1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲス・フー 招かれざる恋人

★本日の金言豆★
「招かれざる客」:1967年アメリカ映画。黒人医師ジョン(シドニー・ポワチエ)は白人女性ジョーイ(キャサリン・ホートン)と結婚を誓い、その許可をもらうため彼女の実家を訪れる・・・。

2006年4月7日発売
 私は、バーニー・マックって「オーシャンズ~」の印象しかなくて、あれは豪華スター共演とかいいながら実質ジョージ・クルーニーとブラピが出ずっぱりの映画でしたからバーニーの出番は薄く、「何する人なんかなあ!?・・・」という程度の認識しか正直なかったんですが、本作でようやく彼の魅力をたっぷり堪能できました。

 恰幅の良い体と、くりっとした目で繰り出すボディアクション・ギャグや表情が、あまり気張りすぎるところがなく自然で、魅力的かつ面白い。さすが、「Bernie Mac Show」なるTVシリーズをもう4シーズンも続けているだけのことはあり、お茶の間向きの愛すべきキャラクターですね。

 一方の”新婚でいきなり3児のパパ”アシュトン・カッチャーが・・・本作ではイマイチその魅力がはじけてない感じ。あんまりポップなコメディには向いてないんじゃないでしょうか!?丹精すぎるその顔立ちが終始表情に乏しく、能面みたいとまでは言わないまでも、何か”楽しんでやってる”感がないんですよね。実際どうだったのかは知りませんが、観ている方としては「こいつコメディ嫌いなんちゃうの!?」と思ってしまう。まあ、いい男すぎて単にそう見えてしまうだけかもしれませんから、ちょっと損してるかもしれないですね。あと、ファッションじゃないですけどピーコに激しく突っ込まれそうな、中途半端に短い横分けのヘアスタイルもマイナス。

 クラシック作品「招かれざる客」をベースにして、主役男女の人種をそっくり入れ替えた形の本作のシナリオは良く出来ています。最初は、おっかなびっくりで結婚の許可をもらいにいく若造と頑固親父とのやりとりを描く単純なシチュエーション・コメディかと思いましたが、白人と黒人の人種問題がうまくそこに絡められていて、でもあまりシリアスにならず、爽やかな笑いに繋げられているのが見事。まあもっとも、最近は「招かれざる客」が公開された当時ほどは人種差別問題が深刻じゃなくなってきた世相も有る程度反映されてるのかもしれませんね。ハリケーン被害のおかげでまだまだ根強く残っている現状は露呈しましたけど。
 バーニー一家とともに囲む食卓で、アシュトン・カッチャーが黒人を揶揄したジョークを次々に披露して全員が爆笑するシーンなどは、黒人家庭に何とか溶け込もうとする彼の一生懸命さや、現代において黒人が差別を笑いにできる部分とまだまだ譲れない部分の境界線などが絶妙なバランスで描かれていて印象的。

 ラストはやはり、社会に根強く残る人種問題を、人種を超えた愛で乗り越えていきましょうという、少々理想主義的な面もありますが、嫌味なく心温まるエピソードとして描かれています。正直、日本人にはあまりピンとこない話でもありますし、これがもし主役を白人と日系人に置き換えたところで、やはり歴史的背景があまりに違いすぎてピンときませんが、そのへんはあくまで物語のバックグラウンドとして置いておいて、笑えてジーンとくる良質のコメディ作品に仕上がっていると思います。

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

manekarezarukyaku_DVD.jpg招かれざる客 (旧作)

ゲス・フー 招かれざる恋人
監督:ケヴィン・ロドニー・サリヴァン
出演:バーニー・マックアシュトン・カッチャーゾーイ・サルダナ、ジュディス・スコット
2005年/アメリカ/20世紀フォックス映画/106分

バーニー・マック出演作

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゲス・フー 招かれざる恋人 / GUESS WHO

デミムーアの恋人で、先日ヤングピープルアワード2005でも1位に選ばれた、アシュトンカッチャー{/heart/}のまちに待った新作{/kirakira/} FOX試写室にて一足早く鑑賞してきた♪彼女は、黒人。全てうまくいってた二人。ある日、彼女の両親の銀婚式でお父さんに対面すること

『ゲス・フー 招かれざる恋人』

-----なんか不思議なタイトルだニャあ。「その昔、Guess Who(ゲス・フー)っていう名前のグループもいたしね。でも、これって『Guess Who's Coming to Dinner』という映画からきてるんだ」-----それってどんな映画なの?「スタンリー・クレイマーの名作『招かれざる客』の

[映画]ゲス・フー/招かれざる恋人

2005_49 タイトル:ゲス・フー/招かれざる恋人[原題:GUESS WHO] 鑑賞日:2005.09.24 場所:ユナイテッド・シネマとしまえん ジャンル:コメディ 配給:20世紀フォックス映画 監督:ケヴィン・ロドニー・サリヴァン 出演:バーニー・マック アシュトン・カッチャー ゾー

「ゲス・フー/招かれざる恋人」

 2005年/アメリカ 監督/ケヴィン・ロドニー・サリヴァン 出演/バーニー・マック     アシュトン・カッチャー アシュトン・カッチャー主演作。「招かれざる客」のリメイクです。 黒人の銀行員パーシーは娘の恋人が白人青年のサイモンだと知り、大反対。サイモン

ゲス・フー 招かれざる恋人

彼女にとっては完ペキな彼、でもパパには最悪(公開時コピー)公開日 2005年9月24日2005年製作 アメリカ 106分ジャンル ロマンス/コメディ期待度 ★★★★☆監督 ケヴィン・ロドニー・サリヴァン製作 アーウィン・ストフ、ジェンノ・トッピ

ゲス・フー/招かれざる恋人 -GUESS WHO-

★★★★☆ 2005 アメリカ コメディ ロマンス「異人種結婚と同性結婚」アメリカの人種問題を描いたドラマ「招かれざる客」のリメイク。オリジナルは黒人男性と白人女性であるが、リメイク版は黒人女性と白人男性に入れ替えている。主演はアシュト

ゲス・フー/招かれざる恋人(2005米)

白人男性と黒人女性が婚約したことから起こるSITCOMのような構成。結構、難しいテーマなのでは?と思うが、カラッと明るく作られています。アシュトン・カッチャーのかわいく、誠実なキャラが成功の鍵だったのだろうと思います。肌の色で確執のあった女性の父親とも、ちょっ

ゲス・フー 招かれざる恋人 評価☆☆★

堅実な銀行マン、パーシー・ジョーンズには気がかりなことが2つあった。結婚25周年の銀婚式パーティで妻に捧げる誓いの言葉をなかなか思いつかないこと。そして、その式に参列するために帰郷する娘のテレサが恋人サイモンを初めて家に連れて来ること。家族に内緒でサイモン

いい感じ 映画『ゲス・フー 招かれざる恋人』

なんとなく記事を読んで観たくなり「ゲス・フー 招かれざる恋人を観てきました。古典的な名作「招かれざる客」をベースに今風にラブコメディにリメイクしました。ベースがいいのか、黒人・白人ネタで笑いを誘います。今年のラブコメでは「最後の恋のはじめ方」よりも気に入

ゲス・フー 招かれざる恋人-映画を見たで(今年142本目)-

監督:ケヴィン・ロドニー・サリヴァン出演:バーニー・マック、アシュトン・カッチャー、ゾーイ・サルダナ、ジュディス・スコット、ハル・ウィリアムズ、ケリー・スチュワート評価:88点(100点満点)公式サイト真面目なラブコメに人種問題を...

Guess Who(ゲス・フー/招かれざる恋人)

公式HP 「なんか見たことあると思ったら、、。」 サイモン(アシュトン・カッチャー)は、恋人のテレサ(ゾーイ・サルダナ)の実家に婚約報告をしに行った。しかしテレサの父親パーシー(バーニー・マック)と顔を合わせた瞬間、ある誤解が生じていたことが判明する。

ゲス・フー/招かれざる恋人(DVD)

愛って・・・”白・黒”はっきりさせなきゃダメですか?CAST:アシュトン・カッチャー/バーニー・マック/ゾーイ・サルダナ/ジュディス・スコット 他■アメリカ産 106分「クラッシュ」では人種差別を重々しく扱ってたけど、この作品ではコメディタッチ。どうやらリメーク

ゲス・フー/招かれざる恋人

銀行に勤める彼の名はパーシー・ジョーンズ結婚25周年をむかえるパーティで妻のためのスピーチを仕事の合間に一生懸命考えいますしかもその日は娘がカレシをはじめて家に連れてくるのです娘のカレシに普通はいい顔するわけのないオヤジなのだけど銀行で融資をする相手 ..

ゲス・フー 招かれざる恋人

ゲス・フー 招かれざる恋人 特別編GUESS WHO2005年 アメリカアシュトン・キャッチャーが出てる映画を観るのもこれで3本目。身長1メートル89センチもあるそうだけど、相手役

Guess Who(邦題「ゲス・フー/招かれざる恋人」)

クレジットがたまっていたので久々にレンタル屋に行って2本DVDを借りてきた。今晩は私の選んだ"Guess Who"。父親に挨拶に行くってのを題材とした映画は本当に多いねぇ。万国共通で結婚している人なら誰もが通過するドキドキのイベントなんだろう(笑)。この映画

【洋画】ゲス・フー/招かれざる恋人

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B+(演技3/演出3/脚本3/撮影3/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役4/魅力4/テンポ3/合計35)『評論』結婚

映画『ゲス・フー/招かれざる恋人』

原題:Guess Whoタイトルから「招かれざる客」(1967)のパロディかなと思うが、黒人と白人の立場は逆、さらに思いっきりコメディな全く別物・・愛と家族の絆は保たれるのか・・ パーシー(バーニー・マック)とマリリン(ジュディス・スコット)は結婚25年で銀婚式が間近、パ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。