1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンデレラマン

★本日の金言豆★
大恐慌:1929~33年のあいだ世界中の資本主義諸国を襲った史上最大規模の世界恐慌。1929年10月24日(木曜日)のニューヨーク、ウォール街の株式市場の大暴落(「暗黒の木曜日(ブラック・サースデイ)」)に端を発し、全資本主義諸国に波及。

2006年1月25日発売
 ラッセル・クロウ版「ロッキー」。それ以外の何ものでもない映画です。
 一応、アメリカで伝説のヒーローといわれるボクサーの実話にインスパイアされた物語。
 家族に囲まれて前途洋々に見えたボクサーが、右拳の怪我がもとで引退を余儀なくされ、不況で満足に職も見つからず極貧と絶望のどん底に叩き落とされながら、家族の支えとトレーナーの尽力により、栄光の世界に返り咲くというお話。
 「ロッキー」と違うところといえば、主人公ボクサーが既婚者で子持ちってことと、スタローンの創作か実話が元かってこと、くらいですかね。てかそもそも、スタローンもその実話にインスパイアされた可能性大ですし。

 こっちは実話がウリということで、当然ボクシング競技の描き方にもリアリティを期待したいところですが、残念ながら・・・ヘビー級ボクシングの試合なのに、顔面をバッコンバッコン何ラウンドもしばき合う、現実にはありえない試合シーンまでロッキーといっしょ。
 軽量級ですら超危険なのに、ヘビー級のボクサーがこんなに打ち合ったら、死にますまじで・・・。

 ただ、モハメド・アリや、5階級制覇のシュガー・レイ・レナードなど数々の伝説のボクサーを育てたという名伯楽アンジェロ・ダンディが撮影に参加したというだけあって、リング上でのボクサーの動きや、ボクサースタイルそのものはリアルで迫力満点。おまけに、クロウの対戦相手役はすべてほんまもんの現役ボクサーというこだわりぶり。
 撮影中になんと実際にクロウが相手のパンチをモロにくらってダウンするという一幕もあったそうで、クロウ本人やスタッフの本気度がうかがえます。そのシーンは映画の最後のシーンに使われているそうなので、要チェックです。

 ところでそのクロウ氏、この映画のプロモーションのために滞在していたニューヨークのホテルで、オーストラリアの妻に電話しようとしたら通じねえ!ってブチ切れて従業員に電話をぶん投げ、怪我を負わせるという凶行を演じ、早くも”生きる伝説”化しようとしていますね(^^;
 過去にも似たような暴行事件を起こしてたらしいですが・・・やはり撮影中にボクシングに本気で取り組みすぎて、ちょっと野性に戻りすぎてしまったのか!?
 民事では賠償金約10万ドル(クロウ的にははした金!?)で決着したものの、刑事はまだ継続中で、下手したら7年の実刑もありうるとか・・・じゃ~今度はついでに「アルカトラズからの脱出」でもリメイクしてみては・・・

 新婚さんのレニー・ゼルウィガーは、本作では生活に疲れきったマダム役。そんなに年いった設定じゃないはずですけど、えらい老けて見せてます。でぶせんから老け役まで、女優としての役柄の幅がほんとに広い人ですね。
 ボクシングファンなら、登場している現役ボクサーのスクリーンでの活躍ぶりを見る楽しみもあるかも?ですが、あとは「シンデレラ」と冠するタイトルほどに感動できるような話じゃあありません。やはり、大恐慌という歴史を経験したアメリカ人じゃないと共感しにくい部分が多いのかも!?今の日本の日常と重ね合わせられるほど普遍的な話でもありませんしね、一ボクサーの立身出世伝ですから。

sindereraman_book.jpgシンデレラマン 文庫本

sindereraman_music.jpgシンデレラマン サウンドトラックCD

●オススメ度●
★ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

シンデレラマン
監督:ロン・ハワード
出演:ラッセル・クロウレニー・ゼルウィガーポール・ジアマッティクレイグ・ビアーコ
2005年/アメリカ/ブエナ・ビスタ/144分

荒武者ラッセル・クロウ

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

COMMENTS

落ち着いていていい映画

だとは思うのですが、私はちょっと共感しづらかったです。
ポール・ジアマッティの演技は素晴らしかった!
本当にダウンしたシーンがあったなんて凄いですね。
そのシーン凄く気になります。

bakabros

ロッキーにおけるミッキーとはまた違って、トレーナー的なことはしないものの、私財をなげうってまで練習を支えるなど、裏方に徹しながらも無くてはならない存在を好演してましたね~。

実話ですね~。

実話というのを知っていてもラストまで、ひきつけられました。
でも、確かにアメリカ人の方が、分かるかもしれないですね。

ポール・ジアマッテイ、かなり良かったですね♪
TBいただいていきます。

ぷちてん様

本作のポール・ジアマッティの評判はほんとに良いですねえ。
ちょっとびっくりしました。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「シンデレラマン」

東京FMホール「シンデレラマン」試写会。 実話を基に、大恐慌時代にどん底から這い上がったボクサーとその家族を描いたサクセスシンデレラストーリー。ロン・ハワード監督作品。 ラッセル・クロウが、彼とわかっていてもラッセル・クロウに見えない。 ボクサー役という事で

ボクシングで脱落しても、人間として堕落しなかった男◆『シンデレラマン』

9月13日(火)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にてアメリカ大恐慌の時代、人々に希望を与えた"シンデレラマン"と呼ばれたボクサーが居た。前途有望なプロボクサー、ジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)は、妻・メイ(レネー・ゼルウィガー)と3人の子供に囲まれ、

ラッセル・クロウ Russell Crowe 俳優特選

Date of birth (location),7 April 1964,Wellington, North Island, New ZealandEucalyptus (2006)シンデレラマン The Cinderella Man(2005) マスター・アンド・コマンダー Master and Commander: The Far Side of the World (2003) ビューティフル・マインド A Beauti...

レニー・ゼルウィガー Renee Zellweger 女優特選

Date of birth (location),25 April 1969,Katy, Texas, USAPiece of My Heart(2005) シンデレラマン The Cinderella Man(2005) シャーク・テイル Shark Tale(2004) (voice)ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 Bridget Jones: The Edge of Reason(...

ポール・ジアマッティ Paul Giamatti 俳優特選

Date of birth (location),6 June 1967,New York, USA 本名 Paul Edward Valentine GiamattiLady in the Water (2006) Paper Man (2006)Ant Bully (2006) (voice) The Illusionist (2006) The Hawk Is Dying (2005) シンデレラマン Cinderella Man (2005) ロ....

映画「シンデレラマン」

原題:Cinderella Man  -貧困から抜け出したらヒーロー- 1920年代から1930年代にファイトした男、骨折から引退するもセカンドチャンスを掴み大恐慌時代のアメリカに希望を与えるチャンピオンになった実在のボクサーの物語。ジム(ラッセル・クロウ)と彼を支える妻メイ(

シンデレラマン

ボディブローのような感動はあるけれど,ガツンとくるものは無い。

シンデレラマン

鑑賞した日 : 9月17日土曜日 鑑賞した劇場 : ピカデリー名古屋(9:20~) 好きなレニー・ゼルウィガーと苦手なラッセル・クロウの共演。ラッセル・クロウは好きではありません。彼の出演作で好きなものもありますが、どうもこう響かないんですよね。&nbsp...

人は何のために戦うか~シンデレラマン

 「万歳!映画パラダイス」と銘打ったブログを展開しながら、3カ月あまり、映画を観ていなかった。正直なところ、あまり観たい映画がなかったのだ。観るからには感動したい。SFXは好みではないので。きょう、「シンデレラマン」の初日に「MOVIX 京都」に観にいった。前.

シンデレラマン・・・・ラッセル・クロウ

ラッセル・クロウってここでもいい人なんだけど、彼本人は結構短気なのかな?このまえホテルでひと騒動起こさなかったっけ??実際どんな人か知らないけど、この映画では泣かせてもらったよ~。☆シンデレラマン☆(2005)ロン・ハワード監督ラッセル・クロウ・・・・・・...

シンデレラマン

 つれづれなるままに50本目。シンデレラマン。 本日観に行って来ましたシンデレラマン。監督がロン・ハワードだから不安だったんですが、ともかくビューティフル・マインドよりは良かった。今年度アカデミー最有力とか言われてますが、そこまでの事は無いです。ビ

シンデレラマン

2005年 アメリカ 【出演】ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ポール・ジアマッティ、クレイグ・ビアーコ【あらすじ】大恐慌時代のアメリカ。実在し、人々から“シンデレラマン”と呼ばれたボクサーの人生の断片を、カメラは寄り添うように見つめ

シンデレラマン 

・・「皇帝ペンギン」を見た後、お父さんたちは見るべきじゃないかと思った。黙って子供を守り、妻を待つ父親の姿にとても学ぶものがあるのじゃないかと思ったからである。でも、この「シンデレラマン」。もっと、お父さんたちが観たらいいのかなと思った。(もちろんその妻

「シンデレラマン」

GTF「シンデレラマン」 イイノホールで鑑賞朝の作品ががらがらだったのにいやーー、混んでました。後ろの上のほうほんの少々空いていたようですが。ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ロンハワードのオスカートリオがタッグを組んで来年のオスカーに望む…ですよ

『シンデレラマン』を観て来ました!

2005年9月25日シンデレラマンCinderella Man実在した伝説のボクサーかつて、“シンデレラマン”と呼ばれた男がいた2005年9月17日(土)より全国ロードショー2005年6月3日全米公開2005年/アメリカ??心で語り継がれる《奇跡の実話》??配給ブエナビスタ・インターナショナ

「シンデレラマン」試写会

「シンデレラマン」監督 ロン・ハワードCAST ラッセル・クロウ/レネー・ゼルウィガー/・・・「シンデレラマン」試写会、東京厚生年金会館会場がでっかいだけに大勢の人でした。そして・・・映画は・・・おもしろいです!お勧めです!ボクシングの試合のシ....

シンデラマン

6月3日アメリカ公開9月日本公開 「Mr.&Mrs.スミス」と「バットマン ビギンズ」をハシゴしようと思って、「ミスター・アンド」を見た後、別な劇場へと急ぐ。「バットマン・ビギニング」の15分後の回は、売り切れになっていた。凄い人気だ。その次となると、45分後に...

シンデレラマン-映画を見たで(今年120本目)-

監督:ロン・ハワード出演:ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ポール・ジアマッティ、クレイグ・ビアーコ評価:87点(100点満点)テレビで井筒監督が「ひさびさにいい」なんて宣伝してたもんだから期待して見たが、これならパッチギのほう...

「シンデレラマン」ラッセル・クロウの本気

「シンデレラマン」★★★★ラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガー主演アメリカが体験した大恐慌時代。財産の全てを失い、失業率が高く食べられない現実に市民がうつむいて過ごしていた頃、夢を掴んだ男がいた。この飽食の時代に物が食べられない...

シンデレラマン

 ボクシングシーンがすごい。特に最後のマックス・ベア戦は結果が分っているとはいえ、手に汗握る迫力でした。  ボクシング映画といえば『ロッキー

シンデレラマン

シンデレラマン http://www.movies.co.jp/cinderellaman/ ★★★☆☆ 映画 感動ストーリー ボクシング ラッセルクロウ主演。どん底の生活から一夜にして栄光をつかった伝説のボクサーの話。 ...

シンデレラマン

1930年代の大恐慌時代のアメリカに実在したボクサー、ジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)の家族愛がメイン・テーマである、と言ってしまうと、お涙頂戴になってしまいそうだが・・・。ハングリー・スポーツの代表格のボクシングで、ジムの場合も確かに試合への闘志の源は

シンデレラマン

             ◆8月下旬、『シンデレラマン』の試

シンデレラマン

昨日試写会行ってきました。帰省から戻って来たとき試写会のハガキが2枚来てたってこちらに書きました。で、火曜に行った「容疑者 室井慎次」の方はシリーズもので世界も知ってるし、すごく楽しみに観に行って、まあその通り楽しめて良かったんですけれども、こちらの「シ

シンデレラマン/ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー

久々にハリウッド映画でウルウルと泣けちゃいました。いやぁこれはヨカッタですぅ。蜷川さんや井筒さんがこの映画の宣伝でオススメするだけのことはありますよ。あれだけ誉めておいて、もし、つまらなかったらお二人の信用は失墜しちゃいますからね(笑)。ワタシ的には「ミリ

★「シンデレラマン」

最近ちょっと忙しくてチネチッタに行けなかったけど・・久しぶりに観に行ってきました・・・しかし・・・1個前に見たDVDで苦手女優K・Dを見てしまった後に・・・もうひとりの苦手女優R・Zの出演映画を観てしまうとは・・・今週は「ひらりん的苦手女優克服週間」なのかも・

シンデレラマン

シンデレラマン上映時間 2時間24分 監督 ロン・ハワード 出演 ラッセル・クロウ レネー・ゼルウィガー ポール・ジアマッティ 今回の九段会館での試写会はなんか変だった。開場20分前に到着すると、入り口階段にいるはずの長蛇の列がなく、すでに開場していた...

【シンデレラマン】

前日寝不足気味のせいか?前半睡魔に所々襲われそうになりました。途中から少しずつ入り込めたような気がしてきて・・・ラストにかけてのボクシングシーンではまるで自分が戦ってるような状態に(笑)何だかんだいって大興奮して楽しんでいる自分がいました~

シンデレラマン

「シンデレラマン」★★★★★(ルミエール2) 2005年アメ

シンデレラマン

これも昨年度「観たい」と思っていながら見損なった映画の一つ。諦めていたのに、こんなに早く上映してくれてほんとありがたい。ギンレイホール。というかロッキーより3倍面白い。そして4倍感動した。もしかしてロッキーは、このボクサーがモデルなんじゃないの?

映画「シンデレラマン」

DVDで観ました。大恐慌時代の実在のボクサー、ジム・ブラドックの奇跡の半生の映画化。ボクシングが題材なので「ロッキー」を思い出しますが、ノンフィクションということで重みが違ってきます。ジム・ブラドック演じるラッセル・クロウが優しい父親を見事に演じていていま

シンデレラマン

6点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)もっとすんごい感動するかと思っていたのですが・・・そこまでの感動はなかったんですよね~。それもこれも全体的に説明不足&描写不足だからでしょう。先ず、宣伝通りヒューマン系として観ると当時の社会的背景に描

■シンデレラマン

ボクサーとして華やかな戦歴を持っているジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)だったが、右手の負傷がきっかけでライセンスを剥奪されてしまう。さらに同じ頃、追い討ちをかけるようにアメリカ経済を大恐慌が襲った。日雇いの仕事をしながら妻(レニー・ゼルウィガー)

シンデレラマン

●映画の満足度・・・★★★★★★☆☆☆☆6.5点実在のボクサー、ジム・ブラドックの半生を描いた伝記モノの映画です。監督がロン・ハワード、ラッセル・クロウ&レニー・ゼルウィガーのオスカー俳優の共演ということで、期待したくなる作品ですが、なかなかよかった...

シンデレラマン

『シンデレラマン』 2005年アメリカ(144分)監督:ロン・ハワード 出演:ラッセル・クロウ   レニー・ゼルウィガー   ポール・ジアマッティ   クレイグ・ビアーコ    ブルース・マッギル★ストーリー★大恐慌時代、ひたむき....

『シンデレラマン』

「金に切れ目が生じても、家族や親友との縁は切れない」というのが、「シンデレラマン」の主題かな?

『シンデレラマン』’05・米

あらすじジム・ブラドックは、前途有望なボクサーとしてタイトル奪取は時間の問題。だが、右手の故障がきっかけで、ジムは引退を余儀なくされる。時を同じくして、大恐慌がアメリカの経済を壊滅状態にしジムは家族の為に、勝ち目の無い一夜限りのカムバックに臨む・・・。..

シンデレラマン

2005年製作のアメリカ映画。全米初登場4位、興行成績$61,649,911。ロン・ハワード監督、ラッセル・クロウとレニー・ゼルウィガー共演による感動の人間ドラマ。大恐慌時代、ひたむきに家族の幸せだけを願い、どん底の生活から一夜にして栄光を掴んだ伝説のボクサー、ジム・ブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。