1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京アートガイド&マップ

2003年4月発売
 東京に点在する美術館、画廊、博物館を、地図・写真つきでカテゴリー別にまとめて紹介する書。
 「仕事帰りにアート鑑賞(遅くまで開館)」、「レストラン&カフェが自慢」、「駐車場がある東京都内の美術館」など、ニーズにあわせて分類してあるので、個人的興味で行くもよし、デートコースに組み込むもよし、週末がっつり鑑賞と洒落込むもよしと、さまざまに活用できそう。

 「建築家はこの人」、「作家の名を冠した美術館」といった、製作者が見えやすい個人美術館的なものも多数。黒川紀章、相田みつをといった有名どころから、おもしろいところで長谷川町子美術館、キワモノで!?片岡鶴太郎美術館など、こんな人の美術館まであったのか!?というようなものも。

 また、「東京~」ってタイトルなのに、県外の美術館も紹介しているところがまた面白い。コンセプトは要するに、いろんな楽しみ方で美術を堪能しよう!ってことなんでしょうね。
 「印象派を収蔵」ってカテゴリで埼玉や茨城、横浜などの近郊のものを紹介したり、
 「小旅行におすすめ」では、伊東や清里、伊香保なども紹介。あくまで、東京から日帰りでいけそうなところ、というくくりではあるんですが。

 最後に変り種は、「ヴァーチャル美術館」。要はネットのやつですね。なのでこれは本当に全国どこからでもアクセス可能。会員登録制だったり有料だったりするサービスですが、ネットならではのコンテンツと利便性を兼ね備えたそのスタイルは、既存の美術館に取って代わることはないでしょうけども、新しい美術鑑賞のスタイルを提唱。

 たまにはこういう紹介を見るだけでなく、実際に足を運んでみたいと思うんですが、なかなかね・・・

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 本の部屋へ

東京アートガイド&マップ
美術出版社

美術館に関する本

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。