1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイ・バウンド

★本日の金言豆★
ヴァンサンのサングラスはヨン様グラス(▼ヘ▼)

2005年6月24日発売
 劇中、ヴァンサン・カッセルがかけているサングラスはポール・スミス製で、あの”ヨン様”が来日し、空港に5000人のマダムファンが殺到した際にかけていたのと同じもの。世界のスター御愛用のブランドなんですね~。ちなみにヴァンサンが空港のトイレでおっさんを襲って変装するシーンでかけるメガネは、ヨン様の冬ソナメガネ・・・とは関係ありません。

 1985年に起きた太平洋上での船爆破事件の犯人として逮捕された女スパイの証言をもとに、実際の諜報部員のスパイ活動の実像と舞台裏を”リアルさ”に徹底的にこだわって描いた本作。
 スパイ映画といえば「007シリーズ」「MIシリーズ」等数々の作品があり、「変幻自在の変装」「素敵な小道具」「魅惑的な美女」の3点セットで痛快娯楽アクションとして描かれる場合がほとんどですが、最近の作品でちょっと毛色の違う”地味路線”スパイ映画が「ボーン・スプレマシー」のシリーズ。
 しかし本作の地味さ加減は、「ボーン・・・」すらド派手アクション大作に感じられるほどです。

 延々と続く冗長な風景描写、役者に極力台詞を喋らせない状況描写・・・もちろん3点セットなど(主役の豊乳美女を除いて)まったく出てきません。スパイ映画のノリを期待して見に行くと、2時間気持ちよ~く爆睡できること請け合い。

 では実際、スパイの実像をリアルに描いているのか!?元ネタとなった実在のスパイは、現場に遺留品残すわ目撃者はいるわ、偽造パスポートもチャチいわで、”迅速に”逮捕されたそうで、さすがにここまでドジなスパイをリアルに描いたところで映画になりません。

 なので劇中のモニカとヴァンサンはそれなりに”映画的な”スパイ活動をしてますし、モニカの衣装なんてカルティエ、ヴィトン、シャネルら一流ブランドのオンパレード。そんなスパイおらへんやろ~(byこだまひびき)。

 そもそも存在自体が非日常的な”スパイ”を、リアルに描くことに意味があるのか!?残念ながら本作はそこまで踏み込んで味わえるものには至らなかったようです。

 ほとんどスタントを使わず体当たりでアクションに挑んだヴァンサンのハッスルぶり、母の色気漂うモニカ・ベルッチのおっぱいポロリ等、主演夫婦の熱演ぶりは見所。
 あと劇中、日本車の、しかもすっごい大衆車が出てきて活躍するのも、我々日本人としてはちょっとうれしいところです。

 アメリカのCIA、旧ソ連のKGBにあたるフランスの諜報組織が”DGSE”っていうものらしいですが、どこの国にもあるんですねこういう組織。で、わが日本国には当然無いわけです。よくドラマなんかで”JCIA”なんてパロディで出てくる始末。政界でもビジネス界でも”スパイ天国”と世界中から揶揄される日本、冗談抜きで本気で検討すべきでは!?

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

スパイ・バウンド
監督・共同脚本:フレデリック・シェンデルフェール
出演:モニカ・ベルッチヴァンサン・カッセルアンドレ・デュソリエ
2004年/フランス/1時間50分/コムストック

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

COMMENTS

往生しまっせ

大木こだまひびきでっせー。チッチキチー

TBありがとうございました♪

ヨン様と同じポール・スミスなんですね
ヴァンサン・カッセルがかけるとこんなにかっこいいのに。
豆知識でとってもお得な気分になりました~

TBありがとうございます。

TBありがとうございます。
私ぐっすりでしたが、大体の内容は分かりました。
「事実は小説よりも奇妙なり」とは云いますが「また小説が及びもつかないほど陳腐である」と誰かが続けていました。
事実のほうは正にそれらしく、映画の方もグリンピースの活動船を沈めたフランス政府の如く「どうでもいい」陰謀を巡らせていましたね。
寝ててもこれだけいえてしまいます。

ほんと地味でしたね

TB感謝です。
こんなに地味なスパイ映画を観たのは初めてでした。
スパイであることへの葛藤などがもう少しうまく描かれていれば良かったのかもしれませんね。

TBありがとうございましたぁ(ё_ё)
ほんとに地味なスパイ映画でしたが、フランス的な落ち着いた雰囲気は私的には好きです♪

初めまして

TBありがとうございました♪
こちらからもTBさせていただきましたので、ご了承下さい。

私もこの作品、好きなほうでした。
途中まではかなり「ハリウッド的どんでん返し」を期待していた自分がいたのですが、さすがにフランス映画だったんだ、ということを思い出さないわけにはいかず・・・
でも結果、地味ながらにスパイの世界をリアルに(映画的にですが)見せてくれたと思います。

それにしても日本にスパイ組織あっても、どーにもカッコつかないような気が・・・
何をするにも上司の許可に書類記入に、ハンコもらわないといけないし(笑)
草刈正雄みたいなスパイがいればついていっちゃうけど、えへっ♪

はじめまして

TBありがとうございました。
地味だけど、いい映画だったと思います。
これからもよろしくお願いします。

遅くなりました。

はじめまして。TBありがとうございました。
元ネタのスパイはそんなドジだったのですか。
知りませんでしたけど、そんなドジなスパイじゃ映画にならないですね。
地味な映画だったけど、アプリコは映像の色とか美しさが、
結構好きでした。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スパイ・バウンド

1985年に環境保護団体“グリーン・ピース”の所有する“虹の戦士号”をフランス政府が爆破する事件がありました。この映画はその実際にあった事件に基づき、事件の犯人、ドミニク・プリウールの証言に基づき作られたものです。フランス対外治安総局DGSEのジョルジュは、

スパイ・バウンド (2004) AGENTS SECRETS 110分

 フランスの情報機関DGSE(対外治安総局)のグラセ大佐はある日、コードネーム“ヤヌス”を発令した。それは、旧東欧諸国から入手した武器を密輸する武器商人イゴール・リポヴスキーの貨物船アニタ・ハンス号を爆破する作戦だった。作戦を指揮するジョルジュは早速リザ

スパイ・バウンド

フランスの女諜報部員の実話をもとに作られた映画・・ということで実話好きの私は公開終了まぎわ滑り込みでなんとか観賞。スパイ物~~派手にドンパチやってスタント満載、スリリングなアクション物かと想像してたが、結構淡々とクールなストーリー仕立て。その分、か

スパイバウンド

映画予告って言うのは、本当に感心させられるこのスパイバウンドの予告を映画館で見たときは、スパイアクションの映画として、ハリウッド色の強いラブサスペンスの印象を受けるのだしかし、見てから分かる。そう、この映画は「ダバダバダ~♪ダダダ♪ダバダバダ~♪」フランス

「スパイ・バウンド」は、駄作か名作か?

先日、プロバイダーのぷららさんのプレゼント企画で、映画チケットを先着順でくれるものがあり、早速、応募したところ、なんと翌々日ぐらいに到着!(嬉)その映画の名は「スパイ・バウンド」。当然、スパイ映画だ。...

「 スパイ・バウンド 」

監督 : フレデリック・フェンデルシェール主演 : ヴァンサン・カッセル / モニカ・ベルッチ /公式HP:http://www.spybound.jp/ フランス対外治安総局DGSEの諜報部員のヴァンサン・カッセル演じる ジョルジュ と 同じ諜報部員のモニカ・ベルッチ演じる リザ ...

『スパイバウンド』 2005年14本目

フランスのエゴ 『スパイバウンド』日本ではあまり意識されていませんが(どうでもいいからだと思う)フランスは今でも大国としての意地を持っています。なので、旧植民地だったアフリカのいくつかの国々で政変等があると喜び勇んで介入しています。軍隊を派遣する

『スパイ・バウンド』Agents Secrets  55点

(監督:Frederic Schoendoerfferフレデリック・シェンデルフェール。Monica Bellucciモニカ・ベルッチ, Vincent Casselヴァンサン・カッセル, Andre Dussollierアンドレ・デュソリエ。2004 仏)2005年4月2日(土)(梗概) フランスの特殊情報機関(DGSE)の工作

スパイ・バウンド

ヴァンサン・カッセル、モニカ・ベルッチ主演タイトルからも分かるように、スパイ映画なのだが...珍しく内容が分からなかった。まぁ、全く分からなかったわけではないが。まず、オープニングから本編に移るまで。ここは、オープニングの意味が全く分からなかっ

スパイ・バウンドの試写会☆

 まちゃさんと「スパイ・バウンド」の試写会に行ってきました☆モニカ・ベルッチとヴァンサン・カッセルの出ているフランス映画だよ スパイ映画といっても、やはりそこはフランス映画ハリウッド映画と違って、人間ドラマが濃厚で、けっこう深みのある映画でしたね。...

「スパイ・バウンド」見てみたが・・

スパイバウンドはスパイの絆。石塚です。

「スパイ・バウンド」

 2004年/フランス 監督/フレデリック・シェンデルフェール 出演/モニカ・ベルッチ     ヴァンサン・カッセル モニカ・ベルッチとヴァンサン・カッセル共演のスパイ映画。 スパイ映画といっても、「007」のように華やかでなく、地味~です。 1985年、グリーンピ

スパイ・バウンド

1985年に起きた「虹の戦士号」爆破事件を元にして作られた映画だそうです。(恥ずかしながらこの事件、私はまったく知りませんでした)スパイって聞くと真っ先に思い浮かぶのが007ですが、これはフランスの情報機関もの。派手な演出はなく盛り上がりもあまりなく、本当に

『スパイ・バウンド』を観ました。

まず、映画の感想は置いといて、昨年やっと結婚した“ ヴァンサン・カッセル”と“ モニカ・ベルッチ”の祝夫婦共演作という所が何と言ってもこの映画の見所か?おめでとう!。これまでも何昨かで共演していた2人でしたが、やっとのゴールイン!もっと早く結婚してもおかし

映画『スパイ・バウンド』

スパイ・バウンド原題:AGENTS SECRETS監督:フレデリック・シェンデルフェール音楽:ブリュノ・クーレ出演:モニカ・ベルッチ、ヴァンサン・カッセル、アンドレ・デュソリエ、シャルル・ベルリング、ブルーノ・トデシーニ製作:2004年、フランス/イタリア/スペイン『スパ

スパイ・バウンド

真ん中だけ?スパイ・バウンド(:AGENTS SECRETS)http://www.spybound.jp/opening.htmlチラシによると1985年に世界を震撼させた『虹の戦士号』爆破事件の張本人である女スパイ、ドミニク・プリウールの証言に基づき、始めて真実のスパイ像を明らかにした問題作とありま

スパイ・バウンド(2/1 幕張)

『映像で追いかけるシリアスなスパイ世界は謎がいっぱい???』 日本ではモニカ・ベルッチのアップで宣伝されていた「スパイ・バウンド」。私はどちらかというと「オーシャンズ12」で、泥棒兼おかしなフランス貴族を演じていたヴァンサン・カッセルに興味があって観て来ま

スパイ・バウンド[1/20試写会]

 サイトやチラシには実話「虹の戦士号爆破事件」実行犯当事者の女スパイから着想を得,稀代のミューズ,モニカ・ベルッチを据えた,とちょっと美味しそうな感じではある。 フタを開けたら「よく判んなかった」状態と,温い風呂にじめっと浸かった感…うぅ~ん。

スパイ・バウンド

映画「スパイ・バウンド」の感想です

スパイ・バウンド

スパイ・バウンドを観た。 予告編ではモニカ・ベルッチ主演ってな感じだったけど、実際はヴァンサン・カッセルも主演。 組織に裏切られて絶望と空虚な気持ちになったスパイが組織から逃げるまでを描いた本作は、実話を基にしたフィクションらしい。 何か起こるのか?と思っ.

スパイバウンド

実際に起きた事件と元スパイだった女性の証言を元に書かれた作品。一言。最初から最後まで<淡々と>した映画。100%<おフランス>映画です・・・ハリウッド作品に慣れていると、ついつい、いつ盛り上がるの?とか、ここで逆転劇があるのね?とか、この人実はこうなんじ

「スパイ・バウンド」 -Agents secrets-

さて、この「スパイ・バウンド」ですが、女諜報員の話です。 実際に起こった事件で実はフィクションだったりします。 「虹の戦士号爆破事件」を元に女諜報員ドミニク・プリウールの手記から作られたフランス映画...

【映画評】スパイ・バウンド

闇の世界で暗躍するスパイをリアルに描いたフランスのサスペンス映画。

『スパイ・バウンド』(2005年・11本目)

 1985年,フランスの核実験に反対するグリーンビースの船をフランス国家から指令を受けた男女のスパイが沈没させた「虹の戦士号」事件で,逮捕された実在の女スパイ,ドミニク・プニウールの証言を元にした作品です. にしても眠かったです.あやうく眠るとこ・・・ろなん

「スパイ・バウンド」の試写会へ行ったのそ

 一昨日は、M氏と「スパイ・バウンド」の試写会へ行ってきました。

「スパイ・バウンド」(劇場:品川プリンスシネマ)

アンチ・ハリウッド。本物夫婦で描く偽装夫婦フレンチ・スパイムービーは薄化粧のリアル風味。物足りない?いえいえ結構濃厚ですよ。(05/03/03 加筆)原題:Agents Secrets監督:フレデリック・シェンデルフェール出演:ヴァンサン・カセル、モニカ・ベルッチ、アンドレ・デ

「スパイ・バウンド」試写会

「スパイ・バウンド」見てきました。 映画が終わった瞬間、ちょっとぐったりしました

映画『スパイ・バウンド』貴方は何点?結果報告!

毎度『この映画、貴方は何点?』にご協力いただきありがとうございます!今回ご報告させていただくのは、実際にあった事件を元に描かれたフランス映画「スパイ・バウンド」。私個人としては、フランス映画特有の美と渋さが感じられて結構好みであったのですが、「これだけ?

スパイ・バウンド ★

ドーベルマン(記事と関係ないけど夫婦繋がりで)ええーー!そこで終わるのーー!?不意に夢から覚めた様な感じの終わり方だった。話がイマイチ理解できないまま映画は進んで行き、なんか冗長だなあと思いつつも、俄...

スパイ・バウンド

先日観た『オーシャンズ12』でオーシャンを異常なまでにライバル視する、なかなか愛らしいナイト・フォックスを演じていたヴァンサン・カッセルが、モニカ・ベルッチと夫婦で共演している映画がこの『スパイ・バウンド』。ヴァンサン・カッセルは今回は堂々の主役で

スパイ・バウンド

『AGENTS SECRETS』 フランス・イタリア・スペイン/2004監督:フレデリック・シェンデルフェール出演:ヴァンサン・カッセル モニカ・ベルッチ アンドレ・デュソリエ    シャルル・ベルリング ブルーノ・トデスキーニ ナイワ・ニムリ「そう簡単に足は洗えない」ヴ

映画を見たで-スパイ・バウンド-

監督:フレデリック・シェンデルフェール出演:モニカ・ベルッチ、ヴァンサン・カッセル、アンドレ・デュソリエ、シャルル・ベルリング、ブリュノ・トデスキーニ、ナイワ・ニムリ評価:70点(100点満点)ハラハラドキドキのスパイ映画も、フランス人が作るとこじゃ

スパイ・バウンド 今年の143本目

スパイ・バウンド 別に意味はなかったのですが、オーシャンズ12 に引き続いてヴァンサン・カッセル 。モニカ・ベルッチ との、夫婦競演、スパイアクション(?)もの。 淡々とした、良く言えば、クールな映画なの。 でも、、山なし、落ちな

モニカ・ベルッチ

■ モニカ・ベルッチMonica Bellucci1968年9月30日生まれイタリア / ペルージャ?(夫)ヴァンサン・カッセル?・ブラザーズ・グリム (2005)・パッション (2004)・スパイ・バウンド (2004)・マトリックス リローデッド (2003)・マトリックス レ

ヴァンサン・カッセル

?■ ヴァンサン・カッセルVincent Cassel1966年11月23日生まれフランス / パリ?(父)ジャン=ピエール・カッセル(妹)セシル・カッセル(妻)モニカ・ベルッチ?・オーシャンズ12 (2004)・スパイ・バウンド (2004)・仮面の真実 (2003)

モニカ・ベルッチ Monica Bellucci 女優特選

Date of birth (location),30 September 1964,Citta di Castello, Perugia, ItalyCentricity (2006)Combien tu gagnes? (2005) ブラザーズ・グリム The Brothers Grimm (2005)She Hate Me (2004)スパイ・バウンド Agents secrets (2004) パッション The Passion of

ヴァンサン・カッセル Vincent Cassel 俳優特選

Date of birth (location),23 November 1966,Paris, FranceThe Death Instinct(2006)オーシャンズ12 Ocean's Twelve(2004)スパイ・バウンド Agents secrets(2004) Blueberry (2004)The Reckoning(2003) Barbichette, La (2002) アレックス Irreversible (2002)...

スパイ・バウンド

4.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)何とも地味な作品でした。これと言って派手なアクションで盛り上がるわけでもなく、かと言ってピリピリするよーな緊張感があるわけでもなく、淡々と話だけが進んでくんですよね。はっきり言って、かなり退屈。そし

ナイワ・ニムリ -スパイ・バウンド-

以前に観た「ティアーズ・オブ・ザ・サン」そこで、モニカ・ベルッチの演技について触れてたので、今度はどうかと興味津々で観た「スパイ・バウンド」しかし、この女優を好きになれないからかどうしても、演技が良く見えない。「イタリアの宝石」と呼ばれているよう

スパイ・バウンド

評価:★1点(満点10点) 監督:フレデリック・シェンデルフェール主演:モニカ・ベルッチ ヴァンサン・カッセル アンドレ・デュソリエ2004年 110min【あらすじ】フランス対外保安総局(DGSE)の諜報部員リザ(モニカ・ベルッチ)は....
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。