1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タッチ 劇場版

★本日の金言豆★
タッチ(原作本):81~86年少年サンデー連載。コミック(単行本、愛蔵版、文庫本)総売上 6500万部以上。

2006年3月24日発売
 不覚にもウルってきてしまうシーンが何度か・・・
 やっぱりここは外せない、カッちゃん死亡のシチュエーション、
 原作とはまた一味違ったアレンジが光るタッちゃんのマウンドでの頑張り、そこに駆けつける南ちゃん、流れるテーマ曲!ジャージャジャジャジャジャジャジャ、ジャジャジャジャン!呼吸を~止めて~♪

 20年も前の作品で、TVアニメ化も劇場映画化も何度もされてて、そのあらすじもキャラクター性も泣き所も十分すぎるほど分かってるはずなのに、それでもやっぱり感動してしまう、
 これはもう、原作の完成度の高さ、
 犬童監督の手腕の見事さ、
 そして私自身モロ原作ジェネレーションだってのが大きいのかなあと。

 浅倉南ちゃん役にこれほどハマる人がいまだかつていただろうか!?と素直に思ってしまう奇蹟のベストキャスティング、長澤まさみチャンは言うことなし。
 まあ強いて言えば、運動神経バツグンという設定の南ちゃんが新体操やるエピソードがバッサリ無くなったのは、もしかして尺の問題だけでは無いのか!?ってことぐらいですが、ま~瑣末なこと。

 野球も出来る高校生役イケメン双子俳優っていうめちゃめちゃ高いハードルをクリアした上杉兄弟役の斉藤兄弟が正直すっごい心配だったですけど、それが杞憂だったとまでは言えないまでも、なかなか思った以上にナイスな上杉ぶりではないかと。ま~いかんせん、原作の偉大さゆえにハードル高すぎですからね・・・。
 カッちゃんのキャラが若干違うような気もしますが(ちょい悪すぎ!?)、タッちゃんはその淡々としたキャラクター、ぶっきらぼうなもの言いなどがなかなかハマってます。狙った演技なのかはちょっと微妙ですが・・・

 原作から適度にアレンジされたシナリオがまた絶妙。カッちゃんの後を継ぐ格好で野球を始めたタッちゃんや、それを見守る南ちゃん、上杉母の葛藤を描いていたり、ラストの須見工新田との対決もちょっとアレンジされてたり、どれも原作の雰囲気を保ったままより人物を掘り下げており、うまい!
 原作には確か一切出てこなかったような気がする、南ちゃんちの母親が冒頭ちょろっと出てくるのは、イマイチ意味不明でしたけども・・・

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

タッチ
監督:犬童一心
出演:長澤まさみ斉藤祥太斉藤慶太風吹ジュン若槻千夏小日向文世宅麻伸
2005年/日本/116分

犬童一心監督作品

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『タッチ』

いつでも一緒だった・・・三人で描いた夢届けたい、この想い。■監督 犬童一心■脚本 山室有紀子■原作 あだち充■キャスト 長澤まさみ、斉藤祥太・慶太、風吹ジュン、本田博太郎、小日向文世、宅麻 伸、RIKIYA、平塚真介、福士誠治□オフィシャルHP  http://touch

「タッチ」

私はマンガのタッチを読んだコトがないので、とりあえず基本設定だけ教わってDVDを観てみました。原作が好きな人は何やら不満みたいですが、私は原作を知らない分違和感もなく、すんなりストーリーに入っていけました。確かに双子の区別が難しかったりもしましたが、甲子

『タッチ』 呼吸を止めて一秒…

ちょっと、ちょっとちょっと。私の野球好きの、原点なんですけど。やっぱり実写は、ダメだなぁ。演技うんぬん以前に、キャスティングが…。キャプテン、もっとカッコよかったハズなんだけど。新田くんも、もっとカッコよかったハズなんだけど。孝太郎はドカベンだったハズで

映画「タッチ」

"南を甲子園に連れていって・・"原作の浅倉南は男を手玉に取り弄ぶ"ずるい女"を感じたと言い、女の子からも好かれる女の子を演じたいと思ったという 浅倉南(長澤まさみ)と隣家の双子の兄弟上杉達也(斉藤祥太)と和也(斉藤慶太)は幼馴染、まるで三
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。