1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーターサイクル・ダイアリーズ

★本日の金言豆★
チェ・ゲバラの”チェ”は、アルゼンチンのスペイン語で相手に呼びかけるときに使う言葉に由来するあだ名。

 アルゼンチン出身のマルクス主義革命家で、キューバの伝説的ゲリラ指導者チェ・ゲバラ、本名エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナの、自らの回想記「The Motorcycle Diaries」(邦訳「チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記」)をもとに、主に彼の青年期を映画化した作品。

 冒頭で、親友アルベルト・グラナードとともにオンボロバイク一台で旅に出ることを決意するゲバラ。あとはラテン・アメリカの国を旅する様子を淡々と描くロードムービーです。

 これはもう、2004年カンヌ映画祭出品作ということからもわかるように、娯楽性を求める作品ではありません。伝説的革命家チェ・ゲバラが若くして、しかも喘息持ちなのに放浪の旅に出ちゃう心情、道中のさまざまな出来事や、人々との交流、回顧録として語られる彼自身の心情といったものを通して、彼の人となりに近づこう、という映画。

 ですから当然、物語には何のひねりも盛り上がりも、山場も谷間もありません。本当に回顧録どおりに!?淡々と彼の旅の道程を追っていく内容。
 はっきりいって日本人には縁もゆかりも馴染みもないチェ・ゲバラの半生を、2時間興味を持続して観れる日本人が何人いるのか!?甚だ疑問です。

 ”ラテンのブラピ”の異名をもつという( ̄□ ̄;)主演のガエル・ガルシア・ベルナルは、さすがにその異名にふさわしく?繊細さとワイルドさを併せ持ったなかなかのイケメン。本作で日本人ファンも急増なったんでしょうか・・・。

motorcycle_dialies.jpgチェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記

●オススメ度●
★ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

モーターサイクル・ダイアリーズ
監督:ウォルター・サレス
製作総指揮:ロバート・レッドフォード、ポール・ウェブスター、ハノ・ヒュ-ス
出演:ガエル・ガルシア・ベルナルロドリゴ・デ・ラ・セルナミア・マエストロ
2004年/イギリス=アメリカ合作/日本ヘラルド映画、アミューズソフトエンタテインメント/2時間7分/

伝説的革命家チェ・ゲバラ

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「モーターサイクル・ダイアリーズ」

 モーターサイクル・ダイアリーズ「モーターサイクル・ダイアリーズ」 ★★★★☆ 監督:ウォルター・サレス 原作:エルネスト・チェ・ゲバラ 、アルベルト・グラナード 出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ

モーターサイクル・ダイアリーズ

2003年 イギリス・アメリカ 出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、ミア・マエストロあらすじ:1952年。喘息持ちだが鍛えられた肉体を誇る医学生エルネストは、親友のアルベルトとともに、中古バイクを駆って南米大陸を横断する冒

「チェ・ゲバラ」を知っていますか?

チェ ゲバラ, Che Guevara, 高橋 正 ゲバラ日記 彼の名前は、前からちょこちょこ耳にしていて気になる存在でした。映画をみて、彼の偉大さを知ることとなりました。「チェ・ゲバラ」は、キューバ革命をカストロと成し遂げた人物です。詳しくは

The Motorcycle Diaries【モーターサイクルダイアリーズ】

観てよかったです。 あんな旅を気心知れた親友としてみたいなーとも思いました。 あ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。