1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境リスク学 不安の海の羅針盤

★本日の金言豆★
日本のダイオキシン汚染源の大部分は、農薬

2004年9月発売
 一般的と思われていた知識が、その後の検証の結果実は間違っていた、もしくは歪んで伝わっていた、ということはままあることです。
 ダイオキシンは、古い焼却処理場でゴミが不完全燃焼したときに発生し、処理場の出す煙とともに周辺に撒き散らされる、だから処理場は最新の大規模なものじゃなきゃ危ない、近隣住民はダイオキシン被害にさらされている、というのが、私も含めた大多数の皆様の一般的知識ではないでしょうか。
 実は、日本のダイオキシン汚染の主な原因は、特定禁止成分の入った農薬残留によるもので、ごみ処理場の出すダイオキシンの影響はそれに比べれば非常に小さい、という衝撃の事実が本書で語られます。知識の継続的な収集と蓄積の大切さを改めて痛感させられました。

 何故焼却場悪玉説が一般知識のように思っていたか考えてみると、1990年代後半、ニュース等で一斉にやり玉にあげられてた時期があったことと(所沢の農作物の風評被害訴訟がその典型)、その後研究が進み、どうやらそうではないということが明らかになっても、そっちに関する報道はあまり目立って行われなかったからでしょうね。
 TVや新聞なども、センセーショナルに報道するなら、その後にそれが覆ったような場合は(我々の生命に関わるような問題は特に)、最初と同程度の派手さで追報道をしてほしいものですが、それをやっても売れない視聴率が取れないからやらないのかもしれませんから、積極的にそういう報道を求めない我々にも責任の一端はあるでしょう。

 本書はその他にも、環境ホルモン(これは日本だけの呼称だそうです)、BSE(狂牛病)等、我々の生命に関わる大問題として大々的に報道されてきた環境問題について、その一般認識と現実とのずれを指摘し、どのように対処すべきかを、環境リスク学という考え方を通して分かりやすく解説していきます。

 こうすれば日常生活における危険をさけられる!これとこれは食べちゃ駄目!健康の秘訣はこれ!という夢のようなノウハウ本ではありませんので念のため。そのような方法は現実にはありえず、自分自身(人間)だけでなく地域、地球環境全体と共存調和して生きていくにはどのように考え、対策を講じればいいのか、ということを、筆者自身の切実な体験談を交えながら解説する良著です。

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 本の部屋へ

環境リスク学 不安の海の羅針盤
著者:中西準子
日本評論社

著者の作品

スポンサーサイト

COMMENTS

こんにちは、コメントをありがとうございました。
中西先生はダイオキシン問題に関する提訴でたいへんなようですね。

松井三郎京大大学院教授、中西準子氏を名誉毀損で提訴!
http://eritokyo.jp/independent/nagano-pref/matsui-nakanishi-lawsuite01.html
2005年03月16日(水) HPで名誉棄損…環境ホルモン権威が提訴
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/shakai/20050316/20050316i313-yol.html
ダイオキシン問題は終わってないというあたりでの提訴のようです。
なお、BSE問題については、中西さんは、公衆衛生と院内感染のリスクについてまで計算されておられますでしょうか?

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヤギ&羊は肉や乳にも感染物質?・オランダで26歳vCJD・ピッシング・新検査

■感染ヤギと羊の場合、肉や乳を通して感染物質が人間の体内に入る可能性、という報道仏、ヤギやヒツジのBSE検査を強化 (4/19)http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=0>「ヤギや羊では牛に比べ体内の多様な組織に感染物質が広がりやすく、肉や乳を通して人間の体内

米国産牛肉、日本へ輸出再開

[ワシントン 26日 ロイター] ジョハンズ米農務長官は26日、今週東京で開催されている日米BSE(牛海綿状脳症)専門家会合について、米国産牛肉の日本への輸出再開に一歩近付かせる、との見通しを示した。

♪どうして狂牛病(BSE)が拡大したのか?

内閣府の食品安全委員会は六日、厚生労働、農林水産両省から諮問があったBSE(牛海綿状脳症)安全対策の見直しについて、全頭検査の緩和容認を正式に決め、両省に答申した(産経新聞)。BSE、通称「狂牛病」は、牛の脳組織をスポンジ状に変化させる悪性の中枢神経系の疾病で

農水省:「BSEに感染した牛は、骨を取り除いても食肉処理の過程で肉が汚染される可能性がある」

結局、「危険部位除去」だけでは、BSE対策の要にはなり得ないことがよくわかる記事をUPします。飼料管理がなっていない牛など食べられませんね。20ヶ月以下なら輸入OK、などと適当な回答を作成した「日米実務者会合?」のメンバー個人個人が責任を持って尻拭いをしていただき

検証:普通の生活で、vCJD=人型BSE(狂牛病)が感染しないとは本当か?その1 歯科編

先日、OIEという、世界の動物感染症対策を推進する機関の先生がフランスから来日、食安委主催でリスクコミュニケーションが開かれましたので、行ってみました。そこで驚いたのは、OIEの「BSE問題は公衆衛生的にリスクが低いと思われる」という見解と、世論をリード、問題提起

普通の生活で、vCJD=人型BSE(狂牛病)が感染しないとは本当か?

厚生労働省は、牛の狂牛病(BSE)から移る変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)は普通の生活では感染しない、というけれど、本当?私達の日常には、こんな出来事があります。日常的&突発的な出来事・歯医者に行く・内視鏡検査を受ける・アートメイクが気になる(眉など

第59回毎日出版文化賞決まる

第59回毎日出版文化賞(毎日新聞社主催)が以下の通り決まりました。<文学・芸術部門> 「半島を出よ」上・下 村上龍著 幻冬舎  <人文・社会部門> 「評伝 北一輝」全5巻 松本健一著 岩波書店  <自然科学部門> 「環境リスク学」 中...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。