1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キング・コング

2006年5月25日発売
 幼い頃に観た映画に衝撃を受け、映画監督になることを志し、紆余曲折の人生を経ながらもついに32年ごしの念願をかなえて自分でその映画をリメイクする。それも、ハリウッド史上でも歴代ベスト10に入るくらいのスーパー・ビッグ・バジェットで。
 これは美談ですよね~、一映画監督の成功譚、ドキュメンタリーとして、これほどドラマティックな物語もそうはないんじゃないでしょうか。
 私のような単なる映画好きでも、そのきっかけになった作品ってあるもんです。私の場合は中学ン時に観た「レイダース/失われたアーク」でした~。「こんなに面白い映画があんのか!!」ってものすごい衝撃を受けたのを今でも新鮮に覚えています。
 映画監督になるような人ならなおさら、人生を決めた1本、みたいなのがあるんでしょうね。それを自分でリメイクしたい!という野望を抱き続け、監督として大成功をおさめてついにそれを現実にする。「プロジェクトX」のネタとしてはすごく面白いのかもしれませんが、しかしものづくりの姿勢としてははたしてそれは健全な動機といえるんでしょうか!?

 えてしてそういうのって、知らず知らずのうちに作り手側のエゴが先行しちゃうんでは!?監督の「こういうの作りたい!」っていう思いと、観客の「こういうの観たい!」っていうニーズって、案外簡単にすれちがっちゃうんじゃないの!?
 そんな微妙な不安が、やっぱり有る程度的中してしまった感のある作品・・・。

 ものすごくいい作品なんですまじで。まず間違いなく、これ以上いい出来の「キング・コング」リメイクなんて今後二度とできないでしょう。
 脚本は良く出来てるし、キャラクターはさらに掘り下げて描かれているし、「ロード・オブ・ザ・リング」仕込みの映像技術はさらに磨きがかかってすばらしい映像美に仕上がっているし。不満点なんて全然ありません。さすが、ピーター・ジャクソン監督が激ヤセしてまで作っただけのことはあります。

 ・・・なんですが、それ以前の話として根本的に”何故今、「キング・コング」なの!?”という点については、やはり疑問符がつくというか・・・
 世界中で愛読されながらそのあまりにも壮大すぎる物語ゆえに、映画化は長年不可能とされていた原作を、映像技術の発達と原作大好きっ子なクリエイター達の結集により見事に映像化した「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズとは違い、もともと1933年の映画がオリジナルで、しかも1976年には1度リメイクもされている、つまり観客は、よっぽどテレビもレンタルビデオ屋もない僻地の住人でない限り、どんな物語か、どんな映像かは知り尽くしてるわけです。
 それを、”最新のVFXで絵がキレイになった!””「ロード~」のピージャク監督作品!”ってだけで、それほど観たいと思いますかね!?
 テレビもビデオ屋もあるけどオリジナル版知らないっていう人は、もともと映画に興味がない人でしょうからやっぱり観ないでしょうし。

 残念ながらそのへんが全米でも日本でも公開直後の成績に微妙に反映されてるようで、特に日本では興行収入ランキングトップになることもなく非常にさびしい状況。
 まあ、またぞろ上映時間が長すぎ!っていう事情も多少あるんかもしれませんが・・・
 でも実際、上映時間はあと30分くらいは短くできたんじゃないの!?とも思ってしまいます。
 スカル・アイランドに着くまで、もっというと「ベンチャー号」出航までの間が、登場人物をじっくり描きすぎてちょっと冗長な感じ。後にラスト近辺で登場人物たちがコングと心を通わせるところでそのへんの描写が効いてくるっていう意図はわかるんですが、それにしてもちょっと描きすぎのような気が・・・。

 スカル・アイランドでの冒険アクションも本作の見所のひとつで、なかでもコングVSティラノサウルスのバトルアクションはド迫力!
 計算されつくした流れるような殺陣(!?)といい、断崖絶壁や張り巡らされたツタなど島独特のロケーションを最大限に駆使した立体的なアクションといい、「スター・ウォーズ シスの復讐」のアナキンVSオビ・ワンの惑星ムスタファーでのラストバトルに匹敵する名勝負!倒した恐竜の死をコングが何度も確かめるところなどはオリジナル版を忠実に再現していたりと、細かいオマージュも忘れない。
 ・・・なんですが、映画監督カール(ジャック・ブラック)やベンチャー号のクルー達が恐竜の大群に追いかけられたり、谷底でわけのわからない不気味なクリーチャー達に襲われたりするシーンは、ものすごく映像的に凝っててアクションも面白く、見応えのあるシーンではあるんですけど・・・必要ですかここ!?っていう感じ。全体のシナリオからみてそれほど重要なシーンとも思えないし・・・ファンタジックな雰囲気を出すにはもってこいなんでしょうけど、これらがまたいい感じで尺長いんですよね・・・。

 監督があくまで1933年版のリメイクにこだわり、本作の時代設定もあえて当時の30年代のままにした理由のひとつに、「現代だったら、あんな不思議な生物がいる未知の島なんて無いってみんな知ってるから」っていうのがあるそうですが、その言葉こそ観客のニーズを端的に表してるんじゃないでしょうか。
 33年当時だからこそ、”未開の地に潜む未知の生物との邂逅”という物語がものすごいリアリティを持ったファンタジーとして成立しえたと思うんですが、今の世の中においては、まったくリアリティがない単なる虚構に思えてしまう。見た目の映像は当時とは比べ物にならないほどリアルにはなっても、その存在感そのものが”絶対ありえない”ものとして観客に認識されてしまう。そこが本作の最大のウィークポイントではないかと。
 観た人の評判は悪くない。でもそれ以前に、それほど積極的に観たいとは思わない。そんな本音が反映された感じの初週興行成績。はたして今後どこまで盛り返すのか?

 あと見所としては、コングでもジャック・ブラックでもない、女優アン・ダロウ(ナオミ・ワッツ)の不死身ぶり
 コングに掴まれても振り回されてもぶん投げられても、持ったまま転げ回られても走り回られても、飛ばされても落とされても、かすりキズひとつ負っていないっぽいのが凄い・・・普通、あんだけの目にあったら全身の骨がバラバラになるか、百歩譲っても乗り物酔いしてゲロ吐きまくりになるんじゃないかと。やっぱ単なる駆け出し女優じゃなくて、曲芸もこなす舞台女優っていう設定だからでしょうか!?

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

king_kong_1933.jpgキング・コング 1933年版
2002年7月25日発売

king_kong_1976.jpgキング・コング 1976年版
2000年9月27日発売

king_kong_seisakunikki.jpgキング・コングができるまで 製作日記
2005年12月14日発売

king_kong_book.jpgキング・コング 小説
2005年12月発売

king_kong_music.jpg映画『キング・コング』オリジナル・サウンドトラック
2005年12月21日発売

キング・コング
監督・共同脚本:ピーター・ジャクソン
共同脚本:フラン・ウォルシュ、フィリップ・ボウエン
撮影:アンドリュー・レスニー
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:ナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック、エイドリアン・ブロディ
2005年/アメリカ/3時間8分/UIP

やせすぎにも太りすぎにもご注意 ピージャク監督

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : オススメの映画 - ジャンル : 映画

COMMENTS

今さらコング

コングに限らず、今さら感の映画は多々作られてると思います。

今さら『復讐は最高』
今さら『宇宙戦争』
今さら『チョコレート工場』
今さら『ファンタスティック・フォー』
今さら『ランド・オブ・ザ・デッド』
今さら『蝋人形の館』
今さら『バットマン』
今さら『リング』
今さら『スター・ウォーズ』
今さら『ブレイド』

リメイク&続編だらけのハリウッドばかりか・・・

今さら『戦国自衛隊』
今さら『妖怪大戦争』
今さら『3丁目の夕日』

もはやストーリーの新しさは望むべくもないとしたら、その語り口、あるいは細部にこだわらざるを得ない時代に汎世界的に入りつつあるのかもしれません。

てなわけで、今日は悲観論者としてコメントさせて頂きつつ(笑)、TBありがとうございました。

ゲキヤセ

TBありがとう。
あの、ゲキヤセ写真をみて、ひっくりかえってしまいましたよ。
前のアカデミー賞の授賞式では、とっても、貫禄がおありでしたからね(笑)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キング・コング

 大きな山をひとまたぎ~♪とやってきたキング・コング。驚愕のVFX、壮絶な恐竜との戦い、そして1933年のオリジナル『キング・コング』への深い愛情をも感じとれるが、観終わった直後の感想は「長かった・・・」であった。 オリジナル作品はSFXの先駆け、後世の怪獣映画へ

キング・コング その3

●『キング・コング』2005年12月17日。映画チラシ3種目といいつつ実は5種目になります。しかも、全て2つ折B5。その中にユナイテッドシネマ版があります。情報だけで入手はできていませんがいずれ入手して掲載します。今回の最新チラシで問題箇所(音楽担当)...

movie: KING KONG キングコング

見ましたか?「キングコング」。え?あれは子供の映画?男の人の映画?チガウチガウ、あれは立派なロマンス物ですよ。ワタシは初版のキングコングを見ていないからコンペアー(比較)が出来ませんが、両方見た同僚が、初版にそって作られている、と言ってました。....

キング・コング

アメリカ 186分 監督:ピーター・ジャクソン出演:ナオミ・ワッツ    ジャック・ブラック    エイドリアン・ブロディ    ジェイミー・ベル【後半ネタバレ要注】大恐慌時代のニューヨーク。野心家の映画監督カール・デナムは大規模な冒険映...

キング・コング KING KONG

ナオミ・ワッツ、エイドリアン・ブロディ、ジャック・ブラック主演この映画は1933年の同名のリメイク版ですストーリーは言うまでも無く 南海の孤島Skull Islandで冒険映画プロデューサーの指示でキングコングを生け捕りニューヨークへ持ち帰り 興行しようとしますがコング

キングコング

明けましておめでとうございます。旧年中は、わたしの拙いブログにご来訪いただき、本当にありがとうございました。今年も、どうか宜しくお願いいたします。今日は、年末から観に行きたかったこの作品「キングコング」を観てきました。お客様感謝デーの特別料金ということも

キングコング

キング・コング上映時間 3時間8分監督 ピーター・ジャクソン出演 ナオミ・ワッツ ジャック・ブラック エイドリアン・ブロディ アンディー・サーキス 記者会見動画 51分 キングコングネット 英語だけど動画は右クリで保存できる NYプレミアの模様も見れ...

「キング・コング」

CGの最大の弱点と私は思っていることをクリアできていませんでした。それは動いた時の重量感。キング・コングが素早くて軽々と動けることは理解できますが、やはり作り物が綺麗に動いているという範囲を超えきれていません

★「キング・コング」

3時間超の長編モノなので、さすがのひらりんもナイトショウで観るのはやめ。予習もしたし、いざ拝見・・・というところ。

キング・コング@品川プリンスシネマ:正月休み午後

念辛口注意囹 このマーク念のあるレビューは辛口意見です。 お読みになる場合には批判的感想ということを承知の上、ご覧下さいますようお願いいたします。

リアルすぎる?新「キング・コング」

 旧作の「キング・コング」(1933年)は少年時代から大好きで、3回ぐらい観た記憶がある。新作の「キング・コング」を観たが、どうしても思い入れのある旧作と比較してしまう。「旧作を忠実に再現…」と書いているブログ、大絶賛ブログが多いようだが、そうかな、と首

「キング・コング」完全無欠の娯楽大作

「キング・コング」★★★★ナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック主演ピーター・ジャクソン監督海図にも無い髑髏(ドクロ)島での映画の撮影。1930年代のクラシカルな雰囲気は何となくまだ、キングコングの居場所を感じられる。ヒロインのナオミ...

『キング・コング』

卓球はPINGPONGでピンポンです。香港はHONGKONGでホンコンです。なのに、どうして?

キングコング。

元の作品をテレビかなにかでチラッと観た事はあるんですが……。↓ネタバレあり。長い!もっとコンパクトにまとめられたのではないか。コングに出会うまで、コングを捕まえるまで、長い。始まって1時間たってもコングが出てこない!!!!やっと出てきた!と思っても、最後

キング・コング(KING KONG)

「オレたちは強い」by赤木剛憲それはキング・コングじゃなくって、スラムダンクのゴリだってば・・・「ゴリの穴は、オレが埋める」by桜木花道</fontいや、だから・・・スイマセン、しつこくってm(__)m

■キング・コング

1933年ニューヨーク。野心家の映画監督カール・デナム(ジャック・ブラック)は、かつてない冒険映画を撮りたいという野望を持っていたが、撮影中の映画が製作中止になりかけていた。しかしカールは撮影の強行を決意し、幻の島を求めて脚本家のジャック(エイドリア

キング・コング(2005/ニュージーランド=米/監督:ピーター・ジャクソン)

【新宿プラザ劇場】 遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いします。 年末年始は本来の趣味であるお笑いモードになるため、映画鑑賞はゼロ。 ブログのエントリもだいぶ間が開いてしまいましたよ。 …というわけで、今年の初映画。 私

キングコング

愛情は 美女と野獣が 根源か  観ようかやめようか、三時間以上だから覚悟いるよね、で暫く敬遠していたけど、なんかナオミ・ワッツの表情が頭から離れなくて観てしまった。 いやああ、娯楽の真髄を観させて頂きました。そう、エンターテイメントって、娯楽ですよね。

キング・コング

 今年を代表する傑作。まさに世評通りの作品です。  どちらかというと怪獣映画は苦手な自分も、十二分以上に堪能できました。  「ロード・オブ・

キング・コング

コングへの愛情がたっぷり詰まったド迫力の三時間!

「キング・コング」

“ジャパン・プレミア”と映画の感想を分けました。 映画は、ひと言で言うともの凄いCGアクション! 畳みかけるスペクタクル映像! 今まで観た事のない物を見せてくれる! とにかく、キング・コング、巨大なゴリラのCGが素晴らしいです。人と絡む場面意外では、ほとんど本物

[ キング・コング ]あの夕陽をあなたと二人で見たかった

映画[ キングコング ]@吉祥寺で鑑賞。史上最高のアカデミー賞11部門ノミネート、11部門完全受賞を果たした[ ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 ]。この快挙を成し遂げた監督ピーター・ジャクソンの、映画監督を志すきっかけとなった[ キングコング ]。この作品には

「キング・コング」は40億円見込み

文化通信速報12/20から。初日・2日間成績。東映「男たちの大和/YAMATO」(メイン=丸の内TOEI1)324スクリーン、26万5542人~3億4328万0000円→推定最終興収60億円~UIP「キング

キング・コング

今日のこの日をずいぶんと待った。朝からオリジナルと76年のリメイクも観た。3時間の長丁場にも耐えられるよう、昼寝もして体調は万全。公開初日、レイトで観てきた。

キング・コング

お気に入りの映画館は日劇Ⅰ。最近、全席座席指定になったので困ったことだと思っていたのだが、自分が好きな席を十席ぐらい覚えておいて、窓口でそれを指定する。早く行く必要もないし、予め、どの辺りかということも分かっているので、これは快適だ。というわけで『キング

キング・コング

連日、雑用に忙殺されている私ですが、ようやくわずかばかりの時間が取れたので、久しぶりに映画館へ行ってきましたよ。なんと今年初の劇場鑑賞です、トホホ。 『キング・コング』■ストーリー『1933年ニューヨーク。野心家の映画監督カール・デナム(ジャック・ブラック).

『キング・コング』

暮れから続いていた風邪でずっとへばっておりました。暮れから昨日までに見た映画や舞台などの書きたい話がたくさんあったのですが、またぶりかえしては大変と我慢してました。なんとか復活してまいりました。とりあえず『うさともFAMILY♪Blog版』の方の日記で『ピーター・

ピーター・ジャクソン監督『キング・コング』

やっと体調が戻ってまいりました。久しぶりの日記更新です。書きたいことがたくさんあったのですが、我慢して、療養に専念しておりました。今年はこれ以上、風邪ひかないぞ!と毎日、納豆・お豆腐・朝の果物・野菜ジュースを摂取しておりますvずっと体調を崩していたため...

King Kong (キング・コング)

2006年1月22日鑑賞Tagline: The eighth wonder of the world. ストーリー1930年代、大恐慌時代のアメリカは、ニューヨーク。野心的な映画監督カール・デナムは、何とか世間をアッと

キング・コング(5月12日DVD発売)

このページの最終更新:2006・5・26時は1933年,大恐慌時代のアメリカ・ニューヨーク.芝居小屋が閉鎖になり,無名の女優アン・ダロウ(ナオミ・ワッツ)は,路頭に迷っていた.そんなアンを救ったのが,映画作家のカール・デナム(ジャック・ブラック)だった.デナムは...

キングコング

製作年度 2005年 製作国 ニュージーランド/アメリカ 上映時間 188分 監督 ピーター・ジャクソン 脚本 ピーター・ジャクソン 、フラン・ウォルシュ 、フィリッパ・ボウエン 音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード 出演 ナオミ・ワッツ 、ジャック・ブラック ....

キングコング

『KING KONG』公開:2005/12/17監督:ピーター・ジャクソン出演:ナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック、エイドリアン・ブロディ、トーマス・クレッチマン、コリン・ハンクスジェイミー・ベル、エヴァン・パーク、カイル・チャンドラー、アンディ・サーキス1930年代初....

キング・コング

33年製作のSF映画の金字塔「キング・コング」を、最新のテクノロジーを駆使し、空前のスケールでリメイクしたアドベンチャー超大作。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が長年夢みてきた悲願のプロジェクトが「ロード~」の大成功を受けつ..

キング・コング

7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)誰もが知ってる(かな?)でっかいゴリラのお話です。このゴリラ、普段は人と同じ姿なのに満月を見るとゴリラに変身して大暴れ。地球を滅ぼしてしまうくらいの力があるので、お尻に尻尾が付いてる人が居たら要

NO.154「キング・コング」(ニュージーランド・アメリカ/ピーター・ジャクソン監督)

ナオミ・ワッツは日系であると、僕は根拠もなく思い込んでいた。本当に恥ずかしい話だが、最近まで、ナオミ・ワッツには日系の血が混じっていると思い込んでいた。どこで思いこんでしまったのだろう?謎である。(苦笑)そういえば、スーパーモデルでナオミ・キャンベルとい

キング コング 06年121本目

キング コング KING KONG舌の付け根を上あごに付けて、んぐ。 PING PONG 、HONG KONG 、、、なんで「キンコン」じゃないの?2005年 ピーター・ジャクソン 監督ナオミ・ワッツ 、ジャック・ブラック 、エイドリアン・ブロディ 、トーマス・クレッチマン ...

たかがキングコング、されどキングコング

はい、こんばんは。DVD「キングコング」のリメーク版、見ましたでしょうか?意外にも、いけるよね!エンターテーメントだ、すごい。

キング・コング

映画館で予告を観ました。監督のピーター・ジャクソンが熱く語ってました。できることなら映画館で観たかったのですが叶わず。DVDで鑑賞。大恐慌時代のニューヨーク。 新作の製作を打ち切られた映画監督のカールは給料が未払いのまま劇場が閉鎖となり途方に暮れて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。