1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライモリ

★本日の金言豆★
サランドラ(1977年・米)原題:THE HILLS HAVE EYES 出演:スーザン・レニア、ディー・ウォーレス、ジェームス・ホイットワース

 特殊メイクといえばこの人!ハリウッドでその名を知らぬ者無しの重鎮中の重鎮、スタン・ウィンストンが、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の仕掛け人と組んで、こんなに怖い映画を作っちゃいました!がウリのホラー映画。

 ストーリー的には直球そのもの、ひねりも仕掛けも何もありません。森に迷い込んだ若者が、森に潜む謎の化け物(!?)に襲われ次々に殺されていくという、ステレオタイプというか、王道ですねホラー映画の。
 その殺人鬼の化け物の正体も映画冒頭で明かされますし、謎解き的要素も皆無。ほんとに何のひねりもないストーリー。

 ではその怖さ度はというと・・・わりと直接的な映像描写が多く、恐怖のメインは見た目のドッキリ的要素。
 死体をやたら切り刻んだり、人体のいろんなとこに矢が刺さったり、はては生きてる人間がずっぱり切断されたり・・・さすが特殊メイク効果の大御所の面目躍如というところで、思わず画面から目を背けたくなるような残酷描写が多数。そのリアルさはたしかに凄いんですが・・・
 その分、後をひくような心理的恐怖の要素には乏しいかと。このへん、宣伝文句にあまり「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」を前面に出さない方がよかったかもしれないですね。そういう「見えざる恐怖」みたいなのを期待した観客からはかなり不評を買いそうな内容です。

 主演のエリザ・ドゥシュク、「トゥルーライズ」でのシュワちゃんの娘役も今や立派な人気女優、「バフィー 恋する十字架」といい、今巷で話題沸騰の「トゥルー・コーリング」といい、質の高い作品にも恵まれて、そのどこかエスニックな雰囲気の漂う美貌が本作でもますます全開。

 あと、映画の冒頭で真っ先に殺されるカップル役のリンディ・ブースケヴィン・ゼガーズは、ベタなゾンビホラーのわりに異例のヒットとなった「ドーン・オブ・ザ・デッド」でも同じくカップル役で出演してたそうな。なんなんでしょう中途半端に意味ありげなこのキャスティング・・・エージェントが一緒だったとかですかね!?

 「死霊のはらわた」とかそういう往年のゾンビ系グロ映画がお好きな方にはオススメの、直球ホラー作品です。

●オススメ度●
★ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

クライモリ
製作:スタン・ウィンストン
監督:ロブ・シュミット
出演:エリザ・ドゥシュクデズモンド・ハリントン

今大人気エリザ・ドゥシュク

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クライモリ

米中東部ウエストヴァージニア州に広がる森林地帯。国道を急ぐ医学生のクリスは、事故渋滞に行く手を阻まれ、森の中を迂回する旧道へと車を進める。カーブに気を取られたクリスは、前方に停車したワゴン車に激突。幸い怪我はなかったものの、キャンプにきていた5人の若者た

[映画] くら~いもりです。

何がくらいって、アチキの性格ですよ。Read more...

クライモリ

『クライモリ』あらすじ『美しく若き医学生クリスは、人里離れた森の中で対向車と正面衝突をしてしまう。どちらの車も動かなくなってしまい、仕方なく事故相手の若者5人と共に森を歩き出すが、そこは地元の者でさえ近づかないという恐怖の伝説の残る森であっ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。