1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トム・ヤム・クン!

★本日の金言豆★
トニー・ジャー:1976年2月5日バンコク郊外スリン生まれ。本名パノム・イーラム。「トニー・ジャー」は監督プラッチャヤー・ピンゲーオが命名。トニーの「T」はタイから、「ジャー」は彼のタイでのニックネーム。本名の「パノム」は“両手を握り合わせる”という意味のタイ語に由来。

2006年4月22日公開
 すごい!すさまじい!痛い!痛い!痛い!でも面白い!まさに新時代アクション映画の金字塔!
 アクション映画好きな方は特に必見!そうでない方でも、”人間炎上!”「マッハ!」や、”轢かれてる轢かれてる”「七人のマッハ!!!!!!!」に比べれば、それほど過激で心臓に悪いシーンはなく、むしろ格闘アクション映画としての純度を究極まで高めたといっても過言ではないその映像に釘付けになること間違いなし。

 CG無し!ワイヤー無し!はもはやこのチームにとっては当たり前、今度はさらに、眼の肥えたアクション映画ファンをいかに驚かせるか?をとことんまで追求した、アクションの美学を濃縮還元。

 見所はもう、冒頭からラストまでいっぱいありすぎ!運河での高速ボートチェイスシーン、工場内でのバイクや4輪バギーなどとのバトルなど、往年の007シリーズやジャッキー映画へのオマージュたっぷり、かつすべてをパワーアップさせたバトルはすさまじいスピード感と迫力。
 特に今回のこだわりは、”ガラス割るぜ!”にあり。もう割って割って割りまくる、敵も自分もガラス窓を見つけては飛び込み、わざわざ蛍光灯を棒代わりにして殴り合い。これ見よがしに頭上の街灯まで蹴り割る始末。良い子は絶対真似しちゃいけません!

 中盤の、4階建て建物を舞台に、階段を昇りながら出てくる敵をバッタバッタとなぎ倒していくさまを4分間ワンカットの長回しで撮る映像は圧巻!まさに格闘アクション映画界の「ER 緊急救命室」状態!計算されつくした殺陣とカメラワーク、演者とスタッフ全員の呼吸がピッタリ合わなければ到底実現できなかったであろう、歴史に残る名シーンといっても過言ではない出色の出来。

 かと思えば、1対1の格闘バトルもじっくり描く演出、その緩急の上手さに脱帽。燃え盛る寺院を舞台に、カポエラ使い、剣術使い、そしてWWF異種格闘技戦と、バラエティに富んだカードが織り成す武の美しさ。まさに武踏と呼ぶにふさわしい映像美。カポエラ使いとの戦いなんか、まさにナムコの名作格闘ゲーム「鉄拳」のエディそのまんま。

 そして終盤、これは痛い!49人連続骨折り間接極めデスマッチ!折って折って折りまくる、トニーにかかれば上腕骨だろうと鎖骨だろうと肋骨だろうとマッチ棒同然!

 思わせぶりな伏線(ここでシリーズ初!?のフルCG映像も登場!これがまたある意味笑えます)があった割には、ラストのゾウの骨バトルは何だかよくわかりませんが、とにかく全編ものすごい!面白い!しかも、ちょっぴりメッセージ性的な要素も入れちゃったりなんかして、全体的にすごくクオリティ高し!トニー・ジャー&”マッハ”チーム、侮れず・・・

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

トム・ヤム・クン! 日本語公式サイトはこちら
監督、製作、脚本:プラッチャヤー・ピンゲーオ
出演:トニー・ジャー ネイサン・ジョーンズ ペットターイ・ウォンカムラオ ボンコット・コンマライ
2005年/タイ/クロックワークス=ギャガ/110分



金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 映画評価 - ジャンル : 映画

COMMENTS

TBありがとうございます。

ご覧になられたのですねトム・ヤム・クン
おいらも早く観たいのですが金欠で入場
料がひねり出せません。
でもここに詳しく書いてあったので観なく
ても良くなったとか。ないとか。
いやよけい見たくなりました。

TBサンクスです

トラックバックありがとうございます。
格闘技オタクの私、これを読みまして、無性に見に行きたくなりました。
罪なトラックバックです。

はじめまして。

人気ブログランキング・ランブロの管理人です。

このたび、アクセスアップにお役に立てるよう、人気ブログランキング・ランブロを開始しました。
(他のランキングとは違い、カテゴリごとに、ランダムにブログが表示されたりします。)

まだ、開始したばかりですので、登録数などは少ないですが、これから、登録数などを増やしていきたいと考えております。

そこで、登録して、ご利用いただけたら、と思います。



よろしくお願いいたします。

http://www.ranblo.com/

TBありがとうございます☆

TBありがとうございます☆
マッハ!の続編かと思っていたのですが
ボートやヘリの派手なチェイス、お祭りの人波を象が突っ走るなど
冒頭からすっかり引き込まれました。かなり楽しかったです。

いつもありがとうございます

いつもトラックバック、ありがとうございます。URLを変更致しました。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。 新たしいURLは http://tomy-movie.no-blog.jp/eigahyouron/です。 映画評論家人生 冨田弘嗣

TBありがとうございました

おじゃまします!トラックバックからやってきました。
先週「トム・ヤム・クン!」見てきました。期待通りおもしろかったです。
トニー・ジャー最高ですね。
DVDで「マッハ!」も注文しているので、そちらももう一度楽しもうと思っています。
「トム・ヤム・クン!」ももう一度みられればと考えています!
象との話もちょっと泣けちゃいました♪

うっとり・・・でした。

TB、ありがとうございました。
こちらからも、TBさせていただきました。
初日に行って『カポエイラ VS ムエタイ』の戦いにウットリしちゃいました。

いやー

激しかったですね~。
ワンカットでは度肝ぬかれ、異種格闘には興奮させられ、屋上からのとび蹴りにはつっこまされてしまいました(笑)

トラックバックありがとうございます

こんにちは。
トラックバックありがとうございます。

>トニー・ジャー&”マッハ”チーム、侮れず・・・

やっぱトニー・ジャーがいないと...という感じです。彼の前では笑い無し、何より真剣勝負、表情がいいです。次はどんな進化を見せてくれますかね(^^ゞ

格闘技ファン必見

TBありがとうございました。
衝撃度は前作の「マッハ!!!!!!!!」には及びませんでしたが
やっぱり面白かったです。
トニー君、これからもずっと怪我しないで 可愛く謙虚に
がんばって欲しいです。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トム・ヤン・クン Tom Yum Goong

トニー・ジャー主演マッハ ONG-BAKに続く トニー・ジャーの映画です昨年9月にONG-BAKを観て トニー・ジャーが凄いと思っていたのですがこの映画も トニー・ジャーのアクション一色でしたタイの人たちは象を家族の一員として恩恵を受け 愛を施しながら暮らしていますト

トム・ヤム・クン!-(映画:今年55本目)-

監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ 出演:トニー・ジャー、ペットターイ・ウォンカムラオ、ネイサン・ジョーンズ評価:88点(100点満点)公式サイト(ネタバレあります)奪われた象を取り戻すために、タイからオーストラリアに単身で乗り込...

トム・ヤム・クン!

ナビオTOHOプレックス 「マッハ!」も観た。マッハ!とはまったく違う映画だが、「七人のマッハ!!

トム・ヤム・クン!

涙腺の弱い人なら、最初の10分で泣いちゃうかも?タイ映画でウルッときました。【2005年 タイ映画/試写会にて鑑賞】 (2006年4/22 公開作品)トム・ヤム・クン!(公式HP)【お話し】何百年も王を守り、王に献上するための象を育ててきた兵士、チャトゥラバート。その

トム・ヤム・クン!/試写会

トム・ヤム・クン!TOM YUM GOONG  http://www.tyg-movie.jp/監督: プラッチャヤー・ピンゲーオ アクション監督: パンナー・リットグライ 製作: プラッチャヤー・ピンゲーオ 撮影: ナタウット・キッティクン   出演: トニー・ジャー ペットターイ・ウォンカム

トム・ヤン・クン、試写会

新宿厚生年金会館での開催。ここでの試写会は、18:00開場、18:30開演が多いのだが、今日は17:45開場、18:30開演。30分では入場ぎりぎりだから、なかなか良いアイデアだなあと思いつつ、18時に着いた。ところが、ぞろぞろと入場しているはずの観客は

試写会 ::: トム・ヤム・クン!

タイ映画の「マッハ!」が大好きだ。そして、「マッハ!」で主役を演じていたムエタイなニューアクションヒーロー=トニー・ジャー+「マッハ!」と同じプラッチャヤー・ピンゲーオ監督による新作がこの「トム・ヤム・クン!」である。「マッハ!」ではタイの田舎の村から奪

「トム・ヤム・クン!」

「トム・ヤム・クン!」ヤマハホールで鑑賞月曜日にトニー・ジャーの舞台挨拶があったようですが、何故かカメラが待機していて誰か来るのかしら?と思っていたらば広報や宣伝担当のお兄さんたちの素人漫才みたいな番宣でした。「とにかく面白い」「今まで見た作品で5本に入

映画「トム・ヤム・クン!」

監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ出演:トニー・ジャー、ペットターイ・ウォンカムラオ、ボンコット・コンマライ、etc...Official Site4/22、公開CGを一切使わず、生身の肉体を駆使した危険なスタントが話題を呼び世界的な大ヒットとなったあの「マッハ!」軍団が、世界

【劇場鑑賞40】トム・ヤム・クン!(TOM YUM GOONG)

取り戻したい愛がある、取り戻したい象がいる。タイからオーストラリアへ――男の前に立ちはだかる最強格闘技軍団。象から授かりしムエタイ秘奥義が、いま炸裂する!

トム・ヤム・クン!

9点/10点満点タイ東部の小さな村。そこでは、最強のムエタイ兵士の末裔たちが、王に献上するための象を育てながら暮らしていた。しかしある日、2頭の象が密輸組織によってオーストラリアへと連れ去られてしまう。この2頭を家族の一員として大切に育ててきたカームは、..

トム・ヤム・クン!。

トニー・ジャー主演、『トム・ヤム・クン!』、Tジョイにて鑑賞。公開を待ちに待った『トム・ヤム・クン!』、よーやく観てきました!!いやぁ、これだけ待たされると期待するものも自然と大きくなってしまうものなんですが、本作はその期待を裏切るものではありませんでし

追加!トニージャー直筆パンフを1名様にプレゼント!

いよいよ今週公開の「トム・ヤム・クン!」。主演のトニージャー来日のニュースもバンバン流れていましたね。東京、大阪でのイベントや始球式に出たりと多忙なキャンペーンだったようで、名古屋はすっ飛ばされてしまいましたが、すまいんぐ編集部で直筆サイン入りパンフを1

「トム・ヤム・クン!」 ムエタイ・象・オカマ!

タイの三大名物。当初、象のところが売春の予定だったらしいです。「マッハ!」に乗り遅れてしまったので、初トニー・ジャー。単純なはずのストーリーが、途中でうつらうつらしたこともあって、よくわからなかったので、アクションシーンが堪能できませんでした。アクション

トム・ヤム・クン!

 タイ アクション 監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ 出演:トニー・ジャー     ペットターイ・ウォンカムラオ     ボンコット・コンマライ     チン・シンタイ東部の小さな村。そこでは最強のムエタイ兵士の末裔たちが王に献上するための...

映画館「トム・ヤム・クン!」

トニー・ジャ~~~!観てきました!!ワイヤーアクションやCGに目が慣れてしまっている最近。凄く新鮮で良かったです♪象と少年の愛情物語ってなんでいつも美しいのでしょうか~。「星になった少年」かと思っちゃいましたよ。でも、こちらの象の方が迫力があった...

「トム・ヤム・クン!」本物の生アクションでお腹いっぱい

「トム・ヤム・クン!」★★★☆トニー・ジャー主演、2005年タイ国前作「マッハ!」での生身のアクションで強烈な印象を受けたトニー・ジャーの新作。タイトルの「トム・ヤム・クン」はタイの酸っぱ辛いスープの名前映画とは直接関係無いが、タイの映画...

映画「トムヤムクン」

最近では「トムヤムクン」と言ってもタイの美味しい料理名と認知されているので『それって誰?』と言う人はいなくなりました(* ̄m ̄)プッあの「マッハ」で主役を演じたトニー・ジ

トム・ヤン・クン!

 最初はグー。トム・ヤン・クン!

トム・ヤム・クン

凄い!凄すぎ!話は早いけど俺的今年のベストアクション映画に決定!あの空前絶後の超絶アクション映画『マッハ』を、同じ監督・主演コンビが軽々と超えてしまった。プラッチャヤー・ピンゲーオ&トニー・ジャーはまさしく奇跡のコンビだ。ブルース・リーから始まってジャッ

トム・ヤム・クン!

映画の日のレイトショーで「トム・ヤム・クン!」を観てきました。客の入りは15名ほど(少なっ)。なのに何で私がとった指定席の列だけ、こんなに人が埋まってるの?冒頭のカーム(トニー・ジャー)と象とのふれあいは和みますねぇ。音楽もゆったりと心地よく流れて、「星

TOM YUM GOONG in JAPAN

マッハ!のトニー・ジャー最新作トム・ヤム・クン!が日本で上映始まったようで検索でこちらに来てくださる方も出始めました(TOPでずっと表示してますしね)。この作品は昨年夏にタイで上映されてますので、本音を言えば、タイ在住者には既に過去の作品なのですが、新たに.

トム・ヤム・クン!

観ちゃいました、観ちゃいましたよ。トム・ヤム・クン!500円の割引券があったのでレイトで700円で観ちゃいましたよ。トム・ヤム・クン!子象のしっぽ、かわいいッスね~。トム・ヤム・クン!カポエイラ VS ムエタイ。限りなくしなやかで安定した

「トム・ヤム・クン!」

「トム・ヤム・クン!」「マッハ!」のプラッチャヤー・ピンゲーオ監督と主演トニー・ジャーによる最新作。<「マッハ」のリアル・アクションには驚かされたが、本作の方が物凄いアクションの連続。トニー・ジャーの身体能力の高さ。役者の動き、カメラマンの動きを

トム・ヤム・クン(映画館)

CAST:トニー・ジャー/ペットターイ・ウォンカムラオ/ネイサン・ジョーンズ 他■タイ産 110分まるでリアルアクションRPGゲームのようだったわ。大切な象を取り返すために主人公が敵と戦っていくのよ。それでちゃんと小ボス、中ボス、大ボス、ラスボスが出てくるのがいい

トム・ヤム・クン

★★★☆  なんでこんなへンテコリンなタイトルをつけたのだろうか。この映画の中で、悪人が経営するレストランの名前ではあるのだが、いかにもタイ=トムヤムクンといった安易なネーミングだ。  さしあたって、日本の映画なら内容に関係なく、『すし』とでもつけるのだろ

灼熱の人

「トム・ヤム・クン!!!」 / タイやったっ!!!ヤラレタっ!!!その熱きバカスタイルにカンヌも震えた・・・っっ!!前作「マッハ!!!」での稼ぎを全部ぶち込み、全身全霊を注いだとあってなんて見事な!後世に残すに相応しい、ストロングスタイルのバカ映画、ここ

「トム・ヤム・クン!」これぞアクション映画!

ストーリー: 南半球の国際都市オーストラリアのシドニーに、ひとりのタイ人青年カーム(トニー・ジャー)が降り立った。国際的マフィア組織に祖国の象を密輸され、臨界点を越えた怒りに打ち震えるカームは、鍛え抜かれた己の肉体と超人的なムエタイ技術を武器に、単身、組..

アクションに慣れてしまった 「トム・ ヤム・クン!」

評価:65点トム・ ヤム・クン!「マッハ!!!!!!!」のトニー・ジャーがやっているだけあって、ものすごいアクション映画に仕上がっています。タイ人はガチンコすぎますね、相変わらず。わかっていても引いてしまうくらいのすごいアクションです。中でも、中盤の長回しの格闘

トム・ヤム・クン!

考えないでスッキリできるトム・ヤム・クン!(TOM YUM GOONG)http://www.tyg-movie.jp/≪あらすじ≫カームは子供の頃から象と家族同然に暮らしていた。しかし親子象は奪われ、父は殺されてしまった。親子象を取り戻す為、殺された父の仇をとる為、一人オーストラリアに乗

トム・ヤム・クン

巷で大人気(?)のタイ製ムエタイアクション第三弾。本編の感想の前に一言いいたい。予告作った人最高!!なんで毎回、こんな面白くてアホウな予告を作れるんだろう。ゾーウさん♪ゾーウさん♪おーはなが長いのね♪そーよ♪ジャーさんはつーよいのよー♪で、本編なん...

ストーリーも文句ないわい  トム・ヤン・クン!いや、トム・ヤム・クン!

またふざけた邦題つけたなと思ったら、英文名TOM YUM GOONG なのね。しかも、そういう名のレストランに乗り込んでいくのだから、このタイトルでいいのでしょう。(以下、ややネタばれ。し

「 トム・ヤム・クン 」

監督 : プラッチャヤー・ピンゲーオ  出演 : トニー・ジャー/ペットターイ・ウォンカムラオ/ボンコット・コンマライ      公式HP:http://www.tyg-movie.jp/ 監督は、「 マッハ! 」のプラッチャヤー・ピンゲーオ。 主演は、同じく「 マッハ! 」でも...

トム・ヤム・クン

劇場にて鑑賞基本的に邦画ばっかりの私だが、タイのアクション映画は話が別!!大好きなんです。ノーワイヤーでのアクション朴訥なストーリー!今回はいろいろややこしくなっていましたが・・・(その時間は寝てしまいました・・・)とにかく私の中で

トム・ヤム・クン

2004年最も熱かった映画「マッハ!!!!!!!!」は、その邦題のノータリンぶりとは裏腹に、「本物」の格闘アクションのみが持つ絶大な魅力を再び現世に知らしめし、タイ映画の存在感を世界クラスに引き上げました。まぁその後に出てきたタイ映画は「トカゲ女」とかそんなんば

トム・ヤム・クン!

第435回★★★(劇場) 今日は、我が中学時代の話。 体育大会のクラス対抗リレーのメンバーとして走っていた時だった。トラックのカーブを曲がる瞬間、後方の走者が隣の走者と接触、その転倒に巻き込まれて僕は前のめりになってコケた。 転倒した摩擦....

今最高のアクションだぜ! タイ映画 「トム・ヤム・クン」

トム・ヤム・クン、タイの辛いスープ。グルメ映画と思いきや(ゲテモノグルメがちょいと顔を出しはしたが)、とんでも活劇映画。飛び切りイキがいい。筋書きなんてどうでもいいかも。タイの青年。子供の頃から家族以上に大事にしている象の親子が誘拐された!それを奪還すべ

『トム・ヤム・クン!』

 タイの人々にとって象の存在は非常に大きなものだそうです。 簡単にネットで調べてみたところによると、タイでは象は動物の中でも別格の存在として扱われていて頭数を数える時の単位に関しても他の動物と差別化が図られているのだとか。象専門の動物病院なんかもあるみ..

シネマ日記 トム・ヤム・クン!

「マッハ!」で衝撃的なアクションを見せてくれた、トニー・ジャー、彼がオーストラリアに密輸されてしまった象を助け出すために、闘う。今回も、CGなし、ワイヤーなし、スタン

「トム・ヤム・クン!」

「マッハ!!!!!!!」の主演&監督による最新作ってことは行かないわけにいかないでしょ。このあたりでは109CINEMASしかやってないので、新高島へレッツ・ゴー!象を守るという仕事を代々受け継いできた一家のカーム。水かけ祭りの日に王に献上するという詐欺に会い

「トム・ヤム・クン!」 象、命!!!

でたー!トニー・ジャー!!今日から封切りの映画も色々ある中で、観たのはこれ。だって格闘技好きだもん。前作「マッハ!!!!!!!!」ももちろん観ました。(タイ版DVD持ってます(笑))スタントなしですよ!あのムエタイの技、人間と思えません。演じるトニー・ジャー君は、

トム・ヤン・クン!

トム・ヤン・クン!上映時間 1時間50分監督 プラッチャヤー・ピンゲーオ出演 トニー・ジャー ペットターイ・ウォンカムラオ ボンコット・コナマライ 評価 7点(10点満点) シネマGAGAでレイトショーで観賞。皮の椅子ってあんまなー。 世界の中...

映画「トム・ヤム・クン!」

DVDで観ました。「マッハ!」プラッチャヤー・ピンゲーオの監督作品。密輸組織によって連れ去られた大切な象を取り戻すため、単身オーストラリアへと乗り込んだ最強ムエタイ戦士の活躍を描く。トニー・ジャーのアクションには驚きました。 CG、ワイヤー、フィルムの早回し..

トム・ヤム・クン! (Tom Yum Goong)

監督 プラッチャヤー・ピンゲーオ 主演 トニー・ジャー 2005年 タイ映画 110分 アクション 採点★★★★ あぁ。象の頭頂部にちょこっと生えたあのパヤパヤした毛に、思う存分顔を埋めたい。思いのほか硬いかも知れないけど。「危ないから、もう来ないでね」と毎年言ってる

『トム・ヤム・クン!』

『マッハ!』に続いて制作されたトニー・ジャー主演のムエタイ・アクション。タイの山

NO.173「トム・ヤム・クン」(タイ/ブラッチャヤー・ビンゲーオ監督)

タイのアクション・ムービーは、アドレナリン出まくりで、陶酔させられるぞ!「ねぇ、なんかさ、元気の出る映画ないかなあ」と訊かれたら、僕が紹介する映画は決まっている。タイの一連の格闘映画である。2003年、「マッハ」登場!彗星のごとく現れたトニー・ジャーという肉

トム・ヤム・クン! 06年203本目

トム・ヤム・クン!2005年 タイ   プラッチャヤー・ピンゲーオ 監督トニー・ジャー , ネイサン・ジョーンズ , ペットターイ・ウォンカムラオ , ボンコット・コンマライ , チン・シン , ジョニー・グエン恐れ入りました。 今現在、トニー・ジャーある限り、タイ...

タイの映画「GIG」

タイではセブンイレブンで映画のVCDが売られています。雑誌と並んでいるVCDやCDを見ていて何となく買ってみました。この映画は半年くらい前に公開されていました。タイ映画は数年前に観て懲りて以来なので、古いも何

トム・ヤム・クン!

 かような訳で暑苦しいのを見て体温を上げようと今日で『トム・ヤム・クン!』を見た。回数的には何度目か解らない程見ている作品で、恐らくアクション的には現代における最高峰では無かろうか。 だが、自分は思う。こ

『トム・ヤム・クン』\'06・タイ

あらすじ象と生活するムエタイ兵士の末裔が暮すタイの静かな村。ある日、村に現われた密輸組織に2頭の象が連れ去られてしまう。村の青年・カームは、家族同様の象を救うため単身シドニーへと向かう・・・。感想トニー・ジャー凄いんじゃー!この人のアクションは、凄過ぎ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。