1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロトリップ

2005年10月7日発売
 こんなに一本筋が通って抜けてる映画観たこと無い!?エロあり社会風刺あり、とことん下品でお下劣で、腹筋痛いほど笑える、超おバカムービー。
 ドイツ在住のセクシー美女メル友ミーカと、ちょっとした誤解でケンカ別れしてしまった、アメリカの大学生スコットは、卒業の夏休みを利用して、悪友達3人と連れ立って彼女に会いにヨーロッパへ!ところが行く先々で、その土地ならではのさまざまなトラブルに巻き込まれ・・・

 いつの時代でも、ハリウッド映画(=アメリカ)は仮想敵国(仮想じゃない時も多いですが)を設定し、そこと敵対する構造でないと成り立たせられないという業を持ってて、最近はそれが北朝鮮なわけですが、そういえば実はここ最近の社会情勢においても、アメリカ建国の歴史に遡っても、表立ってはいないものの水面下でめちゃめちゃ敵対してる国、それがヨーロッパ諸国。
 スキンヘッドでビール瓶をかち割り、道行く敵対チームのファンを片っ端から襲いまくるフーリガン、
 野外露出・超ハードコアSMなんでもこいのフリーS○Xなお国柄、
 大ソーセージ市場と化したヌーディストビーチ、
 カーテンを纏ってなりきり法王で愛の告白等等、ヨーロッパ各国の文化を徹底的にパロったシュールなギャグのオンパレード。それがまたどれも、くだらなすぎて最高に笑えるものばかり!特にヌーディストビーチは最高!このシーンのためにわざわざ「無修正版」と銘打たれたDVD、抜き身の一刀流と妙にすべすべしてキレイなヒップ丸出しで「ビーチ・オブ・ザ・デッド」のごとく押し寄せるヌーディスト達の後姿で抱腹絶倒!でも、モザイク入ってた方がもしかしたらもっと笑えたかも!?

 これがまた、ドリームワークス製作だってのが意外!?確かに、ポップカルチャー・ギャグのオンパレードな作風は踏襲してるものの、どっちかといえば優等生的なというか、ファミリー向けの作品が主でアカデミー賞常連のドリームワークスが、全米のティーンズが選ぶ<2004年ティーン・チョイス・アワード>”親が子供に見せたくない映画賞”にノミネートという栄誉!?に輝く作品を作れてしまうあたり、引き出しの多さ、懐の深さに感心しますね。

 本作の”セクシーヒロイン”を演じるミシェル・トラッテンバーグって、アメリカのTVドラマシリーズ「吸血キラー聖少女バフィー」にバフィーの妹役で出てた娘ですね!「バフィー」の中では、「守ってやるべきか弱い存在」という役だったのと、そもそもTVシリーズなのでお色気シーンなんてもちろん無かったんですけど、本作では役柄的にお色気シーン満載、めちゃめちゃお色気爆裂。残念ながら、本人の資質的に、”爆裂”させるほどのダイナマイトボディが無いんですが・・・でもビーチで彼女が上着を脱ぐシーンで上半身いっぱいに浮き出る”あばら骨”は、その筋のフェチ狙いなんでしょうか!?

 あと、マット・デイモンがちょこっとだけ出演。さすが”今ハリウッドで最もオファーがある男”、はやりもののお笑い芸人並みにあちこちに顔出しますね~、それでいてなお人気が全然落ちないのが凄い!

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

ユーロトリップ
監督:ジェフ・シェイファー
脚本:アレック・バーグ&デイヴィッド・マンデル&ジェフ・シェイファー
音楽:ジェイムズ.L.ヴェナブル
出演:スコット・メクロウィッツジェイコブ・ピッツミシェル・トラッテンバーグトラヴィス・ウェスターマット・デイモン
2004年/アメリカ/93分

ジェフ・シェイファー監督作

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ユーロトリップ

「ユーロトリップ」(原題:Eurotrip)を観ました。これを観た日に、来週末に公開される「ダーク・ウォーター」のテスト上映もあったのですが、怖いのはあんま好きじゃないので、家に帰ってこれを観ました。お話は、高校を卒業した男が、悪友3人を連れ立って、メール...

【 ユーロトリップ 】

主要キャストが有名じゃないからか...劇場未公開、Hな青春ラブコメディ。マット・デイモン、ヴィニー・ジョーンズなど有名どころはちょい役で出演。オープニングアニメが面白い、主題歌も印象に残る。中盤失速するけどヨーロッパをバカにしたネタとHネタで押しまくり...

ユーロトリップ

EuroTrip2004年 アメリカおバカコメディだけど、結構面白いとこをついてる。オランダの飾り窓とかソフトドラッグなんか、オランダに旅行した人なら少なからずうなずける内容

ユーロトリップ

2004年製作のアメリカ映画。全米初登場5位、興行成績$17,718,223。日本未公開の青春コメディ。メールで知り合ったドイツ在住のセクシー美女に会うため、夏休みを利用し悪友と連れだってヨーロッパへ旅立った大学生・スコット。さまざまな国でお色気珍騒動が巻き起こる。アメ

映画『ユーロトリップ』

原題:Eurotripヨーロッパ旅行を一緒にしよう、というわけでロンドン、パリ、リビエラ、アムステルダム飾り窓、スロバキア、ベルリン、ローマ、バチカンを巡る旅・・・ だけど、勿論、普通の旅じゃない、チョッピリお下劣でおバカでひんしゅくものの珍道中なんだよね・・ス

≪ユーロトリップ≫

ユーロトリップ ¥3,591(WOWOW@2007/07/15)原題 EUROTRIP製作年度 2004年上映時間 93分監督 ジェフ・シェイファー出演 スコット・ミシュロウィック 、ジェイコブ・ピッツ 、クリスティン・クルック 、ミシェル・トラクテンバーグ 、マット・デイモン 、
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。