1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラウマの国

★本日の金言豆★
名称独占資格:その資格を取ると、その資格取得者であると”名乗る”ことが許される、ただそれだけの資格。280種の国家資格中に44種ある。マンション管理士、社会福祉士、畑地かんがい技士等・・・。

2005年2月15日発売
 タイトルの「トラウマの国」とはもちろん日本のことを指すわけですが、どういうこと!?まさか文字通り”傷ついたいじめられっこな国”みたいな意味で、近隣諸国やアメリカにいいように罵られアゴで使われる様を自虐的に書き綴った書か!?と思いきや、そんな硬い本では全然ありません。

 日々、マスコミ記事や宣伝広告で目にする”今トレンドの○○”みたいなモノを、ちょっと斜めからみてみると、宣伝されてる内容やイメージしてる内容と実態とはこんなにもギャップがあるよ!というところを、著者自身の突撃体当たり取材で得た体験をベースにつまびらかにしていきます。

 「自分自身の”トラウマ”と向き合うセミナー」「資格教室」「ユーモア話し方教室」等、巷に溢れる様々な謎の習い事教室の実態と、そこに習いに来る生徒さん達の切実な悩みや相談、
 「ゆとり教育」がもたらした弊害と当の子供達の本音、
 知っているようで知らない、それ自体がまた問題な「地域通貨」のトンデモ実態
 「日本共産党」ってどんな政党!?
 「田舎でのスローライフ」の実態はほんとにスローなの!?
というように様々なバラエティにとんだジャンルについて、その実態が綴られています。

 本書の記述そのものを斜めに読んでニヤリと笑えるかどうかで、読者自身のトラウマ度が計れるつくりになっているところが秀逸。
 逆に身につまされるような心当たりがある場合は、筆者の客観的、第三者的な皮肉に満ちた文体を読むことにより、冷静に自分自身とそのトラウマを見つめなおすきっかけになることでしょう。

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 本の部屋へ

トラウマの国
高橋秀実
新潮社

著者の作品

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。