1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリバー・ツイスト

★本日の金言豆★
1マイル = 1.609344 キロメートル 70マイルは112.65408キロメートル。

2006年1月28日公開
 テレビ版、映画版、舞台と、さんざんっぱら映像化、演劇化されてきた、チャールズ・(ジョン・ハファム・)ディケンズの名作中の名作が、またもや映画化!
 今度の監督は、「戦場のピアニスト」の名匠ロマン・ポランスキー!製作費は80億円!
 ほんっとに多いリメイク作品・・・でもここまで繰り返し繰り返し作られてきた作品になると、もはや「またか・・・」の域をとおりこして、「今度はどんな作品に!?」「あのキャラを演じるのは今度は誰!?」みたいな扱いになっちゃうのが凄いというか。それだけ原作にパワーがあるっていうことなんでしょうか。

 私は「オリバー・ツイスト」は初見なんですが・・・「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」を遥かにしのぐ、児童虐待物語。しかも、コメディ的な要素は一切ありません。
 18世紀から19世紀にかけてイギリスで起こった産業革命のおかげで、儲かる人は儲かり、そうでない人はどん底まで落ちる、という貧富の格差が格段に広がっていった当時の社会情勢を痛烈に批判する、というのが本作のコンセプト。
 孤児で、救貧院でも里親の元でも徹底的におとしめられ、ろくに食べさせてももらえず、何かあるとすぐ放り出されるオリバー。思いつきで徒歩でたどり着いたロンドンでも、手を差し伸べてくれたのはスリの一味。選択の余地なく仲間にされ、濡れ衣は着せられるわ、仲間を抜けられたかと思ったら連れ戻されるわ・・・
 これでもかとたたみかけるようにオリバーを襲う不幸、でも当の本人はそんな逆境にもめげることなく、純真な心を失わない、という・・・

 最近の日本が、いくらITだの株トレードだの規制緩和だので貧富の格差が広がる!と騒がれているとはいえ、腐っても近代国家、基本的人権ってものが保障されて、どんな人でも最低限の生活はできる世の中において、この物語は「こんな時代もあったんだねえ~ヒサンだねえ~」と懐古する意味はあっても、今更リアリティある感動物語とは思えないような気がしてしまうんですがどうでしょう?
 育ちすぎゴリラに続き、”何で今更リメイク!?”シリーズに新たな作品が加わった、という感じ・・・。

 私個人的には、ブラウンロー氏役で出ていたエドワード・ハードウィックが懐かしくて感動でした。NHKで昔放送してた、”ホームズ激似”ジェレミー・ブレット版「シャーロック・ホームズの冒険」の2代目ワトソン博士なんですよね。ジェレミー・ブレットは残念ながら既に他界してしまいましたが、ワトソン博士はいまだ現役で頑張ってたとは・・・ブレットのホームズに負けず劣らず、彼のワトソン博士ぶりもすごく良かっただけに、なんだかうれしくなってしまいました。

 本作で主役オリバー役を射止めた子役バーニー・クラークは、これが映画初主演、これまでもTVや映画などでそれなりにキャリアを積んでいるのに、オフィシャルサイトでは「プロの俳優を目指して勉強中の12歳」ですって・・・キビシイ~っ!!
 まあ確かに、甘やかしすぎちゃいけないんでしょうね・・・

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

oliver_twist_book.jpgオリバー・ツイスト〈上〉〈下〉新潮文庫

oliver_twist_kadokawabook.jpgオリバー・ツイスト (上)角川文庫 (テ7-1)

オリバー・ツイスト オリジナル・サウンドトラック

オリバー・ツイスト
監督・製作:ロマン・ポランスキー
原作チャールズ・ディケンズ
出演・バーニー・クラークベン・キングスレー、ジェイミー・フォアマン、ハリー・イーデン
2005年/仏.英.チェコ/東芝エンタテインメント=東宝東和/129分

ロマン・ポランスキー監督作品

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : オススメの映画 - ジャンル : 映画

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画祭で 『オリバー・ツイスト』

『オリバー・ツイスト』 監督:ロマン・ポランスキー 出演:バーニー・クラーク、ベン・キングズレー 2005年 英.チェコ.仏.伊 東京国際映画祭特別招待作品 於 渋谷Bunkamuraオーチャードホール 「戦場のピアニスト」から3年・・ ロマン・ポランスキーが今回はイギ

オリバー・ツイスト OLIVER TWIST

チャールズ・ディケンズ原作 ロマン・ポランスキー監督ベン・キングズレー、バーニー・クラーク主演19世紀英国で孤児として育ったオリバーが救貧院を追放されロンドンに出てスリのフェイギン一味に加わります仲間とスリに出かけ ブラウンロー氏と知り合いますがオリバーの

オリバー・ツイスト

オリバーを守ってやりたい

オリバー・ツイストその2

●『オリバー・ツイスト』2006年1月28日公開。オリバー・ツイスト オリジナル・サウンドトラックサントラオリバー・ツイスト〈上〉本オリバー・ツイスト〈下〉本オリバー!DVD1968年版■訪問者様にお願い■←お手数ですが一日一回のクリッ...

オリバー・ツイスト

チャールズ・ディケンズ原作の『オリバー・ツイスト』はこれまで何度も映画やミュージカルで再演されているけど、ロマン・ポランスキーが撮るんだから、やっぱユダヤ人の扱いに焦点を当てて描くのだろうか、な~んて思ってたら、そこは全然だった。ずいぶん昔に、『小さな..

オリバー・ツイスト

『戦場のピアニスト』のオスカー監督、ロマン・ポランスキー待望の新作は、過去、何度か映像化された、文豪ディケンズの名作小説!STORY:激動の19世紀、英国。行く当てもなく身寄りもない孤児のオリバー・ツイストは、救貧院に連れて来られる。粗末な食事と...

オリバー・ツイスト-(映画:今年21本目)-

監督:ロマン・ポランスキー出演:バーニー・クラーク、ベン・キングズレー、ハリー・イーデン、ジェイミー・フォアマン、エドワード・ハードウィック評価:68点(100点満点)公式サイト暗い。意味がよくわからない。これでは感動の涙もあ...

滑稽と風刺・19世紀にみる近未来/『オリバー・ツィスト』

●オリバー・ツイスト●監督:ロマン・ポランスキー出演:バーニー・クラーク、ベン・キングズレーおすぎさんの「60年生きていて本当に良かった!」のTVスポットが盛んに流れている感動大作『オリバー ツィスト』。今日は割引の日なので、高崎109シネマズに行ってき....

2人のオリバーツイスト

デヴィッド・リーン監督とロマン・ポランスキー監督

映画DVD「オリバー・ツィスト」

週末にどかっと買い込んだ新作DVD6本から、まずは『オリバー・ツィスト』と『Sin City』を観たのだが、後者はいわゆる3話オムニバス形式で、それぞれが微妙に一部リンクしていたりと不肖にはイマイチ掴み所に迷う内容であったのでレビューをパスして、前者の大

映画『オリバー・ツイスト』

原題:Oliver Twistこんな、いたいけな少年をいじめ痛めつけるなんて、なんて身勝手な大人達、時代が時代とはいえ、可哀そう、さすらう少年の心に安らぎの日々は来るのか 19世紀の、イギリスもまた貧富の差が激しかったころ、孤児のオリバー・ツイスト(バーニー・ク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。