1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーシーズ3

 エイリアン役のスタイル抜群パツキン女優ナターシャ・ヘンストリッジが、「種の保存」というお題目のもと、あられもない姿で男をあさりまくりヤリまくりという異色のエロSFシリーズの最新作。

 何でか知りませんが、本家米国では劇場公開を見送られたといういわくつきの本作が、日本で”全世界初”と銘打って限定公開ながらも劇場公開中。そ~んなに日本で人気が高かったんですかね~このシリーズ。
 確かに、「スピーシーズ1」「2」とも、しょっちゅうテレ東系のローカル局でオンエアされてるイメージはありますけど。

 さてその最新作では、1、2で主役のエロエイリアンを演じたナターシャ・ヘンストリッジは冒頭のみに特別出演。前作で同じ種族とHして宿した純血種を産み落とし、そのとき一緒にいたエイリアンの子どもに何故か首ひねられて殺されて終わり。頭をふっ飛ばしても死なないんじゃなかったっけ!?といきなり突っ込みどころ炸裂。

 産み落とした娘の成長した姿が、新ヒロイン・サニー・メイブリー。ナターシャに負けず劣らぬ美貌とプロポーションをこちらも惜しげなく披露し、2代目エロエイリアンの面目躍如とばかりに大活躍。
 本作ではさらに、アメリア・クック演じる2体目の女性エロエイリアンも登場。これまた主役に劣らぬ美貌の持ち主で、登場するやエロエイリアンパワー全開。

 遺伝子変異の不完全さから、地球にはびこる病気にとっても弱いという設定、「スピーシーズ1」の頃から踏襲されてるわけですが、今にして思えば、今絶賛公開中のSF戦争大作に先んじてたわけですね。エロエイリアンという独特の設定といい、しっかり作りこまれたエイリアンの造形といい見所は結構多く、この手のB級SFにしてはシリーズ3作も作られるだけのことはあります。

 まだまだ続編オッケー的なエンディングに期待も膨らむ!?ピリリと小技のきいた作品です。

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

スピーシーズ3
監督:ブラッド・ターナー
出演:サニー・メイブリーナターシャ・ヘンストリッジ(特別出演)、ロビン・ダン、ロバート・ナッパー、アメリア・クック、J.P.ピトック
2004年/アメリカ/MGM/1時間53分/R-15

ブラッド・ターナー監督作品

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「スピーシーズ3 禁断の種」

DVDで観ました。スピーシーズ6年ぶりの続編となるシリーズ第3弾。前2作とは違い、エイリアンの「種の保存」の問題が大きく取り上げられいます。ナターシャ・ヘンストリッジが冒頭のみ特別出演です。そもそも、劇場公開ではなく、ビデオリリースを目的にして作られたので予算

映画『スピーシーズ3 禁断の種』

原題:Species IIISFでしかもスリーともなるとどうかなぁ~って思いつつ観たけど、なかなかどうして悪くない。人間とエイリアンのDNA融合による新種生命体って・・。 わずかな期間で成長し、ルール本触っただけでチャエスの名人になるし、腕が列車に轢かれて切断し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。