1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE JUON/呪怨

★本日の金言豆★
サラ・ミシェル・ゲラーのギャラは200万ドル!

2005年7月22日発売
 バンパイアキラーも随分偉くなったもんです。(=´∇`=)
 ちなみに、ジェームズ・キャメロン総指揮のTVシリーズということで日本でも鳴り物入りで放映されながら視聴率が大コケし、放映時間変更、セカンドシーズンはエピソードを端折って放映するなどスッタモンダした「DARK ANGEL」主演のジェシカ・アルバは、300万ドル!w(☆o◎)w
 いつのまにそんなに偉くなってたんでしょう・・・

 「THE JUON」、全米では初登場から2週連続1位、日本人監督作品初の興収1億ドル突破!という快挙をなしとげておりますが、日本では初登場9位と、地味というより厳しいスタート。「着信アリ2」とのバッティング、そもそもこのクソ寒い時期にホラーはアリ?等いろいろ原因はありそうですが、我々日本のファンにとっては「日本版といっしょじゃん!」というのが大きいかもしれません。

 もともと「呪怨」は、ビデオ版、映画版とも、死者の怨念がこもった「家」に入った人が片っ端から呪われていくという話で、短いエピソードの積み重ねで全体のストーリーが構成されており、メインキャストも作品ごとに変わってるわけですが、今回はそれが「パツキン女優」に変わっただけという感じ。
 舞台セットはもちろん、ストーリー構成や演出もこれまでの日本版とほぼ一緒。まあそもそも監督が一緒だし、撮影も日本でやったそうですから・・・
 しかし「恐怖」ネタが過去作品と多々かぶってるのはいかがなものかと・・・。「ハリウッドの金と女優を使った「呪怨」シリーズの総括版」みたいな作品です。
 あちらではさぞ新鮮な恐怖だったろうと思いますが、日本のファンにとっては物足りなさは否めません。

 噂によると日本公開版には、「怖すぎる」というスタジオの意向で全米公開版に盛り込めなかった激コワシーンを新たに加えるなど手直ししてる部分があるらしいんですが、まあどうでもいい感じ。

 しかし、日本人監督作品の全米での快挙には、素直に拍手したいですね!(≧∇≦)ъ

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

THE_JUON/呪怨THE JUON/呪怨 サウンドトラック
2005年1月19日発売

THE JUON/呪怨
監督:清水崇
出演:サラ・ミシェル・ゲラージェイソン・ベアビル・プルマン
2004年/アメリカ/1時間39分/日本ヘラルド映画、クロックワークス

世界に羽ばたく清水崇監督作品

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

COMMENTS

こんばんは。

はじめまして、TBありがとうございました。こちらからもTBさせて頂きました。
個人的にはわりと気に入った作品でした。初めて劇場版「呪怨」を見た時、ビデオ版を見てなかったので、怖さよりも話が意味不明なのが勝ってしまったのを覚えてます。それに比べると、「THE JUON」はこの1本を見れば話を全部理解できるので、完成度はなかなかだと思います。
まぁあくまで、「呪怨」のリメイク版として面白い…って評価なので、やっぱり「呪怨」の方が好きですけど。

こちらも。

TBさせて頂きました。
私はホラーに滅法弱いので、ほとんど画面を正視出来ず、十分にホラーを堪能?しました。
でもこれを観たら、案外その後平気になってきて、やっぱり想像している時間が一番こわいのだと改めて思いました。だからこれからは、むやみに怖がらず、観る事にします。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

THE JUON 呪怨

監:清水崇 出:サラ・ミシェル・ゲラー ジェーソン・ベア  6点 この作品、資本や主演俳優はアメリカなんだけど、もう、アメリカ映画なんだかアジア映画なんだかわからない感じ。やっぱ、バージョンアップしてきただけのことはあって、怖がらせるところは凄いで

The JUON 呪怨

「The JUON 呪怨」の予告編。カメラワークやカット割まで「呪怨」そのまんま。あまり期待していなかったが、ホラー映画は好きなので、やはり見てしまう。 さて劇場に入る。ギリギリ来たせいもあって、もう上映開始まで数分しかないので、ドダドタとあわてて場内に入る

THE JUON/呪怨

呪怨初体験です。昨今のJホラーなどの時流に乗った素晴らしく怖い作品でした。そろそ

THE JUON/呪怨 (劇場)

 お休みなので、お出かけついでに映画鑑賞も。先日、「王様のブランチ」かなんかで特集してるのを見て急に見たくなった「THE JUON/呪怨」を見てきました。ホントは劇場にはあまり見に行く気は無かったのですが…「THE RING」はあんま面白くなかったし。 で。感想としては、

コワさむ!「THE JUON 呪怨」

シネマスクランブルにて当選。銀座ガスホール。この手のホラー映画が苦手で、予告編も目を伏せて見ないようにしてきた。TVCMも、何であんなに頻繁にやるのかと頭にくるほど。初めの音や画面を覚えて、絶対に画面を見ないように。少し前によくやっていた「着信アリ2」は、初め

映画「THE JUON 呪怨」(2004米)

監督:清水崇 製作総指揮:ジョー・ドレイク 、ネイサン・カヘイン 、カーステン・H・W・ロレンツ 、ロイ・リー 、サム・ライミ 脚本:スティーヴン・サスコ 音楽:クリストファー・ヤング 出演:サラ・ミシェル・ゲラー 、ジェイソン・ベア 、ウィリアム・メイポーザー 、

バカと恐怖はつかいよう。その2

建築家とマーケティングのカテゴリーの中のバカと恐怖はつかいようその1。で予告しちゃった、7つの恐怖を考えようってやつを大雑把だけどいっちょう、ぶっぱなしたい。こりゃーけっこう続きもんなんで、できれば、建築家とマーケティングのカテゴリーの最初から読んでもら..

サラ・ミシェル・ゲラー -THE JUON/呪怨-

ハリウッドのリメイクということで、あまり、期待もせずに観た、「THE JUON/呪怨 」しかし、オリジナル、「呪怨 」「呪怨 2」の清水崇が監督をするので、わずかな期待はしたいけど。まー、こんなもんか。ほぼ、忠実にストーリーがコピーされて、怨念側は、ネーミ

THE JUON/呪怨

『THE JUON/呪怨』 2004年アメリカ/日本(98分)監督:清水崇 出演:サラ・ミシェル・ゲラー   ジェイソン・ベア   ウィリアム・メイポーザー   クレア・デュヴァル   ケイディー・ストリック   ランド   ビル・プリマン...

The Juon 呪怨って怖いの?

ホラー映画洋画ホラー映画初心者のすけきよです。今回はどうせ誰も見てませんからのmy_cecilさんもシリーズすべてのいいとこ取りで大いに楽しめたというハリウッド版「The Juon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。