1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトル・ランナー

★本日の金言豆★
ボストン・マラソン:2006年で第110回目を迎える、連続して続いているマラソンとしては世界一古い伝統のあるレース。ホプキントンから、42.195キロ離れたボストンまでを走る。

2006年3月4日公開
 主人公はキリスト教学校に通うティーンエイジャー、
 母子家庭で父親は亡くなっている、
 母親も病に侵されており、病院で昏睡状態に。
 主人公”マラソンランナーだけど”ラルフ・ウォーカー(アダム・ブッチャー)は、医者から「お母さんは奇跡でもおきない限り目覚めない。」と言われ愕然。
 しかし、教師が何気なく言った一言「君たちがボストンマラソンで優勝したら奇跡だ。」によって、優勝という奇跡を自ら実現することを決意。

 このあらすじ普通に読めば、いかにもお涙頂戴的な、良く言えばしっとり神聖かつ荘厳な雰囲気の、悪く言えば陰鬱で暗い雰囲気の漂った作品を想像してしまうんじゃないでしょうか。

 ところがどっこい、意外にも本作は非常にコメディ色が強いんです。
 もう冒頭から、性に目覚めたティーンエイジャーの日常を描く下ネタのオンパレード
 ラルフは母親が入院中にもかかわらず、悲壮感を微塵も感じさせない。日々自らの欲望=エロを追求し、明るくばかばかしく生きていく。
 さらに、母親が長期入院中のため本来別な保護者が必要なところを、友人にサインを代筆させて保護者確認の書類を偽造し、学校にいすわり続けるというたくましさ。

 下ネタは下ネタですけど、別に「オースティン・パワーズ」みたいな悪ノリは一切なく、中途半端でかえって引いてしまうようなものでもない、あくまで”最後には泣ける”映画全体の爽やかでしっとりとしたムードを保ちつつ、でもそのバカバカしさに思わず吹き出してしまう。マイケル・マッゴーワン監督のセンスが際立ちます。

 適度にちりばめられた笑いどころが、尚更終盤の泣き所への感情移入度をUP!。ラルフが病床の母親に呼びかけるシーン、リアルで手に汗握るボストン・マラソンのクライマックスシーンなど、思わずじわっときてしまう見せ場が抜群に効きます。

 本作が映画初出演という主演のアダム・ブッチャー、おじさん日本人がその名前から抱くイメージとは裏腹に、どこか間が抜けてるっぽいんだけど憎めない、下ネタにも嫌味がない愛すべきキャラクターは、今後が非常に楽しみな逸材。

 14歳の子供がいきなりボストンマラソンなんか出て完走できんの!?
 ラストのお母さんのあれは何!?それにラルフ、あれじゃ死んじゃってるみたいじゃん!?
とまあ、突っ込みどころも数あれど、まったく気にせず、爽やかな気分に浸れる作品。

little_runner_book.jpgリトル・ランナー 竹書房文庫
2006年2月発売


●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

リトル・ランナー 日本語公式サイトはこちら
監督・脚本:マイケル・マッゴーワン
製作:マイケル・サウザーほか
出演:アダム・ブッチャー、キャンベル・スコットジェニファー・ティリー、タマラ・ホープ
2004年/カナダ/ギャガ/98分

マイケル・マッゴーワン監督作品

スポンサーサイト

テーマ : 映画の感想 - ジャンル : 映画

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「 リトルランナー 」

監督 : マイケル・マッゴーワン 主演 : アダム・ブッチャー / キャンベル・スコット /       公式HP:http://c.gyao.jp/movie/little-runner/ 監督は、「 MyDogVincent 」で監督・脚本デビューを果たし、1985年に実際のデトロイトマラソンで優勝経験を..

自宅で試写会「リトル・ランナー」

[:映画:] 「リトルランナー」GyaOというサイトをご存知だろうか。 ネット動画を無料で見れるサイトで、映画からニュース、ドラマ、いろいろ観れる。 今や600万人が視聴登録しているそうだ。 そこで観れる映画は旧作だが、たまに新作の試写会やってくれる。 あまり宣伝

「リトルランナー」見てきました。

 今日は単館系映画リトルランナーを見てきました。バトルランナーとは1文字しか違いませんが、全く違います。チケットを買う時に「リトルダンサー、大人1枚。」と言ってしまいましたが、これも違います。リトルランナーです。はい。

感想/リトル・ランナー

先週末の公開初日に友達連れて映画鑑賞@渋谷bunkamura。けっこういろんな雑誌に小さくレビューが載ってて、単館系ながらそれなりに評価されてるのかと。ちなみにここ初めて来たけど、ビル自体が渋谷とは思えないゆとりで、休憩とかするにもいいかもー。リトル・ランナーさ

リトル・ランナー

この作品の予告編を観る機会が多かったのですが、その度に、何度も泣かされました。繰り返し観ている場面なのに、ラルフが必死に走る姿には、涙腺が刺激されるのです。1953年のカナダのハミルトンにあるカトリックの学校に通う14歳のラルフは、隠れて喫煙をし、異性への好奇

『リトル・ランナー』を観ました。

君のママは、奇跡でも起こらない限り目覚めない・・・奇跡を起こせ!そうすれば昏睡状態のママは目覚めるかもしれない。ママ待たせたね。明日僕は奇跡を起こすよ!“奇跡”を信じ、それに向かって努力する少年のドラマ。

■リトル・ランナー~奇跡なんて起こしてみせる

リトル・ランナーの鑑賞をしてきました。リトル・ランナーはボストンマラソンに挑戦する少年の奇跡の物語。---名誉の戦士を遂げた父。病気の母をもつ主人公ラルフは、神学学校に通う14歳の少年。神学学校では、神を冒涜するような行いを起こす問題児だった。そのラルフが、

予告で泣けるっ!「リトル・ランナー」

キャッチが「奇跡なんて、起こしてみせる!」ですよ。これだけで男の子の健気さが「ぐっ」ときます。奇跡でも起きないかぎり目覚めないと宣告された母のため、ボストンマラソンに最年少で出場し、「優勝」を目指すというお話。それがまた純粋無垢な少年とは違って、厳格な学

『リトル・ランナー』

しめっぽくないのがいい。すがすがしい感動。不屈のユーモアにスポ根プラス信仰、愛、希望の力あり。1953年、カナダのハミルトン。カトリックの私立校に通う14歳の問題児のラルフは、病気で昏睡状態に陥ってしまった母のために奇蹟を起こそうとボストンマラソン参加を決意す

リトル・ランナー

サンタから もらえなくなって 幾歳月    ああ、なんだか、かったるいなあ。あれとこれと、しなければいけないけど、面倒臭いなあ。あれは仕事だから、ま、仕方がないけど、これはプライベートだから別にパスしてもいいだろうねえ。 早い朝、布団の中で目を醒ましな

さっきまでサッカーのワールドカップ決勝を見てました。イタリアが勝ちましたよ。でもなんだか爽やかな終わり方じゃなかったなぁ。ジダンのこととか。それはさておき映画の完走。いや感想。【リトル・ランナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。