1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンジージャンプする

★本日の金言豆★
韓国は今、ラブホテル新築ラッシュ

 しかも”日本式のラブチェア”等、”日本式”を売り文句にされてるそうで・・・意外なところで日韓交流が・・・( ̄ω ̄;)

 最初の30分間・・・我慢の時です。
”あっちゃ・・・韓流ブームと純愛ブームにあやかっただけのビョン様ファン向け映画か・・・”
”はずしてもうた・・・お尻痛くなるし、帰ろうかな・・・”

 しかしそこを耐えてください。ある時点で物語は突如時間を越えます。そしてそこから、想像だにしない世にも奇妙な物語が展開されていきます。
 いや~すごい!さすが異国の方の考えることは、我々の想像を絶してますね。正直、頭おかしいんじゃないかと思ってしまうほど。

 ”出会った瞬間どうしようもなく惹かれてしまう相手との、奇跡のような出会い、別れ、そして再会”こうしてテーマだけ書けば、ある意味韓国版「いま、会いにゆきます」と言えなくもないですが・・・「いま会い」のような号泣カタルシスには程遠い、泣くべきか笑うべきか、しかし純愛と言えばこれ以上の純愛はないなあと考えさせられる作品。

 予備知識一切無しで観に行かれることをお勧めします。特に公式サイトは絶対観ないでいくべき。けっこう物語の核の部分がネタばらしされちゃってますので・・・

 日本での公開発表と、例のイ・ウンジュさんの自殺の件のタイミングが重なり、またその自殺の原因が「映画のラブシーンでの肌の露出を苦にして」とされていたので、中にはこの映画のことかと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、本作は2001年の作品ですので、原因でもなければ遺作でもありません。
 一応、昨年韓国で公開された「スカーレットレター」が原因とされているようですが、それもあやふやで実際はっきりしていないようです。ご冥福をお祈りします・・・。

 しかし、ビョン様主演作とはいえ、もう4年も前の作品がしっかり発掘されて公開されるあたり、まだまだ韓流ブーム健在!
 最近の竹島騒動や、それを発端にした”また言い出すの!?”過去の歴史認識騒動で、水差されなければいいのですが・・・。てゆ~か、ブーム終わったら困るのはそっちでしょって感じですが。

●オススメ度●
★ 私は面白かったです(*`ー´)

バンジージャンプするバンジージャンプする ノベライズ本

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

バンジージャンプする
監督:キム・デスン
出演:イ・ビョンホン、イ・ウンジュ、ヨ・ヒョンス、ホン・スヒョン
2001年/韓国/IMX

スポンサーサイト

COMMENTS

見てきました

ようやく見に行ってきたので、TBさせていただきました。
私も意外と面白かった派です。
でも見る人によって、かなり好き嫌い分かれる映画のようですね。

TBありがとうございました。

私にとっては、好きか嫌いかでは問いきれない映画でした。
賛否両論分かれるラストに手を上げて賛同は出来ませんが
「イ・ウンジュさんは絶対戻ってきてくれる」
と信じさせてくれました。

コメント欄

トラックバックありがとうございました。
金言豆さんのブログは、
コメント欄が設けてあるのとないのとがあるんですね。
いま、気づきました。

ごめんなさい。
勘違いしてました。
コメントできますね。
すみませんでした。

うりうりさんへ

イ・ウンジュさん・・・惜しい人をなくしました・・・
あまりにも早すぎる死ですね

えいさんへ

はい~、私そんなに高度なことできませんので、コメント欄つけたりはずしたりとかは・・・
FC2ブログしっかりたのむよ!って感じですね(^^;

TBありがとうございました。

 後半が、やっぱり、純愛なんですが、ちょっと、違和感ありましたですね。
イ・ウンジュさんって声も可愛かったので、また、別のドラマを見て、10代(?)から
色っぽかったと知り、もったいない、の一言です。

TBありがとうございました。(^^;

私は、イ・ウンジュさんが目当てで観にいきましたけど、韓流ブームを体感したというか、オバちゃんパワーが炸裂してました。
同世代なんて一人もいなくて、さびしかった~。

ふぐぽん様

ウンジュさん、可愛いし色っぽさもあるし、観れば観るほど良い女優さんでしたね~
ほんとに惜しい・・・です。

akimurax様

こんにちは。
いや~やっぱり、ビョン様人気もすごいんですね~。
こんなちょっと昔の映画でも関係ないんですね。

遅くなってしまってすみません。

TBのありがとうございました^^
お礼のご挨拶が遅くなってすみません…!!
この映画は見る前の想像していたストーリーとあまりに
違いすぎてビックリした記憶があります。^^;

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『バンジージャンプする』

 ドキドキして落ち着かない出会い。ついに恋ははじまる・・・ 姿の違う混乱の出会い。しかし、愛はつづく “きっと、あなたは私をみつける。”■監督 キム・デスン■脚本 コ・ウンニム■キャスト イ・ビョンホン、イ・ウンジュ、イム・ヒョンボン、オ・ヘジュ(200

バンジージャンプする

バンジージャンプする主演はイ・ビョンホンとイ・ウンジュインウ(イ・ビョンホン)は大学生の時、自分の傘には行ってきたテヒ(イ・ウンジュ)という女の子に一目ぼれしてしまう。やがて二人は付き合い始めるが、インウが兵役に行くことになる。見送りに行こう...

バンジージャンプする

「渡辺徹さんからCD買ったよ。良かったよ」と言われた時、ああヒットするってこういうことなんだと凄く実感して、それで嬉しかったんですよ。普段買わない人がこんな風に買ってくれて、頑張らなくちゃなと思ったんです。」GLAYのメンバーがヒットした時、どんな風に感じたか

バンジージャンプする

本当に最近の韓流ブームは凄い。私の知っている限りの映画館やシネコンでは、かなりの所で「韓流フェスタ」とか「韓流ムービーツアー」とかやっている。 この映画は韓国四天王の一人、イ・ビョンホン主演の作品。作品自体は2001年作品と少し古いが、彼が主演と言うのと先日.

バンジージャンプする

解説: 韓流トップ・スター、イ・ビョンホン主演の純愛映画。監督はこれがデビュー作...

バンジージャンプする

そっと心の琴線に触れてくるが、 やがてかき乱されることだろう 愛とは何か?そのカ

バンジージャンプする

どうしても今週はビョンホンに会いに行かなければ…。週始めからそう心に決めていた。残業しながらも、ビョンホンが気になって仕方のない私は、結局仕事を投げ出して、今年19本目の映画「バンジージャンプする」を見に行った。1983年。大学生のインウ(イ・ビョン...

『バンジージャンプする』

『バンジージャンプする』A Bungee Junmping of Their Own 公式サイト監督:キム・デスン脚本:コ・ウンニム出演:イ・ビョンホン 、イ・ウンジュ 、ヨ・ヒョンス 、   ホン・スヒョン 、キム・ガプス 2005韓国映画祭なるものをやっていて『バンジ

バンジージャンプする

きっと、あなたは私を見つける。 ストーリー ある雨の日、突然自分の傘に入ってき

バンジージャンプする

仕事も終わり夕飯も済ませて、ユナイテッドシネマのレイト・ショーで「バンジージャンプする」を見る。近いというのは、ほんとに便利!その上、ど真ん中の席、観客は我々を含めて5人。1983年、ある雨の日に出会い運命的な恋に落ちたソ・インウ(イ・ビョンホン)とテヒ(イ・

『バンジージャンプする』/新宿武蔵野館

昨日の話〓。16:35~新宿武蔵野館にて。ここは整理番号順の入場なのだが、今回20分前の到着で75番。ロビーには恐ろしい数のオバちゃん達がっ!!イ・ビョンホンにつられて来てるな~間違いなく。。。でも、何とか後ろから3列目に座れました。≪続きは、若

バンジージャンプする

 イ・ウンジュに「遅くなるかもしれないけど待ってて!」なんて言われると・・・男なら誰だって待ってしまいます。 どうしてもイ・ウンジュの自殺を思い出してしまって・・・と、別の感情に支配されるのではないかと心配していましたが、何とか普通に観ることが出来ました

バンジージャンプする

 輪廻転生を思うたびに、こういう死生観が仏教圏だけのものだということが不思議に感じられます。 キリスト教やイスラム教にもこれと似たような教え

『バンジージャンプする』

監督、キム=デスン。2001年韓国。英題『bungee jumping of t

見てきました!「バンジージャンプする」

やっと会えました。イ・ビョンホンさんとイ・ウンジュさん出演の「バンジージャンプす

『バンジージャンプする』

------今日の映画はいま人気のイ・ビョンホンだね。『バンジージャンプする』って明朗な青春映画って感じのタイトルだけど?「そうなんだよね。ところが中身は思いっきり違ってた。なんとこれまた時空を超えるラブ・ファンタジー」------えっ、そうなの?「物語は1983年。ど

バンジージャンプをする/イ・ビョンホン、イ・ウンジュ、イ・ボムス

この映画に賛否両論あるのも知ってたし、ネタバレ的なレビューもいろいろ目を通してしまっていたのでだいたいの内容も既に把握済み。さらにイ・ビョンホン作品だし間違いなく日本版DVDが出るだろうからレンタルで観ればいいかなと思ってたんだけどなしのつぶて。たぶん劇場公

「バンジージャンプする」劇場にて

富山では今日から2週間期間限定上映の『バンジ^ジャンプする』を富山シアター大都会で観てきました。主演は『甘い人生』の「イ・ビョンホン」、そして今年2月急逝した『永遠の片想い』『スカーレット・レター』の「イ・ウンジュ」、共演に「ヨ・ヒョンス」「ホン・スヒョン

バンジージャンプする

【原題】번지점프를 하다(バンジージャンプをする)2001年韓国イ・ビョンホンイ・ウンジュヨ・ヒョンスホン・スヒョン新宿武蔵野館へ行ってきました。時間ギリギリに行ったから、立ち見になってしまいました{/face_acha/}すごく

『バンジージャンプする』

公式サイト(日本語)イ・ウンジュ、衝撃の訃報から一日が経ちました。彼女はもうこの世にはいないかも知れないけれど(哀)、彼女の遺した作品は永遠です・・・。出演はイ・ビョンホン、イ・ウンジュ、ヨ・ヒョンス、他。以下、ネタバレ!!

バンジージャンプする

2001年 韓国監督    キム・デスン やっと見てきました~先週まではかなり混

【バンジージャンプする】です。

連休中日。メガネ&マスク&帽子という医者の言いつけ通り完全防備な状態で川崎へ。ビール&芋焼酎&泡盛のフルコース後に川崎TOHOシネマで上映中の【バンジージャンプする】を観る。前回まずいカフェラテに懲りたので、今回はちゃんとスタバのカフェラテをカバンに忍ばせて

映画「バンジージャンプする」の感想

 今日は新宿武蔵野館でイ・ビョンホンさんと故・イ・ウンジュさん出演の「バンジージャンプする」を観てまいりました。 変な外人男と日本人オンナのカップルが予告編になってもぺちゃくちゃ英語でしゃべり、いちゃいちゃしていて、しかも日本人オンナは胴長なのか座高高け

「バンジージャンプする」

「恋の虜になること、すなわちそれはつまりヤリタイってことだ」友人はひとめ惚れをした女性を探し続けるオクテの主人公をそうからかう。魂をゆさぶられるような運命的な愛に翻弄されない友人は、不幸だろうか。いやむしろ穏やかでつつがない人生をおくれる幸運といえるかも

映画「バンジージャンプする」←今回ネタバレ

「バンジージャンプする」開映18:40@新宿武蔵野館2 「バンジージャンプする」 2001年 韓国配給:IMX監督:キム・デスン撮影:イ・フゴン、美術:ナムグン・ミン、照明:ウォン・ミョンジュン出演:イ・ビョンホン、ヨ・ヒョンス、イ・ウンジュ、ホン・スヒ

バンジージャンプする

久しぶりの更新です^^;この休みの間にいろんな韓国ドラマ、映画をちょこちょこ見てました。見始めちゃうと止まらない~(笑《バンジージャンプする》(イ・ビョンホン、イ・ウンジュ)ウンジュ姉さんが一番好きだった映画だと聞きました。彼女が亡くなってからいつの間にか

38-バンジージャンプする

この日ラストは「バンジージャンプする」を見てきた。午前中に「スカーレットレター」を見てイ・ウンジュさんに惚れたので、見逃す前に行っておこうと思って。今池の映画館から名古屋駅の映画館までの移動時間が30分しかなくてちょいとキツかったんだけど、平日の帰りに行く

バンジージャンプする

第145回★★(劇場)(核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ) 心から愛した相手を失ったら。 それは単なる破局とかではなくて、「死」による別れ。 死別。 思い出は「辛さ」を乗り越えないと薄れることはない。思い出せば思い出すほど

バンジージャンプする 今年の156本目

バンジージャンプする イ・ビョンホン 2本目。たまたまね。 最初はね、例によって、はにかむイ・ビョンホン。かわい!!で、純愛路線で、ニヤニヤして見ていたの。そしたら急に、時が流れて、学園ものに、、、イ・ビョンホン、国語の先生なの

乙酉年長月弐ノ壱 バンジージャンプする

バンジージャンプする@三軒茶屋シネマ2001/韓国/キム・デスン 80年代。国文科の大学生ソ・インウ(イ・ビョンホン)は、ある雨の日に自分の傘に飛び込んできた女性(イ・ウンジュ)に一目で恋に落ちる。名前すら聞くことができず、彼女の姿を捜し求めるインウは遂にその女

映画「バンジージャンプする」

?ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン バンジージャンプする ?  「バンジージャンプする」という映画タイトル、とても秀逸である。韓国映画のタイトルには一つのセンテンスになっているものが多い。当初、韓国映画のタイトルの付け方に、とても新鮮な感覚を抱い

『バンジージャンプする』 ☆今年26本目☆

『バンジージャンプする』公式サイト:http://www.bungee.jp/原題:BUNGEE JUMPING OF THEIR OWN製作:2001年韓国監督:キム・デスン出演:イ・ビョンホン/イ・ウンジュ/ヨ・ヒョンス/ホン・スヒョン《公開時コピー》きっと、あなたは私を見つける。1983年。大学で...

映画『バンジージャンプする』

原題:Bungee Jumping of Their Own命日は2005年2月22日、クールな美人の印象だった彼女の悲報を聞いて、本当にビックリしたけど、あれからもう1年以上が過ぎたんですね・・。 目もくらみ足もすくむ、絶壁の崖の上に立ち、"死ぬことは終わりじゃない"

映画vol.54『バンジージャンプする』

『バンジージャンプする』*TV監督:キム・デスン出演:イ・ビョンホン イ・ウンジュ ヨ・ヒョンス公式HP『バンジージャンプする』をTVで観ました。ヒロインの「イ・ウンジュ」さんは亡くなっています。映画では初めて観ましたが...

たわごとブログ&横浜・賃貸情報 06.8.4

この橋からジャーーーンプ(^▽^)v 不動産ステーション ビルコ岩田です。 先日...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。