100以上の都市で上演されたというツワモノだそうで。
 それを、原作の劇作家パトリック・マーバー自身が映画用に脚本を書き起こしたという・・・そりゃ~台詞が舞台っぽいわけですね。

 2人の男と2人の女をめぐる、ドロドロの愛憎劇を描いた恋愛映画。
 印象的にはなんとなく地味な作品のわりにものすごい豪華キャストで固められた本作、しかしこの4人が4人ともとんでもないクワセモノ揃いで、複雑な内面と個性がガチンコでぶつかり合う恋愛の駆け引きがリアルに描かれる内容なだけに、やはりこのクラスの俳優陣でなければ成立しなかったのでしょうね。

 最近に出ずっぱりのジュード・ロウや、さすがに落ち着きが出てきた!?御大ジュリア・ロバーツはいわずもがな、本作でゴールデン・グローブ賞最優秀助演男優賞と最優秀助演女優賞を受賞済の”アーサー王”クライブ・オーウェンと”アミダラ姫”ナタリー・ポートマンの熱演ぶりは文句なし。
 特に、本作はナタリー・ポートマンの映画!?といってもいいほど彼女は見事です。
 「スター・ウォーズ」ばりの髪型や髪の色七変化で登場する度に、あどけなさが残る少女の顔、憂いを秘めた女の顔、小悪魔的な悪女の顔等を巧みに演じわけてます。
 序盤、窓際で振り返りざまジュリア・ロバーツに写真を撮らせるシーンの表情などはゾクっとするほどの色気と切なさ。
 かと思えば、ストリッパー役の彼女がオーウェン相手にかなり際どい露出とからみをみせるシーンは超大胆!大事なとこ見せてない分めっちゃエロい!んでまた体柔らかいですね~彼女。
 SW2で、ヘイデン・クリステンセンとのキスシーンについて「演技で他人とキスするのは娼婦になったような気分」みたいなこといってた少女も、ずいぶん大人になり申した・・・。

 ま~しかしシナリオ的には、何が言いたいんだか分からないユル~い展開。
 偶然出会った2組のカップルが、何だかしらないけどお互いにくっついたり別れたり・・・。原因は女の複雑な心情のようでもあり、男の無意味なプライドのぶつかり合いのようでもあり、別に誰が悪いわけでも良いわけでもなく、ある意味ごく普通の恋愛劇を淡々と描いています。このへん確信犯的にそうしてるみたいですね。観た人がそれぞれに思い入れて評価してほしいと。
 しっかし最近は、芸能人や著名人同士の恋愛ゴシップもさることながら、一般人の恋愛のほうがよっぽどドロドロしてますからね~(^^; 
 島田紳助が司会の素人インタビュー番組「キスだけじゃイヤッ!」(関東圏月曜夜9時)なんか観てたら、元彼が妹と付き合ってるだの、付き合ってるのに相手が勝手に別な人と結婚しただの、一般人が一番無茶苦茶やるな~と感心してしまいます。だから逆に純愛ブームなんかが起きてくるんですかね~。
 そういう意味では、ちょっと中途半端な愛憎劇である本作ははたしてどこまで共感を得られるものか!?

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

クローサー
監督・製作:マイク・ニコルズ
原作・脚本:パトリック・マーバー
出演:ジュリア・ロバーツジュード・ロウナタリー・ポートマンクライブ・オーウェン
2004/アメリカ/ソニー/103分/R-15

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

COMMENTS

こんにちは。

ぼくはナタリー・ポートマンは、
『ビューティフル・ガールズ』がいちばんよかったです。
あの映画、ティモシー・ハットン、マット・ディロン、
ミラ・ソルヴィーノ、それにユマ・サーマンも出てました。
ナタリーに惹かれるティモシーの気持ちがよくわかる....って感じの映画でした。

TBありがとうございます。

>一般人が一番無茶苦茶やるな~と感心してしまいます。

いや~、それはびっくり!!笑っちゃいました。

>だから逆に純愛ブームなんかが起きてくるんですかね~。

そうかもしれません。どろどろよりも美しいもののほうが私も好きです~。
昼メロの「ボタバラ」なんぞはドロドロが受けて大ヒットしたようですが・・・(爆)

人間はわがままな生き物ですから、あの4人のような関係も成り立っちゃうんでしょうかね?ちょっと考えちゃいました。

ルーシー様

あの番組、毎回毎回あまりにもとんでもないカップルが出てくるので、なんかも~観てるだけで人間不信に陥りそうな気がして、最近観なくなっちゃいました・・・(--;
ボタバラや古いところで”たわしコロッケ”「真珠婦人」くらいいっちゃうと逆に笑えて面白くなっちゃうんでしょうね~

grifoniです。

トラバありがとうございます。

たまに情報収集をかねて遊びにきますね。
失礼しました~

TBありがとうございました

ジュード・ロウが表に裏に出ずっぱり・・・笑わせていただきました~。
ジュードファンなんですが、彼を見に行ったわけじゃない映画にもちょこっと出演してたりしてうれしいです。
彼はピンで主役だとちょっと弱いな、とは思ってたんですが、今回は4人平等にスポットが当たっていい作品になってたと思います。(メッセージ性とかは皆無ですけど)
最終的に4人のうち引き立ったキャラはクライヴとナタリーでしたね~。

キスイヤ

この作品の感想にキスイヤが登場するとは!
面白い目の付け所ですね~。
あそこまでくると、本当か?やらせなんじゃ?なんて穿った見方をしてしまう私としては
コレぐらいのほうが真実味あって、自分の経験も振り返って楽しめちゃいました。

ミチ様

チョイ役で出ていたり、声の出演していたり・・・
ほんとに出ずっぱりですよね~ジュードロウ・・・
また主演作も控えてるみたいですしね~

chishi様

そう、キスイヤの番組スタッフは、あまりにも強烈なカップルがオーディション受けにくるので、逆に素人のやらせ狂言カップルにだまされないようにするのが大変だそうですよ。(^^;

TBありがとうございます。

私もナタリー・ポートマンにすっかり魅了されました!
名前は意外とまだ知らない人も多いけど、「『レオン』の女の子だよ」というと、「あー、あの子か!」という反応が返ってきます。(^^;
髪型がマチルダのときに似てたからか、最後の空港近くのホテルで寝そべっているシーンで、ヒップハングのショートパンツはいているのですが、なんか腰とか見えてても、エッチっぽくなく、少女っぽさが漂いますよね。

逆に役柄か、ジュリアロバーツは老けたなぁと思いました・・・。

TBありがとうございました。ナタリー・ポートマン、ホント光ってましたよね!次作が楽しみです(^◇^)

TBありがとうございます

キワドイ言葉の連発とナタリー・ポートマンの美しさが光った映画でしたね。ジュリアロバーツがそのお陰でくわれてしまっていたのが残念ですが。大人の恋愛の裏表が出ていて面白かったです。

morey'sroom@yuki様

ナタリー・ポートマンがほんと美しい!大胆演技もいいですよね~
ジュリア・ロバーツは控えめでしたね~。まあ大御所ですから・・・

TBありがとうございました

傷つき傷つけあう恋人たち。
おっしゃるとおり、ちょっと中途半端な愛憎劇です。
その中途半端さが、かえって映画を見終わった後に、余韻を残しました。
この映画、私も面白かったです。

プチネコ様

なんだかはっきりしない感じが、なんか余韻を引きずっちゃうとこありますよね
台詞が誌的に舞台的なのがまた印象的

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クローサー

 ネカマのストーカー男vs変態医師。更に嘘つき女が加わって壮絶なバトルを繰り広げる! 「カラダを重ねるたびに、唇が嘘を重ねる」などというコピーのため、一体どれだけの嘘をつくのか?と身構えて注意深く観察した(つもり)。し、し、しかし、カラダを重ねないではない

クローサー

内容に興味は無かったんですが、ジュード・ロウの手をチェックしなければという使命感に駆られ(理由はレモニー・スニケット世にも不幸せな物語のコメント欄参照)「クローサー」を観てきました(笑)★★とても感想が書きづらいです。特に面白かったわけでもないし。4人のキ

クローサー Closer

22 May 2005 (Roadshow 2005-038)アンナ(ジュリア・ロバーツ)米国人フォトグラファーダン(ジュード・ロウ)英国人小説家アリス(ナタリー・ポートマン)米国人ストリッパーラリー(クライブ・オーエン)英国人医師の4人の想いが交錯する恋愛ドラマ。。。なんだけど、野郎

クローサー

第104回★★★(劇場) 君の近くへ。 見つめあう目と目。 もっと近くへ、僕の傍へ。 視線が交錯し、君の香りが僕を包み込む。 君が目を閉じると、まぶたにある小さなほくろが見える。ねぇ、君はこんな所にほくろがあるのを知ってるかい?

クローサー

クローサー なんだこの映画。結構、宣伝費かけて、大人の恋愛がどうしたこうしたと言

クローサー

この作品はもともとは「戯曲」であり、日本でも日本の俳優が日本語で舞台作品になっていたようだが、残念ながら筆者は見たことがない。作品評では男女間の性行為描写の台詞が卑猥だという話であったが、思ったほどではなかった。又、映画のコピーにはかなり騙された。それよ

リアルな男女関係「クローサー」

本日一本目「クローサー」見てきました。 ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、 ジュリア・ロバーツ、クライブ・オーウェンの4人が主演。 この4人の出会い、別れ、嫉妬、再会さまざまな恋愛模様が繰り広げられます。 話には聞いていたのですが、時間がどんどん進むハイ

クローサー

クローサー Closer (2004/アメリカ)自制心崩壊物語監督マイク・ニコルズ Mike Nichols脚本パトリック・マーバー Patrick Marber出演ナタリー・ポートマン Natalie Portman (Alice)ジュード・ロウ Jude Law (Dan)ジュリア・ロバーツ Julia Roberts (Anna)クライヴ

クローサー

今日公開の中で、一番観たかった映画。レイトで観てきました。

クローサー

製作国:アメリカ公開:2005年5月21日監督:マイク・ニコルズ出演:ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、クライヴ・オーウェン『ザ・インタープリター』とか『バタフライ・エフェクト』が非常に気になるが、時間的に余裕がなかったため、近

映画: クローサー

邦題:クローサー 原題:CLOSER 監督:マイク・ニコルズ 出演:ジュリア・ロ

『クローサー』

-----『クローサー』って、ナタリー・ポートマンがアカデミー助演女優賞にノミネートされてた映画だよね。「うん。まずその前に今日発表のアカデミー賞。いやあ、思ってたのとは大違い。ここでアカデミー予想、喋らなくてよかった。『アビエイター』がここまで冷遇されるとは

【クローサー】

ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウナタリー・ポートマン、クライヴ・オーウェン出演のラブストーリー。公開日:5月21日☆ストーリー☆通勤者であふれる朝のロンドン。小説家志望のジャーナリスト・ダンは、車と接触事故を起こした女性を助ける。彼女

映画に出てくるパソコン クローサー

スタイリッシュな大人の恋愛映画です。四角関係のどろどろした感情を、内に秘めながらの演技は秀逸。ちょっと間延び間があるけど特に女性は楽しめるのではないのでしょうか?この映画の重要な場面でパソコンが活躍します。ネタばれのため改行毛深い男二人がツーショットチャ

「クローサー」

「クローサー」 ヤマハホールで鑑賞何だったんだろうなあこの作品。大きく全国公開するようですが、当たるの?それよりか役者が客を呼んでくるのを見越しての全国公開なのか?知らない役者がやったら東京1館とかで終わりそうな感じ。ビッグネーム4人で見たくなるよね。だ

クローサー

『クローサー』(2004)CLOSER上映時間103分製作国アメリカジャンルドラマ/ロマンス公式サイト◇ シネトピ ◇ eiga.comロンドン。交通事故をきっかけに知り合った、新聞記者のダンと、ストリッパーのアリスは、一目ぼれして、すぐに同棲。約1年後、ダンは写真家のアン...

劇場シネマ鑑賞:クローサー

ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、クライヴ・オーウェン主演R15指定の大人の恋愛劇公開日に観てきました。本当は違う映画を観に行ったのだけど、上映時間のタイミングが合わずジュリア・...

クローサー

《クローサー》 2004年 アメリカ映画 - 原題 - CLOSER 2組、4

「クローサー」試写会行って来ました

{/kaeru_fuku/} 映画「クローサー」の試写会に行って来ました。{/kaeru_fuku/}{/heart_pink/}アンナはフォトグラファー : ジュリア・ロバーツ{/heart_orange/}ダンは小説家 : ジュード・ロウ{/heart_orange/}ラリーは医師 : クライブ・オーウェン{/heart_pink/}ア

クローサー

朝一の上映を観たのですが、誰も人がいない!!私のためだけの上映でした![:拍手:]なんとも豪華なホームシアターでした。しかし豪華な俳優さんが4人も出演しているのになんでかしらねぇ~?それにジュード・ロウファンがいない!ってのが不思議(笑)2004/アメリカ監督:マ

Closer (2004)クローサー

もとはお芝居ですね。それもセリフだけでできた…。全編ダイアローグで構成されたお芝居。ことば、ことば、ことばだけのなかで、真実と嘘(騙りと偽り)、裏切りと真意、相手を操作したり翻弄したり縋りついたりしながら、恋愛の(所有の/妥協の)駆け引きが進行するわけ。そ

クローサー

今日は今年29本目の映画「クローサー」を見に行った。今日は水曜でレディースデーだしね、と思って映画館に着いたら、男性も妙に多い。よく考えてみたら、今日は1日だから男性も安い日なのであった。ロンドンの新聞記者のダンは、ある朝、車と接触事故を起こした...

「クローサー」@ヤマハホール

あるHPで見たのですが、今日の会場のヤマハホールの隣にある「銀座ガスホール」が2005年7月末で閉館になってしまうとの事。本当に残念です。よくお世話になったのに・・・たまーに「ヤマハホール」と「銀座ガスホール」とで同じ映画の試写会をやったりした事もあったよねぇ

クローサー

明日はせっかくの水曜日なのに、はずせない用事で観にいけないので今日行ってきました。六本木でやってないので(何でだろう)川崎のTOHOシネマに行きました。いくら初回とはいえ10人しか観客のいない映画は初めてでした。見回したら男5人女5人でした(それがどうした

クローサー CLOSER ★★★☆

久々にひとりで映画。Tが観たがらなそうなものでセレクト。といっても自分もどういう映画なのか知らずにチケット購入。どっぷりとした恋愛モノは、ひとりで観て正解。恋愛の制御不能なパワーと、それに振り回されて自分も他人もボロボロになる様は、今となっては懐かしい?は

気になる、今週公開予定

●○ やっぱり、カッコいい! ロウ氏! ○●今週もいろいろ公開作品があるようですが、ゆづあげが気になるのは、やっぱり「クローサー」クローサー(原題:CLOSER)2004年アメリカ  公式サイト 2005年5月21日より丸の内プラゼール他全国松竹・東急系にてロードショーだっ

映画「クローサー」

映画「クローサー」 ★★★★☆「カラダを重ねるたび、唇が嘘を重ねる」なんていうドキドキの謳い文句で宣伝され、しかもR-15。地元では「イン・ザ・プール」が公開されないので、悔しさを紛らすために2番目に好きなジュード・ロウの出ている新作を公開初日・初回で見て

■ クローサー

【クローサー】大人のラブストーリー☆映画をご覧になった方は、是非ご感想をお聞かせください

■クローサー/Closer

■クローサー/Closer●「ハロー・ストレンジャー~」、グッとくるだろ。こんな言葉吐かれた日には・・・。情熱、愛・・・。物語は2組のカップルのそれぞれの新たなる出会いと別れの中に生まれる疑惑と嫉妬と憎悪と執着と諦め、などと書けばメチャクチャな修羅場に思えますが

「クローサー」

「クローサー」監督  マイク・ニコルズ脚本  パトリック・マーバー CAST  ジュリア・ロバーツ/ジュード・ロウ/ナタリー・ポートマン/クライブ・オーウェン・・・ダン(ジュード・ロウ)は運命的にアリス(ナタリー・ポートマン)とアンナ(ジュリア・ロ.

試写会「クローサー」

試写会「クローサー」開映19:00@ガスホール「クローサー」CLOSER 2004年 アメリカ配給:ソニー・ピクチャーズ・エンターテインメント監督:マイク・ニコルズ製作:ケイリー・ブロコウ、ジョン・コーリー、ロバート・フォックス、   マイク・ニコルズ、スコット

クローサー

4人の男女が織り成す愛憎劇。舞台は車は右から飛び出してくるの日本人にとっては安全な街ロンドン。

クローサー (5/21 幕張)

『リアルなセリフに新鮮味を感じる、舞台でみたい映画』 本日、2本目は、以前から観たいと思っていた作品。 キャストはジュード・ロウ(新聞記者兼売れない小説家?:ダン)、ナタリー・ポートマン(ストリッパー:アリス)、ジュリア・ロバーツ(カメラマン:アンナ)、

ナタリー・ポートマンに魅せられた『クローサー』

観てきました。本日公開『クローサー(CLOSER)』。 今回も全く調べずに何とな

荒地を彷徨う寂しいカケラ達/「クローサー」評

『クローサー』(2004 / アメリカ / マイク・ニコルズ ) Text By 仙道 勇人  「愛してる」「愛してる!」「愛してる……」この作品ほど「愛してる」という言葉が頻出する映画はそうはないのではないだろうか。そしてこの作品ほど「愛してる」という言葉が空々しく響く映画も

クローサー(マイク・ニコルズ監督)

 三角関係の恋愛ものというと派手な反目や諍いがつきものなので、四角関係ともなるとさぞ派手な愛憎が繰り広げられる映画が多いものと想像してしまい

「クローサー」を観る

宣伝では一生懸命オシャレなカンジを出そうとしているが、これはズバリ「艶笑小噺」である。しかも相当にイタい男と女が織りなす、とっても安い物語だ。この映画の登場人物たちときたら、浮気をしたことをミジメったらしく延々と自己弁護してみたり、その逆に浮気したカノジ

映画『クローサー』貴方は何点?

この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                  0点□□□□□□□□□□10点※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→映画三昧の日、最後に締めくくる

『クローサー』

先日、『クローサー』を観ました。 メディアや知人からの評判もよく、それなりの話題...

#23:クローサー

KAZZのこの映画の評価  今、話題の純愛ラブストーリー”電車男”とは、対極の感じの映画かな恋愛偏差値かなり高い人向けです大人向けのぐちゃぐちゃした恋の話が好きな人には◎ 男の気持ちが、凄く良く現れてるジュード・ロウのだめっぷりには脱帽ナ...

クローサー

4人の男女による恋愛模様を背景に、会話劇と心理の変化を楽しむべく作品か。印象深いのは2組のカップルが浮気と嘘を重ねた結果、お互いを激しく罵り合う痴話喧嘩のシーンだ。原作が舞台劇とはいえ、恋愛映画においてここまで泥仕合の痴話喧嘩を繰り広げているのも珍しい。い

『クローサー』

『クローサー』製作:2004年米監督:マイク・ニコルズ出演:ジュード・ロウ/ジュリア・ロバーツ/ナタリー・ポートマン/クライブ・オーエンロンドンを舞台に、フォトグラファー、小説家、ストリッパー、医師の4人が織りなす恋愛模様。  本音と嘘が錯綜していて、どれ...

クローサー

closer / クローサー喋る、喋る、喋りたおす映画でした。ロンドンで出会った男女4人の恋愛模様。愛だの裏切りだのをこれでもかって位の会話の嵐で畳みかけてきて、ちょっと笑うし、疲れた。お話としては大変陳腐です。やった、やらない、これに尽きます。ただ、この見せ方は.

closer / クローサー

2004年 アメリカ期

クローサー

2004年 アメリカ監督 マイク・ニコルズ 出演 ジュリア・ロバーツ/ジュード・ロウ /ナタリー・ポートマン /クライヴ・オーウェン他カラダを重ねるたび、唇が嘘を重ねる。あらすじロンドンで引き寄せられるように巡り会った4人の男女。フォトグラファーのアンナ、作家の

クローサー

「クローサー」★★★★(盛岡フォーラム3) 2004年アメリ

クローサー

ダン(ジュード・ロウ)は街で偶然出会ったアリス(ナタリー・ポートマン)と恋に落ち...

クローサー

監督:マイク・ニコルズ脚本・原作:パトリック・マーバー出演:ジュリア・ロバーツ/

クローサー(映画館)

カラダを重ねるたび、唇が嘘を重ねる。CAST:ジュリア・ロバーツ/ジュード・ロウ/ナタリー・ポートマン/クライブ・オーウェン本当は連れと観に行く予定だったんだけど急遽ひとりで観にいくはめに。恋愛映画をひとりで観るのってちょっと気が引けるのよね。「なんだこいつ

クローサー closer

クローサー closer観た様々な街並みが見れて素敵なポートレートを眺めるようなそしてそこで描かれる人間関係が綺麗なという印象のスマートな映画でしたそして、何よりも印象的なのはキスの美しさ何度もあるキスシーンですが、そのどれもがキスに至るまでが綺麗!特に、前半

クローサー - CLOSER

closer / クローサー写真家、作家、ストリッパー、医師と個性的な職業の男女四人を描く恋愛模様。絡ませ方に不自然さがなく、さすが舞台から映画化されただけのことがある。この作品でゴールデン・グローブ賞助演女優賞を獲得したナタリー・ポートマンがいい。脈絡ないけ...

映画『クローサー』貴方は何点?結果報告!

いつも 『この映画、貴方は何点?』 にご協力いただきありがとうございます!今回ご報告させていただくのは、豪華な俳優4人の競演で話題になった映画『クローサー』です。元は舞台の戯曲、R15、刺激的な会話、ということで大人の映画と言ってよいのでしょう。私個人とし

クローサー

closer / クローサージュリア・ロバーツ マイク・ニコルズ ジュード・ロウ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-09-07売り上げランキング : 308Amazonで詳しく見る by G-Tools★ストーリー★小説家志望のジャーナリスト、ダンはある日ロンドンの街中で、ニュ...

クローサー

制作/2004年 ・ アメリカ監督/マイク・ニコルズ脚本・原作/パトリック・マーバー出演/ジュリア・ロバーツ  ジュード・ロウ  ナタリー・ポートマン  クライヴ・オーウェン55点日本列島大寒波。雪が降っています…せっかくの三連休だというのに。そこで、わたしは引き

映画「クローサー」(2004年・米)

マイク・ニコルズ監督の最新作。 ゴールデン・グローブ賞でドラマ部門の助演女優賞(ナタリー・ポートマン)、助演男優賞(クライヴ・オーウェン)に輝いています。 監督:マイク・ニコルズ脚本:パトリック・マーバー音楽:モリッシー出演:ジュリア・ロバーツ 、ジュード

映画『クローサー』

原題:Closer訳の分からない、理解しがたい人々だ。英国発、30ヶ国語に翻訳されたP・マーバー戯曲の映画化、恋と不倫と浮気と嘘と真実に翻弄される物語。 最初の出会いはニューヨークから遊びにやってきたストリッパーのアリス(ナタリー・ポートマン)が交差点で車と接

【洋画】クローサー

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B (演技4/演出1/脚本1/撮影3/音響3/音楽3/配役3/魅力1/テンポ2/合計21)『評論』この作品、ナタリ

映画vol.74『クローサー』*TV

 『クローサー』 closer / クローサー監督:出演: ナタリー・ポートマン公式HP 『クローサー』を観ました。豪華キャストです。◇ストーリーストリッパーをしていた「アリス」(ナタリー・ポートマン)と同棲しているが、....

クローサー

2004年製作のアメリカ映画。全米初登場5位、興行成績$33,987,757。名匠、マイク・ニコルズ監督がジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウなど、豪華キャストを迎えて贈る大人の恋愛ドラマ。ロンドンで引き寄せられるように巡り会った4人の男女が嘘と真実の狭間で激しく揺れ動く

クローサー

http://www.sonypictures.jp/movies/closer/site/通勤者であふれる朝のロンドン。新聞記者のダンは、車と接触事故を起こした女性を助ける。彼女の名はアリス。ニューヨークでストリッパーをしていたアリスは、その日ロンドンに着いたばかりだった。2人は恋に落ち、同じ部屋

映画評:クローサー

ロンドンの都会で、男と女は出会った。 「ハロー、“ストレンジャー(見知らぬ方)”」 見知らぬ者同士は、いつか出会う。 いつか“バスター(あんた)”と呼び合うようになる。 美しき女、アリス。 謎多き、ファムファタール。ファムファター...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。