1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのツラさは、病気です

★本日の金言豆★
機能性腹部膨満症:過敏性腸症候群の近縁の病気。おならがやたら出る。

2005年5月24日発売
 うさぎなどの小動物って、野生の環境下では肉食動物に狙われる弱者ですから、少々のことでは弱ったそぶりを見せないんですってね。ちょっと下痢しててお腹が痛いとか、その程度では全然そんなそぶりは見せず、元気に跳ね回ります。
 逆に言えば、ぐったりし始めた時はかなりヤバくなった状態。人間で言えば手遅れに近いほど症状が悪化するまで、弱ったふうには見せないそうです。

 我々日本人も、働いてるとそういうとこありますよね~。職場の同僚や上司の目が気になって、ちょっと頭痛がするとかお腹が痛い程度なら、誰にも言わず医者にも見せずに我慢して通しちゃうってこともしばしば、なんていう方も結構いらっしゃるのでは!?
 ましてや個人で事業やられてる方だったら、少々のことで仕事の手を止めていたんでは自分が困ることになっちゃいますし・・・。そこは勤勉日本人、我慢して症状を無理やり抑えがちなもの。

 しかし、何事にも限度ってモノがあるわけで・・・たかが頭痛、腹痛、足の痛みとたかをくくって我慢しすぎると、とんでもない状態にまで悪化させてしまい、入院、下手すれば命に関わるという事態を招きかねない。
 そんな、我々の身近な症例や環境を、具体例を交えながら解説するのが本書。

 うつ病、パニック障害、睡眠時無呼吸症候群、更年期障害、アルツハイマー病といった、その名称は馴染みがあるものや、
 慢性疲労症候群、慢性頭痛、関節リウマチといった、よく聞くようで実は似て非なる深刻さをもった症例などが、全9章にわたって記述されています。

 実際にその症状を患い、闘病経験のある方々のインタビューが記載されているのが秀逸。実際に本人が経験したトラブル、周囲の無理解からくるイジメ、職場での冷遇といった、病気以外の面で患者にふりかかる逆境、またそれをいかに克服したかといった部分がリアルに描写されており、非常に参考になります。

 ”これくらいみんな我慢してるから・・・””自己管理も仕事のうちだから・・・”と自分で解決してしまおうとせず、まずは適切な医療を受けにいくことが、何よりも重要。でも実際には、その適切な医療ってのがまた難しいところがある気がしますけどね・・・

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 本の部屋へ

そのツラさは、病気です
西所正道
新潮社

著者の作品

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。