1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛についてのキンゼイ・レポート

★本日の金言豆★
プロポリス:ハチが予期せぬ侵入者や病気の感染から巣を保護するために使う粘着性の物質。ギリシャ語で「とりでを守るもの」。ミツバチやタマバチなどから採取。

2006年3月30日発売
 約60年も前のアメリカで発表され、一大センセーションを巻き起こしたという、男性の性意識調査結果をまとめた「キンゼイ・レポート」。その編纂者で生物学者のアルフレッド・キンゼイ博士の生涯を描いたヒューマン・ドラマ。

 同じ固体が一つとしていないというタマバチの研究を通じて、肉親や周囲から孤立していると感じる自分自身の存在意義を肯定していたキンゼイ博士。やがて、学生達に性について講義するようになり、いかにこの分野が未開拓なままかを感じ取った彼は、タマバチ研究で培った筋金入りのねちっこい探究心を全開で発動させ、全米でその実態調査を行うことに・・・

 この調査の周到さがハンパじゃありません。3人の助手とともに、入念にリハーサルを重ねたインタビュー形式で約350もの質問を用意し、1万8000人にぶつけたというんですから・・・まだ性について語るのはタブー視されていた時代にそれだけマメな調査を実行した行動力というか執念がすさまじい。これぞセックス・オタク・パワー!調査男!?

 なにしろ、ゲイの調査に同行したホモの助手と、旅先で自ら実践しちゃうんですから・・・。ピーター・サースガード演じるクライドが、電話中のキンゼイ(リーアム・ニーソン)の目の前を抜き身でうろつき、キンゼイがそれを凝視して電話の会話が止まるシーンなど、リーアムの目線の演技が絶妙で笑えます。

 大学の講義に使うスライドで男女性器のモロ写真を使ったり、初夜を成功させる為に医者に相談し旦那の長さを告白したり、視覚的にも台詞的にもセックス描写のオンパレード。そりゃR-15にもなりますわな・・・
 進歩ぶった知識人あたりが、「こういう作品こそ少年少女に見せるべきだ!」とか言いそうですが、はたしてどうですかね!?自身の性のあり方に思い悩みつつ誰にも言えずにいい年になっちゃったおっさんおばさんが、「それでいいんだ」とアイデンティティを安定させるためのレポートが出来るまでの話ですから、今まさに思い悩んでる世代はやっぱり観ないで思いっきり悩んでもらったほうがいいような気がします。
 思い悩んだ末に「なんでもアリでよかったんだ」と安心するのと、その前に「なんでもアリだ!」と免罪された気になって好き放題やるのとでは意味が違いますからね。

 こういう歴史上の人物や師匠的キャラをやらせたら今や世界一のリーアム・ニーソンはさすがの名演。助手とホモるシーンも体当たりで演じる熱のいれよう。
 その妻役ローラ・リニーも、健気で献身的なキンゼイの伴侶を好演。学生時代にキンゼイと出会うシーンから晩年に至るまでの経年変化ぶりを、メイクや髪の毛の助けも借りつつ、いかにもそれらしい雰囲気的をかもし出す見事な演じわけをみせます。

 邦題のつけ方が絶妙にいいですね本作も。原題はそっけない「Kinsey」ですからね。「Notebook」を「きみに読む物語」としたのに匹敵する素晴らしさ。
 正確には”愛について”ではなくSEX体験そのものについてのレポートなんですが、それを通して最後に見えてきたものがやはり”愛”であった、という作品テーマを見事に表現してますね。

 日本からみるとフリー・セックスの元凶みたいな印象のアメリカという国は、実は昔も今も姓に関しては非常に閉鎖的で保守的。アメリカの性文化についていろんな発見をさせてくれる、興味深い作品です。

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

kinsey_book.jpg愛についてのキンゼイ・レポート 文庫
2005年7月発売

kinseyreport.jpg最新キンゼイ・リポート
1991年9月発売

愛についてのキンゼイ・レポート サントラ
2005年8月24日発売

愛についてのキンゼイ・レポート
監督・脚本:ビル・コンドン
出演:リーアム・ニーソンローラ・リニークリス・オドネルピーター・サースガード
2004年/アメリカ・ドイツ合作/1時間58分/R-15

ビル・コンドン監督作品

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『愛についてのキンゼイ・レポート』を観る

この映画の公開日8月27日はある意味、記録にとどめておくべき日である。なにせ日本の映画館のスクリーンに、映倫許可ものとしては初めて<結合シーン>が映し出されるのだ。実は「愛のコリーダ」で堂々の本番シーンを演じた藤竜也の誕生日でもある(マザーテレサもそうだ

『愛についてのキンゼイ・レポート』

-------「キンゼイ・レポート」って言葉、なんかどこかで聞いたことあるような....?「うん。懐かしい言葉だね。でもフォーンはもちろん、ぼくもリアルタイムで知るわけはない。だってこれって1948年に初めて発表されたレポートだもの」------なんのレポート?「『性』の実態

定期上映会: 愛についてのキンゼイ・レポート

毎週土曜日に開いている、120インチの大スクリーンと5.1chのサラウンド音声の組み合わせでお届けするINDEC定期上映会。8月21日には先週の土曜27日に公開が始まった『愛についてのキンゼイ・レポート』(原題:Kinsey)をアメリカ盤のDVDを利用して英語字幕にて日本公開前に上

愛についてのキンゼイ・レポート

 カップル1、女性カップル1、男性1人客が2、女性1人客が1・・・これじゃサンプルが少なすぎる!もっと調査しないと客層がつかめない! 60年代のキンゼイ・レポートは確かに様々な分野に影響を及ぼし、エポック・メイキングであったと思われる。その内容は今まで全く知らな

愛についてのキンゼイ・レポート

《愛についてのキンゼイ・レポート》 2004年 アメリカ/ドイツ映画 - 原題

「愛についてのキンゼイ・レポート」

「愛についてのキンゼイ・レポート」 松竹試写室で鑑賞上映前に漫画家倉田真由美さんのトークイベントがありました。最近TVや雑誌での露出が多く顔は知っているけど漫画は知りません。漫画読まないし。ところがこの倉田先生、トークが上手。ワイドショーのコメンテーター

愛についてのキンゼイ・リポート 評価額・1100円

●愛についてのキンゼイ・レポートを浜松中央劇場にて鑑賞。こんなマイナー臭がプンプ

【性研究】「愛についてのキンゼイ・レポート」/ビル・コンドン

性について話そうではないか §キンゼイ・レポート  生物学者のアルフレッド・キンゼイ(Alfred C Kinsey;1884-1957)が『Sexual Behavior in the Human Male』(邦題: 『人間に於ける男性の性行為』)と、『Sexual Behavior in the Human Female』(邦題: 『人間に於ける女

性そしてインタビューについて考える《愛についてのキンゼイ・レポート》

中学生の時「オ○ニーをすると馬鹿になる」と真剣に思っていた一人です。しかしそう思ってはいても、理性が性欲に負けてしまうというのが多感な中学生という時期なのです。生物学者アルフッド・キンゼイは、大学で実地的な性教育の学びたいという学生の声に答えて、“結婚講

愛についてのキンゼイ・レポート

偶然なんだけど、『ヴェラ・ドレイク』に引き続き、“性”をテーマにした映画を見ることになった。<STORY> 1910年代初頭のアメリカ。 性に対して極端に保守的な思想を持つ父親 (ジョン・リスゴー) の元で育ったアルフレッド・キンゼイ (リーアム・ニーソン)は、工学を

愛についてのキンゼイレポート-映画を見たで(今年137本目)-

公式サイト監督:ビル・コンドン出演:リーアム・ニーソン、ローラ・リニー、クリス・オドネル、ピーター・サースガード、ティモシー・ハットン評価:86点(100点満点)奇人の実話を描いた映画。キンゼイ博士って、ちょっとどこかおかしい。...

アメリカンサイズ

日本でも900スクリーン近い拡大公開から単館上映までいろいろな公開形態があります

愛についてのキンゼイ・レポート

「愛についてのキンゼイ・レポート」★★★★★ (名劇1) 2

愛についてのキンゼイ・レポート

5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)今どきの中学生並みに幼稚な発想で全米を巻き込んで「性」について調査しまくったキンゼイ博士の半生を描いた伝記映画です。内容が内容だけに映画としてどー持って来るかなぁ~と思っていたのですが・・・思っ

愛についてのキンゼイ・レポート

監督 ビル・コンドン 主演 リーアム・ニーソン 2004年 アメリカ/ドイツ映画 118分 ドラマ 採点★★★ アメリカは先進的で自由でオープンな国と思われがちだが、実のところここまで保守的な国も珍しい。劇中でも語られるが、厳格で禁欲的なキリスト教徒“ピューリタン”の移

愛についてのキンゼイ・レポート

全米18000人に聞きました。ズバリあなたの性生活ってどんな?! それを実際に研究したキンゼイ博士の伝記。動物学者のキンゼイ博士。タマバチを収集して研究していたがあることに気付く。すべてのタマバチは違っている。たとえ親子でさえ....

愛についてのキンゼイ・レポート

原題:Kinsey監督・脚本:ビル・コンドン映画 米・独 04☆☆☆☆☆ 性につ

映画館「愛についてのキンゼイ・レポート」

「愛について」というか「性」についてですね。この映画の宣伝で「その愛に、満足していますか?」というのがありましたけど、恋愛のHow toものの映画だと思って観てしまう人がいたら。。。全然違う内容です。原題は「KINSEY」。動物学のキンゼイ教授の一生という感...

愛についてのキンゼイ・レポート

愛についてのキンゼイ・レポートKinsey2004年 アメリカ冒頭のインタビュー練習のシーンから、面白そうな予感がした。助手にピーター・サーズガードとクリス・オドネルなんて

愛についてのキンゼイ・レポート セックスって!?

愛についてのキンゼイ・レポートリーアム・ニーソン (2006/03/30)松竹 この商品の詳細を見るぷち情報2005年8月27日 劇場公開監督 ビル・コンドン 出演 リーアム・ニーソン 、ローラ・リニー 、クリス・

【洋画】愛についてのキンゼイ・レポート

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B(演技3/演出3/脚本3/撮影3/音響3/音楽2/美術3/衣装3/配役3/魅力2/テンポ3/合計31)『評論』「キン

映画『愛についてのキンゼイ・レポート』

原題:Kinsey男性の全裸はヘア付きで登場するけど、女性のオールヌードはない、モーホーのほうとイージーの話が中心だけど、これなら家族もママもOKさ・・ 50年も前の時代、生物学教授アルフレッド・キンゼイ(リーアム・ニーソン)、通称"プロック"はタマバチ

『愛についてのキンゼイ・レポート』

「はじめての性交渉はいつか」「婚前交渉の有無」「性交渉の回数」・・・LET'S TALK ABOUT SEX.こんな個人の最もプライベートに関わるアンケートを1940年代~50年代にかけて、まだ女性解放も性の解放もされていなく公民権運動や宗教による差別すらあった保守的なアメリカで

『愛についてのキンゼイ・レポート』 デリケート且つ重要な問題

キンゼイ博士がまとめたのは、愛についての、というより、「性」についてのレポート。誰もが持つであろう疑問なのに、誰も尋ねず、誰も答えてくれない、性に関する疑問。自分はノーマルなのか、アブノーマルなのか。誰にも打ち明けられず、悶々と過ごしていた人々に、一縷の
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。