1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダーク・ウォーター

★本日の金言豆★
ルーズベルト島:ニューヨークのイースト・リバーにある約3.5kmの細長い島。コンクリート打ちはなしの似たような建物が立ち並ぶ殺風景さで、雨の中車を走らせるとあの世に迷い込んだような気分になると言われる。


2006年5月26日発売
 原作である邦画版「仄暗い水の底から」も、鈴木光司原作&ジャパンホラーの面目躍如、背筋の凍るすさまじい精神的恐怖をもたらす第一級のホラー映画でした・・・。
 主演のベテラン黒木瞳の上手さもさることながら、いかにも何かが潜んでそうな、物陰から何かが出てきそうな恐ろしい雰囲気のマンションを舞台に繰り広げられた恐怖演出が秀逸。
 ああいうマンションって、未だに日本のあちこちにバリバリ現役でありますからねえ、日本の風情にあまりにもマッチしてて余計に怖かった。

 アメリカにもそういう、見た目の雰囲気からして気色悪い建物ってのは結構あるようで。本作の舞台となる古びたマンションも、日本版に負けず劣らぬおどろおどろしい雰囲気がバッチリ醸し出されていて、この時点でかなり好印象。

 全体的にはしかし、ホラー映画というよりも、死者の霊も絡んだ親子三代(?)の感動ドラマというテイスト。直接的なホラー的描写は極力抑えられ、登場人物、特に主人公のダリア(ジェニファー・コネリー)の少女時代のトラウマや、夫婦関係、親子関係に思い悩む心情に焦点をあてて描いており、それが恐ろしくも物悲しいラストに繋がる見事なまでの伏線でもあり、作品全体に深みを持たせるストーリーラインでもあります。

 特に、日本版とはちょっと違うラストには正直感動。ダリアの娘セシリア(アリエル・ゲイド)のあどけないながらも堂々とした爽やかなキャラクターが、娘を愛しぬいた母親の心情をより強烈に際立たせる効果を発揮しており、思わず涙せずにはいられません。

 ホラー映画として、オリジナル日本版の恐怖を超えたか!?と言われれば疑問かもしれませんが、原作の骨子となるコンセプトは忠実に踏襲しつつ、ハリウッド版ならではのテイストを持たせ、見事に別作品として生まれ変わった感のある本作、これはリメイク作品の立派な成功例として挙げられるんじゃないでしょうか。

 しかし余談ですが、本作のオフィシャルサイト、コンテンツの中身を見るたびにいちいちエレベーターに乗せられて廊下を歩かされる、カッタルイ作りは甚だいただけません。誰だこんな無駄に凝ったつくりにしたのは!?もっとサクサク見れるようにしてくれ~
 オフィシャルサイトには情報を求めに来てるんですからねえ・・・

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

dark_water_book.jpgダーク・ウォーター 角川ホラー文庫
2005年10月25日発売

ダーク・ウォーター
監督:ウォルター・サレス
原作:鈴木光司(角川ホラー文庫)
音楽:アンジェロ・バダラメンティ
出演:ジェニファー・コネリージョン・C・ライリーピート・ポスルスウェイト
2005年/アメリカ/東宝東和/105分

まだまだお美しいジェニファー・コネリー

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : オススメの映画 - ジャンル : 映画

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ダーク・ウォーター」やっと公開!でも謎だらけ!!

 「ダーク・ウォーター」(東宝東和)は、ジャパニーズ・ホラー「仄暗い水の底から」(02)のリメイク作品!日本版での黒木瞳

映画 ダーク・ウオーター

ダーク・ウォーター 解説: 『モーターサイクル・ダイアリーズ』のウォルター・サレス監督がハリウッド進出第1作目に選んだのは、日本のホラー『仄暗い水の底から』のリメイク。徐々に恐怖のドン底に追い込まれて行くシングルマザーをオスカー女優、ジェニファー・コネリーが

ダーク・ウォーター

悲しい愛のドラマに泣いてしまいました・・・

ダーク・ウォーター

親子の愛に重点をおいたストーリーは良かった。声をあげて驚くような怖さはないけど精神的にくるものはあります。ラスト15分の展開はとにかく切なかったです。

映画: ダーク・ウォーター

邦題:ダーク・ウォーター 原作:「仄暗い水の底から」鈴木光司 原題:DARK W

映画「ダーク・ウォーター」

公開当日劇場で観ました。中田秀夫監督の「仄暗い水の底から」をハリウッドでリメイクした作品。「仄暗い水の底から」は観ていないで内容は知らないですが、監督がウォルター・サレスで、ジェニファー・コネリーが出演しているので観ました。公開当日なのに客数が全員で11名

ダーク・ウォーター

 またJホラーのリメイクかいな・・・と、ナメてかかっていた。エンディングを迎えたとき、仄かに涙が頬を伝わるのを感じた・・・もちろん黒い涙・・・(海賊盤撲滅!) 元々はホラー映画なのにウォルター・サレス監督の手にかかると、主人公ダリア(ジェニファー・コネリ

ダーク・ウォーター

オフィシャルサイト → ダーク・ウォーター離婚調停中のダリアは、最愛の娘セシリアの親権を得るため、家賃の高いマンハッタンを離れ、集合住宅がひしめく殺伐としたルーズベルト島の、古びたアパートへ引っ越した。暗く不気味な建物に違和感を覚えつつ、新生活を始めたダリ

映画館「ダーク・ウォーター」

鈴木光司原作、中田秀夫監督の「仄暗い水の底から」のハリウッドリメイク版ということで、先に「仄暗い水の底から」を観ておきたかったのですが、レンタルDVDに無くて結局こちらを先に観ることになりました。これは、ホラーになると思うのですが全然怖くは無かったで...

ダーク・ウォーター

子への愛 親になっても 子は鏡  ホラーもたまにはいいわねえ。でも、最近のホラーって、ホラーファンからすれば、大人しいかもしれないし、展開に意外性が乏しいかもしれないわね。そこに心理学というか、精神医学がというか、現代人の病巣を垣間見させてくれるので、甚

ダーク・ウォーター

本日は鈴木光司原作、中田秀夫監督の『仄暗い水の底から』のニューヨーク版のリメイクを見に行くことにしました。原作も日本版も知らないのですが・・・離婚調停中のダリアは、最愛の娘セシリアの親権を得るため、家賃の高いマンハッタンを離れ、集合住宅がひしめく殺...

ダーク・ウォーター 評価額・950円

●ダーク・ウォーターをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 離婚後、新たな人生を踏み出す

ダーク・ウォーター・・・・・ジェニファー・コネリー

今週は毎日映画館に通ってます(笑)今日は、ダーク・ウォーターを上映している映画館がレディースディ。いざいくぞ!!ところがね、今度こそ、私一人でした!ホラーを一人で見るって恐いですよね~?^^;)☆ダーク・ウォーター☆(2005)ウォルター・サレス監督ジェニ...

○ダーク・ウォーター/母と子

NYのルーズベルト島、ダリア(ジェニファー・コネリー)は、夫と離婚調停中、娘のセシリア(アリエル・ゲイド)を連れこの場所に引っ越してきたーー、2人の新たな生活は順調のはずだったーー。NYとは思えないほど暗くじめじめした街、最初から最後まで雨ばかり降っていまし

ダーク・ウォーター-映画を見たで(今年150本目)-

監督:ウォルター・サレス出演:ジェニファー・コネリー、アリエル・ゲイド、ジョン・C・ライリー、ティム・ロス評価:89点(100点満点)公式サイトそんなひどい・・・。たまたまあのボロマンションに住んだだけじゃないか。ジェニファ....

ダーク・ウォーター

『セントラル・ステーション』、『モーターサイクル・ダイアリーズ』を監督したブラジル人、ウォルター・サレスが、日本のホラー映画、中田秀夫監督の『仄暗い水の底から』をリメイクした作品。 この『モーターサイクル・ダイアリーズ』を見逃して大後悔してんだよね(ーー

「ダーク・ウォーター」観賞

今日は、火曜日がレディスディのシアターで、会社帰りに、ダーク・ウォーター観賞しました。最近は、ホラーとか観ていなかったのですが、リング、リング2とか同じような作品かと思ってましたら、違いましたね。ホラーですが、実際に怖いものは、ほとんど出ません...

『ダーク・ウォーター』

昨日、金曜ロードショーで『仄暗い水の底から』をやっていたので思わず観てしまいました。古いアパートに引っ越してきたシングルマザー:黒木瞳が、身の回りで次々と巻き起こる不気味な怪奇現象に悩まされる、というお話。公開当時は“泣けるホラー”という触れ込みでそこそ

『仄暗い水の底から』の米国版リメイク『ダーク・ウォーター』

やっとウチの幼い娘の調子が良くなったと思ったら、今度は下の娘が目を真っ赤に充血させている……!なかなか二人揃って万全の体調にならない。子供の不調は、それだけで親の精神状態に影響を与える。でも一つだけ、安心できる材料もできた。「食べたらすぐ吐く」とい

「ダーク・ウォーター」

「ダーク・ウォーター」 草月ホールで鑑賞試写会では初草月ホールです。通いなれたこの場所。1週間に3回ぐらい通るんだなこの道。246じゃないですよ、脇道。だってねえ、ハッシーのおうちから150mくらいしか離れてない。あまり関係ないか。どうやら今週はホラー週

ダーク・ウォーター

「ダーク・ウォーター」★★★★★(中劇3) 2004年アメリ

ダーク・ウォーター

5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)『仄暗い水の底から』のハリウッド・リメイク版です。最近ではすっかり邦画を観なくなったワタクシはもちろんオリジナル未見。なので予備知識一切なし。知っているのはホラーって事ぐらいでした。ま、ホラーに

ダーク・ウォーター (Dark Water)

監督 ウォルター・サレス 主演 ジェニファー・コネリー 2004年 アメリカ映画 105分 ホラー 採点★★★ またリメイクです。ハリウッド映画がリメイクばかりなのは今に始まった事ではないのですが、ことホラーに関してのリメイク数は尋常じゃない状態に。僅かな権利料で確実

ダーク・ウォーター 06年125本目

ダーク・ウォーター2005年  ウォルター・サレス 監督ジェニファー・コネリー , ジョン・C・ライリー , ティム・ロス , ピート・ポスルスウェイト途中で見るのやめようかと思った、、、

【洋画】ダーク・ウォーター

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B+(演技4/演出3/脚本3/撮影4/音響3/音楽2/美術4/衣装3/配役4/魅力3/テンポ3/合計36)『評論』鈴木

ダークウォーターって怖いの?

ホラー映画洋画ホラー映画初心者のすけきよです。chibisaruさんオススメのダークウォーター見てみました。

「ダーク・ウォーター」

そろそろディカプリオの新作「ブラッド・ダイヤモンド」が公開に・・・そこに出ているジェニファー・コネリー繋がりで見てみることに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。