1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七人のマッハ!!!!!!!

2006年4月26日発売
 出ました!”ワイヤー無し””CG無し”のキャッチコピーをひっさげ、人は飛びまくるわ、手足燃やすわ、とにかくハチャメチャで命知らずなアクションで度肝を抜いたムエタイ・アクション「マッハ!」のスタッフが再び世に送り出す、ぶっとびアクション映画。

 「マッハ」と名乗ってはいますけど、”燃やされるムエタイ野郎”トニー・ジャー主演作「マッハ!」の続編でもなければシナリオ上のつながりも無い、トニー・ジャーも出ていない、全然無関係な作品。
 パブリシティ上の目論見で「マッハ」を冠したタイトルにしたであろうことは容易に推察できますけど、本作の主演ダン・チューホンがトニー・ジャーの親友というか弟子だってのは本当なんですかね!?何かしらつながり有り気にしたいだけなんじゃ・・・
 ・・・と思ってたら、先ごろ行われた監督や主演俳優の来日記者会見で、ダン・チューホンはトニー・ジャーへのリスペクトをかなり熱く語っていたようで。なるほど~偉大な先駆者というわけですね。

 そのダン・チューホンはムエタイのエキスパート、その他テコンドー、セパタクロー、サッカー、器械体操、ラグビー、体操という7種類のスポーツのエキスパートをタイ中から集めてきたというキャスティングで、それぞれのスポーツを生かしたアクションで敵と戦う、だから”7人”のマッハということらしいです、が・・・
 誰が重要キャラで、誰までがその”7人”なのかはけっこうアバウトな感じ。もちろん公式サイトにはちゃんとそれが書いてありますけど、本作を観ただけでは分かりにくいですね~。
 格闘技であるムエタイやテコンドーはもちろん、器械体操の応用で、鞍馬の要領で回転しながらケリいれたり、鉄棒で大車輪しながらケリいれたりとかはまだ分かりますけど、セパタクローの玉を蹴って敵を倒したり、木の実を蹴って倒したりってのはちょっとどうなの!?まあ見た目は面白いですけど・・・そんなにダメージ与えられるもんですかね!?

 冒頭の、走行するトレーラー上での「マトリックス・リローデッド」ばりのアクションや、終盤のカーアクションなどはさすが「マッハ!」ブランド(!?)の名に恥じないすさまじさ。というか、よく死人が出なかったな~と素直に背筋が寒くなります。トレーラー上でのバトルなんか、こっちは看板どおり”CG無し!”ですからねえ・・・走ってるトレーラーから人バンバン落ちてますけど・・・平気!?
 ジャッキー・チェン映画のエンディングにつきもののNG集は、アクションの失敗NGなども微笑ましくて笑えるんですけど、本作のエンディングのメイキング映像集は、あまりにすごすぎて逆に引きます・・・「今、ジープに轢かれそうになってなかった!?」「あの落ち方、首の骨折れたんじゃないの!?等など、普通に無茶してて・・・
 先の来日会見で、「万全の安全対策をしてるので大丈夫です」とは監督の弁ですが、ホントですかあ!?と老婆心ながら心配になるほど。

 また、けっこう暢気に楽しめるアクション映画だった「マッハ!」と違い、本作のシナリオはけっこう救われないというか、わりとエグイシーンが普通に出てくるんですよね・・・無力な村人たちが悪人に機関銃でバリバリ虐殺されたりとか。なのであんまりファミリーでみるっていう作品じゃあないです。

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

20051202150341.jpg元祖CG無し!アクション無し!「マッハ!」
2004年11月25日発売

七人のマッハ!!!!!!!
監督:パンナー・リットグライ
出演:ダン・チューポン、ゲーサリン・エータワッタクン、ピヤポン・ピウオン
2004年/タイ/ギャガ/95分/PG-12

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

COMMENTS

なんと来年に「マッハ!!!!!!!!」&「トム・ヤム・クン!」のプラッチャヤー監督で、トニー・ジャ-&ダン・チュ-ポン共演作が製作されるそう。そして、ゲーサリンは既に次回作に出演していて、1月にはアクション・コメディーが公開される。彼女曰く、コメディー要素は強いが、「チャーリーズ・エンジェル」のように又もやアクションは身体を張ってると言っていた。12月10日の「バク点」で、記者会見の模様が放映されます。

爽快感が・・・

お邪魔します~♪

昨日、観てきました!アクションは、噂どおり凄い!たぶん、2~3人は死んでるでしょう!(爆)粗いストーリーに目をつぶれば、面白かったです~♪

村人と麻薬団の先頭シーン、ちょっと悲惨でしたねぇ・・・アクションを観終わった後の、爽快感があのシーンでマイナスされてしまった(^^ゞ

はっち様

あれで”演者の安全に配慮してる”とは到底思えない(笑)
今、轢かれそうになってたやん!みたいな・・・
そうなんですよね~虐殺シーンが多すぎ長すぎで・・・

TBさせて頂きます。

はじめまして、TBさせて頂きます。
この映画、いろいろな意味で凄い映画でしたよね。
ちょっと残酷なシーンも多かったですが、
アクションシーンの凄さは本物でした。
最後のNGシーンは、ちょっと引きますよね。

出田(nao)様

はじめまして、ありがとうございます。m(_ _)m
ジャッキーの映画のNGシーンはほのぼのしてて笑えるんですけど、
この映画のはNGシーンっていうより、まじで危険だ!ってことを再確認するためのものって感じですよねえ・・・

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

七人のマッハ! BORN TO FIGHT

ダン・チューボン主演トニー・ジャーのマッハとは全く関係ないアクション映画デューはタイの国家特殊部隊の刑事で麻薬組織を撲滅する為働いていた ある時隊長と共に組織のリーダーを追い詰め捕らえるが隊長は殉死してしまい 自分の責任と考えデューは元気が無いそんな彼を

七人のマッハ!!!!!!

●『七人のマッハ!!!!!!』95分。2005年12月3日公開。『マッハ!』のインパクトあるアクション以降、何んだか気になるタイ映画。今回の『七人のマッハ!!!!!!』もすごそう!が7つあるのも7倍の面白さありって事かな。7人ともスポーツ競技だけど『少林サッカー』...

「七人のマッハ!!!!!!!」

FMホールにて「七人のマッハ!!!!!!!」BORN TO FIGHT試写会。 2003年の「マッハ !」のアクション監督パンナー・リットグライが原作と監督、アクション監督も務める。 「映画撮影中にけが人は1人も出さなかった」と語るパンナー監督。「監督しての25年間通して、アクション

七人のマッハ!!!!!!!  本気のタイ・アクション映画 12月3日公開

 この映画を初めて見たのは昨年の東京国際ファンタスティック映画祭。韓流VSタイ道という韓国映画2本とタイ映画2本立てのオールナイト上映ででした。 あの時は凄かった。本物のオリンピック選手が肉体を駆使して技を決めるたびに、場内騒然、拍手喝采だったもの。とても興

「七人のマッハ!!!!!!!」

「七人のマッハ!!!!!!!」 一ツ橋ホールで鑑賞前作「マッハ!!」を期待して行ったら全く予想外の作品でした。チラシやポスターが前作と同じようだったのでてっきりそっち系だと。何の気なしにお腹をかかえて笑っていればいい…、作品ではなかったのです。前半のカーチェイス

七人のマッハ!!!!!!!

子供達を命がけで守るお爺さんの姿に涙。

『七人のマッハ!!!!!!!』(’04 タイ)

本日は、この前の試写会での大失態と、某シネコンのカードのポイントもたまっていたこともあり、劇場へリベンジ、行ってきたのダ!! ムエタイの達人でもある若手刑事ドュー(ダン・チューポン)は、尊敬する先輩刑事とともに麻薬組織の総元締め、ヤン将軍を追っていた。敵地

7人のマッハ!!!!!!! 評価額・1000円

●7人のマッハ!!!!!!!を鑑賞。 タイ全土からテコンドー、セパタクロー、サッ

「七人のマッハ!!!!!!!」評/七分の一のマッハ!

『七人のマッハ!』(2004 / タイ / パンナー・リットグライ) Text By 百恵 紳之助  なんだかなあ・・・。「マッハ!」がとても良かっただけに期待いていたのだがちっとも面白くなかった・・・。いや別にこの作品は「マッハ!」の続編でもなんでもなくまったく関係ない作品

映画感想「七人のマッハ!!!!!!!」

映画感想「七人のマッハ!!!!!!!」【評価】★★★【根性】★★★★【アクション】★★★★【B級】★★★★【笑い】★★【暴力】★★★★【愛国】★★★【エロ】試写会に行ってきました。良い意味でのB級臭がプンプンしていたのですが、期待を裏....

7人のマッハ!!!!!!!

『七人のマッハ!!!!!!!』監督・脚本:パンナー・リットグライ製作:グラッチャヤー・ピンゲーオ、スカンヤー・ウォンサターバット主演:ダン・チューポン2004年/タイ/95分公式

「七人のマッハ!!!!!!!」@よみうりホール

「NOEL/ノエル」の試写会も昼間によみうりホールであったのですが、そのままこの界隈に残ることなく、いったん会社に幽霊出勤。無事に予定通りの仕事を済ませてまたよみうりホールに戻ってきました。SOTYR 日本語オフィシャルサイトムエタイ、テコンドー、ラグビ

ド迫力のタイ映画『Born To Fight!』(7人のマッハ)鑑賞中

10月27日にhttp://www.ethaicd.com/で注文したトムヤンクンのオフィシャルブックとBorn To Fightが届いたよぉ!はやっ!       Tom Yum Goongのオフィシャルブックは中はモノクロの写真とタイ語ばっかりだよぉ~読めないっ!でも..

7人のマッハ!!!!!!!-映画を見たで(今年168本目)-

監督:パンナーリットグライ出演:ダン・チューポン、ゲーサリン・エータワッタクン、ピヤポン・ピウオン、アモーンテープ・ウェウセーン評価:90点(100点満点)公式サイト「凄いそこまでやるのか」という感動と「お前らアホちゃうか」は紙一...

映画:「7人のマッハ!!!!!!!」の感想

注意:ネタばれ有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。アクション!アクション!アクション!とにかくど派手な肉弾アクシ

試写会「七人のマッハ!!!!!!!」

試写会「七人のマッハ!!!!!!!」開映19:00@よみうりホール「七人のマッハ!!!!!!!」 BORN TO FIGHT 2004年 タイ配給:ギャガ・コミュニケーションズ 監督:パンナー・リットグライ製作総指揮:ソムサック・テーチャラタナプラスート製作:プラッチャヤー・ピンゲ

七人のマッハ!!!!!!!

タイ監督:パンナー・リットグライ出演:ダン・チューポン    ゲーサリン・エータワッタクン    ピヤポン・ピウオン    アモーンテープ・ウェウセーン国家特殊部隊の刑事デューは危険な潜入捜査の末に麻薬王ヤン将軍の逮捕に成功するもその際隊...

【劇場鑑賞】七人のマッハ!!!!!!!

あの、「マッハ!!!!!!!!」を作ったみなさんが、「マッハ!!!!!!!!」を超えるアクション映画!!を作りました。僕たち、私たち最強のアスリート軍団が、己の限界をブチ破ります!間一髪ギリギリセーフだった、危険なスタント!本気で蹴られまく....

「七人のマッハ!!!」安くても情熱入ってます!

「七人のマッハ!!!」★★★☆ダン・チューボン主演パンナー・リットグライ 監督、2004年タイ昨年久々に胸が熱くなった「マッハ!」の名前だけ七倍にパワーアップしたニセモノですが、バッタもんの底力を見せてくれた。出来なんか良くなくても、とりあ...

七人のマッハ!!!!!!!

マッハはどこまで過激になれば気が済むのでしょうか!!!!!!!?この映画は絶対に初めに『良い子のお子様はまねをしないように』なんてテロップを大人向きに出すべきですよ。CGやその他特殊効果なしの演技は凄いんだけど・・・罪のない村人が銃撃戦で死にまくるし、バ...

映画『七人のマッハ!!!!!!!』★★

>映画『七人のマッハ!!!!!!!』★★ 凄い映画がやってきた!!!!!!!ここで注意です。あの『マッハ』の続編ではありません( ̄□ ̄;)ここ、試験にでます。どこの???( ̄□ ̄;)まず、この映画の基礎です。基

似てる題名新作対決2/タイ編『七人のマッハ!!!!!!!』vs『バトル7』

2005年暮れより、2本のタイ映画が全国順次公開されている。いずれもアクション映画で、実際テイストは随分違うのだが、邦題が似通っていて(一方の原題は邦題とまったく違う)、製作スタッフも似たりよったりで、ややこしいので、まず最初に整理しておこう。タイで

七人のマッハ!!!!!!! (Born To Fight)

監督 パンナー・リットグライ 主演 ダン・チューポン 2004年 タイ映画 95分 アクション 採点★★ タイといえば『ランボー3』です。それかハヌマーン。 残念ながらそのどちらも出てきませんが、『マッハ!!!!!!!!』で俄然注目を浴びた“命の叩き売りアクション”は健在です

七人のマッハ!!!!!!!(DVD)

CAST:ダン・チューポン/ゲーサリン・エータワッタクン/ピヤポン・ピウオン 他■タイ産 95分「マッハ!!!!」「トム・ヤム・クン」はトニー・ジャーVS悪い奴だったからアクション映画として楽しめたけど、この映画はいただけなかった・・・。なんせ全然関係ない村の人たち

『七人のマッハ!!!!!!!』 闘うトップアスリート

『マッハ!!!!!!!!』のような、お気楽なコメディかと思ったら、全然関係なく、結構シビアでかなりグロい、アクションムービー。大虐殺だし。腕も体も吹っ飛んでるし。もっとも原題は、『Born To Fight』で、『マッハ!!!!!!!!』人気にあやかろうとした邦題に、問題アリかと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。