1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッカビーズ

2006年2月24日発売
 今のハリウッドを代表する旬の大スターから、新進気鋭の若手(!?)、ベテランから超大ベテランまで、ものすごい豪華キャストを擁した異色コメディ。

 ジャンルは一応コメディとされてますが、日本人の我々は看板どおりの笑いを期待してはいけない作品。
 てゆ~かこれ、アメリカ人でも笑うんですかね!?はっきり言って超難解!まったく意味が分かりません。なんなのこの映画!?何がいいたいの!?

 一応、登場人物がそれぞれ自分探しをするストーリー、ってことになってますが・・・
 まあ普通コメディ映画といえば、スラップスティック的にアクションで笑わせるか、わかりやすいアメリカンジョークで笑わせるかってとこですが、本作はそんな範疇におさまりません。
 何せ台詞が多い!&長い!どいつもこいつもべらべら喋りまくりで、おまけに言ってる内容がやたら哲学的だったり形而上学的だったりしてさっぱり理解できない!ていうかしたくもない!

 笑えないなら、それなりに考えさせられる奥深いテーマでも感じさせてくれればまだましですが、それどころか上映時間2時間弱をどうやって眠らず乗り切るかの方が大変で、とてもそんな余裕はありません。

 大作から単館系まで今出づっぱりのジュード・ロウは、自意識過剰のエリートビジネスマンという、ある意味イメージどおりの役どころですが、、同じく超売れっ子のナオミ・ワッツは、美しさからの脱皮に捉われる美人モデルという意味不明の役。
 さらに、火を消せない消防士マーク・ウォールバーグ、自然保護を訴え、自分を探偵しろとかわけわかんない依頼をする活動家ジェイソン・シュワルツマン、そしてその依頼を受ける”哲学探偵(???)”ダスティン・ホフマンと、こう書いただけでもまったく意味不明の役柄がずらり。

 切り絵的なエフェクト合成演出なども随所に挿入し、哲学的精神世界を描いたり、意味不明の泥んこSEXシーンがあったり・・・も~滅茶苦茶です。
 懐かしのエイドリアンことタリア・シャイアなんて超渋いベテランがちょこっと出ていたり、ほんとキャスティングだけは豪華この上ないんですが、ここまでオススメのしようがない作品も珍しいといっていいくらい。

 あえていうなら・・・ジュード・ロウあいかわらずかっこいい、ナオミ・ワッツけっこうかわいい、くらいですかね・・・

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

hackebeez_sound.jpgハッカビーズ オリジナル・サウンドトラック
2005年7月21日発売

ハッカビーズ
監督・製作・脚本:デビッド・O・ラッセル
出演:ジュード・ロウナオミ・ワッツマーク・ウォールバーグダスティン・ホフマン、リリー・トムリン、ジェイソン・シュワルツマン
2004年/アメリカ・ドイツ/ヘラルド/107分

超売れっ子ジュード・ロウ

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 映画・ビデオ・DVD日記 - ジャンル : 映画

COMMENTS

TBありがとうございました

こんにちは♪
ジュードファンなら見ずにはおれない作品でしたが・・・・ワケ分かりませんでした~。
ジュードはそれこそイメージどおりの役で、ステキでしたが、出番は思ったほど多くなかったわ~。

お礼

TBありがとうございました!私はけっこう好きでした、これ。あの意味分からない感じが笑えたな、と。ジュード、カッコ良かったですよね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハッカビーズ / i love huckabees

             去年冬に、NYでポスターを発見ときから観たかった作品!ついにきた★カナダにいるyueがもう観ちゃってて、そんなに面白くないって聞いてたから期待はしてなかったものの、何てったってジュードの初コメディ{/heart_pink/}{/

ハッカビーズ

ダスティン・ホフマン、イザベル・ユペール、ジュード・ロウ、ジェイソン・シュワルツマン、リリー・トムリン、マーク・ウォルバーグナオミ・ワッツ主演 コメディ映画豪華なキャスティングで、スリーキングスのデヴィッド・O・ラッセル監督新しいコメディだそうですが・・

「ハッカビーズ」@新宿武蔵野館

株主優待券が8月末日までなので「ハッカビーズ」に行って来ました。ちなみに今日が初日です。先着100名さまにはサイン入り生写真がプレゼントされてみたいですが、朝から病院2件梯子。そして、めがねを修理に出してなーんてやってたら夕方からの会に。もちろんサイン入り生

気づき《ハッカビーズ》

今日、奈良から東京へ戻ってきた。途中、奈良県庁で「宅地建物取引主任者」の登録をおこなう。平成7年、その時の上司に「資格手当20万円もらえるから、取ってみろ」とそそのかされ、お金欲しさに取った資格。仕事に全く関係なかったのに。今考えるとほんとよく勉強したわ。そ

ハッカビーズ/I Heart Hackabees

ハッカビーズ/I Heart Hackabees(2004/アメリカ) お気に入りのジュード・ロウ映画を見てきたんだけど、これはかなり微妙でした…(~ヘ~;)ウーンしかも、しかも、ジュードが主演ってわけじゃない!主役のジェイソン・シュワルツマンってカッコイイのかな?この

『ハッカビーズ』

'05.08.26 KTと『ハッカビーズ』を見に行く。う~ん。予告は面白そうだったんだけどな~。ハッカビーズというスーパーマーケットを舞台にしたコメディーだと思ったんだけど…。違った。アルバートは詩を朗読して自然保護を訴える活動をしている。ハッカビーズのエリー...

51-ハッカビーズ

私はスーパーマーケットが好きだ。たとえばイオンとかヨーカドーとか身近なマーケットもさることながら、海外へ遊びに行くと必ずといっていいほどスーパーへ行く。それは、スーパーマーケットにはいろんなドラマがあるからだ。いろんなものが置いてあるし、いろんな出来事が

『ハッカビーズ』’04・米

あらすじ<ハッカビーズ>。それはありとあらゆる満足をお手ごろ価格で提供する素敵なスーパーマーケット。エリート社員ブラッド(ジュード・ロウ)は輝く白い歯とキラー・スマイルを武器にバリバリ仕事をこなすイヤミな(?)成功者だった。キャンペーン・モデルのドーン..

「ハッカビーズ」をレンタルDVDで見ました。(03/09)

見ましたよー。いやー、お恥ずかしい、この映画、内容がぜんっぜん理解できませんでした、ははは。理解できなかったのは、私の頭が悪いからなんでしょーか?(笑)見終わったあと、公式サイトに行ったり、他の人が書いたレビューをいろいろ読んだりして、やっと、ああ、こう

ハッカビーズ

暑い中行ってきました~。スーパーマーケットが舞台になったコメディ映画ってことでちょっと期待してたんですが、見事に裏切られました...。最近、こういうの多いな..。コメディはコメディでも哲学コメディだったようで、最初から最後まで私の頭の中はクエスチョンマークで

『ハッカビーズ』

真理なんてないのだ。自分探しは続くよ、続くー。豪華キャストがコメディに体当たりっていうのは見どころ。ポピュラーな笑いじゃないみたいだけど・・。環境保護運動家のアルバートは、哲学探偵の所へに相談に行き・・・。ハッカビーズというスーパーマーケットを舞台に繰り

I Heart Huckabees(邦題「ハッカビーズ」)

個性あふれるキャラ+ちょっと哲学入りつつの、なんとも不思議な映画だった。私はあまり面白い!と思えなかった(というより頭の中に?マークが飛び交っている状態)ので、映画館で見ていたら、きっと後悔していただろうと思う。ところで、自分のことは棚に上げるけど(汗)

★映画★『ハッカビーズ』(2004年アメリカ)

『スリー・キングス』のデヴィッド・O・ラッセル監督作。ことごとく変な人ばっか出てきて哲学だとか自分探しだとかが語られます。さっぱり理解できないし、思いっきり監督の自己満足の世界なのに、なぜだか嫌いにはなれない作品だった。(でもはっきり言ってオススメは出..

ハッカビーズ

ジュード・ロウが主役なのかと思っていたが・・・違った(汗)思いっきりショックでその後はあまり集中して観れなかった明るい雰囲気の映画ポスターとは裏腹に実はやたら哲学的で複雑な内容なので、ジュードの出てるとこしか真剣に観てなかったので不可解なまま終わった( ̄∇

ハッカビーズ

【2005年8月20日劇場公開】【ジャンル:コメディ・ドラマ】【観た場所:レンタル・DVD】面白かった度:★オススメ度:★もう一度観たい度:★大きな声では言えないけれど、○ァッカビーズ!!{/hiyo_ang1/} もう、これ以上何も言えないわ。{/hiyo_ang2/}まあこれじゃあ

ハッカビーズ

邦題:ハッカビーズ 原題:I love hackabees. 監督:デヴィッド・

映画「ハッカビーズ」

映画館にて「ハッカビーズ」★★☆ストーリー:ブラッド(ジュード・ロウ)はスーパーマーケット「ハッカビーズ」のエリート社員。新店舗建築計画を阻止するべくエコなオタクの青年活動家アルバートが立ち向かった!ジュード、ダスティン・ホフマン、ナオミ・ワッツ、マーク

ハッカビーズ(ネタバレ)

 【DVD】ハッカビーズスペシャルエディションこれは難しいですね(汗)好き嫌いハッキリ!な映画ですよね。微妙にはずしたようなユルユル感覚の映画(意味不明)内容はなったく違うのに「バス男」を思い出す。「バス男」のほうが私好みでしたが(汗)そしてそして、予備...

「ハッカビーズ」

なにやら、ひらりんの知ってる俳優さんがいろいろ出てるみたい。しかし、主演格がジュード・ロウ・・・っていうのが、チョい心配。

ハッカビーズ

80点(DVD)母と息子の役を実の母と息子が演じていたのが面白かった。タリア・シャイアとジェイソン・シュワルツマン。変な人が次々と登場して楽しいといえば楽しいのだけど、もっと単純な内容の笑えるコメディか…

ハッカビーズ

原題…I HEART HUCKABEES 監督…デヴィッド・O・ラッセル 出演…ジェイソン・シュワルツマン/ジュード・ロウ/マーク・ウォールバーグ 極私的満足度…△ 変態的哲学論 劇場で見た予告編とキャストの面々から察するに、きっと相当イッちゃってるコメディに違いない&

ハッカビーズ

「ハッカビーズ」 2004年 アメリカ 監督:デヴィッド・O・ラッセル出演:ダスティン・ホフマン リリー・トムリン ジュード・ロウ ジェイソン・シュワルツマン   ナオミ・ワッツ マーク・ウォルバーグ イザベル・ユペールすごいキャストですねぇ…哲学探偵夫婦の

ハッカビーズ

なんだかよくわからないままハナシが進む怪しいアメリカンコメディだったりする。ハッカビーズというのはストアの名前。まぁ簡単に言えばそこで環境保全を推進している、これもまたちょっと変わった担当者のお話だと思う(笑)。というのも、このストーリ、イマイチよくわか

「ハッカビーズ」

そこは、全ての幸せをお手ごろ価格で提供する素敵なスーパーマーケット『ハッカビーズ』色男の成功者と、冴えないオタクの活動家。そして、意味不明な哲学探偵(?)。何が何だか良く分からない不思議ワールド、堪能してみる?

ハッカビーズ

【I Heart Huckabees】2005年/アメリカ 監督:デヴィッド・O・ラッセル  出演:ジュード・ロウ、ナオミ・ワッツ、ジェイソン・シュワルツマン、ダスティン・ホフマンビックリするほどおかしな作品でした。例え

映画『ハッカビーズ』

原題:I Heart Huckabees巨大資本と環境保護活動家がシュールに闘う、オタクな主人公なのだが、文化的な背景の違いというべきなのだろうか、違和感ありありのコメディ スーパー・マーケットのハッカビーズ社は巨大資本を背景に森や沼を破壊する。ハッカビーズ社の顔はキ

【洋画】ハッカビーズ

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B+(演技3/演出3/脚本4/撮影3/音響3/音楽4/美術3/衣装3/配役3/魅力3/テンポ3/合計35)『評論』「ハッ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。