1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロード・オブ・ウォー 史上最強の武器商人と呼ばれた男

★本日の金言豆★
USSR AK47:製作者ミカエル・カラシニコフの名をとって”カラシニコフ”とも呼ばれる、アメリカのM16、ドイツのG3とあわせて3大突撃銃と並び称される銃。シンプルな構造で故障しにくく、腕のある職工にかかればばらして部品単位で模造品を作ることも比較的容易なため、世界中のあらゆる戦場に爆発的に普及した。

2006年6月9日DVD発売
 イントロの”弾丸くんの大冒険”的な映像にまずはノックアウト。
 たとえ自分が作ってるものが弾丸だと分かってたとしても、流れ作業の中で仕事が分担されてしまうと、人間の罪の意識ってのは確実に薄まってしまうものですが、どんな流れでどのような人の手に渡ろうとも、弾丸の目的なんてつまるところ一つしかないわけで・・・それを端的に、またこの映画のテーマを如実に表す映像としていかにもふさわしいオープニング。

 ウクライナからアメリカに移住してきていたユーリー(ニコラス・ケイジ)が、レストランでロシア人ギャング同士の銃撃戦を目撃し、その時に「武器を必要としている人たちに武器を提供するのが自分の人生、天職だ!」と気付いてしまう・・・って、なんでやねん!?と突っ込んでしまいそうですが・・・
 世界に実在する5人ものモノホン武器商人を元ネタに創作された武器商人ユーリーというキャラクター、しかしいくら現実を取材してみても、彼ら武器商人が”そもそも何故武器商人になろうと思ったのか?”という疑問に対して説得力ある理由は結局見当たらなかったってことでしょうか。まあ、どうせ実際には「儲かるから」「麻薬よりはましだから」とか、身も蓋も無い理由なんでしょうねえ。

 船で武器運搬中に査察に入られそうになって、海上で大急ぎで船の名前や国籍を書き変えたり、
 飛行機で空輸中に強制着陸させられると、その場にいた住民たちに無料で武器を持って行かせて証拠を隠滅したり・・・
 まるでスパイ映画か警察24時さながらの展開が繰り広げられますが、こういったエピソードもすべて現実の武器商人の行動に基づいているというんですから、事実は小説より奇なりとはこのこと。扱うモノがモノだけに隠す方も追う方も必死です。

 インターポールには目の敵にされながらも、一方で紛争地帯の権力者には必要とされ、家族にはその裏の稼業をひた隠しにして二重生活を続ける。一武器商人ユーリーの生活を描きながらも、それらはすべて現代の国際国家社会をダイレクトに風刺。
 「世界一の武器商人は、アメリカ大統領だ」というユーリーの台詞も真実なら、それと知りながらも彼を再選させてしまうアメリカ人の国民性もまた真実。
 また、一政治家が神社にお参りにいく度に、「戦争美化だ!」と大騒ぎする輩が、世界第7位の”現”武器輸出国だってことも我々としては肝に銘じておきたいところ。

 あまりに現実を直視しすぎるあまり、アメリカ映画なのにアメリカ資本ゼロで作られたというわけのわからない問題作、脛に傷持つ権力者や投資家が恐れたであろうその内容とリアリティは、ニコラス・ケイジの生え際を除いて間違いなく本物の迫力!
 しかも、「華氏911」と違ってちゃんとエンターテイメント作品としても成立させているところが秀逸。
 ドキュメンタリー作品だとどうしても”監督の言いたい事”が前面に出すぎちゃって、かえってそれを敬遠する向きもあるもんですが、本作はあくまで事実を事実として描き、武器商人には彼らなりの哲学や事情がある、という描写もちゃんとある。
 それらを総合的に考えて判断するのはあくまで観客、というわけですね。

 それにしても、ニコラス・ケイジ作品、「ナショナル・トレジャー」に続いて、本作もオフィシャルWebサイトが激重・・・内容は情報としても非常に貴重なだけに、実にもったいない!そんな凝らなくてもいいですからもっとライトなのお願いします。ブロードバンド1人1丁の時代にはまだ間があるので・・・。

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

road_of_war_book.jpgロード・オブ・ウォー―史上最強の武器商人と呼ばれた男 竹書房文庫
2005年12月発売

「ロード・オブ・ウォー」オリジナル・サウンドトラック
2005年12月9日発売

ロード・オブ・ウォー 史上最強の武器商人と呼ばれた男
監督・製作・脚本:アンドリュー・ニコル
出演:ニコラス・ケイジイーサン・ホークジャレッド・レトブリジット・モイナハンイアン・ホルム
2005年/アメリカ/ギャガ/122分/R-15

アンドリュー・ニコル監督作品

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

COMMENTS

重~い

こんばんわ♪TB有難うございました♪

冒頭のオープニングからのめり込んでしまった自分です・・(^^;)弾丸視点から見せる映像が結構斬新でした。

そう言えば、自分もこの映画の公式サイトの重さには悩みました。コメント書く上で、サイト上の内容も参考にしてるのでかなり鬱にさせてくれました・・(汗

メビウス様

ですよね~重すぎ!
一度読み込んじゃえば、あとは行ったり来たりする分にはスムーズなんですが、全部読み込むまでが長すぎです。
しかも、ほとんど文章で読む情報ばっかりなんですもん・・・

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロード・オブ・ウォー

 「ランボーが使ってた銃をくれ!」「1、2、3・・・どれ?」「1しか観てない」「じゃ、M60だ。それ」 僕は弾丸。真鍮板から生まれたんだよ。検査を受けて、箱に詰められ、遥かな異国の地アフリカに渡って来ちゃった。今まさに銃に込められ撃たれたんだ。あっ、ぶつかる!

ロード・オブ・ウォー

アクションものと思って軽い気持ちでいたら大間違いでした。という訳で、これ、思いっきり反戦映画とも取れる作品ですな。ニコラス・ケイジといえばダサダサ、コン・エアーの印象がついちゃって…それ以外に印象に残っているのは「月の輝く夜に」(原題:Moonstruck)でして

ロード・オブ・ウォー

武器商人、これが天職と考えている主人公ユーリー・オルロフが世界各地で武器を転売する傍ら、幼馴染みで憧れのモデルとの結婚生活、インターポールとの知恵比べのようなイタチごっこで、観ている者を引き込ませる。波乱に満ちた人生、いかにも映画向きだから、のストーリ..

★「ロード・オブ・ウォー」

2006年1本目の劇場鑑賞映画。戦争物は余り得意じゃないけど・・・この映画は武器商人の話らしいし・・・今のニコラス・ケイジじゃ、シリアスな戦争物は作らないだろーーし。

ロード・オブ・ウォー(評価:◎)

【監督】アンドリュー・ニコル【出演】ニコラス・ケイジ/イーサン・ホーク/ジャレッド・レト/ブリジット・モイナハン【公開日】2005/12.17【製作】アメリカ【ストー

ロード・オブ・ウォー

アンドリューニコル監督にイーサンホークとニコラスケイジが共演!!この作品は絶対につぼにはまると思い事前情報一切なしで楽しみに見に行きました。「史上最大の武器商人の物語」そのタイトルだけを知りながら。今までのアンドリューニコルの作品を見てファンだった僕から

『ロード・オブ・ウォー』映画批評41

(ネタバレ注意) 注目の監督。アンドリュー・ニコルの新作です。まずはオープニングに驚く。銃弾が作られ、運ばれ、使われる。そのプロセスを銃弾の視点で描ききる。ユーモアと怖さが混ざった視点に打ちのめされます。 物語は武器商人の生き様をシニカルに綴っていきます

ロード・オブ・ウォー

史上最強の“武器商人”と呼ばれた一人の男の実像をシニカルなタッチで描いた社会派ドラマ。主演は「シティ・オブ・エンジェル」「ナショナル・トレジャー」のニコラス・ケイジ。共演に「ビフォア・サンセット」「テイキング・ライブス」のイーサン・ホーク、「リクル...

ホンマにフィクションか?~「ロード・オブ・ウォー」~

ナイチンゲールが白衣の天使なら、 ユーリ・オルロフはスーツを着た死神ってとこですか? 自分がどっちに多く武器を売るかでその戦争の勝敗すら もしかしたら支配してしまうわけですし・・・。 前に書いたbooksのレビューはこちら。 →「ロード・オブ・ウォー 至上最強の武

ロード・オブ・ウォー

6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)色んな媒体でアクション扱いされてますが、これって全然アクションじゃないですよねぇ。劇場は分からないけど、少なくともレンタルでは人間ドラマよりもアクションの方が出が良いので、そーゆー扱いなんでしょ

ロード・オブ・ウォー

story史上最強の“武器商人”と呼ばれた一人の男の実像をシニカルなタッチで描いたニコラス・ケイジ主演のアクション・エンタテインメント。監督は「ガタカ」「シモーヌ」のアンドリュー・ニコル。共演に「トレー

ロード・オブ・ウォー (Lord Of War)

監督 アンドリュー・ニコル 主演 ニコラス・ケイジ 2005年 アメリカ映画 122分 ドラマ 採点★★★ “民主主義VS社会主義”という建前も冷戦の終結と同時に意味を成さなくなる。大儀を失った現代では、“圧制から人々を救う”という見え透いた嘘で戦争を続ける大国。その

ロード・オブ・ウォー

長かった。いつレンタル屋に借りに行っても貸し出し中の「ロード・オブ・ウォー」を

ロード・オブ・ウォー

2005年 アメリカ 2005年12月公開 原題:Lord of War 監督、

【洋画】ロード・オブ・ウォー

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 A-(演技4/演出4/脚本4/撮影4/音響4/音楽3/美術3/衣装2/配役4/魅力4/テンポ4/合計40)『評論』実話

映画鑑賞感想文『ロード・オブ・ウォー』

さるおです。 『LORD OF WAR/ロード・オブ・ウォー』を観たよ。 監督は『GATTACA/ガタカ』『THE TRUMAN SHOW/トゥルーマン・ショー』『S1M0NE/シモーヌ』のアンドリュー・ニコル(Andrew Niccol)。 出演は、製作にも名を連ねるニコラス・ケイジ(Nicolas Cage)と、『ALEXANDER

地獄の商人、虚像の死神が天職~「ロード・オブ・ウォーー」

ソビエト連邦崩壊前のウクライナに生まれ、家族とともに少年期にアメリカに渡ったユーリー・オルロフ。

ロード・オブ・ウォー(DVD)

弾丸[タマ]の数だけ、札束[カネ]が舞う―――。

ロード・オブ・ウォー

見落とされてる作品のような気がするんですがこれ・・・すごい、面白かったですよ!!!!!!!!...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。