1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼の冒険 デザインの道具箱

★本日の金言豆★
鏡に映った像は左右逆転しかしていないように見えるが、実際には前後が逆転しているだけである。

2005年4月27日発売
 本職グラフィックデザイナーの筆者が、直線、面、形、文字シンボル、視覚といった”デザイン”にまつわるさまざまな逸話を紹介しながら、自らのデザインに対する考え方を論じる本作。

 適度な挿し絵や写真を交えつつ、中身の濃く分かりやすい文章も豊富。デザイナーが本職らしく、デザインの専門用語や専門的な考え方も出てきますが、全然気にならず、むしろいい勉強になります。

 またこの筆者、けっこう映画好きな方らしく、事例のサンプルとして映画の例えが頻繁に登場します。キアヌ・リーブスの若かりし頃の「JM」や、「ブレードランナー」、「トゥルーマン・ショー」といった、新旧さまざまな映画の例えが出てきて、それがまた内容にバッチリマッチしており、映画好きには面白い内容。

 本書を手にとると、側面に謎の記号があしらってあるのが気になります。宇宙へのメッセージをこめた壮大なその意味はもちろん本書中に書いてあるのですが、分かりにくい・・・宇宙人も何て返したらいいか悩むでしょう・・・。

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 本の部屋へ

眼の冒険 デザインの道具箱
松田行正
紀伊国屋書店

著者の作品

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2006年講談社出版文化賞

平成18年度講談社出版文化賞が以下の通り決まりました。<写真賞> 榎並悦子さん「Little People 榎並悦子写真集」 <ブックデザイン賞> 長友啓典さん、十河岳男さん「新緑や歳時記を手に初投句」ほか、 松田行正さん「眼の冒険―デザインの道具箱」...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。