1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウルの動く城

 言わずと知れた宮崎駿監督の最新作。
 原作は英国の作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズの「魔法使いハウルと火の悪魔」。
 冬休み前の中途半端な時期の公開も、宮崎ブランドアニメにはまったく関係なく、公開直後から興行収入トップを独走。同時期にあいついで公開された「ターミナル」「エイリアンVSプレデター」等の正月新作映画もまったく寄せ付けない強さで、またもや大ヒットを記録しました。
 これらの作品はもうとっくにDVD発売になってるのに、さすがは横綱、満を持してついに11月16日、待望のDVD発売です。

 あいかわらずのハイクオリティなアニメ映画であることは間違いないですが、「動く城」というタイトルや、ファンタジーものということで宮崎アニメお得意の冒険活劇アクション全開!みたいな内容を期待しすぎると、かなり肩透かしをくらうかもしれません。

 ストーリーにはオーソドックスな起承転結的な構成はなく、淡々とした進行。山場らしい山場もなく、そのわりに少々難解です。というより、”なんのこっちゃわからん”話です。
 荒地の魔女はなんでソフィに魔法をかけたの?なんでそれが90歳の老婆化なの?ハウルって何モノ?魔法使いって何モノ?なにこの国?どことどこが何で戦争してんの?etc...  がっちりと設計されてるであろう世界間の中に、何の説明も無く放り出される感じ。これはもう、宮崎監督は確信犯的にそうしてるんでしょうね。
 でもやっぱり、全米公開時の観客の反応は”What’s??”みたいな感じだったようで・・・まあ、やつらバカですから、わかんなくていいんですけどね。

 一言でいえば「ハウル(=キムタク)かっこいい!」という映画。空も歩ける何でもありの魔法使い、一城の主、来る者は老婆だろうが敵だろうが犬だろうが拒まないフトコロの深さ、サラサラヘアのイケメン、声はSMAPとくれば、魅力的でないはずがありません。宮崎監督作品の男性キャラの集大成という感じのハウルを中心にまわる物語。主人公の魅力が物語の命、という原点を再認識。

 書店などで大々的に「ハウルの原作本!」というふれこみで「魔法使いハウルと火の悪魔」を売ってますが、映画はめちゃめちゃアレンジしてあり、原作のなごりはほとんどありません。
 原作どおりなのは出だしのところと大まかな人物設定ぐらいで、後半はまったく別物。個人的には、ダイヤルをまわすと出口が変わる”どこでもドア”の、映画終盤の使い方には、さすが!と驚かされました。
 「動く城」といっても、原作では城の外観や動き方の描写はほとんど無いんですよね。トリみたいな足でズッタンバッタン歩いたり、立ち止まったり、入り口(!?)が開くシーンなどは、「風の谷のナウシカ」の王蟲から蓄積されてきた宮崎アニメのノウハウ全開!という感じで見ているだけで楽しく、見所の一つです。

 未解決な問題や不明瞭な点等、突っ込みどころは山程あり、イジワルな見方をしようと思えばいくらでも出来ますし、
 全編を通して緻密に描きこまれたハイクオリティなアニメーション映像は、海外製のCGアニメーションとは一線を画す、模倣すら許さない間違いなく世界一のアニメ映画ということも出来ます。
 どういう見方をしようが客の自由、あとは好きに解釈してくれ、という度量の深さ、すなわち主人公ハウルのキャラクターそのものがこの映画の、そして宮崎駿作品の魅力なのでしょう。

 今回のDVDは、画像が赤くならないようにお願いします!!

hawl_to_hinoakuma.jpg魔法使いハウルと火の悪魔

hawl_soudtrack.jpgハウルの動く城 サウンドトラック

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

ハウルの動く城
監督:宮崎駿
声の出演:木村拓哉倍賞千恵子我修院達也

栄誉金獅子賞おめでとうございます

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 日本映画 - ジャンル : 映画

COMMENTS

TBさせていただきました。

以前TBさせていだだきました
またTBさせていただきます。


↑ごめんなさい!

3重投稿もして、しかも気づいてなかったです。
削除passが間違ってるのか1つしか削除
できませんでした。
ほんとに申し訳ないです!

オープン・ウォーター含めTBありがとうございました。
またよろしくお願いします。

trichoptera様

いえいえ、お気になさらずに・・・
御丁寧にありがとうございます。
私もそういうことしょっちゅうやりがちなもので、逆のパターンの場合は平に御容赦を・・・

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハウルの動く城

観始めてすぐにその不思議な世界にグッと引き込まれました。 ソフィーとハウルの恋愛を中心に描いた作品で、とても多くのメッセージが込められています。 特に感じたものは、守るべき人を持つという事です。 ハウルがソフィーと家族を守る為、戦争に一人向かうシーンはと

ハウルの動く城

Amazonで『ハウルの動く城』のキャンペーンが行われています。私は、まだ見ていませんが、キャンペーンといわれると気になってしまいます。【『ハウルの動く城』ストーリー】 愛国主義全盛の時代。王国の兵士たちが今まさに、戦地に赴こうとしている。銃には花が

宮崎駿『ハウルの動く城』フランスメディアの評判は?(その3:プレミア、ストゥディオ、アヴォワール・アリール)

 宮崎駿監督『ハウルの動く城』のフランスでの評判を見てみる3回目。「その1」「その2」で「日本より海外の方が評価がいいんですね」という声が多かったが、今回はそれを裏切るかのように低評価のものばかり集めてみました。プレミア(フランス語版、ジェラール・....

【DVD】 ハウルの動く城 <2枚組>

【DVD】 ハウルの動く城 <2枚組>09/21(水)‐09/27(火)10/05(水)‐10/11(火)楽天週間 本・雑誌・コミック ランキング第1位出版社:ブエナビスタISBN:B100002110サイズ: 発行年月: 2005年 11月 本体価格:3,...

ハウルの動く城

年末年始だというのに3日連続で映画に行ってしまいました。今回は宮崎駿アニメの「ハウルの動く城」。元々ジブリの作品は好きでしたし、大人気のようなので、やっぱり見ておかねば、ということで見ました。そうですね~。まあ、そこそこ楽しめると思います。普通です。所々

ハウルの動く城

あの「千と千尋の神隠し」から3年のスタジオジブリ、宮崎駿監督作品。物語は、いつの時代かどんな国かわからないが、戦争と魔法使いがいるどこかの国の話。魔法使いの魔法で18歳の少女から90歳の老婆にされてしまったソフィーと、臆病な魔法使いの青年ハウルとのラヴスト...

【アニメ映画】ハウルの動く城 宮崎駿監督

愛国主義全盛の時代。王国の兵士たちが今まさに、戦地に赴こうとしている。銃には花が

ハウルの動く城 今年の225本目

ハウルの動く城こういう世界観を創ることが出来る人、尊敬します。宮崎アニメって、その題名を聞いて、これで良い映画になるの?感動できるの?って、思ってしまうのです。この映画もそう。題名を聞いただけでは、見たいと思わない。今までの宮崎アニメの中で、題名を聞....

「ハウルの動く城」 Ver.レビュー (2004)

もう劇場公開から1年たつんですね。最近時間経つのはえぇ…。前置きとして「千と千尋の神隠し」をレビューしてみたのですが、ハウルと似てるなぁと感じたからです。が、いざ書こうとすると難しいですね。僕の印象は、“あの後成長した千尋と未だに自分がなくて人を飲み込ん

二人の「千尋」と戦争を無くす3つの方法●ハウルの動く城

「ソフィー」と「ハウル」の中に、二人の「千尋」が見える、「風の谷のナウシカ」と「もののけ姫」の流れを汲む、「千と千尋の神隠し」の正統な後継作品。私は「もののけ姫」は

ハウルの動く城

DVD買ってしまいましたぁ~今日これで、4回目。。。また観ていますぅストーリーは、「荒地の魔女」によって90歳の老婆の姿にされてしまった少女、ソフィーが、かんしゃく

ハウルの動く城

ハウルの動く城ハウル、ようやく見ました超感動したよハウルがソフィーが老婆になってしまったことに気付き、ソフィーが恋に気付き、ハウルの子ども時代の約束を経てだんだんと若くなる姿をみて胸が熱くなってとてもよかったですやっぱり宮崎映画の恋物語...

ハウルの動く城

製作年度・製作国・上映時間2004年・日本・119分監督宮崎駿出演倍賞千恵子、木村拓哉、美輪明宏、我修院達也、神木隆之介他STORYダイアナ・ウィン・ジョーンズの著書「魔法使い

ハウルの動く城

『ハウルの動く城』 2004年日本(119分)監督・脚本:宮崎駿 音楽:久石譲 出演:倍賞千恵子   木村拓哉   美輪明宏   我修院達也   神木隆之介 ★ストーリー★父親の帽子店で日々、帽子を作りつづけていた18歳のソフィーは...

「ハウルの動く城」

宮崎駿監督の話題作「ハウルの動く城」を観賞。今年初めに一度観賞したが、このたび改めて、立て続けに2度観賞。ひと言で言うならば、難解な映画である。難解というのは、「分かりやすさに欠ける」と言い換えてもいい。ここで説明がほしいなあ、と思うときに、

ハウルの動く城

見た目は90歳のおばぁちゃん。…でも?!ハウルの動く城ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 宮崎駿 倍賞千恵子 ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-11-16売り上げランキング : 205Amazonで詳しく見るby G-Tools やっぱり宮崎アニメはイイなぁ(*´▽`*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。