1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単騎、千里を走る。

★本日の金言豆★
「単騎、千里を走る。」:「三国志」に由来する、中国の仮面劇の演目の一つ。劉備の妻子と共に曹操に捕らえられた関羽が、劉備への仁義と誠を貫き通し、独りで劉備の妻子を伴い脱出して劉備のもとへ帰還するというエピソード。

2006年1月28日公開
 国境を越えても、健さんはやっぱり健さんでした・・・
 寡黙で渋い男前で良い人、という高倉健のイメージそのまんまの役柄で、中国の一般民衆や、一人の少年との心温まる交流を描いた作品。

 健さん演じる日本人が、とにかく真面目で~誠実で~思いやりがあって~と、とことん良い人として描かれ、出てくる中国人達がこれまた、そんな健さんの人の良さに触発されてか、とっても良い人たちとして描かれている・・・ま~考えすぎと言われればそれまでですが、逆の意味で何だか政治臭が漂ってる気がするのは、たぶん私だけでしょうm(__)m

 実際、日本人がいきなり村に尋ねてきて、理由はどうあれ子供を村から連れ出したいって言いだしたら、劇中でもちょっと揉めそうになるのが描かれますが、もっと強硬に反発されそう(なイメージ!あくまで!)。
 旅の途中、行方不明になって、村人総出で山狩りして探すシーンなど、健さん見つかり次第全員でリンチされんじゃないか!?ってちょっと思いました(*^_^*)

 実際にはそんな殺伐としたシーンは一切無く、お涙頂戴な切ない結末を迎えるわけですが・・・ 私のこのようなネガティブ妄想ももとをただせば昨今の日中関係が原因。よその国の戦没者追悼の仕方、ひいては過去の侵略の歴史をストーカーのようにしつこく言い立てるうっとおしい国民性にいいかげん半ギレ状態な昨今、せめて映画の中だけでも仲良くね、みたいな・・・

 映画の本筋は、長く没交渉だった親子が、親父(健さん)の中国行きがきっかけでその絆を確かめあうという親子愛の物語。つってもまあ、ぶっちゃけ基本的にはほとんど「デンデンデデンデン、健さんカッコイイ!Let's GO!」な話なんですけどね。
 オフィシャルサイトをご覧いただければ、なんでそうなったのかはよく分かります。

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

tanki_senri_book.jpg単騎、千里を走る。
2005年12月発売

単騎、千里を走る。 オフィシャルサイト
監督・原案:チャン・イーモウ
出演:高倉健、リー・ジャーミン、ジャン・ウェンチュー・リン寺島しのぶ中井貴一(声の出演)
2005年/東宝/108分

シブいぜ健さん!

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

COMMENTS

ご無沙汰でした。
まさにイーモウによる健さんのための映画でした。

xina-shin様

いや~その一言につきますねえ(笑)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

単騎 千里を走る 千里走單騎 Qian li zou dan ji

高倉健主演 チャン・イーモウ監督・製作・脚本漁師 高田剛一は義理の娘より 息子健一が癌であることを告げられる父と息子は十年以上 疎遠になっており健一は父との面会を拒否する剛一は一本のビデオテープを渡されたその中に健一の想いが込められていました健一は雲南省

単騎、千里を走る。

中国&日本合作監督:チャン・イーモウ出演:高倉健    寺島しのぶ    リー・ジャーミン    チュー・リン静かな漁村に暮らす高田剛一のもとにある日、長い間仲たがいしていた息子の健一が重病だとの報せが届く。最後に息子との和解を望む剛一は嫁...

「単騎、千里を走る」劇場にて

昨日ファボーレ東宝で『レジェンド・オブ・ゾロ』の後、昼食をはさんで見たのが『単騎、千里を走る』です。この作品も試写会に当選していましたが、風邪でいけなかった作品です。

単騎、千里を走る

親子を通じて、そして他人ではあるが人として、人とのふれあいを描いたドラマなのだ。高年齢層に受ける映画だろう。自分も親孝行などほとんど出来ずに父親とは生き別れしている。自分が父親になった時、子供とどう接するのだろうか…高倉健は、やはり日本の海が似合う...

単騎、千里を走る。

●『単騎、千里を走る。』2006年1月28日公開。待望のチャン・イーモウ監督作品。だけど、今回は日本人が主人公という異色な内容。しかも、日本の監督と共同監督??・・・これでは面白さが半減してしまうような・・・。まあ、チャン・イーモウ監督にハズレ無し...

『単騎、千里を走る。』2006・1・30に観ました

『単騎、千里を走る。』 公式HPはこちら ●あらすじ長年絶縁状態であった息子の健一(中井貴一《声のみ》)が、病で余命も危ぶまれる状態と知った高田(高倉健)。 彼は息子が中国で遣り残して居た仕事の存在を知り、それを完成させる事が息子ともう一度向き合
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。