1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライシス・オブ・アメリカ

★本日の金言豆★
ヌードルの語源はギリシア語の「nudel:ヌーデル」(サナダムシ・ミミズ

2005年7月22日発売
 よくある”戦争のその後”映画かな!?冒頭、しばらくそんなノリなんですが、どうも話が見えない。前半1時間弱は何のこっちゃさっぱりわかりません
 説明不足で意味不明なうえに、幻覚とも回想ともつかないフラッシュバックシーンが多用され、チョイ役の登場人物も多彩に出てくる為、ついていくのがやっとという感じ。
 中盤から終盤にかけて、やっとこの映画の核心が明らかになって初めて、あ~なるほど、その意味不明さこそが本作の大ネタだから、そんなに親切に説明するわけにもいかんかったのね・・・と納得。

 人は人をどこまでコントロールできるのか?催眠術のたぐいでは人殺しのような本人の倫理観に著しく反するような行為は絶対にさせられないといいます。しかし、マインドコントロール洗脳といわれる手段であれば、それが例え大量殺人であろうとも成し得てしまうことを、はからずもヒゲ面の狂信家が証明してしまいました。

 ベトナム戦争や湾岸戦争そのものや、兵士達のその後の苦悩といった暗黒面を描いた作品は多々ありましたが、そこに国家や大企業ぐるみの大掛かりな陰謀という一風変わった要素を盛り込み、ぶっとんでいるようでその実、現代アメリカを痛烈に風刺しています。

 しかし、ラストはちょっと辻褄が合わないような気が・・・。デンゼル・ワシントンは「人の精神が何よりも強いということだ」なんて説得力あるのか無いのか分からんコメント言ってますが、そういう問題ですかあ!?
 人の精神を機械的、人為的に強制できてしまう怖さ、というのが本作の大ネタなんですから、それを覆すからには、単なるセンチメンタルではなくさらにもう一歩突っ込んだ”洗脳”に対する分析なり新説なりの描写が欲しかったところです。

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

クライシス・オブ・アメリカ サウンドトラックCD

クライシス・オブ・アメリカ
原題:The Manchurian Candidate
監督:ジョナサン・デミ
出演:デンゼル・ワシントン、メリル・ストリープ、リーブ・シュライバー
2004年/アメリカ/2時間10分/UIP

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

COMMENTS

TBどうもです

TBしていただいて、ありがとうございました。
『羊たちの沈黙』の監督が作ったサスペンス、
と聞くと凄く興味が沸きますね。
あまり宣伝はされていないみたいですが。

TBありがとうございます。
僕も、この映画は見る価値ありだと思います。
メリル・ストリープさんがいいですよ~。
あと「24」を面白く見れた方は、大統領予備選くくりで楽しめるかもしれませんね。

TBありがとうございました。
自分はデンゼル・ワシントンが主演してるだけで、半分満足している観客です。
ストーリー展開は面白かったです。
難度の高くて、それでいて判った後はスッキリする謎解きを求めている方には、多少物足りないかもしれませんね。また遊びに来ます。

TBありがとうございました♪
後味の悪い映画でしたが、メリルの演技がすさまじくて
その迫力でみきっちゃいました。
長時間見せきれたのはジョナサン・デミのおかげかも。
リメイクなので、前のと見比べるともっと分かりやすいかも
しれないですね♪

TBありがとうございました

こちらからもTBさせていただきました。
ヌードルの語源は、形状だけなのでしょうか?

TBありがとうございました

TBさせていただきました。
自分もデンゼル・ワシントンの大ファンです。
遡ってほとんど観ましたが、この映画はやはり前半よくわからなかったですね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クライシス・オブ・アメリカ

穴の多い風刺の入ったSF系映画クライシス・オブ・アメリカ(THE MANCHURIAN CANDIDATE)http://www.coa-movie.jp/ 「全てはあなたの知らないところでコントロールされている!」が広告文句思ってた以上に淡々としてましたネタバレ含みの感想文を下に。・・・・・いや欲張

クライシス・オブ・アメリカ

 邦題と予告編だけ見ると、「ジョナサン・デミがアメリカ万歳映画を作ったのか?!」と驚いてしまったのだが、観てみると全く違っていた(汗)。 オリジナルは『影なき狙撃者(1962)』(監督:ジョン・フランケンハイマー)、未見。調べてみると、「朝鮮戦争時、アメリカ軍

クライシス・オブ・アメリカ

原題:「The Manchurian Candidate」(満州の候補者)出演:デンゼル・ワシントン、メリル・ストリープ、リーヴ・シュレイバーこう思うのは、私だけでしょうか?・ タイトルが、原作(『影なき狙撃者』)の時のまま?・ 悩める主人公マルコ(デンゼル・ワシントン)が『戦

クライシス・オブ・アメリカ/真実は何か!

クライシス・オブ・アメリカ1991年クウェート(湾岸戦争)での作戦中、部隊を率いる合衆国陸軍大尉ベネット・マルコ(デンゼル・ワシントン)は夜間奇襲攻撃を受けて、彼は後頭部に一撃を受けて気絶する。その部隊の窮地を救ったのはレイモンド・ショー軍曹(リーヴ・シュレイバ

クライシス オブ アメリカ

公開日 2005年 3月 26日2004年 アメリカ ジャンル サスペンス期待度 ★★★★☆監督 ジョナサン・デミ製作総指揮 スコット・アヴァーサノ 脚本 ダニエル・パイン音楽 レイチェル・ポートマン、ワイクリフ・ジョンキャスト デンゼル・ワシントン、メリル・スリープ、リーヴ・

クライシス・オブ・アメリカ

出演:デンゼル・ワシントン、メリル・ストリープ、リーヴ・シュレイバー、ジョン・ボイド他監督:ジョナサン・デミ原題:THE MANCHURIAN CANDIDATEネタバレしてますので、注意。あらすじは・・  戦争時に、何者かの陰謀によって記憶操作をされた

リメイクにうんざり

最近のアメリカ映画は、伝記物か続編かリメイクばかりでほんとにうんざり。スコセッシとディカプリオのコンビの『インファナル・アフェア』『酔いどれ天使』に始まり、なんとアダム・サンドラーで『ロンゲスト・ヤード』(バート・レイノルズも出るみたいですが何の役だろう

クライシス・オブ・アメリカ

★クライシス・オブ・アメリカ(3月26日公開)『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミ監督が、「新しい恐怖を描いた、もう一つの『羊たちの沈黙』」として製作したサスペンス・スリラー。湾岸戦争下のクウェートで偵察任務中の米軍大尉ベン・マルコ(デンゼル・ワシントン)

映画評 クライシス・オブ・アメリカ

★★★☆ 期待はまあ裏切らない映画。ホワイトハウス裏幕ものだと思っていたら、戦争もの&サイコもの&FBIものを足して割ったものだった。 ジョナサン・デミ監督は「羊たちの沈黙」で91年アカデミー賞監督賞。本作のパンフにも羊たちの沈黙についても触れられており、

クライシス・オブ・アメリカ

機内で観た1本こちら「先行上映」「サスペンス」「メリル・ストリーブ」の文字に、真っ先に観ました。

クライシス・オブ・アメリカ

【好感度】 60% 全ては,あなたの知らないところでコントロールされている!

記憶にまつわる映画?とはいえ主役はお母さんですから~~! 「...

湾岸戦争から10年。マルコ大佐は悪夢と疑問に悩まされていた。仲間を全滅の危機から救った部下が突然、副大統領候補として政界のトップに踊り出たからだ。しかし彼は本当に英雄なのか? あの時の仲間全員が、偽りの記憶を植え付けられているのではないのかー。ひ...

クライシス・オブ・アメリカ

(原題:THE MANCHURIAN CANDIDATE)【2004年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆)1962年にフランク・シナトラ主演で公開された「影なき狙撃者」のリメイク作品。リチャード・コンドンの原作小説を現代風にアレンジしている。1991年湾岸戦争下のクェート。砂漠の嵐作戦に

クライシス・オブ・アメリカ

3月26日(土)全国独占ユナイテッドにて公開監督:ジョナサン・デミ原作:リチャード・コンドン出演:デンゼル・ワシントン/メリル・ストリープ/リーヴ・シュレイバー/ジョン・ヴォイト/ジェフリー・ライト/ブルーノ・ガンツetc..物語は、湾岸戦争の英雄として政界入りした

クライシス・オブ・アメリカ

原題は"満州人の候補者"という意味だろうか?俗語だろうか? しかも、中国で

納得がいかないミステリー◆『クライシス・オブ・アメリカ』

4月8日(金)ユナイテッドシネマ稲沢にて全国のユナイテッドシネマズで限定公開されている、『クライシス・オブ・アメリカ』を観に来た。先に観た友人から「ダメ」という情報はもらっていたが、どうしても気になったのだ。"Crisis of America(アメリカの危機)"と

映画44 クライシス・オブ・アメリカ Manchurian Candidate (B)

1962年作品のリメイク。原題のManchurian Candidateから、「満州→傀儡」と類推して、「傀儡候補者」くらいの意味合いかと考えていたが、基本的にはManchrianはグローバルファンドの名称なので、どの程度その辺の隠喩があったのかは分かりません。「金を一層もうける」ために

クライシス・オブ・アメリカ

『THE MANCHURIAN CANDIDATE』 アメリカ/2004監督:ジョナサン・デミ出演:デンゼル・ワシントン メリル・ストリープ リーヴ・シュレイバー『本当に彼が俺達を助けてくれたのか?』1962年の「影なき狙撃者」の現代版リメイク。監督は「羊たちの沈黙」のジョナサン・デミ

33.『クライシス・オブ・アメリカ』

 湾岸戦争から帰ってきてから、ある夢に悩まされる男、彼は偵察作戦の英雄の話をしていた。ある男からある夢の話を話を聞かされ、みんなそうなのか?と思い、その英雄の元を訪れる。彼は、英雄伝から上院議員にまで、出世していて、副大統領選まで出るくらい勢いがあった。

『クライシス・オブ・アメリカ』を観ました。

なんせ、公開している映画館が少ないもんで、そろそろ観に行っとかないとヤバいかなって。あまり話題にもなっていないし、内容もかなり重~い…。だけど、1962年にフランク・シナトラが主演で映画 (原題:Manchurian Candidate/邦題:「影なき狙撃者」) になもなってお

【クライシス・オブ・アメリカ】

デンゼル・ワシントン、メリル・ストリープ、リーヴ・シュレイバージョン・ヴォイト、ブルーノ・ガンツ、出演のサスペンス。公開日:3月26日☆ストーリー☆1991年湾岸戦争下のクウェート。ベン・マルコ率いる小隊は偵察任務に向かう途中で敵の激しい待

「クライシス・オブ・アメリカ」

5/1 ユナイテッドシネマとしまえん にてこの作品の副大統領候補のバカ息子の姿を現在のブッシュ大統領様に照らし合わせると…まんざらこの内容はウソとも思えませんね…ああ恐ろしや、恐ろしや!監督:ジョナサン・デミ出演:デンゼル・ワシントン、メリル・ストリープ、リ

クライシス・オブ・アメリカ

「クライシス・オブ・アメリカ」監督:ジョナサン・デミ出演:デンゼル・ワシントン メリル・ストリープ リーヴ・シュレイバー(2004年 アメリカ) ストーリー湾岸戦争で英雄になったレイモンドは、政界入りし、若くして副大統領候補にまで成り上がる。戦時中に意識

『クライシス・オブ・アメリカ』(2005年・36本目)

 デンゼル・ワシントン主演のサスペンス・スリラー.1962年に公開された『影なき狙撃者』を,現代風にアレンジした作品. 久しぶりに,ハードじゃないデンゼル・ワシントンを見たような気がしますねぇ.ここ最近は,やたらと厳つい顔やら,何かハードな役柄が多かったです

「クライシス・オブ・アメリカ」@ユナイテッドシネマとしまえん

いまさらですが、DVD発売記念の試写会に行ってきました。陸上自衛隊上がりの若い女の子と元傭兵というお二人のトークショー付だったんだけど、なんだかよくわからないトークショーでみんながシラーっとしていてちょっとかわいそうだった。今まで数回トークショー付に行っ

■クライシス・オブ・アメリカ

 湾岸戦争下のクウェートで偵察任務中の米軍大尉ベン・マルコ(デンゼル・ワシントン)の小隊が、敵の奇襲攻撃に遭う。部隊の危機を救ったのはレイモンド・ショー軍曹(リーヴ・シュレイバー)。終戦後、ショーは名誉勲章を授与され、政界へ進出。数年後には全米のニューリ.

クライシス・オブ・アメリカ

湾岸戦争で英雄となったレイモンド・ショーは、その後政界入りも果たし、上院議員である母エレノアの強力なバックアップのもとに、若くして副大統領候補にまで成り上がる。一方、そんなショーのテレビ演説を複雑な心境で見入る元上官のマルコ少佐(デンゼル・ワシントン)は

★「クライシス・オブ・アメリカ」、顔合わせは良いんだけど★

「クライシス・オブ・アメリカ」 (2004) 米 THE MANCHURIAN CANDIDATE監督:ジョナサン・デミ製作:ジョナサン・デミ イロナ・ハーツバーグスコット・ルーディン ティナ・シナトラ製作総指揮:スコット・アヴァーサノ原作:リチャード・コンドン 『影なき狙撃者』....

CINEMA●STARR  「クライシス オブ アメリカ」 

『クライシス・オブ・アメリカ』出演:デンゼル・ワシントン メリル・ストリープ監督:ジョナサン・デミ『マイ・ボディガード』のデンゼル・ワシントン『めぐりあう時間たち』のメリル・ストリープ共演による社会派サスペンス。洗脳した男を使い世界征服を目論む巨大企業..

クライシス・オブ・アメリカ  (DVD)

クライシス・オブ・アメリカ スペシャル・コレクターズ・エディション原題: The Manchurian Candidate (2004)2005年3月26日 日本初公開公式サイト: http://www.coa-movie.jp/ゴウ先生総合ランキング: A-

クライシス・オブ・アメリカ

2005年 3月公開 監督 ジョナサン・デミ 出演 デンゼル・ワシントン(ベン・マルコ少佐) メリル・ストリープ(エレノア・ショー) リーヴ・シュレイバー(メルヴィン) ~1991年、クゥエートにて、砂漠の嵐作戦前の偵察任務についていた、
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。