1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープン・ウォーター

★本日の金言豆★
オジロメジロザメ:灰色の背中、尾ビレの先は黒、背ビレの先端には白い点。人間に対して危険性あり。通常、ダイバーを襲うことはないが、縄張りへの侵入者に対しては激しい威嚇行動をとる。

2005年11月16日発売
 「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」って映画ありましたね~昔。ハンディカメラ1台のみで撮影し、森の中に潜む得体の知れない恐怖を見事に醸し出した作品でスマッシュヒットをかっとばしました。(その後血迷って続編作っちゃったのは失敗だったみたいですけど(^^;)

 本作は、かなりそれに近いテイストの作品。っと思ったら、「ジョーズ+ブレアウィッチ」な~んてそのまんまのキャッチでCMやってるみたいですが・・・
 さすがにカメラは1台ではなく最大3台使ったそうですが、主な出演者は主演2人のみ、舞台はほぼ大半が海のシーン、スタントもCGも一切なしという超低予算映画。
 当然のごとく米国公開時もわずか47館での限定公開だったにも関わらず、公開3日間の館アベレージでNo.1をもぎとり、あれよあれよと話題が話題を呼んで2709館にまで拡大公開。その後も世界26カ国で公開されるという快挙を成し遂げた秀作。

 一応、実際に起こったダイバーの失踪事件にインスパイアされてはいるものの、基本的に本作はフィクション。なんですが、それを一切うたわないで、あえて曖昧にしているところがうまいですね。ホントの事件なの?違うの!?という不安感が、劇中のハラハラドキドキ感をいっそうかきたて、主人公二人の運命の行方に手に汗にぎってしまいます。

 予算の関係もあって、CGや特撮を一切使わず、ほんまもんのサメに餌を与えて暴れまわらせて撮影したという水中シーンはほんとに迫力!観たところサメはそんなに大きくなさそうだし、往年の名作サメ映画「ジョーズ」「ディープ・ブルー」みたくサメを”見せつける映像”例えばドアップにしたりいろんなアングルから撮ったりといったショットがあるわけではないのに、バシャバシャ跳ねたリ、水面に体をくねらせながら現れたりするショットは逆にこれまでにない新鮮さで、リアルかつ生々しい恐怖感たっぷり。
 主演俳優がサメにかまれ、噛み跡が映るシーンがあるのですが、撮影中にマジ噛みされたところをそのまま撮ったらしいですよ。いや~よくやりますねえ・・・しかも俳優やスタッフは保険に入るどころか、「撮影中何があっても文句いいません」っていう権利放棄契約を結んだという・・・この捨て身の映画魂がそのまま乗り移ったような迫力の映像と恐怖感が、異例のヒットにつながったんでしょうね。

 本作ではダイビング主催者のケアレスミスで2人が海に取り残されてしまうんですが、こんなミス実際ありうるんですかねしかし?船に全員上がったところで頭数数えれば間違えようがないと思うんですが・・・このへん、あちらのアバウトな国民性が反映されてるんでしょうか?

 ”観た後、海に入れなくなる”というキャッチコピーは決してオーバーではない、地味ながらめちゃめちゃ精神的に怖い作品です。

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

ジョーズ不朽の名作「ジョーズ」シリーズ

ブレア・ウィッチ・プロジェクトブレア・ウィッチ・プロジェクト
オープン・ウォーター
監督・脚本・撮影・編集:クリス・ケンティス
出演:ブランチャード・ライアン、ダニエル・トラビス、ソウル・スタイン
2004年/アメリカ/ムービーアイ/79分

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

COMMENTS

オープンウォーター

観てきました。一般受けするのかは謎ですが
話がそのまんまだったので
意外と物足りなさが少し残ったり、、、。
あのシーン、ホントに噛まれたんですか?!
ビックリ。

静かな恐怖・・

TBありがとうございます。
私は結構好きな映画でした。好き嫌いはわかれるでしょうね~。
見てよかったと思います。
ダイバーの数えミスって、日本ではありえないミスですよね。

考えようによっては怖いかも

初めまして!TBありがとうございました(^^)
この映画のシチュエーション、海面での状況も怖いとは思うのですが、船に置き去りにされるという方が怖いと思います(^^ゞ
ダイビングを趣味とする人間からすると、あんまり見たくない映画かもしれません(笑)君達、密航船にでも乗ったんかい!って突っ込みたくなります。

おはようございます。
私はドキュメンタリーだと思って観ちゃったので、最後の展開が許せないと思っちゃったのかな~?フィクションと考えれば、そんなのもアリかな?って納得できたかも。
でも、主演俳優さんが『カプッ』っとされちゃったんですか~。そりゃ、本物だ!!

面白い映画なんですけどねぇ・・・

はじめまして。TBありがとうございます。
この映画、個人的にはかなり好きな映画なのですが
一般受けは良くないでしょうねぇ・・・。
私が行った映画館は千葉の市川妙典(ワーナーマイカル)なのですが、
公開2日目のPM4:10から上映で、観客は20名程度だったかなぁ・・・。
ダイビングをしている姉に薦めてやろうと思っています(^^)

TBさせていただきました。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オープン・ウォーター

"オープン・ウォーター"その昔、ジョーズを見て手に汗握り、スピルバーグのスリリングな演出と鮫の特殊効果に子供ながらも酔いしれたものだ。しかしこの度の映画ではCG特殊効果を使用せず、本物の「鮫」を起用。マグロのブツを周辺に撒いて鮫を呼び寄せて撮影する

オープン・ウォーター

公開日 2005年6月25日2004年製作 アメリカ 79分ジャンル パニック期待度 ★★★☆☆監督 クリス・ケンティス脚本 クリス・ケンティス音楽 ゲレーム・レヴェル出演 ブランチャード・ライアン、ダニエル・トラヴィス、ソウル・スタイン、エステル・ラウ、マイケル・E

映画感想>オープンウォーター (2004) ★★★★☆

オープンウォーター監督:クリス・ケンティス出演:ブランチャード・ライアンダニエル・トラヴィス久しぶりのバケーションでスキューバダイビングを楽しんでいたカップルが、アクシデントで海に取り残され漂流する。サメの巣の中で懸命に生きようとする二人、果たして生存で

オープン・ウォーター

出演:ブランチャード・ライアン、ダニエル・トラヴィス 監督:クリス・ケンティス原題: Open  Water              2003年 アメリカ胃が痛い・・・・・。←観た感想です。激しくネタバレしてると思うので、これから観る予定のある方は、観ない方が

オープン・ウォーター

サンダンス映画祭で放映され注目された 制作費たったの 13 万ドル映画どうもこの夏ロードショーされるらしい リアリティ番組をそのまま映画にしたようなスキューバーダイブのツアーに参加した二人が ささいな事から 二人だけ海の中においていかれサメに襲われて行く話し

『オープン・ウォーター』 主演:ブランチャード・ライアン

この作品は実話を元に作られた作品だそうです。ダイビングツアーの係員の間抜けなミスのせいでダイビングポイントに取り残された主人公夫婦、最初は楽観的だった彼らだけど、何度も船が見えるところまで接近するも発見されるKとなくしだいに絶望感が募ってきます。何が怖い

#26:オープン・ウォーター

KAZZのこの映画の評価 日本って、ヘアー解禁になりました?しっかり写ってました驚きこの”オープン・ウォーター”は、少しマニア向けかも海外で、ボート・ダイブをしたことがある人は、って、頷けると思うけど。。。海外は凄く適当なんです人数の数え方を...

ものすごい絶望感!!!「オープンウォーター」

更新遅れていてすません。日本人は胃腸が弱い、ということで先日より胃の調子がおかしく、くたばっておりました。  やっぱり疲れてるときの、ホラー映画は厳禁ですねー。家で寝込んでるのも暇だし、とりあえずなんか映画見るか、と近所のブロックバスターにて、このDV

試写会「オープン・ウォーター」

試写会「オープン・ウォーター」開映19:00@九段会館「オープン・ウォーター」OPEN WATER 2004年 アメリカ配給:ムービーアイ監督:クリス・ケンティス 製作:ローラ・ラウ 脚本:クリス・ケンティス音楽:グレアム・レヴェル撮影:クリス・ケンティス、ローラ・

オープン・ウォーター

オフィシャルサイト → オープン・ウォーターワーカホリックの夫婦、スーザンとダニエルは、久々のバカンスでカリブ海にやってくる。旅先でも仕事を忘れられない二人は、些細なことで口論し、ベッドでも気の乗らぬまま。翌朝、二人はスキューバ・ダイビングをするため、ツア

「オープン・ウォーター」

「オープン・ウォーター」 九段会館で鑑賞作品が作品なので誰も誘うことなく一人で見に行きました。以前、予告を見て連れが「こういうのって絶対見たくない!」って言ったのでほかの人もきっと毛嫌いするんだろうなあ、と思ったのでした。でも、鮫の映画=「ジョーズ」って

1時間、二人っきりのシーン。飽きないか?《オープン・ウォーター》

1998年にオーストラリアで起きた事件をもとに作られた映画。「最も怖い実話」っていうのは、どうかと思う。かなり煽っているぞ。こんなバカでかい大きさで。しかし、あの『メメント』(2001年)『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999年)を輩出したサンダンス映画祭2004

映画: オープン・ウォーター

邦題:オープン・ウォーター 原題:OPEN WATER 監督:クリス・ケンティス

映画「オープンウォーター」見てきました

最近風邪を引いてしまい、ご無沙汰のブログです。今回は「あなたはこの夏、海に行けない」でおなじみ(?)の映画、オープンウォーターの感想です。

映画を見たで-オープン・ウォーター-

監督:クリス・ケンティス出演:ブランチャード・ライアン、ダニエル・トラヴィス、ソウル・スタイン、エステル・ラウ、マイケル・E・ウィリアムソン評価:84点(100点満点)うがあ、怖い。ずっとずっと海の上の漂流を写しているだけなのに、むっちゃ怖い。主....

『オープン・ウォーター』

『オープン・ウォーター』  製作: 2003年 米監督: クリス・ケンティス出演: ブランチャード・ライアン/ダニエル・トラヴィス スーザンとダニエル夫妻はようやく取れたバカンスでカリブの海へやってきた。二人はダイビングツアーに出かけ、楽しい時...

映画「オープン・ウォーター」

■感想:DVDで観ました。「これは実話に基づいてる」から始まりました。実話から基づいて作られた作品ですが、災難に遭った当事者が作るのと、生還した人のコメントを参考にして作る場合ではリアリティがあるのですが、そうではないので遭難してからは想像の話なんで、実...

「オープン・ウォーター」 (2004)

“映画館だったらもっとおもしろく見れたかも”と思いました。家だと隣人もいることだしそんな大音量をだせるわけでもないしテレビもそんなに大きくないので、映画館に比べると臨場感がないわけで、この映画は臨場感命なだけにもったいないことしました。この映画、キューブ

オープン・ウォーター 今年の233本目

オープン・ウォーターこ、こわい、、、だからあたしは、海は嫌いなのダイビングする人の気持ち、わからないでもないんだケド、あたしは海が怖い、、、ぁ、泳げるし、潜れますyo、、、魚なんか、ほんの小さなのはいいんだケド、ある程度大きくなると、怖い。この映画でも....

オープン・ウォーター

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 大海原にぽつねんと2人きり

オープン ウォーター OPEN WATER

ブランチャード ライアン、ダニエル トラヴィス(2003年)実話だと聞いて映画館に観に行こうとしていましたが、DVDでよかったぁ・・・・最初は映像が悪く(故意?)インディーズ映画だからしょうがないかぁと思っていましたが、2人がダイビングを始めた所から徐々に引き付け

オープン・ウォーター

★★★☆☆かわいいブログランキング見ごたえがあって最後まで飽きさせなかったのでなかなか面白かったですサメに襲われるということは予告で知っていたので、いつごろ襲われるんだろうとハラハラしっぱなしでした。ジェットコースターのトコトコ上っているところのよ...

「オープン・ウォーター」

後味最悪の作品。実話基の作品は元々好みではあるけれど、コレはもう・・とことん気分が滅入った。後半は海に浮かび続ける二人を静観していると・・・こちらまで波酔い状態で、普段から胃下垂気味な胃までも調子が悪くなった。劇場へ足を運ぶのを止めて正解だった....

映画鑑賞感想文『オープン・ウォーター』

さるおです。 『OPEN WATER/オープン・ウォーター』を観たよ。 監督は『GRIND/グラインド』に続き今回もまた奥さん(ローラ・ラウ(Laura Lau))と二人三脚しているクリス・ケンティス(Chris Kentis)。 出演は『SEX AND THE CITY』のゲスト、ブランチャード・ライアン(Blanch

毎日が日曜日♪

今日もお勉強はおいといて(笑)、マンガ喫茶に行って来ました。 そこで、「Drコト

オープン・ウォーター

先日借りた、DVDの一枚だけ感想UPしようと思います。(もう一枚の方は?とか突っ込まないように!危うく真っ二つにしかけたので/謎)ジャンル、ホラーとかって書いたんですが、サスペンス?スリラー?パニック?でした!(;・∀・)去年劇場公開する前に、予告を観...

オープン・ウォーター

実話に基づいた実にシンプルなストーリーと、デジタル・ビデオによる実録風の画面は、ドキュメンタリーのような効果を上げています。 一番の見所は何と言っても、天然の鮫をおびき寄せ撮影を行ったというリアルな映像です。 特殊効果やCGなどを一切使わず、主演俳優たちが

オープン・ウォーター

観光用のボートで沖に出て、ダイビングを楽しんでいたカップルだが、ツアースタッフの不注意により彼らは海の真ん中に取り残されてしまう・・・・・。出演:ブランチャード・ライアン,ダニエル・トラヴィス監督:クリス・ケンティスサンダンス映画祭からでてきた“最も怖い

ANDYのお得な観察ゲーム

 スキューバの主な目的はフィッシュウォッチング(魚の観察)ですが、観察というものも視点をかえてゲームにしていくと面白いものにかわります。 昔消防の仕事の合間によくジュースをかけてジャンケンやアミダをやったんですが、ことジャンケンに関しては私は負けたこと..

埋蔵金ダイビング

 徳島近海には埋蔵金が眠っていると推測される沈没船スポットが数多くあります。現在の地図には載っていませんが、昔の地図に「銭ばえ」と書かれていたところは文字どおり潜ると黄金色の大判、小判が水底にはえているように散乱していたという意味です。 地元の漁師にき..

オープン・ウォーター

製作年度 2004年 製作国 アメリカ 上映時間 79分 監督 クリス・ケンティス 脚本 クリス・ケンティス 音楽 グレーム・レヴェル 出演 ブランチャード・ライアン 、ダニエル・トラヴィス 、ソウル・スタイン 、エステル・ラウ 、マイケル・E・ウィリアムソン ...

映画『オープン・ウォーター』

原題:Open Water事実に基づくドキュメンタリー風の作品なのに、静かに進む物語なのに、思いっきり見事なアンダーヘアーを惜しげもなくみせて、すばらしい・・・ スーザン(ブランチャード・ライアン)とダニエル(ダニエル・トラヴィス)の夫婦はどちらも仕事中毒、ようやく取

オープン・ウォーター

この映画が実話を基にした遭難映画だということは知ってましたが何かのレビューに「一人だけだと気の毒で終わってしまうが、二人だとドラマが生まれる」と書かれてあり、面白そうだったので観てみました。DVDで鑑賞。スーザンとダニエル夫妻はようやく取れたバカンスを

オープン・ウォーター

オープン・ウォーターposted with amazlet on 06.11.21ポニーキャニオン (2006/07/19)売り上げランキング: 33957Amazon.co.jp で詳細を見るおすすめ度:★★★★☆【STORY】ワーカホリックの夫婦、スーザンとダニエ

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

 香草、特にレモンをヴルストの中に入れるのは間違っていると思いながら、スターウォーズ(以下SW)エピソード?/シスの復讐を見た。例の如く、その感想をネタバレ込みで語ろうか。

オープン・ウォーター (Open Water)

監督 クリス・ケンティス 主演 ブランチャード・ライアン 2004年 アメリカ映画 79分 サスペンス 採点★★★★ 全く協調性がない上に、ちょっとでも気になれば「なんだい、これは?」と立ち止まって見てしまう好奇心のせいで瞬く間にハグレてしまう、著しく集団行動に向いて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。