1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

官邸主導 小泉純一郎の革命

★本日の金言豆★
ソールズベリー・ドクトリン:英国下院の総選挙で選ばれた政権与党がマニフェストで掲げ、下院を通過させた法案を、選挙で選ばれていない上院(貴族院)は否決しない、という、マニフェスト型選挙の先達・英国議会の不文律。

2005年12月発売
 バブル崩壊後、財政、金融といった日本のマクロ経済政策は、常に時の政局を左右する最大の政治課題であり続けました。先の郵政民営化もその重要な一つといえるでしょう。
 時の政治情勢と密接に連動する、財政政策の決定プロセスに特に重点を置き、官邸を舞台に過去十年における政治史、政策決定メカニズムの変遷を検証する、政治ドキュメントが本書。

 ・・・なんですが、ぶっちゃけ本書には”読ませる努力”が決定的に足りないようです。
 時の政治家達が密室で交わしたであろう政治決定の際の会話を、まるでその場にいたかのような再現形式で書いたり、
 誰もが知る政治家達の裏のつながり、人脈、しがらみなどを詳細に検証してあったりと、情報量は文句なし、あの政治の裏はこうなっていたのか!と、ドラマティックさはなくとも政治らしいキナくささ、ドロくささが感じられてもよさそうなものですが・・・

 ドキュメンタリーっていうのは映像作品もそうですが、ただカメラをまわして撮った映像を繋いで流しただけ、ただ事実を羅列しただけ、では面白い作品には絶対なりません。そもそも、ドキュメンタリー作家という作り手が介在する時点で、純然たる”事実の列挙”にはなりえず、作り手なりの”物語””メッセージ”が否応なしに反映されるもので、それが意識されていないと、何も伝わらないものになってしまう。
 そのあたりの極意は、ドキュメンタリーの大家の書に詳しいです。

 本書は、非常に生真面目に”政治の歴史的事実”を列挙した書。なので、研究資料としては優れているのかもしれませんが、読み物としては正直読えない代物。

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 本の部屋へ

官邸主導 小泉純一郎の革命
清水真人
日本経済新聞社

名宰相?迷宰相?小泉純一郎

スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。