1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャーク・テイル

★本日の金言豆★
「ボンバイエ」はリンガラ語で「彼を殺せ!

 我々にとっては「ボンバイエ」=”燃える闘魂”アントニオ猪木ですが、元々はアメリカの英雄的ボクサー、モハメド・アリのリングコール「アリ、ボンバイエ(正確には「ボマ イェ(Boma ye)」)のアレンジです。

 公開作が立て続けに1億ドル突破とノリまくっている大スター、ウィル・スミス、「スクール・オブ・ロック」で日本でもブレイクしたジャック・ブラックをはじめ、レネー・ゼルウィガー、アンジェリーナ・ジョリーら旬の綺麗どころ、ロバート・デ・ニーロ、マーティン・スコセッシらベテラン勢と、超豪華な声の出演者陣が話題の本作ですが、中盤登場するボケジジイ役の、刑事コロンボことピーター・フォークも見逃せません!カメオ出演でもないのになんでPRしない!?ま~出演は1シーンだけだし、日本では生声よりも小池朝雄さんの吹き替えの方がなじみがあるからですかね・・・

 クジラ掃除魚のオスカー、サメなのにベジタリアンのレニーが織り成すドタバタコメディー。全米では初登場から3週連続首位キープ(ちなみに4週目で首位を奪ったのは我らが清水崇監督の「The Grudge(THE JUON/呪怨)」)、3週で楽々1億ドル突破と大ヒット。
 CGアニメで魚モノとくれば、どうしてもピクサーの秀作「ファインディング・ニモ」と比べてしまいますが、あちらが割と真面目に(!?)最低限の擬人化と絶妙の描写バランスで魚社会を描いていたのに対し、こちらは開き直って徹底的に擬人パロディ化。
 頭部も首間接もマユゲもあり、歯並びも良く、ヒレを手足のように使って立って演技する魚達。「ニモ」があくまで魚の形状を保ちつつ、目や口の絶妙な演技のみで極めて表情豊かにキャラクター化していたのとは好対照です。もしここに違和感を覚えてしまうと、根本的に映画の世界に入っていけないかもしれません。
 魚キャラクターのみならず、彼等の住む世界も徹底的にパロディ。ほとんど人間の文明社会と変わりません。テーブルに座って食器を使って食事するわ、街には電飾や大画面TVが設置されてるわ、雑誌、競馬、フランクフルト、スプレー缶と何でもあるわ・・・完全にファンタジーですね。魚の世界に高層ビルからの眺めが素敵なんて概念あるか!なんて突っ込み始めるとキリがありません。パロディ映画として徹底的に楽しみましょう。

 ベタですが笑える寿司屋のギャグ、葬式に使われる浮き輪がタイタニック号等、細かいパロディギャグを探すのも面白いです。「ボンバイエ」もその一つなんですね。

 独特の躍動感あふれる魚達の軽快なダンスシーン、アニメーションならではのスピード感抜群のサメとのチェイスシーン等、映像的な見所も満載!いかにもアメリカっぽい”濃い顔”のキャラクター達に違和感さえ覚えなければ文句無く楽しめると思います。

 全米公開前に、イタリア系アメリカ人グループから、「サメのヤクザが何でイタリア系やねん!」と因縁つけられ、キャラや台詞の変更、関連書籍の回収等を求められたそうです。
 日本でも、静岡県がオレオレ詐欺対策として、大阪のおばちゃんが画面にむかって「大阪は被害めっちゃ少ないんやで~」等と関西弁丸出しでまくしたてるTVCMを放映したところ、大阪府が「そんなやつおらへんやろ~(byこだまひびき)」と抗議したっていう話がありましたね~。こっちの方は「往生しまっせ~(byこだまひびき)」ですが、イタリア系アメリカ人にとっては、笑うに笑えない歴史的な背景があるんでしょうか。映画を見る限り、別に侮辱的な描き方でも無いし、ステレオタイプなイメージのパロディでしかないと思うんですが・・・。
 そんなんアリなら、我々もキル・ビルに因縁つけましょ~か!ソニー千葉なめんなよ!ヤッチマイナーって何じゃい!って・・・
 ちなみに大阪弁CMの件はその後、CMに出演していた当のオバちゃんたちが大阪市役所まで逆抗議しに行って、役所の人に謝らせたという後日談が。いや~なごやかですね~(⌒▽⌒)ノ_彡☆

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

シャーク・テイルシャーク・テイル サウンドトラックCD

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

シャーク・テイル
監督:ヴィッキー・ジェンソン
出演:ウィル・スミス ロバート・デ・ニーロ レネー・ゼルウィガー ジャック・ブラック アンジェリーナ・ジョリー
製作総指揮:ジェフリー・カッツェンバーグ
2004年/アメリカ/アスミック・エース

スポンサーサイト

COMMENTS

ホント!

最初こそ 魚に見えてたのが
どんどん人に見えてくる(笑)
ヒレとかで髪型とかを演出してるのは 上手いなぁ~って思ったのだo(^-^)o

そうそう

見慣れればこれはこれで、上手いな~って思うよね
クラゲの2人は宇宙人みたいで笑えるし(^o^)

ええ確かに

TBから遊びに来ました。
魚がそんなことするわけないだろ!
という突っ込みは所々でしたくはなりますが、
キャラもそれぞれ個性的だし、ファンタジーとして
じゅうぶん楽しめました。

うん、いかにもアメリカっぽい

同じくTBからやってまいりました。この手の映画大好きなんです。起承転結がはっきりしているというか...

TRBありがとうございました!(^^)!

はじめまして♪
この度はTRB有難う御座いましたヽ(^o^)丿
シャークテイル まだ未見ですが
期待度“大”!!です。

コチラからもTRBさせて頂きました♪

bossa2001様

コメントありがとうございますm(_ _)m
私は字幕版見ましたが、吹き替え版も観てみたい~

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シャーク・テイル

洋画を観るときに よく思うことだけどこの映画の時にも  「字幕レスで観たかったっ!」って 凄く思ったのだ(^^;「シュレック」などでもうすっかりお馴染みの「ドリームワークス」の最新作  シャーク・テイル劇中では「雑魚」とまで呼ばれてたホンソメワケベラのオスカ

『シャーク・テイル』 3月5日(土)公開

2004年 アメリカ 監督 ビボ・バージェロン ヴィッキー・ジェンソン ロブ・レ

『シャーク・テイル』鑑賞記

家族サービスで、『シャーク・テイル』を観てきました。英語で、字幕なしのほうのやつです。日本語吹き替えじゃないので、5歳の子供に理解できるかどうか心配ではあったのですが、もちろん、ストーリーのディティールまでの理解は無理だったろうけれども、結構楽しめたみた

新作紹介 Vol.11 ■■シャーク・テイル

■■ シャーク・テイル■ Shark Tale■監督:ヴィッキー・ジェンソン他声の出演:ウィル・スミス、ロバート・デ・ニーロ、レニー・ゼルヴィガー○全米興行収入封切 : 04/04/30興収 : 1億6000万ドル(2004年公開作品第11位のヒット)○映画の評判IMDb : 5.8/10Yaho : C+me

シャーク・テイル

この作品は本年度第77回アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートされていましたが、結果的には「Mr.インクレディブル」に持っていかれました。意見はそれぞれあるかも知れませんが、私はこれは仕方ないかなと思いました。というのも決してこの作品が極端に面白

シャーク・テイル

自分でも理由が分からないのですが、なぜかこの映画を見に行ってきました。 そんなに見たいって思っていた訳でもないと言うのが幸いして、結構楽しめました。 ストーリーなどは公式サイトを参照してください。(link) この映画は難しいだろうなぁ…有名な俳優さんなどを集め

80.NEW!末ロードショー@チラシより#3『シャ-ク・ティル』

{/hiyoko_cloud/}今朝は、3月5日から公開の『シャーク・ティル~sharktale』についての独り言です。もう~兎に角 何がすごいって!アフレコ担当の 俳優さんがスゴいんデス♪♪アニメムービーなのに・・・一度は観とかなくては!と思ってしまう程に。(^~^;)2005年3月5日公

「シャーク・テイル」

 2004年/アメリカ 監督/ヴィッキー・ジェンソン     ビボ・バージェロン     ロブ・レターマン 声の出演/ウィル・スミス        ロバート・デ・ニーロ        レニー・ゼルヴィガー        アンジェリーナ・ジョリー       

シャーク・テイル

シャーク・テイル Shark Tale人面魚博愛物語。監督ヴィッキー・ジェイソン Vicky Jensonビボ・バージェロン Bibo Bergeronand more出演ウィル・スミス Will Smith (Oscar)ジャック・ブラック Jack Black (Lenny)レネー・ゼルウィガー Renée Zellweger (Angie

シャーク・テイル

【好感度】 64% 小さな魚は大きなウソをつく

シャーク・テイル

ドリームワークスのCGアニメとしては前作「シュレック2」が面白かったのも記憶に新しいので、実写映画なら有り得ないキャストの組み合わせと派手さを楽しみに「シャーク・テイル」を観てきました。★★★HIPHOP文化全般を背景に、鮫=「ジョーズ」、海の底=「タイタニック

「シャーク・テイル」

オスカー(ウィル・スミス)は、鯨の舌掃除をやってるが、上昇志向の強い小さな魚。サメのドン・リノ(ロバート・デ・ニーロ)の息子レニー(ジャック・ブラック)は、ベジタリアンで魚一匹殺せない。そんな2匹が、レニーの兄フランキーが錨に刺さって死んでしまったことを

シャーク・テイル

シャーク・テイルを観てきました。アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートされていましたが、結果的には「Mr.インクレディブル」に持っていかれたのが納得・・かな?子供も一緒に観に行ったので吹き替え版を観たのが余計失敗^^;これを観るなら絶対字幕がいい

シャーク・テイル

サメが主人公かと思ったら単なる脇役だった。シュレックほどの外連味もなく、ピクサーみたいな狙ってる感もない。非常にライトな仕上がり。CGはぱっと見はたいしたことないんだけど、技術的にはすごそう。それよりも声優がぴったりなんだよねー(っていうか声優を意識したキ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。