1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イン・グッド・カンパニー

2005年11月25日発売
 「シン・シティ」のミッキー・ロークといい、「デイ・アフター・トゥモロー」以降のデニス・クエイドといい、一昔前の中堅どころスターの復活が最近ちらほら目立ちますね。
 日本では、これからますます高齢化社会が進むっていうのに、2007年問題と称して団塊の世代の大量定年退職を規定路線として連日報道し、技術継承などいろんな問題点は指摘されてはいるものの、労働人口の若返りばかりがもてはやされる傾向がある気がします。
 温故知新、古きをもって新きを知る、ベテランの経験と英知を大事にし、学ぼうとしない姿勢に未来があるとはあまり思いたくありませんが、残念なことに、先達を「老害」と切り捨ててはばからない山師が資本を握り世を渡るのがまかりとおるのもまた現実。
 そんな昨今、一般社会よりもさらに浮き沈みが激しい映画界でのベテランの復活は、素直に勇気付けられるものがあり、応援したくなります。

 本作は、シナリオ的にもまさにそんな世相を反映した内容。
 ベテラン管理職だったデニス・クエイドが、会社が買収されて送り込まれてきた若造社員トファー・グレイスに職場を牛耳られ、さらに愛娘スカーレット・ヨハンソンまでもってかれてしまうという踏んだり蹴ったり状態に陥るものの、己の意地とプライドと、ベテランならではの英知で乗り越えていこうとする物語。

 基本的なノリはコメディなので、展開に少々ご都合主義的な部分が見受けられるのはご愛嬌。デニス・クエイドの、仕事と家庭に思い悩みつつも全力で取り組む父親ぶりもいい味出してますし、若造社員役のトファー・グレイスも決してバリバリのキャリア然とした冷徹なキャラでなく、プライベートでは思うにまかせないダメ男。
 互いに排除しあうよりも、相手を尊重し補い合えば、よりよい結果を出すことも可能になる。間違いなく高齢化社会を迎えるこれからの世の中のあり方に一石を投じるような作品です。

●オススメ度●
★ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

イン・グッド・カンパニー
監督、脚本:ポール・ウェイツ
出演:デニス・クエイドスカーレット・ヨハンソントファー・グレイスマージ・ヘルゲンバーガー、マルコム・マクドゥーエル
2004年/アメリカ/109分

がんばれデニス・クエイド!

スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イン・グッド・カンパニー

デニス・クエイド,トファー・グレイス,スカーレット・ヨハンソン主演デニス・クエイド演じるダンは雑誌社のマーケティング重役として何不自由無い生活を送っていたのですがある時IT産業の吸収合併に遭いその役職を失ってしまうどこかの国でもラジオ会社がIT産業に・・・なん

イン・グッド・カンパニー

In Good Company2004年 アメリカ結構気に入りました。こういうの好きです。監督は「アバウト・ア・ボーイ」のポール・ウェイツ。ストーリー:順調なサラリーマン人生を送って

イン・グッド・カンパニー

この映画がどうして劇場未公開なのか?と疑問を投げかけたいのだが。DVD発売記念試写会で見てきました。デニス・クエイド、スカーレット・ヨハンソン主演の「イン・グッド・カンパニー」スポーツ雑誌社で広告部長を務めるダン(デニス・クエイド)は、この道23年のベテラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。