1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンパイア・オブ・ザ・ウルフ

★本日の金言豆★
カッパドキア:トルコ首都・アンカラの南東にあるアナトリア高原の火山によってできた大地。石灰岩の大地や山をくりぬいた洞窟「地下都市」が数多く存在し、内部には教会や修道院、住宅があり、10万人もの人が生活できるとされる。古代の核シェルターだとする説をとなえる学者もいる。

 「クリムゾン・リバー」と同じ原作者の作品を映画化した本作、しかしその話の難解さは大幅バージョンアップ。
 いきなり何だかわけのわからない脳みそテストをされている女性、すわ何かまたマトリックス的な脳内クリーニングな話なのか!?と思いきや、別段そういうわけでもなさそうで・・・
 一方、某所ではものすご残酷な連続猟奇殺人事件が発生、捜査にあたる若き警官ポール(ジョスラン・ギヴラン)は、目的のために手段を選ばないダーティさで「裏金」の異名をとるシフェール(ジャン・レノ)と行動を共にするが、良いもんだか悪もんだかわからないシフェールに翻弄され・・・

 「クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち」に、薬で肉体の限界まで超人的パワーを引き出した人間ってのが出てきましたが、本作にも風貌、設定ともそれに良く似た方々か登場。それが本作の謎の根幹をなしています。
 登場人物は大勢出てくるわ、わけのわからない謎の組織も絡んでるわ、主人公の所属もよくわからないわ、説明がほとんどないわで、中盤くらいまで話がわかりにくい・・・まあ、普通に観てればラスト近くでだいたい分かりますし、分かってみればそんな大してややこしい話でもなかったりするんですが、そこまでの入り口と道のりの難解さが本作をとっつきにくくしていることは否めない感じ。

 登場するなり、髪は銀、ヒゲは黒、肌は肌色と三色に色分けされた顔面ビジュアルで観る者の度肝を抜くジャン・レノを除いて、あとのキャストは当然ながら渋いフランスの方々ばかり。
 ジョスラン・ギヴランって、なんかどっかで観たことあるなあ~って感じのよくある二枚目風なんですけど、完全に気のせいでした(--;。
 ヒロイン役アーリー・ジョバーも、キャリー・アン・モスに似た雰囲気で、どっかで観たかなあと思ったら、ウェズリー・スナイプス主演のヒットシリーズ「ブレイド」に出ていたそうですが・・・憶えてないですねえ( ̄▽ ̄;)。

 全体的に暗すぎるくらいダークな雰囲気のサスペンス、格闘アクションや銃撃戦などの動的見せ場もたま~にあるものの、見所というほどのこりようでもなく、サスペンスとしての謎解きや意外性、ハラハラドキドキ感みたいなのも薄く、でも残虐描写はそれなりにある、という・・・顔面歌舞伎状態の三色ジャン・レノは笑えますけど。

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

エンパイア・オブ・ザ・ウルフ
監督:クリス・ナオン
原作:ジャン=クリストフ・グランジェ
出演:ジャン・レノ、アーリー・ジョヴァー、ジョスラン・キヴラン、ラウラ・モランテフィリップ・バス
2005年/フランス/128分

原作者ジャン=クリストフ・グランジェ作品

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エンパイア・オブ・ザ・ウルフ EMPIRE OF THE WOLVES

ジャン・レノ、ジョスラン・キヴラン、アーリー・ジョヴァー主演どうも理屈っぽいと思ったらクリムゾン・リバーの原作者でしたパリに住むアンナはなぜか自分の夫の顔を忘れてしまっていました 時々幻覚を見るようになり 自分の夫に対しても不信感を持ってます夫の奨めるア

エンパイア・オブ・ザ・ウルフ (L' Empire Des Loups)

監督 クリス・ナオン 主演 ジャン・レノ 2005年 フランス映画 128分 サスペンス 採点★★★ なんら気兼ねすることなくネタバレしておりますので、「面白かったか?つまらなかったか?」だけを知りたい方は、コチラを。 前ローマ法王ヨハネ・パウロ二世の暗殺未遂事件にも

エンパイア・オブ・ザ・ウルフ 06年146本目

エンパイア・オブ・ザ・ウルフ EMPIRE OF THE WOLVES2005年 フランス  クリス・ナオン 監督  クリストフ・グランジェ(クリムゾン・リバー)原作ジャン・レノ 、アーリー・ジョヴァー 、ジョスラン・キヴラン 、ラウラ・モランテま、おフランス映画繋がりって...

エンパイア・オブ・ザ・ウルフ

story 「クリムゾン・リバー」の原作者ジャン=クリストフ・グランジェと主演のジャン・レノが再びタッグを組んだミステリー・アクション。原作はグランジェの『狼の帝国』。パリを舞台に、記憶喪失に悩む高級官僚

エンパイア・オブ・ザ・ウルフ:映画

今回紹介する映画は、ジャン・レノ主演のミステリーアクション作品の「エンパイア・オブ・ザ・ウルフ」です。 エンパイア・オブ・ザ・ウルフ:ストーリーパリのトルコ人街で猟奇殺人の3人目の犠牲者が発見された。被害者はいずれも不法滞在のトルコ移民の若い女性で、顔?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。