1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブンソード

★本日の金言豆★
武侠:中国武術の創作ものにおいて中核をなす言葉。「武」は雄壮な精神、「侠」とは義を志す人物、修行に身を置く剣士の意。つまり“武侠”とは「武をもって高きを目指す生き様」。

2006年2月3日発売
 冒頭からいきなり登場人物多すぎなんです。これがもう最大の欠点。
 ”武道を学ぶことを禁じる”っていう法律の下、軍隊が民衆を粛清するというシチュエーションで、ただでさえ画面に映る人数が多いのに、ガメラみたいな刃つきの盾をぶん投げて敵を倒す奴とか、日本なら栗山千明あたりが演じてそうなモヒカン頭のファンキーな奴とか、強めの敵キャラが続々登場。
 でもって、それに抗するために集められるのが、伝説の7本の剣と、一本あたり一人の剣士で計7人。これでもう、キャラの立ってる剣士系の登場人物だけで10人超、その他民間人の中にもシナリオにからむ重要人物が何人もいて、なんだかんだで20人以上いるんじゃないでしょうか。
 それらが大したイントロデュースもなしにばんばん登場してはビシバシ斬ったはった始めるもんですから、も~誰が誰やら、敵なのやら味方なのやら、人間関係もさっぱりつかめない。しかもみんな、失礼ながらあまり代わり映えのしないアジア顔で、おまけに衣装もみんな似たり寄ったり。このわかりにくさは致命的。

 「HERO」「LOVERS」でみせた、ワイヤー&CG全開の煌びやかでド派手なアクションから一転、特殊効果を最低限に抑え原点回帰を目指したというアクションシーンも、件のキャラ区別のしにくさのせいもあって完全に逆効果。
 素直に「なんかアクションが地味になったな~」としか思えません。
 だいたい、それぞれ座右の銘つきの特殊能力をもった7つの剣という、それだけで観客のRPG的な冒険心を刺激する設定にもかかわらず、何ゆえアクションを原点回帰させる必要があったのか!?7剣士VS悪のパンク剣士の超ド派手なバトルアクションを期待して観るに決まってるのに、これはコンセプトの舵取りミスといわれても仕方ない!?

 物語的な見所もさして無く、そもそも登場人物すら2時間半の間に満足に把握もできないので、ストーリーもさっぱり理解できません。確かにそれほど複雑な話でもないんですが、なんだか張られたままで放置されたまま終わった伏線もあるみたいだし、終盤の展開も全然納得性が無いし・・・

 レオン・ライ、ドニー・イェン、チャーリー・ヤンといった、香港・中国映画の常連有名どころが主役級を固めており、まあ実際にはこの方々を中心に回っていく話なんですが、それに気付く頃には時既に遅くほぼ終盤という感じ。1970年代に刊行されたという武侠小説「七剣下天山」の映画化作品である本作、おそらく原作があまりに壮大かつボリューミー過ぎて、2時間半の映画に消化仕切れなかった!?
 剣やキャラクター、背景設定など、面白そうな小技・小道具満載だけに、この分かりにくさと、画面のイメージからは想像しがたい地味さは残念。

20051009232220.jpg原作本「七剣下天山」
2005年10月発売

seven_sword_sound.jpgセブンソード オリジナル・サウンドトラック
2005年10月5日発売

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

セブンソード
監督・製作・脚本:ツイ・ハーク
音楽:川井憲次
出演:レオン・ライドニー・イェンチャーリー・ヤンスン・ホンレイルー・イーキム・ソヨンラウ・カーリョン
2005年/香港/ワーナー/153分

ツイ・ハーク監督作品

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 香港映画 - ジャンル : 映画

COMMENTS

まったくでした~。

私も、せっかくの剣が生かされていないと残念でした。
何か特殊な能力がありそうな気もしたのですが、それも定かではありません・・

もっと主役を決めポイントを絞ればよかったのにね~。

ぷちてん様

なんか伸び縮みする剣とか、変なのがいろいろあったのに、
結局なんだかわかんないままなし崩しに終った感がありますよねえ

残念。

こんばんわ。
登場人物が多くて、各キャラが描ききれてません。
七人の剣士より、風火連城の敵役の方が印象に残ってます。

しょうちゃん様

そうなんですよね~、剣も面白い設定がありそうなのにほとんど描かれてないし、味方キャラは印象薄いし・・・
敵キャラの方がよっぽど見た目面白かったですね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『セブンソード』

----この映画、8月31日から開幕したべネチア国際映画祭のオープニング作品に選ばれたんだって?黒澤明『七人の侍』へのオマージュって聞くけどほんと?「う~ん、それはどうだろう。ぼくも観ている時は、設定が似ているなとは思ったけど……。もともとこれは武侠文学「七

セブンソード★★★

公式HP題名に7という数字が入るだけで「七人の侍」を思い浮かべますがそのとうりで、この映画もかなり意識してます。見所は変わった武器が沢山出るところですね7人の剣士と7種の武器と言う感じです。「空飛ぶギロチン」なども出てきましたねwそのまんまでし....

セブンソード 評価額・700円

●セブンソードをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 1600年代の中国。明朝を滅ぼした

<セブンソード (試写会)>

久々に試写会が当たったので、観てきました\(^O^)/ 「HERO」「LOVERS」に続く第三弾!ってふれこみなんですが、監督も違うし、出演者(特にお気に入りのチャン・ツィーが出てない!)も違うので、どうかな~と思いなんがら「セブンソード」を見てきました! \(^O^)/

セブン・ソード [流行便乗・何でも詰め込み、デキの悪さもツイ・ハークには勲章かも]

アクションシーンはさすがツイ・ハーク作品という感じ。かっこいい。CGとかモーションコントロールとかに頼らず、ワイヤーには頼りまくって、生身の体のぶつかり合いを美しく、かっこよく描く。だけれども、シナリオ構成は、いろいろ詰め込みすぎで、中だるみしまくっている

セブンソード

最強の英雄伝説、7人分の衝撃 <ストーリー> 時は1660年代、清王朝建国後の

セブン・ソード

表「さぁ、目を開け。これが本物の武侠だ。 ―最強の英雄(ヒーロー)伝説、7人分の衝撃。―」裏「7人分の最強ヒーロー伝説に中国13億騒然!!」監督 ツイ・ハーク (香港・中国 2005年) {/hiyo_eye/}{/hiyo_eye/}出演 レオン・ライ 、ドニー・イェン 、チャーリー

セブンソード 七剣 SEVEN SWORDS

レオン・ライ主演17世紀清朝は明朝を滅ぼすため 禁武令と言う武芸者を取り締まる法律を作り武芸者を捕らえ、処刑する事に賞金を賭けるのです賞金を得る為に風火連城の一味は、次々と殺戮を繰り返し罪の無い村人達も殺されていくのです武荘と言う村に風火連城の一味に襲いか

セブンソード

鑑賞した日 : 10月1日土曜日 鑑賞した劇場 : 109シネマズ名古屋(14:30~) 苦痛の2時間30分、よく我慢したと思う。上映中、何度気を失いかけたか。何度時計を見たことか。上映中に時計を見ることは滅多にありません。時計を見るということは、スクリーンから目...

解禁『セブンソード』(激辛)

● 今まで封印していた感想だが、公開されたからには解禁します。でも激辛ので『セブンソード』最高! って方は絶対読まないように。ネタバレもしているので見ていない方は見ないように。● 私はあくまで武侠というジャンルが好きだ。ここでもう少しつっこんだことを書い

セブンソード

試写会に行ってまいりました。眠たさとトイレに行きたさを我慢しながら見ていたので、もしかしたらマトモなレビューじゃないかもしれません“「HERO」「LOVERS」に続く第3弾”なぁんて言われてますけどねぇ、あちらはチャンイーモウ監督、そしてこちらはツイハーク監督。第

【映画】 セブンソード (原題:七剣)

『七剣-セブンソード-』を見てきました。香港のスピルバーグと呼ばれる重鎮ツイ・ハーク(徐克)監督の最新作。「『七人の侍』を撮った黒澤明監督へのオマージュ作品」とは本人談。【あらすじ】1960年代に満州民族が明王朝を倒して清王朝が

セブンソード

久しぶりにツイ・ハーク監督作が観れる!しかもの武侠もの!で香港映画でありながら「HERO」以降、このジャンルがよほど商売になるのか、メジャー経由の作品なのでシネコンの大スクリーン!しかも聞くところによるとそれぞれ特殊な剣を持つ7人の剣豪...

セブンソード・・・・中国アクション

またまた、映画の日です。本当は「シン・シティ」見たかったんですよ~~。ところが、こちらでは上映されないらしい事が判明。ショックです。そこで、「蝉しぐれ」でも見ようかな?と思ったのだけど(評価がなかなかいいものね)ちょっと、気楽に見れるかなと中国アクショ..

『セブンソード』

 『HERO』『LOVERS』に続くワーナー配給の武侠大作映画『セブンソード』。 ツイ・ハーク監督が梁羽生の武侠小説「七剣下天山」と出会ったことをキッカケに製作された映画ということですけど、これって黒澤明監督の『七人の侍』と同じ話じゃない?賞金稼ぎが村を襲ってく..

『セブン・ソード』

『セブン・ソード』とは一昨日見た映画のこと。 >『セブン・ソード』のサイト まず

「セブンソード」@東京厚生年金会館

今日2本目の試写会です。けど1本目と2本目の試写会の間にちょーっと時間があきすぎで直行するには…だったから御苑前のタリーズで時間をつぶして会場に向かったんだけど、一緒に見るあきちゃんがあーちゃんよりも1回遅い試写会で「蝉しぐれ」見てたのでギリギリになって

映画館「セブン・ソード 七剣」

公式HPにも『「HERO」「LOVERS」に続く武侠・超大作 第3弾!!』となっていましたが、人のレビューを観てこの2作品を期待して観ないほうがいいということや、武侠系映画が苦手な人は駄目な作品かもと言われていたので、まったく期待していませんでした。期待度0%で観に...

セブンソード

《セブンソード》 2005年 香港映画 - 原題 - 七剣 - 英題 - SE

セブンソード

最強の英雄(ヒーロー)伝説、7人分の衝撃。(公開時コピー)公開日 2005年10月1日2005年製作 中国 153分ジャンル アクション/歴史劇期待度 ★★★☆☆監督 ツイ・ハーク製作 リー・ジョウイ、マー・ジョンジュン、パン・ジージョン、ツイ・ハ

「セブンソード」をみて

『セブンソード』を見ました。『HERO』『LOVERS』に続く“武侠”超大作。個

セブンソード

観終わって、チラシの内容と自分の解釈とのギャップに、しばし頭を抱え込んでしまった。ここに書かれている事が、本当に描かれていたのだとしたら、私は一体何を観ていたのだろうかと…。ベースとなったのは、武侠小説のベストセラー「七剣下天山」。七人の剣士が操る

セブンソード

今夜は「セブンソード ー七剣ー」のテストラン♪かなり長いから今日は深夜作業になってしまいそうな勢い(;;)「HERO」[LOVERS」が引き合いに出される予告編。アクション系の大好きなスタッフが 自称アクションオタク 笑

ツイ・ハーク監督の信じられない駄作『セブンソード』

たまたま見た時だけがそうなのかもしれないんだけど、最近、井筒監督の自腹批評と意見が合うようになってきてしまった……(笑)。やっぱり井筒監督の『セブンソード』評価は★がゼロ、「もう忘れた」というぐらい印象も薄いらしい。「ツイ・ハーク監督とは話したこともあ

セブンソード-映画を見たで(今年134本目)-

監督:ツイ・ハーク出演:レオン・ライ、ドニー・イエン、チャーリー・ヤン、スン・ホンレイ、ルー・イー、キム・ソヨン、ラウ・カーリョン評価:64点(100点満点)公式サイトなにをやってるんだ、ツイ・ハーク。誰が見てもこれではうまく...

[Review] セブンソード (10/05)

オープニングのアクションはなかなか見応えがある。粉塵舞う村に現れる何やら怪しげな白塗りの集団。色を落として甲冑の銅が放つ光沢を消し、ザラついた質感を演出する映像は劇画調でワクワク感を煽る。「風魔のの小次郎」を期待して見に来たが、実は「北斗の拳」だったのか

セブンソード

セブンソード

Thanks TB

Trackback ありがとうございます。またのTBをお待ちしています。

期待外れ ツイ・ハーク監督「セブン・ソード」

9/31(金)のこと。ツイハーク(徐克)監督の最新作セブンソード(原題:七剣)を観てきました。ふれこみは「"HERO"も"LOVERS"も、この作品の登場を待つための壮大なプロローグに過ぎなかった中国興行収入No.1 映画」2時間40分の大作。10/1全国公開に先駆

映画「セブンソード」

DVDで観ました。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズのツイ・ハーク監督作品。ツイ・ハーク監督なんで期待して観ましたが、期待ハズレでした。上映時間の153分は長く感じました。大自然の描写はよかったですが、内容がよく分かりにくかったです。雪山に

セブンソード 06年36本目

セブンソード SEVEN SWORDS 七剣日本の時代劇の後は、中国の時代劇。1600年代、清王朝の圧政に立ち向かう7人。7人っていうのが、荒野の七人 = 七人の侍 ?なんだケド、ま、よく似た感じではあります。もう、ストーリー、簡単!痛快娯楽活劇は、こうでなく....

セブンソード

 香港&中国 2005年 アクション&アドベンチャー&歴史劇 監督:ツイ・ハーク 出演:レオン・ライ     ドニー・イェン     チャーリー・ヤン     スン・ホンレイ1660年清王朝建国後の中国。満州人の清朝は漢族の明朝の滅亡を図「禁...

セブンソード 七剣

出演者:ドニー・イエン、ラウ・カーリョン、キム・ソヨン、レオン・ライ監督:ツイ・ハーク1660年代、中国に侵攻した満州民族は明王朝を倒し、清王朝を築いた。不満分子が各地で反乱を起こすなか、新政府は武術の研究と実践を禁じる禁武令を発布し、反乱軍を鎮圧するのに悪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。