1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きかた上手

★本日の金言豆★
”健全なる精神は健全なる身体に宿る”の原型は、”健康な身体に健全な精神を宿らせ給え

2001年12月発売
 身体的にはでかくて丈夫で健康になった現代の我々に、健全なる精神が宿っていると胸張っていえるでしょうか!?
 多発する犯罪や、いい大人が引き起こす不祥事の例を挙げるまでもなく、私も含めて”は~い精神も健全で~す!”と即答できる人はもちろん、他薦してもらえる人にも滅多にお目にかかれないように思います。

 人間にとって、幸福とは何か?医療とは誰の為の、何の為のものか?誰にでも等しく訪れる”死”といかにして向き合うべきか?
 日常生活において誰しも直面せざるを得ないにもかかわらず、何故か避けて通ろうとしてしまう根源的なテーマに、齢90歳(出版時)の御大が、包み込むような語り口で切々と綴る一冊。

 自身の年齢もあり、同年代のご高齢の方々やそのご家族の方々へ向けたメッセージ的なものや、具体的な生活習慣等の記述が多くをしめますが、それらはすべて、まだ”高齢者”とよばれる年代でない人でも、自身に重ね合わせて考えさせられることばかり。
 それは”生”と”死”が真に根源的なものであることと、振り返れば我々は意外なほどにそれらを正面から考える機会に恵まれていないからに他なりません。

 小学校で、”死”を教える授業の実施を提唱する筆者。もし実現すればおそらく”とんでもない!””イジメの原因になる!”とヒステリックな反発をくらうことでしょう。しかし反発するなら、
「”生とは何か?死とは何か?”を教えず、子供らがその実感を持たないことが昨今の低年齢化する凶悪犯罪の元凶である。」とする筆者の主張に説得力ある反論をする義務があるでしょう。

 「成人病」を「生活習慣病」と呼ぶべしと著者が提唱してから20年。今度の著者の提唱は、少なくとも氏のご存命中に実現されることを願ってやみません。

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 本の部屋へ

生きかた上手
日野原重明
ユーリーグ株式会社

著者の作品

スポンサーサイト

COMMENTS

トラックバックありがとうございました

こんばんは。このたびはトラックバックをしてくださり
ありがとうございます。ご縁を感謝いたします。
また、よらせていただきますね。<(_ _)>

はじめまして!

トラックバックありがとうございました!
こちらのサイトを初めて見させて頂きましたが、色々な映画や本の話題がたくさんあってとても楽しいですね♪これからちょくちょく遊びにこさせて頂きます。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。