1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ray/レイ

★本日の金言豆★
シュガー”レイの異名を持つプロボクサーは歴代2人いた

 初代は1950年代半ばに活躍した「シュガー・レイ・ロビンソン」。
 劇中冒頭、”ウィロー”ワーウィック・デイビスがライブハウスでレイを紹介する時、「Don't call me "sugar"」(シュガーと呼ばないで)と言ってるのは、当時既にスーパースターだった初代「シュガー・レイ」のことですね。
 で、母親がレイ・チャールズの大ファンなのでつけちゃった本名と、スーパースターの名前が同じだったこと、ファイトスタイルが似ていたこと等から「シュガー」を襲名!?したのが二代目、5階級制覇のスーパースター「シュガー・レイ・レナード」本名「レイ・チャールズ・レナード」。
どっちかというと「シュガー・レイ」といえば二代目の方が定着しちゃってる感じです。

 本作はもちろん”ミュージシャン”レイの物語。我々日本人で、レイ・チャールズの大ファン!っていう人は和田アキ子か、相当の洋楽好きな方なんじゃないでしょうか。
 アメリカでは、ヒットシングル数、グラミー賞の受賞数等をみるだけでも尋常ではない物凄さ。まさに国民的大スター。日本で例えるなら、「美空ひばり」あるいは「山口百恵」ですかね。
 しかし彼の本当の凄さは、数字や記録だけでなく、その独創性が後の音楽業界に与えたインパクトと、創作の原動力となった生い立ち、苦悩、肉親の愛といった波乱の人生にある。それをドキュメンタリータッチで描いた作品です。

 物語は、特にストーリー的に山場や盛り上げはなく、比較的淡々と進行。途中随所に、彼の母親や、トラウマとなった弟の死にまつわるエピソードをフラッシュバック的に挿入し、彼の苦悩の心情を描写します。
 全編におりこまれている、生涯を通じてのライブシーンは鳥肌が立つほどのインパクト。映画において音楽は重要な要素ですが、やはり偉大な音楽のパワーは圧倒的ですね。

「コラテラル」で日本でも一気に知名度を上げたジェイミー・フォックスのレイ・チャールズぶりは、観る人と和田アキ子が観れば激似らしいですが、このへんも我々日本の一般人にとってはいまいちピンときにくいところではあります。
 アメリカの誇る偉人を、アメリカ人がアメリカ人の為に描いた秀作。アカデミー賞2部門受賞(主演男優賞、音響賞)も頷けます。
 映画が良いっていうより、レイ・チャールズが凄いんじゃないの!?という気もしますが・・・(^~^;)ゞ
 劇中では彼の子供が2人描かれていますが、実際は12人いたそうです。さすがです!(ノ゚ω゚)ノ*

 日本が世界に誇る偉人を描いた邦画・・・私はそれを待ち望んでいます。桑田佳祐「ケイスケ」、中村教授「逆転裁判!」とかね。

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

Ray_sound.jpgRay / レイ サウンドトラックCD

Ray / レイ
監督・原案:テイラー・ハックフォード
出演:ジェイミー・フォックスクリフトン・パウエルハリー・レニックス
2004年/アメリカ/2時間32分/UIP

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

COMMENTS

武満徹とか?

 レイ・チャールズを知らなくても楽しめた、という意味では、すごく良い映画でしたが、確かに日本なら?と考えると、世界で有名な作曲家は少ないですね。

 生きている人なら坂本龍一あたりで、もうお亡くなりになった人なら武満さんかなぁ、と思います。 
 どちらもクラシックなのが面白いところです。
(作曲家以外でも、小澤征爾さんも世界で有名だし)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Ray/レイ

TOHOにて----------レイ・チャールズの話。盲目のレイチャールズが演奏でツアーに回ってだまされたり、ドラッグにハマって女と遊んだり、音楽を作っていく様を描いたもの。私はレイチャールズのことをぜんぜん知らない。曲も知らないし、盲目だったことも知らない。少しTV

『Ray/レイ』

■監督 テイラー・ハックフォード■キャスト ジェイミー・フォックス、ケリー・ワシントン、レジーナ・キング、アーンジャニュー・エリス、シャロン・ウォレン、クリフトン・パウエル、ハリー・レニックス、リチャード・シフ、カーティス・アームストロングレイ・チャール

【レイ】

 レイ・チャールズの 伝記的 真実の 物語 酒と 女と ドラッグの 日々  そして 家族と 音楽に 支えられ   正に 映画的な 波乱万丈な   感動と 言い表すよりは 「一回見とけ」と  もう一つ言えるのは 「クスリはやめとけ」と  玉置ひろし的な 役

Ray / レイ

Ray / レイ

「Ray/レイ」(米・2004) ~『光』という名の盲人

 <B>Ray/レイ</B> 2004年に亡くなった、アメリカが誇るミュージシャン、レイ・チャールズの自伝映画。 ホテル・ルワンダのドン・チードル、ネヴァーランドのジョニデ、アビエイターのディカプリオ、ミリオンダラー・ベイビーのクリント・イーストウ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。