1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の恋のはじめ方

★本日の金言豆★
水上オートバイ免許:特殊小型船舶操縦士。学科・実技講習と試験で最短計2日で取得可能。

 英会話教室、国家試験教室、運転免許教室・・・資格や学問修得のための教室や学校は世の中はいて捨てるほどありますし、中にはこんな資格あんの!?と驚くようなニッチでマイナーなものもあります。時刻表検定試験とかね。
 しかしそういえば、全世界人類にとって永遠のテーマであり悩みでありましょう”恋愛”を指南する教室って、そういえばないですね。”出会い系”ならこれまたはいて捨てるほどありますが・・・。
 いわゆる”結婚相談所”的なところも、やることは相手の情報を相互に分析して、最適な相性と思われる人を紹介するとこまでで、いざ実際のお付き合いになるとあくまで本人任せなんでしょ。いや、私残念ながら利用したことないので知らないですけど・・・(--;
 ほんとは、恋愛ほど切実に、誰かの適切なアドバイスを受けたいものは無いのに、なんでないのか?
 やっぱり相談者にとってはプライベートなことだから、いざとなると相談に躊躇するってこともあるでしょうが、
 そもそも恋愛を人に教えられる人なんていない、ですよね・・・。
 モテまくり口説きまくりのプレイボーイはこれまたはいて捨てるほどいるでしょうが・・・名選手は名監督にあらずじゃないですが、そういう人が他人に恋愛ノウハウを教えられるとも、教えてもらったところで上手くいくとも思えません・・・プレイボーイのモテ要素ってのはあくまで、本人のパーソナリティによるところが大きいでしょうから・・・。

 女性を愛する男心を大事に汲み取り、相手の女性も尊重しながら、恋の成就のために骨折ってくれる人・・・そんなん、映画のキャラクターでしかいないんじゃ~ん!?というわけでそんな”恋のエージェント”にウィル・スミスが扮したロマンティック・コメディの登場!

 もはやラッパーだといっても誰も信じない絶好調俳優ウィル・スミス、本作も全米公開時2週連続一位を飛ばすヒット。大作系の作品からこういうコメディまでまんべんなく当ててしまうあたり、勢いのあるスターはやっぱり違います。

 まあ正直、シナリオ・プロット的にはご都合主義もいいところでかなりお粗末。
 劇中の台詞にもあるとおり恋愛に法則などないわけで、100組のカップルがいればその恋愛も100通り。それらに万能的に応用できるノウハウなどもこれまたありえないけで・・・。
 本作のメインストーリーである、アルバートのアレグラへのアタックも、普通の感覚でみればアレグラに気味悪がられて終わり、下手すれば即ストーカー扱いされてしまうのでは!?という気がします。

 まあでも、要は人を愛し思いやる気持ちがあれば、あとはきっかけや行動次第なのさ~なんて能天気なメッセージはなんとなく共感。そう、どうせ結果なんて分からないんだから、難しく考えてないで行動あるのみ!もちろん、相手を思いやる心を忘れずにですね。

 しっかし、劇中とってもセレブな生活してそうに描かれる”恋愛コンサルタント”、そりゃ~元手はいらないでしょうから実入りは大きそうですけど、うまく恋が成就しなかった男から訴訟起こされまくりになりそうな気もしますね・・・そういうリスクもしょってやるから儲かるってことですかね。

 男が徹底的に女性を思いやる愛を描いた本作、カップルにおススメ・・・と言いたいところですが、常日頃のパートナーへの気遣いにイマイチ自信の無い諸兄、ヤブヘビにならぬようご注意を・・・( ̄▽ ̄;)

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

最後の恋のはじめ方最後の恋のはじめ方 オリジナル・サウンドトラック

最後の恋のはじめ方
監督:アンディ・テナント
製作・出演:ウィル・スミス
出演:エバ・メンデス、ケビン・ジェームズ、アンバー・バレッタ
2005年/アメリカ/ソニー/118分

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

COMMENTS

TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきました。
ホント一歩間違えればストーカーですよね。映画だから許される行為なのかなと。
まぁでもいい男なら、問題なかったりするんですよね。セクハラと同じで結局、
相手の感じ方次第なんですよ。

トラップバックありがとうございます。
こちらからも、TBしますのでよろしく御願いいたします。

TBありがとうございますー。

こちらからもTBさせていただきます☆

確かに恋愛を教えてくれる人っていないですよねぇ。
そういう人がいて、もしその通りにできるなら
それはそれで自分の意思ではない。気もしますけどね(^-^;

TBさせて頂きました。
実際、アメリカでこんな商売している人がいるんでしょうか。
世の中、広いから、もしかすると、と思わなくも・・・

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最後の恋のはじめ方

 一人シネマラソン2日目はウィル・スミス主演のラブ・ストーリー「最後の恋のはじめ方」です。 公開直前の作品を一足早く観られる幸せ…ヽ(´ー`)ノ とっても感謝していますよ~(誰に?) NYでデート・コンサルタントをしているヒッチ(ウィル・スミス)。 彼は想

『最後の恋のはじめ方』

 ひとつの出会いが、完璧な男を狂わせ始める。 61.5%=ニューヨークで暮らす独身女性の割合。  約240万人ものNY女性が結婚していないという事実。■監督 アンディ・テナント ■脚本 ケヴィン・ビッシュ■キャスト ウィル・スミス、エヴァ・メンデス、ケヴィ

最後の恋のはじめ方

最後の恋のはじめ方 allcinema ONLINE 最後の恋のはじめ方 IMD

『最後の恋のはじめ方』

『最後の恋のはじめ方』試写会に行ってきますた。ニューヨークを舞台に、独自の基本ルールで恋愛下手な多くの男性を幸せに導いてきたデート・コンサルタントのヒッチ。会計士のアルバートも彼のおかげで高嶺の花のアレグラとの恋を実らせようとしていた。しかし、女性記者の

★「最後の恋のはじめ方」

今週公開の映画をレイトショウで観てきました。主演ははずれの少ないウィル・スミス。原題は「HITCH」。2005年製作のロマンティク・コメディ、118分もの。あらすじ恋愛下手な人を手助けするデート・コンサルタントのヒッチ(ウィル・スミス)。的確なアドバイスで恋の

映画鑑賞「最後の恋のはじめ方」★★★☆

                    東宝の優待券2枚を使って観てきました。1本目はウイル・スミス主演「最後の恋のはじめ方」大好きなラブコメです。ヒッチに依頼するちょっとシャイな男達、特

最後の恋のはじめ方

製作国:アメリカ公開:2005年6月4日監督:アンディ・テナント出演:ウィル・スミス、エヴァ・メンデス、ケヴィン・ジェームズ、アンバー・ヴァレッタ、マイケル・ラパポート、アダム・アーキン昨日観れなかったため、八王子シネマで本日鑑賞。『フォーガットン』

「最後の恋のはじめ方」

「最後の恋のはじめ方」 有楽町朝日ホールで鑑賞久しぶり、立ち見が出ていました。まだあまり試写会やってないから?女性限定でカタログを希望した人には抽選でプレゼントくれるっって。だから?騙されちゃいけません。個人情報が欲しいんですよ。(そのための試写会だけど

最後の恋のはじめ方

監督:アンディー・テナント 原題:Hitch キャスト:ウィル・スミス、エヴァ・

最後の恋のはじめ方

公開日 2005年6月4日2005年製作 アメリカ 118分ジャンル ロマンス/コメディ公式サイト 期待度 ★★★★☆監督 アンディ・テナント製作総指揮 ウィンク・モードーント、マイケル・タドロス脚本 ケヴィン・ビッシュ撮影 アンドリュー・ダン音楽 ジョージ・フェント

「最後の恋のはじめ方」@ヤクルトホール

{/kaeru_en1/}今日は理恵子と2人でとっても楽しみにしていた{/heart_pink/}{/heart_orange/}{/heart_pink/}「最後の恋のはじめ方」{/heart_pink/}{/heart_orange/}{/heart_pink/}の試写会です。大体試写会に行くと2・3ヶ月後に公開される映画の予告が流されます。たまにCMだ

「 最後の恋のはじめ方 」

監督 :アンディ・テナント主演 : ウィル・スミス / エヴァ・メンティス /公式HP:http://www.sonypictures.jp/movies/hitch/site/ 最後の恋の始め方(原題 Hitch) 2003年7月ニューヨークポスト紙によると、ニューヨークに住む15歳以上の女性は390万人いるにも...

最後の恋をはじめよう!?

この週末の映画は「最後の恋のはじめ方」 ウィル・スミス初のラブコメ。初だったんだね!デート・ドクターなる コンサルタント業のヒッチ(ウィル)。ダメ男たちの恋を成功に導いてくれる 力強い味方なんだけど、このヒッチが恋に落ち… 今はたくさんの人がブログを通して映画

最後の恋のはじめ方 Hitch

ちょっと前にアメリカで大ヒットしてた「最後の恋のはじめ方」毎年7月に地球を救ってきたウィル・スミスのラブコメディってどうなんだろう…と思ってたけど安心して見られる良質のラブコメディだった。ヒットしてほしいんだけど邦題が…。アメリカに多い主人公の名前だけの

Hitch/最後の恋のはじめ方

試写会に行って来ました~!6月4日から公開の「Hitch/最後の恋のはじめ方(邦題)」(いちゃモンつけたい邦題だけどガマンするじょ!)主演、ウィル・スミス、エヴァ・メンデス他あらすじ、キャストなどはこちらの オフィシャルサイト でご覧下さいませ。でも こっち のほ

最後の恋のはじめ方・・・ウィル・スミス

仕事帰りにも、気楽に見れるかな~とこのラブコメを見てきました♪☆最後の恋のはじめ方☆(2005)アンディ・テナント監督ウィル・スミス・・・・・・アレックス・ヒッチエヴァ・メンデス・・・・・サラケヴィン・ジェームズ・・・アルバートアンバー・ヴァレッタ・・・アレ...

最後の恋のはじめ方

 舞台はニューヨーク 過去に失恋を経験した男が、その経験を生かして 女性との恋の仕方を伝授するという デート・コンサルタントの仕事をしている。  だけど自分自身の恋はなかなか思うように進展しない…… 「メン・イン・ブラック2」「アイ,ロボット」の ウィル

最後の恋のはじめ方

先日見た「ミリオンダラーベイビー」の深く重く悲しい余韻を吹っ切るために、何も考えずに見られる明るいテーマの映画を見ようと思いこの作品を見てきました。そういう意味ではまさに期待通りで、爽やかな笑いと清々しいハッピーな気分になって帰ってきました。ウィルスミス

Hitch

今年15作目。

「最後の恋のはじめ方」見ました。

ウィル・スミス主演のこの映画。「最後の恋のはじめ方」すっごい面白かったですよ~~!(*^v^*)何度も馬鹿笑いしそうになって、こらえるのに必死でした。(映画館だったので)これは、男の人でも女の人でも楽しめると思います。久々に、かなりなおすすめです。テイ...

「最後の恋のはじめ方」

を鑑賞。音楽が結構好きな感じだったので嬉しかったです。サラッと見られる、小気味良い作品でした。エバ・メンデスって美人じゃないけど、ラテンのノリの楽しそうな人ですね。詳しい感想は後日HPにて。私の席の通路を挟んだ斜め前に外人さん(国籍は?)が見てました。ケラ

■最後の恋のはじめ方 ヒッチ Hitch ウィル・スミス ケヴィン・ジェームズ

■最後の恋のはじめ方(バッカみたいなタイトル!)原題:Hitch ヒッチ●ウィル・スミスの新作は、ニューヨークを舞台にした、実に良く出来た軽妙で洒落たロマンチックなコメディだ。ウィル・スミス扮するヒッチは、結婚に関するアドバイザーであり、もてない男性をどうしたら

最後の恋のはじめ方

「最後の恋のはじめ方」を観ました。★★★★器用なようで不器用な恋愛コンサルタントの恋愛映画。力抜いて楽しめるラブコメ。そんなにうまく行くはずないさ、と心のどこかで思いつつも素直に面白かったです。タブロイド紙っていう感覚がよく理解できないのですが、

最後の恋の始め方 ★★★

 六月四日公開作品を運よく試写会で見てくることが出来ました。原題は「HITCH」。ウィル・スミス主演のラブストーリーです。今までコメディーやアクションばかり出演してきた彼に果たして真面目に恋をする役柄が出来るのか、似合うのか!?と思いきや… この作品での

最後の恋のはじめ方

こういうの、レビューって言っていいのかな?全然うまい文章が書けないことに気づきました。どうしよう。はてさて。久々に見るラブコメでした。映画館の中に笑い声が響いてましたよ(笑デートコンサルタントのヒッチとゴシップ記者のサラの恋の話ですねー。やっぱりこれはヒ

Hitch

「最後の恋のはじめ方」今年の3月くらいの全米映画興行収入ランキングをぼんやり眺めてたら、"Hitch"ってタイトルの映画がずっと首位近辺にいて、とても気になっていました。めちゃくちゃヒットしてる映画があるんだなぁって。実はスリラー映画だと思っ...

最後の恋のはじめ方

監督:アンディ・テナント出演:ウィル・スミス,エヴァ・メンデス,ケヴィン・ジェームズ,アンバー・ヴァレッタ,マイケル・ラパポート,アダム・アーキンヒッチは、恋愛下手な人を手助けするコンサルタント。ある日、財団セレブのアレグラに恋したアルバートから依頼を

最後の恋のはじめ方

最後の恋のはじめ方 Hitch (2005/アメリカ)結婚はゴールじゃない監督アンディ・テナント Andy Tennant脚本ケヴィン・ビッシュ Kevin Bisch出演ウィル・スミス Will Smith (Alex 'Hitch' Hitchens)エヴァ・メンデス Eva Mendes (Sara)ケヴィン・ジェームズ Kevin Ja

映画『最後の恋のはじめ方』観ました

『最後の恋のはじめ方』観てきましたこの映画、日本では6月4日から公開される作品です。 「んっ?未だ公開されていない作品?どういう事?試写会で観てきたのか?」 いや、いや。実は、業務試写なるもので観てきたのです。この『最後の恋のはじめ

また観ちゃった『最後の恋のはじめ方』

また観てきちゃいました、『最後の恋のはじめ方』 これ、6月4日に公開になったばっかりなのに、名駅前の劇場では、早くも丸一日上映じゃなく、一日3回の上映しかないです。しかも、小さい劇場。しかも、上映は2週間程度みたい。 何でかなぁ~、楽しい

試写会「最後の恋のはじめ方」

試写会「最後の恋のはじめ方」開映18:30@有楽町朝日ホール「最後の恋のはじめ方」HITCH 2005年 アメリカ配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテイメント監督:アンディ・テナント製作:ジェームズ・ラシター、ウィル・スミス、テディ・ジー製作総指揮:ウィンク・

最後の恋のはじめ方 HITCH

kossy:「面白い映画ですね」隣の女性:「面白いわ~」kossy:「よかったら俺のブログに感想を書いてもらいませんか?」隣の女性:「え?何?ブログって・・・」kossy:「“ネタバレ映画館”とgoogleで検索すれば、すぐに見つかりますよ」隣の女性:「googleって何?ネタバレ

『最後の恋のはじめ方』を観て来ました!#85

原題Hitch観ればきっと幸せになれるハートウォーミングな恋愛映画!2005年6月4日全国ロードショー2005年/アメリカ映画コロンビア映画提供シネスコサイズ/全6巻上映時間:1時間58分/3,242mSDDS・SRD/字幕翻訳:戸田 奈津子配給ソニー・ピクチャーズエンターテインメント★

最後の恋のはじめ方(映画館) 

その想い、恋にしましょう。世界48ヵ国で1位。全米上半期興行成績も1位。だけど日本じゃ初登場7位!?とコケぎみの作品。はっきりいって公開時期が悪かったと思うの。もうちょい早めにすればよかったのにね。地球を何度も救ってきた男、ウィル・スミスの初のラブコメらし

最後の恋のはじめ方

観に行ってきました。ストーリーどんなにシャイで恋愛下手な男性でも、憧れの女性の心をつかむことができる・・・・・?恋に不器用なニューヨーカーたちは、彼の的確なアドバイスを受け、次々と幸せを手に入れていく。しかし、ヒッチが女性記者のサラと出会ったことから、彼

最後の恋のはじめ方-ピュアな男の心

先週の金曜に見てきたわけですよ、「最後の恋のはじめ方」。ウィル・スミスが今回演じるのは、デートコンサルタント。モテないくんを相手に、「あなたの片思いを成就させます」って訳。この映画ってピュアなんです。根っこのところで、史上最強に類い希なくらい。微笑みなが

最後の恋のはじめ方、感想文♪

あずさの愛するウィル・スミスの映画「最後の恋のはじめ方」を先週末に見てきました♪その昔、「インデペンデンス・ディ」を見て彼のファンになり「M・I・B」でのアクションやコミカルな役も、お気に入りになり「バガー・ヴァンスの伝説」での、キャディ役もあずさには難解

最後の恋のはじめ方

最近『映画』ネタばかり続きましたので、ここらでいったん締め〆といたしましょう。今回はトリにふさわしく『最後の恋のはいじめ方』です。「ハートブレイク・ダウン」「メイド・イン・アメリカ」「バッドボーイズ」「インデペンデンス・デイ」「メン・イン・ブラック」「エ

最後の恋のはじめ方

★★★☆☆異性に奥手な現代人に恋の手ほどきをする「恋愛ドクター」を職業とする主人公が、自分の恋だけは思うようにいかない・・・。なんだかいかにもの安い設定にラストまで読めそうなストーリー展開、ギャラ20億円のウィル・スミスが初めて挑戦するロマンチ

新作ピックアップ!映画「最後の恋のはじめ方/HITCH」

「最後の恋のはじめ方/HITCH」6月4日より、全国東宝洋画系にてロードショーひとつの出会いが、完璧な男を狂わせ始める。相手を思えば思うほど、なぜか上手く行かなくなるのが、不器用者の恋の常。そんな恋愛ベタさんに救いの手を差し伸べるエキスパートが、デート・ド...

最後の恋のはじめ方

先日観た「電車男」はとても面白かった。そこで、どうもシチュエーションこそ違うものの展開が似てそうな「最後の恋のはじめ方」が気になったのでチェックしてきました。★★★まさにこれはハリウッド版「電車男」。キャラクターの位置づけが全く同じ。主人公ヒッチ(ウィル

最後の恋のはじめ方 Hitch

海外出張の飛行機でもう一本観たのが「最後の恋のはじめ方」(原題 Hitch)です。http://www.sonypictures.jp/movies/hitch/site/いわゆるラブコメですが、これが意外とかなり面白かったです。ウィル・スミスが演じるアレックス・ヒッチは口コミのみで営業している

最後の恋のはじめ方

 おはようございます。 maiです。 昨日、will smith主演の「最後の恋のはじめ方(アメリカ版タイトルhitch)」を見ました。もともと、僕は、will smithも好きで、映画で初めて、本格的な恋愛映画に出ると聞いて、さっそく見に行きました。 見た感想なんだけど、ぶっちゃ

最後の恋のはじめ方

HITCH 最後の恋のはじめ方サントラウィル・スミス主演の映画『最後の恋のはじめ方』を見ました。これは『10日間で男を上手にフル方法』と同じような感じのロマンチック・コメディーです。僕はこの映画、案外嫌いじゃないです。結末が読めてしまうのがまるわかりの話なんです

最後の恋のはじめ方

‘最後の恋のはじめ方’・・・この邦題でまず観に行こうって気にはならなかったんだけど、映画好きの友達の「笑えた、面白かったよ!」の一言で観に行くことに。CGも無く、バトルシーンも無く、力むこと無く身体をダラ~っとした状態で観賞するラブコメディ~~たまには

「最後の恋のはじめ方」

前にも書いたけど、ウィル・スミスのアクション映画は俺ってカッコイイだろうってのが、至る所で見え隠れするので(ただの嫉妬?!)、食傷気味でした。ただラブコメディも何の違和感もなく演じれるのは懐深いですね。話はありがちだけど、楽しい気分にさせてくれる映画です。

最後の恋のはじめ方

今年40本目の映画は「最後の恋のはじめ方」。これも、ずっと見たいと思いつつ、まだ見ていなかった映画。ヒッチ(ウィル・スミス)は、恋愛下手な人を手助けするコンサルタント。ある日、財団セレブのアレグラ(アンバー・ヴァレッタ)に恋したアルバート(ケヴィン...

Hitch★★★☆☆

邦題:最後の恋のはじめ方『“デートのことなら僕におまかせ”のデート・ドクターであり、恋愛はお手のもののアレックス・ヒッチだったが、ゴシップ・コラムニストのサラと出会って恋に落ちてしまう。しかしあまり上手く進まない。しかも彼女はデート・ドクターの自分を...

最後の恋のはじめ方

デート・ドクターである主人公を中心に展開する恋愛模様を描いたラヴ・コメディ。主演は「インデペンデンス・デイ」「アイ,ロボット」のウィル・スミス。共演に、「ワイルド・スピードX2」「ふたりにクギづけ」のエヴァ・メンデス、「天使のくれた時間」「ホワット・...

最後の恋のはじめ方

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 最後の恋のはじめ方 コレクターズ・エディション ウィル・スミス結構好きだったし恋愛に飢えてた(?)から見に行ってしまった映画。これがなかなか良かった!ヒッチは奥手な人にアドバイスなんかをする仕事をしてたの

最後の恋のはじめ方

■原題:HITCH 千尋もはじめたい{/kaeru_cry/}・・・じゃなくて{/hiyo_shock2/}残念ながら劇場で観れなかったのでDVDを借りて観ました{/hiyo_en2/} 話題のウィル・スミス初のロマンチックコメディ映画{/kirakira/}ウィルが戦わないでドキドキしたりオロオロしたり

『最後の恋のはじめ方』

『最後の恋のはじめ方』公式サイト  http://www.sonypictures.jp/movies/hitch/site/英語サイト  http://www.sonypictures.com/movies/hitch/site/原題:HITCH製作:2005年米監督:アンディ・テナント出演:ウィル・スミス/エヴァ・メンデス/ケヴィン....

■最後の恋のはじめ方

 独自の基本ルールで、恋愛下手な男性を幸せに導いてきた“デート・コンサルタント”のヒッチ(ウィル・スミス)。今度の依頼は、会計士のアルバート(ケヴィン・ジェームズ)からだ。高値の花アンジェラ(アンバー・ヴァレッタ)と彼の恋を実らせようと、あの手この手の

『最後の恋のはじめ方』

------『最後の恋のはじめ方』ってソニー・ピクチャーズの映画だよね。メジャーにしては、また珍しい邦題の付け方だ。「うん。原題は『HITCH』=ヒッチ、人名だ。(繋ぐ、引き寄せるの意味もあり)。主演がウィル・スミス。これで『ヒッチ』じゃラブコメとは想像つきにくい

最後の恋のはじめ方

第127回★★★☆(劇場)「血液型占いって当たらないよね」 バスに乗ったとき、前に座っている女子高校生らしき二人が、こんな会話を交わしていた。「A型にもさぁ、AAとAOってあるわけじゃん、その違いってどうなるんだろね?」「ホント、人の....

映画「最後の恋のはじめ方」

ラブコメディの名作がまた一つ増えたと思えるほどすらばしい作品でした。自分では欠点

最後の恋のはじめ方

観ていて幸せな気分になれるかも?なラブコメ。まぁ好き嫌いもあるだろうけど、あまりラブコメが好きではないワタシでもかなり幸せな気分にひたることが出来たので、良く出来ている…と書いてもいいかな?ある意味、宣伝広告制作側の意図に乗っかっちゃったかも知れないけれ

最後の恋のはじめ方

ストーリーはヒッチが恋愛をサポートするアルバートの恋物語と、彼自身の恋物語が並行して描かれています。 不器用な会計士アルバートが財団セレブの高嶺の花にアプローチするんですが、どじばかりしてしまう彼のコミカルさに笑わされ、そして純粋な想いに心が温まります。

最後の恋のはじめ方

(原題:HITCH)【2005年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆)ひょっとしてウィル・スミス初のラブコメ? …です。物語の舞台はニューヨークのマンハッタン。主人公のアレックス・ヒッチ(ウィル・スミス)は、デート・ドクターという仕事を生業にしていた。なかなか恋

最後の恋のはじめ方

DVDで、ウィル・スミス、エヴァ・メンデス、ケヴィン・ジェームズ、アンバー・ヴァレッタ 出演の「最後の恋のはじめ方」を観ました。●ストーリーニューヨークに住むヒッチ(ウィル・スミス)は、恋愛下手な男達に救いの手を差し伸べる「デート・ドクター」を職業にしてい

最後の恋のはじめ方

ハチャメチャだけど、最後にはしっかり「いい奴」的な面を魅せるところがいい。人にアドバイスするほどのスペシャリストの癖して、自分の事は臆病だなんて、[クリスティーナの好きなコト]に似ているというか、男版だよなぁ。あちらほどハチャメチャではないけど。爽やかさ..

映画『最後の恋のはじめ方』

原題:Hitchどちらも異性に距離を置く、そんな二人の恋の駆け引き、もう一組への恋の指南と絡めて展開するロマンティックコメディ、笑わせて泣かせる恋の物語 アレックス・ヒッチ(ウィル・スミス)は自らの失恋をバネに始めたデート・コンサルタント、もてないが本当に好き

最後の恋のはじめ方

ヒッチ(ウィル・スミス)は恋愛コンサルタントとしてモテない男たちを相手に女性の扱

最後の恋のはじめ方

story ニューヨークを舞台に、恋愛の指南役が恋の手ほどきを伝授するロマンティック・コメディ。恋愛テクニックに自信を持ちながら、一筋縄ではいかない自分の恋の行方に苦しむデート・コンサルタントを描く。監

『最後の恋のはじめ方』 もう恋なんてしない?

恋にルールはない。だけど、マニュアルは欲しい。惚れた女にアタックできない男たち、失敗ばかりで成就できない男たちに、女をオトすテクニック、ノウハウを伝授する、デート・コンサルタント。依頼を受ければ、誰でも請け負うわけではなく、ただヤリたいだけの男は願い下げ

最後の恋のはじめ方

<font color="green"><b>2005年製作 米国監督:アンディ・テナント出演;ウィル・スミス、エヴァ・メンデス、ケヴィン・ジェームズ、アンバー・ヴァレッタ</font></b>WOWOW放送を視聴。ニューヨーク。デート・コンサルタントを

モテない女からモテる女へ

23年間全く男に相手にされなかったほどの恋愛負け組女が、たった29日で男心を完全に奪えるようになった理由・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。