1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅せる技術

2004年10月発売
 ”他人から見た自分の姿”を意識しなくなったら人として終わりって感じですね~。
 一時期流行った”オバタリアン”に代表される、人の迷惑かえりみず所構わず傍若無人に振舞う人、今も全然普通に見かけます。ブームとともに消え去ってくれればよかったのに、残念なことに定着しちゃったんですねえ。

 でも、電車内等の携帯電話のマナーは、けっこう良くなってきたと思われませんか?特に若い人で、電車内で平気で携帯で話してる人はほとんど見かけない気がします。

 むしろ最近目に付いて気になるのは、メールやゲームなどで携帯を開いてるだけの若者を「携帯使うな!」と大声で怒鳴りつける年配男性
 どう思われますか?どっちがマナー違反やねんと。それほどぎゅうぎゅう詰めに混んでるわけでもない電車内でもそういう人結構います。
 確かにペースメーカー云々というのも分からなくもありませんが、まず人として最低限の礼儀というか、言い方ってものがあるでしょと。別に貴方が正義でも法でもないんですから・・・。
 先日のJR西日本事故記者会見のときの読売ヒゲ面記者みたいなもんで、”お前が偉そうにゆうな!”と。

 ちょっと極端な話でしたが、何にせよ社会の一員として、最低限のマナーや身だしなみは常に意識し、少しでも相手に好感を抱かせられるよう努力したいもの。

 本書は、そんな日常のちょっとしたマナーや身だしなみについて詳細かつ広範にサジェスチェンしています。
 主にビジネスマン向けの内容になっていますが(スーツの色のコーディネートなど)、それ以外にも普段着の考え方やテーブルマナーといった誰にでも応用がきくことや、首の角度や姿勢のとり方、魅力的な発声法やそのトレーニング方法など、ちょっとしたトレーニングで変えられること等多岐に渡っており、またその記述は具体的かつ簡潔で、適度に図解や見本を挿入し、章ごとに整理区分された構成は非常に読みやすく分かりやすい。

 僧侶の兄を持ち自らも尼僧を目指したこともあるという異色の美貌”イメージコンサルタント”なる女性著者の、女性の視点から見た分析やアドバイスは説得力があり、しかもどれも早速今から実践できるような手軽なことばかり。

 ざっと読めば小一時間ほどで全体に目を通せるほどの手軽さで、あとは普段から身近においておき、さまざまなシチュエーションにあわせて本書を引き、最適なマナーや抑えるべきポイントをチェックしておく、という使い方がベストかと。
 さ~これで誰でもビジモテ人!?私も明日からがんばります・・・

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 本の部屋へ

魅せる技術
西松眞子
インデックス・コミュニケーションズ

著者の作品

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。