1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題な日本語

★本日の金言豆★
「一千金」は新聞独自の書き方で、正しくは一千金

2004年12月発売
 タイトルからして確信犯的な本書。普段なにげに使っていたり、新聞や雑誌、インターネットなどの活字メディアで目にする日本語の使われ方について、様々な古典や、文豪による小説等の文献を参照しながらその用法の正誤を論理的に検証。

 装丁の雰囲気や、随所にあしらわれている巨匠:いのうえさきこ女史のギャグ漫画などから、現代の乱れた日本語をおもしろおかしく相対化しようとする試みか!?と思いきや、意外にその検証部分は極めて大真面目
 さりとて、杓子定規に温故知新をふりかざすことなく、新しい言い回しや若者言葉も客観的に分析。
 言葉とは、今も昔も大衆文化の中で様々な用法が生まれては消え、自然に淘汰されつつ変化をとげてきたもので、若者言葉といえども大衆が支持し使用頻度が上がれば、近い将来日本語の正しい用法として定着する可能性がある。ただし、やはり定着する言葉とは嫌悪感や違和感を多くの人に抱かせる表現であってはならず、そこには日本人のDNAに刻み込まれた道徳観というか、常識的な判断が無意識に反映されるとするあたり、説得力があります。

 各ページは、上段メイン部分と下段コラム部分に分かれており、下段コラムには総数108個にも及ぶ”使うのはどっち?「愛しない」」「愛さない」”形式の短編が収められており、外見以上に中身が濃く読み応え十分。

 いのうえさきこ女史の4コマも、本の内容と雰囲気にジャストフィットしつつ、お得意のニヤリ系ギャグが随所で炸裂し気分転換効果満点。笑えます。

 ちょっとだけ気になったのは、日本語検証用に例示する文章媒体として新聞、小説、雑誌などとともに比較的新しい媒体としてネットもあげられているのですが、明示されてはいないものの文脈から察するに”ネット=2ちゃんねる”を指している模様。
 確かに日本最大級のマンモス掲示板としていろんな意味で名高いネット媒体ではありますが、”2ちゃんねらー””2ちゃん語”等、ネット上においても極めて独特のユーザー層や書き言葉が蔓延している場所でもあるものを、あたかもネット代表のように扱われるってどうよ!?要チェックよろ。

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 本の部屋へ

問題な日本語
編者:北原保雄
大修館書店

著者の作品

スポンサーサイト

COMMENTS

日本語は難しい。

初めまして、トラックバックありがとうございました。
「問題な日本語」はちょっとまわりくどい文章でしたが、内容は面白かったですね。

ネット代表の「2ちゃんねる」ですが、独特な言葉が多くて新しい日本語というよりネット界で誕生した「ネット語」のような気もしました…。
確かにあれがネット代表だと思われると、一応真面目な言葉で書いている(つもりの)私は居心地が悪く感じます。(^_^;)

TBありがとうございました。

はじめまして。
「問題な日本語」、今、売れてますね。
文章がちょっとおもしろくないところがあって、正直、読みにくいところもありましたが、ためになるところもたくさんありました。
こちらからもTBさせていただきますね。

トラックバックありがとうございます。
言葉は進化し続けると言いますが、それをうまくわかりやすく書かれている本なので楽しく読んでます。上段下段とじっくり読んでるのでなかなか読み終わりません。笑

「ブリジョン」に続きTBありがとうございます。
国語学を専攻する娘が先生に読むように言われた本です。
「雰囲気」を「ふいんき」と読んでいるために漢字変換できない人が増えているとは聞いていましたが、やはりネットの普及は言葉を進化もしくは退化させているんでしょうか?

はじめまして!
「ちんぷんかんぷんママ」です。
TBありがとうございます。
「問題な日本語」なかなかおもしろいですよね!
私の拙いブログで恐縮ですが、
TBさせて頂きました。
また遊びに来たいと思いますので
よろしくお願いいたします。

言葉の変化

TBありがとうございます。
ここ数年での言葉の変化のスピードには驚きです。

ごめんなさい。

ブログの調子が悪いらしく、TBができない状態になっているようです。
ですので、こちらからTBできませんでした。ごめんなさい。
それと、コメント、ありがとうございました。

4コマ漫画でニヤつきました。

通勤電車の中で読んでいたので、4コマ漫画でニヤついてしまってアセりました。
言葉の使い方に白黒はっきりつけるって感じの本じゃありませんでしたが、今の時代に置いて優勢な言い方かどうかが書いてあって参考になりました。

TBありがとうございます。

こんにちは。訪問が遅くなってしまって申し訳ありません。
わたしはこのテの本が好きなので、楽しく読んだクチです。
日本語(言葉)は奥が深い。まだまだ知らない事があると思うとワクワクしてしまいます。

TBありがとうございます

訪問が遅くなりましてごめんなさい。
日本語の勉強をしているもんですから、この手の本は読むようにしています。
気軽に手に取れるって意味ではいいですよね。

TB ありがとうございます。

TB ありがとうございます。

トラックバック有難う御座いました

随分前になりますがTB、有難う御座いました。
やり方が分からず、時間がかかってしまいました。
今後とも宜しくお願いします

★「弐拾参拾四拾」
6/23渋谷chelsea hotelにて1stライブをやります。

CDも同時発売します!

HPも出来ましたので是非、見て下さい♪
PChttp://www.geocities.jp/mirrorka/

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

問題な日本語。

え~、「言葉は変わるもの」、なんて昔から申しまして、「時代も変われば言葉も変わる」、ってなもんで、古くさい言葉なんて今使ったりしませんで、どんどん新しい言葉が生まれてくるもんでございまして。まぁ、ちょいと昔だって、江戸の時代の言葉なんて話すやつなんてのが

問題な日本語

著者: 北原 保雄タイトル: 問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?個人的には、言葉というものは不変ではなく、世につれ人につれうつりかわっていくものだと思っている。用法のみでなく、単語そのものも生まれては消えてゆく。「ナウなヤングとディスコでフィーバー」

問題な日本語のスクリーンセーバー

もうすでに売れていて有名な本『問題な日本語』今日は本そのものの紹介ではなく(最後にAmazonのリンク貼ってるけどw)この『問題な日本語』のスクリーンセーバーを紹介。『問題な日本語』のスクリーンセーバーこのスクリーンセーバーは表紙にも書かれているキツネの「もん

「問題な日本語」

{/book/}「問題な日本語」北原保雄編 ★★★★☆ふだんコンビニとかファミレスで言われて、なんだかとってもいやぁな気分になる言葉ありますよね。「ご注文は以上でよろしかったでしょうか?」とか「コーヒーのほうおもちしました」とか。あと、以前よく聞いた「私って・・

問題な日本語

ここ近年、日本語ブームですね。多くの人が日本語に興味を持って、多くの本が出版されて、日本語教師としては、嬉しい限り。最近の話題はこの本でしょう。問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?posted with amazlet at 05.02.25北原 保雄 大修館書店 (2004/12)売り上げ

これ、なんて読む?

「雰囲気」さあ、なんて読む?馬鹿にするな!ってそうよねぇ、こんなの誰だって読めるわよね。ところが、信じられない読み方をする方々がいらっしゃるらしい…「雰囲気」→「ふいんき」まさか! でも、そう読む方が増えているらしい。正しくは、「ふんいき」ですよね。そも

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?

編/ 北原保雄単に「使ってはいけない」「この用法は間違っている」と指摘するだけではなく、どうしてそういう表現が生まれてくるのか、誤用であったとしても、その誤用が生まれてくる「誤用の論理」は何なのかを究明する。さらに詳しく...

私的には・・・。

昨日の快晴はどこへやら・・・。散歩は断念して、読書であります。ここ最近、各メディアで取り上げられるようになった『日本語』の問題。真剣に扱うか、ある種のネタとして扱うかの違いはあれど、どの取り組みもそれなりに面白いと思う。今読んでいる『問題な日本語』は、ど

問題な日本語/北原 保雄

●「斉藤」と「斎藤」のサイの字は読みも意味も別の漢字。 ●「依存」は正しくは「イソン」と読む。 …等、わかりやすい例から、「こちら~になります」「みたいな」「私的にはOKです」とか、何故おかしな日本語になったか(“形容詞・助詞・動詞・活用形”…と、 国語の授
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。