1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感染/予言

★本日の金言豆★
三上博史、アルバムも出してました!

 こんなときもあったんですね~( ̄▽ ̄;) それが今や、ネタ扱い・・・ちょっとかわいそうな気もしますが・・・

 昨年、二本立てで公開されていたのが記憶に新しいジャパンホラーの佳作が2005年4月1日にはやくもDVDになって登場。
 どちらの作品も、「リング」や「呪怨」のような人の怨念や、霊的なものではなく、ちょっとかわったところに恐怖ポイントを置いているのが特徴。

 「感染」の方はそのものズバリ、さびれた病院を舞台に、正体不明の病原体!?の感染により拡大する恐怖を描いたもの。・・・なんですけどこの病院、違う意味で何も起こらないうちから怖すぎます。
 新米看護婦が寝たきりの患者で血管注射の練習して腕を穴だらけにしてるわ、患者を切り刻んでは縫うのが趣味の縫合マニアの医者がいるわ、認知症のおばあさんが鏡と会話してるわ・・・なんか現実にありえそうなシチュエーションばかりなだけに、けっこうリアルに怖い!
 そして中盤以降、本チャンの”感染”が始まるんですが、全体的に”病院にまつわる”恐怖ネタを盛り込みすぎの感があり、せっかくの大ネタも軸がぶれてしまい、何処で怖がらせたい映画なのか!?良く分からなくなっちゃってるのが残念。
 ともあれ、特に女優陣のオカルトライティング効かせまくりの迫真の演技と存在感は、世界に誇るジャパンホラーお得意のからみつくような恐怖感をバッチリ演出。
 もっと話を絞り込んで整理していれば、もっと怖い話になったのに・・・惜しい佳作です。

 そして「予言」は、”メリージェーンの兄弟”つのだ★じろう原作の漫画「恐怖新聞」を映画化。
 こちらは比較的、話の軸はぶれないですが、恐怖度はいまいちかも?
 恐怖新聞って何?解決法は?そもそも何で三上博史がこんな関わんなきゃいけないの?と、突っ込みどころも満載。
 中盤以降は場面も時間もポンポン転換し、わけわかんなくなるかも・・・。
 しかし「感染」やその他和製ホラーにありがちなグロ映像はほとんど出てこないので、ホラーが苦手な人にも、”ちょっとホラー仕立てなサスペンス映画”っていうノリで気楽に観られそうな作品。

 2本まとめて観ると、グロさと怖さ、話のまとまり方がちょうどいいバランスとれてる気がします。

 オフィシャルサイトに、「予言」に心霊映像が!?なんてやってますけど・・・ほんとですかあ!?ほとんどわかんなかったですけど・・・やらせ宣伝じゃないでしょうね!?

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

感染・予言 サウンドトラックCD感染・予言 サウンドトラックCD

感染
監督・脚本:落合正幸
出演:佐藤浩市高嶋政伸佐野史郎

予言
監督:鶴田法男
出演:三上博史酒井法子吉行和子

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

COMMENTS

TBありがとうございました

はじめまして。たつきと申します。
この度はトラックバックありがとうございます。
「感染/予言」は久々に映画館で見る日本のホラー映画ということで
とても楽しみにして行ったので、かなり肩透かしをくらった気分に
なったのを覚えています。
作り方次第でもう少し恐くできたと思うんですが…残念。

「予言」

「予言」は終盤の展開が意外で、思ったよりも楽しめました。
原作の「恐怖新聞」とは全く違ったものになってましたね。
にしても、自分が三上博史の立場だったら同じことできるかなぁ、と
しみじみ考えてしまいました。

こんにちは。三上博史さんのアルバムに触れてるのに反応した三上ファンです~
去年主演した舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のライブCDが近々発売になるのですが
三上さんの歌声は色っぽくてパワフルでほんとうにすばらしい。
舞台を見て、またまた惚れなおしてしまった次第です♪

コメントありがとうございます

なるほど、まだまだ全然現役で歌ってらっしゃるんですね!
チェック不足でしたm(_ _)m
やっぱり失礼じゃん!「予言」!

こんばんわ~

 「感染」はなんか”頭のおかしい医者のたくさんいる病院”というテーマのお化け屋敷を無理やり映画にしたって感じでしたね~。全員がどこかしらおかしいので逆に感情移入できませんでした。
 「予言」は「世にも奇妙な物語」にありそうな話でしたね。

いまさらですけど。

「感染」は確かに映ってましたよ。作品の最初の方で注射を失敗してる星野さんの首筋に、こちらを向いている女性が・・・。

(合成っぽいですけどねーw)

ゆう様

まじですか!?
う~ん気になる・・・
見なおしてみます・・・こわいけど

TB

ありがとうございました~。
確かに、あの病院は違う意味でも怖かったですね・・・(;´д`)
あんな病院には絶対お世話になりたくないです・・・_| ̄|○
あんなに腕を穴だらけにされてたまるもんですかぁぁ!って感じですね。
気味の悪い映画でした・・・('A`)

また機会がありましたら、TBさせて頂きますね(`・ω・´)

あん様

こちらこそ、ありがとうございました。
怖いというより、気色悪い映画でしたねえ(^^;
よろしくお願いします~♪

この映画、ホラー苦手の僕にとってはちょうどいい怖さでした。たまーに怖いものみたさで見てしまうんですよね~ホラーって。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

感染

「怖い」というよりは、「気持ち悪い」というのが感想。前振りの展開が非常に長く(不...

映画「予言・感染」を観た。

2本だてホラー映画。先月映画館でチラシをみつけてから、ずっと観たいと思ってた映画。ほんとは初日に見に行きたかったんだけど。まぁ、いいや。(2004年)9月は映画観っぱなしだった。当たりからハズレまで。ハズレは少ない。たしか「17歳の処方箋」ぐらいだったと思う

「感染」「予言」を見た

本日見てまいりました。 ジャパニーズホラーの2本立て「感染」「予言」。 映画館に入る時に、入れ替わりで出てくる人の顔色を見ていたのですが、 学生ぐらいの男の子が一人で出てきて、ちょっとふらふらした感じで 階段を上って行くのが見えました。 こんなにぐったりしな

感染&予言

感染 プレミアム・エディション感染のほうはなんだかなぁ。。。いまいち把握しきれんかったw人間は脳で物を捉えるから「これは赤」と教えられれば赤にしか見えない。。。本当は違う色かもしれない。その見方が変われば「精神異常者」と決められる。一般常識の捉え方から外れ

感染/予言

 Jホラーシアターって何? っていうことで今回は「感染」と「予言」を観てみましたよ。 たしか劇場では同時上映だったはずですが、DVDでは別売りです。 さてまずは「感染」。 経営状態が悪化し、院長が雲隠れし備品も底を尽きつつある病院で医療事故が発生、挙句の

感染

■ 感染 ( 2004 )こっち来ないで。        本当に怖いのは…日本のホラーを代表する6人の監督が結集し、世界を視野にホラー映画を競作する新レーベル「Jホラーシアター」第1弾。本作は、鶴田法男監督の 「 予言 」 との同時上映によるレーベルである。落ちぶれた

映画「予言」

予言 プレミアム・エディションCMなどで見てずっと見たいと思っていた「予言」を、新作料金ですこし高めでしたが、レンタルしてきました。内容・・恐怖新聞が存在し、誰がいつ死ぬかが載っている。決まった人に新聞が急に届き、未来を知ることができるが、それを死ぬ予定の人

感染

感染 プレミアム・エディションその古びた病院はこのところの経営難が祟り患者たちに満足な治療を施せないでいた。人手も足りず、医療スタッフたちの疲弊も募るなかである患者の容態が急変。医師たちは急いで対応するものミスによって患者は死亡、ことの重大さに大混

感染

三夜連続でホラーです、こんばんわ。もうグッタリ・・・('A`;)以前見た「予言」の同時上映された作品。感染。2004年日本老朽化と経営不振に双方から直面しているとある病院で

CINEMA●STARR「感染」

監督 落合正幸 出演 佐藤浩一、高島政伸、佐野史郎、星野真理、他 感染 プレミアム・エディション 経営が苦しく、外来を受け付けないようになった病院に運ばれた患者から、内臓がとける新たな病気が、病院内に感染していく。     怖すぎない怖さが...

佐藤浩市 -感染-

ちょっと、お気に入り佐藤浩市。TVドラマの「天国への階段」だけだけど。が、主演のホラー映画らしい、感染。ジャパニーズ・ホラーのためにJホラーシアターというの立ち上げたらしい。アメリカでのダークキャッスルみたいな物か。その、製作第1弾。でも、す

予言って怖いの?

ホラー映画邦画ホラー映画初心者のすけきよです。Jホラーシアターの第一弾のもう1作品「予言」見ました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。