1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アビエイター

★本日の金言豆★
ビーツ:赤カブのようだが、ホウレン草と同じアカザ科で、サトウダイコン(テンサイ)の仲間。ボルシチには必須。

 生まれた時から大金持ちだったら、人間普通どうするもんなんでしょうね!?やっぱり、お金持ち業界(!?)の一般論としては、土地転がしたり転がしたりって感じでしょう。
 ”マネーの虎”みたいに、実業、虚業問わず自分の夢を実現したいと思っている人に投資する。こうくると夢があるし、社会の為にもなるいいお金の使い方のような気がしますね。
 映画やら飛行機やら、とにかく新しいものを作りたい!しかも自分で!こうなると、単なる金儲けや社会貢献を超え、新たなる時代のヒーロー誕生をビンビン予感させます。
 特殊スーツやスーパーカスタムマシンを開発し、秘密基地から夜な夜な夜の街へ悪を倒しに繰り出す!この変人金持ちの話も近日映画公開予定ですね。(^^:

 本作は、前世紀前半のアメリカに実在したそんな金持ちヒーローの伝記を、”悲運の巨匠”マーティン・スコセッシ監督、”悲運の男前”レオナルド・ディカプリオのコンビが映画化。
 豪華なセットや凝った衣装で忠実に再現された90年代ハリウッドの社交界や、最新VFXを駆使した往年の複葉機や最新鋭機の迫力ある飛行シーン等、大作にふさわしい重厚な映像の連続で当時のエネルギッシュできらびやかな雰囲気を芳醇に醸し出しています。

 飛行機のシーンは全体的にちょっとCGっぽさが否めませんが、ヒューズ氏の事故シーンは、思わず椅子から仰け反ってしまうほどのリアリティと迫力!「よくレオ様生きてたな~・・・」と一瞬本気で心配しそうになるほどです。

 そのレオ様、本作でも終始迫真の演技!終盤、だんだん心を病んでいくところなどはかなりキてます。ほんとにこの方、アイドル的イメージ先行で損してる感じしますね。いい役者さんだと思うんですが・・・
 脇を固める”Wケイト”(ブランシェットが怒る(^^;)や、”ナイト”イアン・ホルムなどもさすがの存在感。アレック・ボールドウィンに至っては、存在感どころか顔と首周りにコレステロールまで出ちゃってます。ど~しちゃったんでしょう、これも役作り!?

 アカデミー賞をほぼガチンコで闘った(上で事実上負けた)「Ray」と同様、アメリカ人英雄を、アメリカ人が、アメリカ人の為に語った映画。しかしその生涯は、我々日本人にとっても夢がある、文字通り波乱万丈の物語です。

●オススメ度●
★★ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

アビエイターアビエイター サウンドトラックCD

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

アビエイター
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ブランシェット、ケイト・ベッキンセール
2004年/アメリカ/2時間49分/松竹、日本ヘラルド映画

スポンサーサイト

COMMENTS

こんにちは!

TBありがとうございます。
飛行機のクラッシュシーン凄かったですね~! あまりああいうシーンで驚かない方なのに、ベルト一本で無茶苦茶もんどりうってるし、演技だけで大やけどを負った事も凄く伝わってくるし。
デカプリオには主演男優賞でなく、マット・ディモンと共にアクション賞をあげたいです!

TBありがとうございました!

拙宅へのTB深謝です。
ディカプリオ、ほんと「キュートなアイドル」イメージが強くってもったいないですよね。本作でかなり脱皮できたのではないかと思うのですが。今後が非常に楽しみです。近日公開予定の変人金持ちのお話も、悪役で渡辺謙が出るらしいので、こちらも非常に楽しみです(笑)。遅れ馳せながら、TBさせて頂きますね。
(余談ですが、ビーツ大好きです。初見時はあの色にかなり引きましたが(笑))

TBありがとうございます。

こちらからもTBさせて頂きました。
レオの熱演はホントに良かったと思うんですけど
オスカーは戻って来ないんですよね・・・(苦笑)
ケイトに無事助演女優が渡ったということで自分は
非常に納得しています。
この映画は技術面で素晴らしかったと思います。

はじめまして

TBありがとうございます。私もさせてもらいました~。

飛行機事故のシーンはすごかったですよねー。
でもあまりに大仰過ぎて、私、途中まで「笑いどころ」だと思ってました(^^;

まさかあんな命にかかわる事故になるとは。。。。予想外でした(^^;

こんにちは。


TBありがとうございます。
かなり迫力はある映画でしたね。

あの飛行機不時着のシーン、裁判、それにレオ様の「病んでいくトコロ」など。

軽いものを求めてたので観た直後はあんまり印象良くなかったんですが。
でも実際のハワード・ヒューズってもっとひどかったらしいと知って
ディカプリオががんばったんだなってのが理解できました。

よかったらまたよろしくお願いします。

 TBありがとうございますm(_ _)m

 飛行機のシーンは、けっこー満足出来た部分もあった
のですが、人間ドラマの部分では、どーにも気になると
ころがあって。ハワード・ヒューズとゆー大富豪に対する
興味をもっと持っていれば、楽しめたのかも…。

演技派レオ

TBありがとうございました。それから、レオがアイドル扱いされて損している、いい役者だと評価してくださってありがとうございます! (^-^)
まだまだ坊やだった頃からのレオ・ファンとしては嬉しいです。

飛行機事故や引き篭もりなど、可能な限りで事実を再現してるのでしょう?
すっごい演出、すっごい技術ですよね。

アメリカ人英雄を

アメリカ人がアメリカ人の為に撮った映画というご意見に賛成です。
まあ、彼が英雄かどうかは知りませんが。

遅くなりましたが;

トラバありがとうございます!裏方さんのお仕事の評価が高かったので見ごたえありましたね ただヒューズ氏に共感を感じられなかったのでどうもだめでした;

波瀾万丈

ほんと、波瀾万丈すぎて、その娯楽っぽさが最高な映画でした。

>映画やら飛行機やら、とにかく新しいものを作りたい!しかも自分で!こうなると、単なる金儲けや社会貢献を超え、新たなる時代のヒーロー誕生をビンビン予感させます。

ちょっと堀江さん思い出しました

TBありがとうございます。

レオ様って確かに悲運の男前俳優ですよね。あれだけ演技が素晴らしいのにも拘わらずオスカー獲れないなんて・・・
なんだか、今回のアカデミーの評価には疑問すら覚えます。

「ほんとのお金持ちは・・」

遊びに命を賭けるもんですね(^^)飛行機事故のシーンはまったく圧巻でした。まさにあのシーンを撮るために作ったような映画です。ケイト・ブランシェットが脇を固めすぎて最初はディカプリオの影が薄くなってしまうほどでしたね。まったく彼女はうますぎて他の俳優を食ってしまう。でも後半はさすがに彼も役者根性見せました。主演男優賞は惜しかったけど、あと2、3年したらきっとゲットできるんじゃないでしょうか。

TB&コメント有り難うございました。

 こちらでも貼らせて頂きました。本当に悲運のハンサムですね(笑)。次の次になるのかな黒沢さんのリメイク映画。それは見に行くつもりでいます。大作が多ければ、そのうち取れるでしょうね。

TBありがとうございました♪

お邪魔します!
ホント、あのクラッシュシーンはすごい迫力でしたねぇ。
演技なのに「レオさま死んじゃイヤー!」と叫びそうになりましたもの(笑)
病んでいく様は素晴らしい演技でした。
ビジュアルだけで実力を判断されてしまうのが悲しいです。もっと評価されても良いと思います。
いつか認められる日が来ますよね!

TBありがとうございます

アビエーターはまだ観ていませんので、
ブログ、とても参考になりました。

TBありがとうございました

ワタシは、ヒューズにもレオにも思い入れないのでこの映画には共感ゼロでした。
アメリカ人が好きそうというのは、よくわかります。
レオには、また『ギルバート・グレイプ』のような繊細な映画に出てほしい。
でも次回もスコセッシなんですよね…残念。

vitaminbox

TB有難うございました。TB返しします。

TBさせてもらいました

レオ君はアイドルのイメージが先行して損してるって本当ですね。大体、私なんかにレオ君なんて呼ばれていること自体、問題あったりして・・・
アカデミー賞はハリウッドのお祭とは思うけれど、オスカーの行方はとても気になります。レオ君、いつもらえるんだろう・・・(~_~;)

アビエイター

TBありがとうございます。
返事遅くなりましてすみません。
>「査問会における、ハワードの大屁理屈を聞く会のシーンはよかったです。でも他はやはり……。退屈でした。残念。

TBありがとう。ごめんなさい。

ちっとも、TBしていただいていることに気づかなくて、
今頃になってしまいごめんなさい。ほんとにごめんなさい。
いまさらアビエイターの話題もないでしょうね…。(^_^;)
今日はこれから、借りてきたDVDのトロイを見ます。(笑)
トロイは、ご覧になりましたか?

TBありがとうございました。
予告編からもっと娯楽映画を予想していたのですが
ハワードの内面を探るような重たい内容だとおもいます。
そういう面ではおもしろい映画でした。

TBありがとうございました。

TBありがとうございます。こちらのサイトの記事、
そうそうあの飛行機シーンはビックリだったなぁとか
悲運の男前…確かに(笑)とか思いながら
楽しく拝見させて頂きました。
この映画で私の中ではディカプリオは株を上げました。
今までのビジュアルイメージを覆すのは大変だと思いますが、
でもこの映画からだんだん評価が変わっていくのではないかなあ、と
脱!悲運を心の中で期待してます☆
私のあんなブログで良いのか…と、少し悩みましたが
思いきってTB返させていただきます。ありがとうございました。

今後ともどうぞよろしく

トラックバックありがとうございました。遅ればせながら御礼申し上げます。それにしても、こちらのサイトの賑わいぶりは凄いですね。私のサイトなど足元にも及びませんが、またお寄りいただければ幸いです。

TBありがとうございました。

こちらからもTBさせていただきました。
やはりアビエイターはイマイチでした。
レオ&スコセッシ監督コンビの次回作に期待しております。

TBありがとうございます。

>生まれた時から大金持ちだったら、人間普通どうするもんなんでしょうね!?
私は自分の楽しい事だけするかなぁ・・・。
だからヒューズに共感もてます。
ところで始めて伺ったと思うのですが、
どうしてコメント投稿のNameとURIの欄に私のものが記されてるのでしょう?
ネットもblogも初心者なので、不思議に感じてます。
それでは後程こちらからもTBさせていただきたいと思います。
よろしくお願い致します。

TBありがとうございます

 おそくなりました。TBありがとうございました。
私のほかにも退屈さを感じた方がいらっしゃるようですね。
 映画そのものはいいのですが、こういうタイプの映画がどこか苦手なところがあるのかもしれないです。

トラバありがとうございました。

アレック・ボールドウィンのコレステロール!に笑っちゃいました。
本当にどうしたって言うんでしょうね・・びっくりしましたよ。

TBありがとうございます。

こちらは、多分このハワードについてどれぐらい知っていて、強迫神経症に
対しての理解度によりますよね。なかなか理解するのは難しい病ですから
しかし、本当にアイドル的ルックスが損をしているのは、同感ですね。。。
これからどう変身してくれるでしょうか・・楽しみにしているのですが・・笑
アビエイターに関しては数少ない絶賛派なんです。爆笑!

nicoco様

数少ない絶賛派って、そんなことないですよ!(^^;
私も決して嫌いじゃないですし・・・
ま~日本人にはなじみがない人なのでしょうがない部分もありますしね

ごめんね。。。

haryさん♪
気を使わせてしまってごめんね。何だか書き方がいけませんでしたね。。^^;hary さんの感想では、良い面もしっかり書かれているので真情分かります。こちらのって書いたのは・・コチラの(アビエターが)病について分かってないと理解するの難しいと言う意味ですからね♪あ・・それは、分かっていますものね。。。^^;そうですか!結構好きな方もいるのですね♪変に気を使わせてごめんねです。優しいのですね・・・(*^^)v

nicoco様

いえいえ、大丈夫ですよ~こちらこそすみませんです、
わざわざ御丁寧に返してくださって、ありがとうございます。

アビエイター

懐かしい作品ですね。
昔見たことがあります。

今度久々に見てみようかなぁ~

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『アビエイター』

2004年 アメリカ 168分 監督 マーティン・スコセッシ 出演 レオナルド・ディカプリオ 、ケイト・ブランシェット 、ケイト・ベッキンセイル 、ジュード・ロウ 、アレック・ボールドウィン、ジョン・C・ライリー、アラン・アルダ「アビエイター」公式サイト→コ...

神経を削られる「アビエイター」

レオナルド・ディカプリオがあまり好きではないので、写真は大好きなウィレム・デフォーに!Pause。読売ホール。ハリウッドでも成功し、飛行機のパイオニアであるハワード・ヒューズの最盛期をレオナルド・ディカプリオ×マーティン・スコセッシが描く。レオナルド・ディカプ

アビエイター/夢を掴んだ男

アビエイターハワード・ヒューズ(レオナルド・ディカプリオ)はわずか18才にして父親の死で、世界一の大富豪となった。彼の一生かけた夢は飛行機だった。大富豪になり初めて手がけたのは映画制作、巨額の資金をかけて空軍のパイロットを描いた「地獄の天使」を制作する。彼

アビエイター

ハワード・ヒューズの映画と航空ビジネスに賭けた若き日の姿を描いた映画、アビエイター。正直言って、3時間という上映時間は長すぎて、前半の引き込まれるような展開から、中盤はかなり嫌気がさすような場面が続いたのが残念でした。しかし、それを覗くと、ディカプリオの

アビエイター

念願の日本公開である。この作品を全く観ないうちからこのブログでもかなり大々的かつひとりで騒いでいたが、色々な意味で「ギャング・オブ・ニューヨーク」を引きずっていたのだと思う。本日、初めてこの作品を鑑賞することによって、その一連の騒ぎに取り敢えずの終止符を

アビエイター

アビエイター(AVIATOR)=飛行家、航空操縦士スペイン語で飛行機のことをavionといいますから派生した言葉でしょうか。しかしスペイン語で飛行家のことは『piloto』(ピロト)(=パイロット)といいます。それとも『AVIATOR』とも言うのかな^^;(だれかおしえて..)言わずと

『アビエイター』

-------今夜の映画は『アビエイター』。ゴールデン・グローブ作品賞受賞作だね。けっこう気に入ってたんじゃない?「そうだね。この映画は映画監督でもあり、飛行家でもあったハワード・ヒューズを描いたもの。主演のディカプリオ念願の企画だったらしい」-------ふうん。そ

★「アビエイター」

公開初日のナイトショウ(24:00~)で見てきました。いつものチネチッタ・・・1本観ても駐車場代200円で済むからね。初日なので、ディカプリオのナマ写真もらった。本編始まる前にディカプリオのご挨拶ビデオも流れました。今後、日本がらみの映画を作りそうだから

「アビエイター」(2004・米)

レオナルド・ディカプリオ主演作「アビエイター」の試写会に行ってきました。ディカプリオの呟く「way to the future」が頭から離れません…(困)なんて観た人しか判らないネタはさておきまして、どんな話だったかと言いますと。 「大富豪にして飛行機オタ...

「THE AVIATOR」

THE AVIATOR を劇場で観てきたのである。Leonardo DiCaprio(レオナルド・ディカプリオ)主演の伝記もの。3時間と長かったけれど、前評判通り彼の演技が良かった。脇を固める俳優陣もいい感じで、特にキャサリン・ヘップバーン役のCate Blanchett(ケイト・ブラン

アビエイター

ついに大作の「アビエイター」が公開された。特別この作品の公開を待ち望んでいた訳ではないが、この作品は色々と話題を皆に話題を提供してきた。まず、アカデミー賞のノミネートの数。そして、 特に、期待の主演男優賞の行方はとても、話題になった所だ。また、2年前になる

アビエイター

監督: マーティン・スコセッシ出演: レオナルド・ディカプリオ , ケイト・ブランシェット , ケイト・ベッキンセール , ジュード・ロウ , アレック・ボールドウィン , グウェン・ステファニー , イアン・ホルム , アラン・アルダ , ジョン・C・ライリー 製作国:ア

アビエーター(The Aviator)

アビエーター ★★★★(4.0) ゴールデン・グローブ賞作品賞を受賞、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演という注目の映画だが、この映画ほど評価の別れる作品も珍しい。見に行く前に、映画関連のサイトをチェックしたところ、高い評価をつける人がい

アビエイター

役者も話も舞台も衣装もセットも ひっくるめてぜーんぶゴウジャス! ハリウッドの王

アビエイター

【好感度】 74% すべての夢をつかんだ時,いったい何が見えるのだろう.

 アビエイター ハワード・ヒューズ

アビエイターを見ました。あまり興味のある映画ではなかったのですがタダ券があったので。アビエイターは飛行家という意味。アメリカンドリームの象徴とも言えるハワード・ヒューズのストーリーでご存知レオナルド・ディカプリオが主演しています。オスカーもノミネートされ.

『アビエイター』を観て来ました!#61

『アビエイター』

アビエイター観てきました・・・

先日公開された、話題の『アビエイター』を観てきましたよ(^。^)アメリカを代表する富豪にして映画監督・飛行家(英語でアビエイターね)として知られる・・・”狂気の天才”(というか変人(^_^;))『ハワード・ヒューズ』の生涯で分かってる所だけ(なんせ謎が多い人なので(

アビエイター

見応えはあるのに,ドラマが普通で印象が薄い!

アビエイター

★★★★★ 文句無しに面白かった。そこそこ期待してはいたが、予想以上だ。下馬評は「オスカー獲れなかった作品」くらいしか聞いた事なかったので果たして実際どんな感じになることやらとはらはら迎えたオープニングであった。が、ディカプリオが事務所立ち上げてまで力を

アビエイター

凡人である自分には、とても理解できない世界の話で、ただただ頭が痛くなった。 最

アビエイター

アビエイター       <ストーリー>父の死によって、莫大な財産を手にしたハワード・ヒューズ(レオナルド・ディカプリオ)は、その財産を注ぎ込んで、戦争映画「地獄の天使」の製作をする。様々な苦闘の末、作り上げた映画は、大喝采を浴び、彼の名は、一躍有名にな

アビエイター

物語については、う~ん。。なんだろう。。超大作!!なんだけど、ひっかかるひっかかりの最初は、一つ一つのエピソードがほんとうに凄いんのに、構成の問題なのか?ブツブツとエピソードが切れてる感じがあって感情移入でききれなかった。。まあ、あれだけ凄いんだから仕方

アビエイター

スケールの大きな映画で力作だと思います。演出も演技も素晴らしいと思ったけど、映画が好きかどうかと聞かれると個人的には「うーん。。。」何が言いたいか!って大きな部分がイマイチ伝わってこなくて。むしろ、ハワード・ヒューズの実際のドキュメンタリー...

アビエイター観ました。

友達と雨の中今日観て来ました。運転はまたしても友達。いやぁ、毎回毎回悪いね。次もよろしくね。ちゃっかりさんです。で、肝心のアビエイターですよ。アカデミー賞以前からずっと楽しみにしていたアビエイター。その感想は。アレキサンダー観た時と一緒ですね。ハワード・

強迫神経症映画

強迫神経症のコ(注:彼も自分もゲイ)と添い寝したことがある。とはいっても、お楽しみがあったわけではない。彼が添い寝してくれた方が落ち付いて眠れるから、というのでいっしょに寝た、というのが正しい。実際、夜中に彼の携帯に電話がかかってきて、でかい声で話され

アビエイター

●手の洗い過ぎには注意しましょう・・・ミルクで洗うのかと予想してたけど違った。 潔癖症がひどくなった患者のドキュメンタリーを見たことあるけど、どうしたらこんなに社交的で大胆なハリウッド監督・航空会社買収・華麗な恋愛遍歴をする男になるのでしょうか?実話なの

アビエイター

監督も俳優もオスカー獲れなくて話題だった作品、「アビエイター」見て来ました。予告編の後に急にデカプリオがアップになって出てきたのでビックリしました。わざわざデカプリオがご挨拶してくれるなんておもってなかったので急にうれしくなっちゃったりして(笑)しかもデ

CAC映画評:アビエイター

 70年代から始まったマーチン・スコセッシ監督とロバート・デニーロのコンビは、「タクシードライバー」(1976) 、「ニューヨーク・ニューヨーク」(1977) 、「レイジンブ・ブル」(1980)、「キング・オブ・コメディ」(1983)と数多くの作品を生み出してきた。特に、「"Are

『アビエーター』

 すべての夢をつかんだ時、いったい何が見えるのだろう。★第77回アカデミー賞5部門(助演女優賞・撮影賞・編集賞・美術賞・衣装デザイン賞)受賞■監督 マーティン・スコセッシ■キャスト レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ブランシェット、ケイト・ベッキンセール

アビエイター見てきました。

「男のロマンだね」ってなことを一緒に観に行った人の一人が言ってた。あまりにその感想が単純すぎて、ちょっとひいてしまったよ。

試写会感想 アビエイター編 ★★★+1/2★

米良美一(チャッキー人形でも可)に、きれいなジャイアン操作でレオナルド・ディカプリオ。そろそろ単なる色男路線は限界の模様です。「アカデミー監督賞も主演男優賞も作品賞も逃してガッカリ」についてはさておき、観終ってまず思ったのは「3時間では収まらないハワード・

アビエイター

(c) 2004 Miramax Films. All rights reserved.THE AVIATOR2004年 アメリカ作品監督 マーティン・スコセッシ出演 レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ブランシェット、ケイト・ベッキンセール3月中有効の優待券をもらって、何をやってるのかなあと見てみたら、月末ぎ

アビエイター

製作国:アメリカ公開:2005年3月26日監督:マーティン・スコセッシ出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ブランシェット、ケイト・ベッキンセール、ジュード・ロウ、アレック・ボールドウィン、イアン・ホルム、アラン・アルダ2004年度アカデミー賞5部門を受

「アビエイター」 ( The Aviator )

若き日のハワード・ヒューズをレオナルド・ディカプリオが演じるマーティン・スコセッシ監督の最新作「アビエイター」はWhat a gorgeous! What a tremendous! What a marvelous! とでも思わず形容したくなる本当に豪華絢爛な作品に仕上がっている。今や絶版となっ

アビエイター

3/25公開の”アビエイター”。さっそく土曜日に観に行ってきましたぁ~♪この土日限定でレオ様の特別映像(30秒)とサイン入り生写真のプレゼントがあったのでラッキー☆で、映画はというと。難しかった・・・主人公のディカプリオ演じるハワード・ヒューズのことを全く知ら

アビエイター

「アビエイター」の前評判はけっこうよかった。 それにスコセッシもディカプリオも好

アビエイター(2004年。アメリカ)

億万長者であり、冒険家、ハリウッドのセレブでもあるというビッグな人生を送った、ハワード=ヒューズの伝記的映画です。 3時間近い長編なので、どうかなと思いましたが、飛行シーンの迫力や、とにかく舞台の大きさに、その長さを感じさせませんでした。  完璧主義で孤独

億万長者の飛行機野郎 アビエイター The Aviator

The Aviator アビエイター 億万長者の飛行機野郎ハワード・ヒューズの伝説をマーチン・スコセッシ監督が映画化

アビエイター

 「Aviator (飛行士)」は、どう聞いても「エイビエイター」と発音されているが、日本タイトルは「アビエイター」になった。まあそれはいいとして、この映画には正直、かなり期待していた。というのは、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演の「ギャン

アビエイター Aviator 完全解読

アビエイター

 今月、土曜日オール映画観賞「アビエイター」評価 ★★★☆☆ 恥ずかしながら、今までレオナルド・ディカプリオを劇場のスクリーンで観たことがありませんでした。なので、この作品ではじめてディカプリオをスクリーンで拝見。今までにも観る機会...

アビエーター (2004 USA)

すべての夢をつかんだ時、いったい何がみえるのだろう。劇場を去る時に目にした「アビエーター」のキャッチフレーズが、胸に突き刺さってきました。これまでにも読んでいるのに、映画を観終わったらとても哀しいフレーズに変わってしまいました。映画で受けたショックが大き

「アビエイター」の試写会へ行ったのそ

 木曜日に、「アビエイター」の試写会へ行ってきました。今回は、静岡と清水と同日試写会で、1枚ずつしか当選しなかったので、私は清水に、母が静岡の試写会へ行ってきました。静岡会場での告知が出るのが遅かったので、清水会場に応募した人が流れてしまったのか、前から3

「アビエイター」劇場にて

ファボーレ東宝で『アビエイター』を観ました。体調不良のため、劇場での2時間を見るだけの体力の自信が無く自重しておりました。およそ3週間ぶりでございます。復活第1弾が171分・・・無謀だな。主演は『タイタニック』の「レオナルド・ディカプリオ」、共演に「ケイ

【アビエイター】

若き富豪ハワード・ヒューズの夢は、世界的映画監督と航空家。1930年、莫大な予算をつぎ込んだ映画『地獄の天使』を成功させたハワードは、航空会社を買収し、ライバル社パンナムとの探りあいのなか、軍飛行艇ハーキュリーズの開発に乗り出す。1946年、テスト飛行中に墜落し

映画『アビエイター』貴方は何点?

この映画、10点満点なら貴方は何点と評価しますか(^^)?※自分が観に出かけて・・・・・・ ← 後 悔  /  満 足→                   0点□□□□□□□□□□10点※友達が見るか迷っていたら・・・←止める / 薦める →正直、期待して

アビエイター [浅さ転じて面白さとなした大エンターテインメント。好きな台詞はあった?]

好きな・・・っていうか面白い台詞はありました?私は・・・「ミルクだ。ふたを付けて」マザコン・オコチャマ・ダダッコそしてリッチな男の想像を絶する(色々な意味で)物語本物の感動とは違うが、別な意味で身悶えするほどオモシロイ快作だった。多分、この映画、ハワード・ヒ

割り込み***The Aviator***

NYでの食事を書く前に・・・公開日に見てまいりましたレオ様主演「アビエイター」。制作費150億ドルでしたっけ?とにかくもの凄いお金のかかった超大作という期待を胸にシアターへ。本当は私、「アビエイター」よりも「ブリジッド」姉さんのその後の方が見たかったのですがお

アビエイター

たまにはポップコーンを食べながら観ようかと思い、売店でポップコーンのSとドリンクのMを注文すると、同じ値段でポップコーンMとのセットが買えると言われて、お腹があまり空いていないのについついそっちにしてしまいました。それなら全部食べなければいいのですが、そ

アビエイター

ディカプリオがまたまたオスカーを逃して余計に興味が増したので「アビエイター」を観て来ました。レオナルド・ディカプリオ主演作品もマーティン・スコセッシ監督作品も純粋に面白いと思えた事が無いので全然期待をしていませんでしたが、やっぱり今回も同じ。★★根本的に

アビエイター

アビエイター試写会に行ってきました。168分の作品も面白く拝見させていただきました。ただ、ハワード・ヒューズなる人物を私はあまり知らなくて知ってる人だったら、もっともっと楽しく見ることができるんだろうな~と思います。ハワード・ヒューズという人、とてつもなく大

アビエイター。本編はどうだかわかんないけど。

ディカプリオさま主演のアビエイター。ハリウッド黄金期を駆け抜けた男の伝説とか、完璧な飛行機を作ったお話とかコマーシャルトークが聞こえるけれど、今ひとつ何の話か掴みかねています。一つ知っていることは、ディカプリオがオスカー目指して気合を込めて挑んだものの、

映画「アビエイター」(the aviator)を観た

予告編にかなり惹かれてしまった。飛行機が民家の屋根をぶち破る派手なシーンと、珍しく老け役のレオナルドディカプリオ。この映画に関する予備知識といえば、実在の人物をモデルにしてるということだけ。もしかして大作?と期待を膨らませてチケットを購入。派手な予

アビエイター

 ハワード・ヒューズやアメリカにあまり詳しくないことが残念でならなかった。  名

「アビエイター」

見てきました。レオさまの映画。なるほど~、ハワード・ヒューズの生き様がものすごく伝わってくる熱気溢れる演技にビックリしました。う~~ん、レオさま復活というかこれは、なかなかいいんじゃないのかな。最後までレオさまに目が釘付けだったものね。 映画と飛行機

アビエイター

試写会で観てきました~(^^)これ観たから、ハワード・ヒューズがわかるか?って言うと、そこまで細かい所までは…って感じですが、でもある程度こんな人で、こういう事やった人なんだって事はわかりますので、伝記映画としては良い方じゃないでしょうか(^^)レオも若者からお

アビエイター

世の中には、空を飛ぶ事に取り付かれる人が結構いますが、「ハワード・ヒューズ」(ディカプリオ)もその一人だったんですね~。あんな悲惨な飛行機事故にあっても、飛行機の操縦を続けることができるなんて凄過ぎです!!ただ、彼が何故それほど飛行機に、思い入れを入れる

●『アビエイター』 興味深い映画でした!

アビエイター THE AVIATOR★本年度アカデミー賞最多5部門(助演女優賞(ケイト・ブランシェット)/撮影賞/美術賞/編集賞/衣裳デザイン賞)受賞! 1930~40年代、第1次黄金時代を迎えたハリウッドに、アメリカ中がその言動に注目し、熱狂した1人の男がいた。その名はハワー

アビエイター

【映画】アビエイター (★★★★★☆☆☆☆☆)映画監督として飛行家として生きる大富豪のお話。上映時間168分……長すぎる。尻が痛くて痛くて。基本的に上映時間が長い作品は好きではないので満足度やや低め。鑑賞中、だれる事はなかったけれど、疲労感は否めず。ハワー

アビエイター

2005年3月26日公開 アメリカ 169分監督 マーティン・スコセッシ製作総指揮 レオナルド・ディカプリオ、クリス・ブリガム 他脚本 ジョン・ローガン音楽 ハワード・ショア主演 レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ブランシェット、ケイト・ベッキンセイル、ジュード・ロウすべ

アビエイター

映画「アビエイター」の感想です

『アビエイター』。

一足早く『アビエイター』を観てきました。億万長者で飛行家の、伝説的な人物“ハワード・ヒューズ”の半生を描いたものなんですが。正直なところ、ハワード・ヒューズという人のことをまったく知らないし、別に興味もないワタシには、ちょーっと退屈な2時間40分(...

アビエイター

★アビエイター (3月26日公開)レオナルド・ディカプリオ主演アカデミー賞候補作品若き富豪ハワード・ヒューズの夢は、世界的映画監督と航空家。1930年、莫大な予算をつぎ込んだ映画『地獄の天使』を成功させたハワードは、航空会社を買収し、ライバル社パンナムとの探り

アビエイター

アビエイター期待していなかったからか、想像していた以上に面白く観てよかった!独占企業団体をつぶしにかかる新しいアイディアの持ち主、ヒューズ。金と飛行機オタクで 人間的に欠陥だらけで うまく人脈を作れなかったので 大物たちからのいじめ対象となる、、と...

アビエイター

レオナルド・デカプリオが、伝説的な億万長者ハワード・ヒューズの波乱の半生を迫真の演技で演じた。{/hikari_pink/}キャサリン・ヘップバーンを演じたケイト・ブランシェットが似てないのに格好良い。{/heartss_pink/}そのほかにも見どころ満載{/hearts_pink/}2004年 アメ

アビエイター 2004年アメリカ

第77回アカデミー賞5部門受賞作ということで観て参りました。実は劇場に行くつもりはなかったのですが、助演女優賞受賞のケイト・ブランシェットが気になって行っちゃいました。監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ブランシェット、ケ

アビエイター

《アビエイター》 2004年 アメリカ映画 - 原題 - THE AIATOR

アビエイター

レオ様にあまり興味も無かったので観賞予定にしてなかったが、ケイト・ブランシェットが出てる~!ってことで早々と前売りだけは購入していた。上映時間169分・・・長かった、途中ウトウトしてしまい・・最後までたどり着くのに必死。けっして詰まらなかったのではなく

空に固執しつづけた男ハワード・ヒューズの物語 『アビエイター』

1905年に油田の掘削ドリルで儲けたハワード・ロバート・ヒューズと、ダラスの資産家令嬢アレーンとの間に生まれたハワード。幼い頃から母アレーンから伝染病や、感染の話しを聞かされ、いつの間にか潔癖症になっていた。成長したハワードはその膨大な財力を使い、前代未聞の

アビエイターは飛行家、airmanとも言う

「アビエイター」★★★☆レオナルド・ディカプリオ主演ディカプリオはスターの輝きで画面を支配し、見終わって印象に残ったのは、壮大なムダ遣いのお話。自分のやりたいことをして生きていくのが一番の贅沢と改めて実感。食べるために働...

アビエイター

お友達と仕事の後にアビエイターを観に行きました。今回はレディースデーでなく試写会で(笑)ここ数回試写の機会があったのに諸々の都合で行けなかったのでちょっと嬉しかったり・・・。さて、今話題なアビエイターですが、上映時間が2時間48分?でした。・・・・

映画「アビエイター」(以下、酷評です)

 嫁さんと、ディカプリオの「アビエイター」を観に行った。 映画館に足を運ぶのは「オペラ座の怪人」以来、約二ヶ月ぶりだが・・・。  映画情報はこちら しかしこれは、予想を見事に裏切らず、ひどい映画だった。 最初から嫌な予感はしていたのだが。 しかも三時

劇場シネマ鑑賞:アビエイター

何とも暇な休日になりました。ホントやる事がなくて、また映画館に足を運んでしまいました。最近行動パターンが一定化してきた様な?・・・これは危惧の念を抱くべきか(^^;アセアセ3時間の上映時間は、いい時間潰しになり...

『アビエイター(Aviator)』

『アビエイター』若き大富豪ハワード・ヒューズ、彼は映画監督であり飛行士。莫大な予算をつぎ込んだ映画『地獄の天使』を成功させた後、航空会社を買収し、ライバル会社と探りあいつつも、軍用飛行艇ハーキュリーズの開発に乗り出す。しかし新型機のテスト飛行中に墜...

最新映画リンク!(できるだけ公式サイト)パート1

かってに映画リンク 2005年4月最近映画見てないなーと思いちょっと調べてみました。できるだけ公式HPにリンクです。徐々に増やしていきます。古い(現在公開してないのも含みます。トレーラーとかが気になるんで・・)配給は基本的に日本の配給会社です。(かぶってる映画あ

試写会/映画(アビエイター/主演:レオナルド・ディカプリオ)

2005/01/25(火)に映画『アビエイター/主演:レオナルド・ディカプリオ』を観ました。今日はその感想。 感想:「レオナルド・ディカプリオ」ファンの皆様すみません、つまらなかったです。『コラテラル』で悪役を演じたトム・クルーズのような、ちょっとした違和感を感じ.

『アビエイター』映画批評14

(ネタバレ注意) 長尺でありながらテンポの良い伝記映画です。見どころ満載で3時間近い時間を飽きさせずに見せてくれました。脚本も見事だと思いますけど、素材であるハワード・ヒューズの生き方がそれだけ劇的だったということでしょうね。また他の作品もそうですが、ス

アビエイター

一方で大作映画を撮りながら一方で誰もが創造もしえなかった飛行機を創造する。その正体は親の莫大な遺産をもつ潔癖症の男。マーティンスコセッシ監督との2作目っていうことですが、じつはギャングオブニューヨークは観ていません何故だか触手が動かなかったんで...

アビエイター

親の遺産を引き継いで大金持ちになった青年ハワードヒューズ。チャレンジ精神旺盛な彼は、その莫大な遺産をつぎこみ自ら監督を務める航空映画の製作、航空会社の買収など次々に成功を収めるが・・ハリウッド女優との愛の終わり、仕事でのプレッシャーなどさまざ...

アビエイター

 今年観た作品の中でも、指折りの傑作でした。  ある時は試作機のパイロットとして飛行速度や滞空時間に

映画: アビエイター

邦題:アビエイター 原題:THE AVIATOR 監督:マーティン・スコセッシ

アビエイター

実は昨日映画大好きモードになって朝から見に行きました。この映画でケイト・ブランシェットがアカデミー賞を獲ったのでその演技に期待して行ってまいりました。主演ノミネートされてたディカプリオですが…実はおまけ程度に思ってました←失礼だって...

アビエイター

富豪ハワード・ヒューズの半生を描いた伝記映画。主演はレオナルド・ディカプリオ。監督がマーティン・スコセッシ。アカデミー賞こそ逃したものの、ゴールデン・グローブ賞を受賞したらしいですね。完全にネタバレになりますけど、一言でいうと「飛行士」の話です。

アビエイター

アビエイター、観てきました。長い、とにかく長い、三時間弱。

アビエイター

 平日招待券をいただいたので火曜日に三宮東映プラザで"アビエイター"を見てきた。レディースデイではあったが公開からだいぶ経っていることもあってか、広い劇場にもあまり人は入っていなかった。 主人公で大富豪、伝説の飛行家、映画監督であるワード・ヒュー

「アビエイター」 ~全ての夢を掴んだ男~

本年度のアカデミー賞で、最多の5部門を受賞した映画「アビエイター」を見て来た。タイトルのAviator(実際の発音は「”エイ”ビエイター」なのだが。)とは「飛行家」の意味で、主人公のハワード・ヒューズ氏が大富豪で在ると同時に、飛行家で在った事から来ている

アビエイター

アメリカ人なら誰でも知っているという前提で作られた感のある「アビエイター」です。実際、ハワード・ヒューズはアメリカではメジャーな方らしいですからね。日本人には馴染みが浅いのでどうもピン!とこないです。冒頭から知っていて当たり前!的な作り方で予習もせずに

アビエイター

公式HPはコチラ先週の日曜日に吉祥寺で、しかも、朝イチの回で見ました。吉祥寺といえば井の頭公園でお花見する人が多いですからね~、ちょうど桜も満開でして、おかげさまで映画館はお客さんもまばら。そりゃそうですよね~、なにも年に一回しか見られない桜がきれいな時期

アビエイター 2005-03-31

原題:AVIATOR邦題:アビエイター時間:169分公開:2004製作年度:2005製作国:アメリカ配給:ヘラルド製作総指揮:レオナルド・ディカプリオ 、クリス・ブリガム 、リック・ヨーン 、リック・シュウォーツ 、コリン・コッター 、ハーヴェイ・ワインスタイン 、ボブ・ワイン

『アビエイター』

      THE AVIATOR   '04・アメリカ・169分   '04ゴールデン・グローブ   主演男優、音楽賞受賞   '04アカデミー助演女優、撮影、   美術、衣裳デザイン、編集賞受賞   オフィシャル・サイト   アビエイター@映画生活鑑賞前NOVさ...

アビエイター

水曜日は¥1000で映画が観られるから映画を観よう、ということになり、水曜の夜に『アビエイター』を観た。◇ハワード・ヒューズは流石にしぶとい。したたか。◇この種の人間は、"all or nothing"の人が多い。極端から極端へ。◇「お金に興味がないのはもう十分に

「アビエイター」

 2004年/アメリカ 監督/マーティン・スコセッシ 出演/レオナルド・ディカプリオ     ケイト・ブランシェット     ケイト・ベッキンセール アカデミー5部門受賞作品。 実在した大富豪ハワード・ヒューズの人生を描いてます。 2時間49分もの大作。正直

THE AVIATOR

THE AVIATOR(アビエイター)本日マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演のアビエイターを観てきました。(今頃なんですけど。)アビエイターファンの方ごめんなさい。(最初に誤っちゃう。)3回ほど真剣に途中で席を立とうという葛藤と戦ってしまいまし

アビエイター

《あらすじ》若くして亡き父の莫大な遺産を相続し大富豪となったハワード・ヒューズ。1927年。彼は21歳の時に、その莫大な財産を使い、航空アクション映画「地獄の天使」を作った。細部にまでこだわる完璧主義者のハワードは、理想的な雲が出るまで数ヶ月も待つ徹底ぶり。や

アビエイターを観て

 昨日はレイトショーで「アビエイター」を鑑賞。相当眠かったせいもあり、前半の10分ぐらいは不覚にも眠ってしまった。  もっともストーリーで非常に重要な冒頭の部分はもちろん起きていましたが・・・(笑)  結論から言えば、長い映画だが、まだ少ないくらいではなか.

アビエイター(新映画日記の転用ですm(__)m)

3時間の長編なので、飽きっぽい私に大丈夫だろうか?と思いつつ見てきました。大丈夫でした。ずっと引っ張られて見てましたよ。両親の遺産を引き継いだ石油王、富豪のハワード・ヒューズ(レオナルド・ディカプリオ)は莫大な財産を投じて飛行機映画を撮り、新型飛行機の開発

アビエイター

5.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)個人的にはもの凄く当たりと外れの差が激しいマーティン・スコセッシ監督の作品ですが、これは残念ながら外れでした。どーも分かり難い心理描写をふんだんに盛り込まれるとダメみたいです。名作と言われている『タ

映画『アビエイター』貴方は何点?結果報告!

いつも 『この映画、貴方は何点?』 にご協力いただきありがとうございます!今回ご報告させていただくのは、今年前半のアカデミー賞を大いに賑わせた話題の作品『アビエイター』。期待された主演~や監督賞はことごとく逃してしまいましたねぇ…残念でした。ちなみに主なご

『アビエイター』を観た

原題:Abiator監督:マーティン・スコセッシ脚本:ジョン・ローガン出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ブランシェット、ケイト・ベッキンセール 他http://www.aviator-movie.jp/

「アビエイター」

アメリカでは、その名を知らぬものは居ない大富豪ハワード・ヒューズの半生。ヒューズは、18歳で莫大な親の遺産を引き継ぎ、今までの常識を打ち破るアイデアと実行力を武器に、映画産業・航空産業で、事業を拡大する。その勢いたるやまさに飛ぶ鳥を落とす勢い。自身空を飛...

アビエイター

神経症 夢は枯野も 駆け巡る  マーティン・スコセッシ様 貴殿の「アリスの恋」や「タクシー・ドライバー」「ニューヨークニューヨーク」「レイジング・ブル」、大好きです。その頃、ロバート・デニーロ殿を起用されたことで、私は、デニーロ・ファンにもなりました。

アビエイター

2004年 アメリカいやーこんな話とは思わなかった。びっくり。ハワード・ヒューズって本当にこんなにイカれてたの?彼の金持ちぶりはすごい。独裁ぶりもすごい。(なん

アビエイター

今年のアカデミー賞でご贔屓のケイト・ブランシェットの助演女優賞をはじめ5部門で受賞したものの、主要部門の受賞はケイトだけ、という寂しい結果になった「アビエイター」(ちなみに主要部門は「ミリオンダラー・ベイビー」がさらっていった)。★「アビエイター」 20

『アビエイター』*THE AVIATOR

実在したアメリカの大富豪ハワード・ヒューズの波瀾の半生を描いた作品。映画監督として、飛行家としても歴史にその名を残した。ハリウッド女優たちとの華麗な恋愛も彼の夢とロマンの人生を語る

「アビエイター」

親の遺産を継いで若くして大富豪になったハワード・ヒューズの波乱に満ちた人生を描いた伝記。3時間は長いと思って敬遠してたのですが、それでも人生半ばまでしか描ききれなかった、もう少しカットして晩年まで見たかった。【ネタバレです】   ↓ずっと眉間にシワが・・

「アビエイター」

4/2 Tジョイ大泉 にてきらびやかで豪華な映像でつづられた偉大なる奇人列伝であります。監督:マーティン・スコセッシ出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ブランシェット、ケイト・ベッキンセイル、ジュード・ロウ、アレック・ボールドウィン、ジョン・

アビエイター

4月1日の映画の日の2本目。見たかった「鉄人28号」と「香港国際警察」の間がすごく時間があったので、時間つぶしがてらに鑑賞。これまた少人数(20人もいたか?)。そんなに期待はしてなかったのだが、結構面白かった。上映時間2時間48分だが、そんなに長く感じなかった。...

「アビエイター」

 昨日は木曜、名古屋地区レディースデーということで映画です☆「ロング・エンゲー

アビエイター

THE AVIATOR 松竹 アビエイター 通常版 [監督]マーティン・スコセッシ [出演]レオナルド・ディカプリオ?   ケイト・ブランシェット    ケイト・ベッキンセイル    ジュード・ロウ    アレック・ボールドウィン    ジョン・C・ライリ

アビエイター

すべての夢をつかんだ時、いったい何が見えるのだろう。18歳で亡き父の石油掘削機の事業を引き継ぎ大富豪となったハワード・ヒューズ。1927年、21歳の彼は、その莫大な財

アビエイター

アビエイター プレミアム・エディションアビエイター 通常版アビエイターアビエイター(スコア)アビエイターおすすめ度:★★★★ この映画は、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ製作&主演で、銀幕と大空への夢を追い続けた実....

The Aviator (2004)

【邦題】アビエイター【Cast】Leonardo DiCaprio, Cate Blanchett, Kate Beckinsale, Gwen Stefani, Adam Scott 【Director】Martin Scorsese 【Length】2 hrs. 49 min.【Genres】Drama and Biopic【Story】実在したアメリカの大富豪ハワード・ヒューズの波瀾の半生を描いた

映画『アビエイター』

原題:The Aviator時代は1920年代から1940年代、大富豪ハワード・ヒューズが、映画と飛行機という二つの夢を追った波乱の半生が綴られる伝記の物語・・・。 ハワード・ヒューズ(レオナルド・ディカプリオ)は16、18歳にして母、父を失い遺産を引き継ぎ大富豪と

映画「アビエイター」

映画「アビエイター」 2004年アメリカ「アビエイター」とは「飛行家」という意味。この映画は、ちょうど第二次世界大戦前後の時期に実在していたアメリカの大富豪ハワード・ヒュ

「アビエイター」~飛行家であることにこだわった男

2004年アメリカ監督/マーティン・スコセッシ出演/レオナルド・ディカプリオ ケイト・ブランシェット   ケイト・ベッキンセイル ジュード・ロウ アレック・ボールドウィン1927年アメリカ。21歳のハワード・ヒューズ(レオナルド・ディカプリオ)は、遺産を元にさら..

アビエイター

  評価:★2点(満点10点)監督:マーティン・スコセッシ主演:レオナルド・デカプリオ ケイト・ブランシェット    ケイト・ベッキンセール ジュード・ロウ2004年 126min20歳を過ぎたばかりの長身の美青年ハワード・ヒューズは...

映画 vol.24 『アビエイター』*DVD

『アピエーター』*DVD監督:マーティン・スコセッシ(「ギャング・オブ・ニューヨーク」)出演:レオナルド・ディカプリオ(「キャッチ・ミー・イフユー・キャン」「タイタニック」)   公式サイト◇ストーリー大富豪「...

アビエイター

本作はハリウッドの歴史に刻まれている、アメリカの大富豪ハワード・ヒューズの波乱万丈な半生を絢爛豪華に描いた伝記ドラマ。映画の都、ハリウッドが一番華やかだった頃の裏側を覗いてる気分になります。あらすじは・・・18歳で亡き父の石油掘削機の事業
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。