1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロークン・フラワーズ

★本日の金言豆★
ドン・ジョンソン:1950年12月15日~。米モンタナ州出身。テレビドラマ「マイアミ・バイス」クロケット刑事役で有名。

2006年4月29日公開
 2005年カンヌ映画祭で観客を大いに楽しませてグランプリまでとったというラブ・コメディとのことですが・・・やはり笑いに関しては、日米間には解消しがたい分厚い文化の壁が依然立ちはだかっているらしく。
 日本人が普通に観れば、のほほ~んとした不思議でけだるい空気感が漂う一風変わった映画には違いないものの、”笑うとこなんてあった!?”となること間違いなし。

 かつて幾多の女性と浮名を流しまくったプレイボーイ、ドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)もいまや立派な中年、あいかわらずその性根が変わることの無い彼に、最後の彼女も愛想をつかして去ってしまう。
 そんな彼の元に、差出人不明の1通の手紙が。ピンクの便箋にタイプライターで書かれたその手紙には、かつての彼の恋人を名乗る女性から、19歳になる彼の息子の存在が告げられていた。

 とまあ、ここまでなら現実にもよくある(!?)話。本作ならではのぶっとびぶりはここから本領発揮。
 素人探偵気取りの隣人ウィンストン(ジェフリー・ライト)は、ドンに”元カノリスト”を作らせると、それをもとに彼女らの現住所を調べ上げ、航空機やレンタカーなど旅の手配もすべてすませた上で、ドンに”手紙の差出人探しの旅”に出るよう勧めます。
 個人情報保護法もへったくれも無いその異常な調査能力もさることながら、何の目的があってわざわざそこまでおせっかいを焼くのか?というつっこみはおいといて、ドンは気乗りしないものの(当たり前!)結局いわれるままに旅に出る。

 本作のもう一つの見所はドンの元カノキャストの豪華ラインナップ。
 娘一人のシングルマザー、ローラ役にシャロン・ストーン、動物の声が聞こえる!?カウンセラー、カルメン役にジェシカ・ラング、化粧が怖いイッちゃってるヒッピー女ペニー役にティルダ・スウィントン等、ベテランから最近の注目株まで揃い踏み。
 「コーヒー&シガレッツ」もそうでしたが、ジャームッシュのこの異常なまでのお友達キャスティング力はすごい。よっぽど彼やその作品に役者が魅力を感じてるんでしょうね。

 一応、熟年プレイボーイが主役の作品とはいえ、劇中別にそれらしいカラミのシーンなどはなく、シャロン・ストーンと同じベッドで目覚めるシーンがある程度。なのにPG-12指定なのは、シャロン・ストーンの娘が露出狂という設定で、素っ裸で歩き回ったりするから?あんだけのことでPG指定とは・・・一応ギャグになってて笑いどころのはずですが、その効果のわりにはとんだおまけつきになったもの。

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

映画「ブロークン・フラワーズ」オリジナル・サウンドトラック
2006年4月5日発売

ブロークン・フラワーズ 日本語公式サイトはこちら
監督・脚本:ジム・ジャームッシュ
出演:ビル・マーレー ジェフリー・ライト シャロン・ストーン フランセス・コンロイ ジェシカ・ラング ティルダ・スウィントン
2005年/アメリカ/キネティック=東京テアトル/106分/PG-12

ジム・ジャームッシュ作品


金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

COMMENTS

TBありがとうございました

 あれはびっくりしました。
 笑うというより、びっくりです。何か、すごい態度がフツーなので、てっきり逆「裸の王様」で、実は着ているんだけど、観客には裸に見えるとかなのかと一瞬思いました。んなわけないか、とおばかな考察をしてしまいました。

 確かに、爆笑、という感じではないですが、全体的にいやらしくない、でも大人向けのコメディとして、まったりできたと思います。
 

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブロークン・フラワーズ

 GWも始まり(そして私にはバイトが忙しいという以外にはまったく関係ありませんが)、私はといえば「ブロークン・フラワーズ」を観てきましたよ~ コンピュータ関係の仕事で今後の暮らしに不自由のない成功を収めた初老の男ドン・ジョンストン。 ドンは若い頃からプレ

ブロークン・フラワーズ BROKEN FLOWERS

カンヌ国際映画祭2005 審査員特別グランプリ受賞ビル・マーレイ、シャロン・ストーン、フランセス・コンロイ、ジェシカ・ラング、ティルダ・スウィントン主演ドン・ジョンソンはIT産業で成功し裕福な暮らしをしています充分な貯えがあり 今はこれといってすることがありま

映画のご紹介(128) ブロークン・フラワーズ

ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(128) ブロークン・フラワーズ-ビル・マーレイあってのブロークン・フラワーズ。恋人(ジュリー・デルピー)が出て行った。出て行った恋人と入れ替わりのようにドン(ビル・マ....

『ブロークン・フラワーズ(Broken Flowers)』

『ブロークン・フラワーズ』恋人に愛想をつかされて一人佇むドン・ジョンストン。昔はプレイボーイだったが今はその面影も潜めている。ある日、彼の元にピンクの手紙が届く。手紙に差出人はなく、過去の女から送られたもののようだが、ドンの息子がいるという内容だ...

感想/ブロークン・フラワーズ(試写)

ジム・ジャームッシュ監督最新作『ブロークン・フラワーズ』。『ロストイントランスレーション』のビル・マーレイ主演。もーね、なんかすっとぼけ作品です。キッチュな中年男のお話。4月29日公開。『ブロークン・フラワーズ』           ひと財産を築いた中年男

ブロークン・フラワーズ

ジム・ジャームッシュの撮る作品はかなり好きで、今回も楽しみにしていたが、期待を裏切らないというか、いい意味でいつもの安定したジム・ジャームッシュ作品だった。身近にありそうで、でもやっぱりないような、一種の寓話である。ちょっとした笑いとちょっと切ない部分が

ブロークンフラワーズ

   ※注 多少、物語に関して核心に触れる部分に言及しています。 さかりを過ぎた、女ったらしのドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)のもとに、一通のピンクの手紙が届く。 封筒の中身の便箋には、赤い字で・・・ あなたと別れて20年....

アンダー160の身長の女の子たち

モデル100人と突き合った男性と、人数は少ないもののギャルや主婦、女学生と幅広く付き合っている人。もてる男とは後者らしい。様々なタイプの女性を虜にできる男、それがもてる男。と、昔田村正和に似てる建築家のおっさんが言っていた。さも自分はそうだったと言いたげに

ブロークン・フラワーズ

ブロークン・フラワーズ Broken Flowers (2005/アメリカ)無表情コント監督・脚本ジム・ジャームッシュ Jim Jarmusch出演ビル・マーレイ Bill Murray (Don Johnston)ジェフリー・ライト J

ブロークン・フラワーズ

さえない、やる気のなさそうなくたびれた感じの中年の男性、ドン・ジョンストン。何故かはわからないのですが、ドンはもてるのです。ある日、ドンのところに届いたピンクの手紙に書かれていたのは、「あなたと別れて20年。あなたの息子は19歳になります。」という言葉。お節

【 ブロークン・フラワーズ 】

自分の息子がいるというピンク手紙を貰い、昔の恋人たちを訪ねる旅に出るロードムービー。主演はビル・マーレイ。相変わらずのオフ・ビート感はいつものジム・ジャームッシュ監督。ビル・マーレイの何とも言えないとぼけた雰囲気、独特の間がこの作品を面白くしている...

映画@ブロークン・フラワーズ/Broken Flowers

生活には困らないが、『家庭を持つこと』に興味がもてないドン昔はバリバリのプレイボーイだったが今はどこか落ちぶれた感が。。いわゆる中年オヤジだそんな彼の元に届いた一通のピンク色の差出人不明の手紙「あなたの息子がもうすぐ19歳になります」自分の子供の存在を知っ

ブロークン・フラワーズ

ゆったりと流れるように淡々と物語が展開され、70年代風のエチオピア音楽をBGMに、オフビートな雰囲気と独特な心地よさがある作品です。 虚無感と哀愁漂う主人公ドン・ジョンストンを演じているビル・マーレイの、静かで味わい深い演技は見所です。

ブロークン・フラワーズ(映画館)

人生は思いがけない驚きを運んでくるCAST:ビル・マーレイ/ジェフリー・ライト/シャロン・ストーン/フランセス・コンロイ/ジェシカ・ラング 他■アメリカ産 106分「ライフ・アクアティック」でも突然『実はあなたには息子がいます』と告げられたビル・マーレイ。ちょっ

ブロークン・フラワーズ

連休中のレディースディでチケット売場が大混雑しているなか(子供連れがほとんど)、「ブロークン・フラワーズ」を観ました。外の大混雑とは反対に、この映画は空いていて20名程(9割が女性で1割はシニアの男性)の観客でした。ポスターの写真を見ただけで「これは感動

「ブロークン フラワーズ」

「ブロークン フラワーズ」シャンテシネで鑑賞レディースデーなので渋谷で2本と思っていましたが出遅れました。渋谷に別な用事があって時間を調整しようと思ったときには既に遅く、今日の渋谷行きはあきらめました。変更して日比谷へ。11:20からのこの作品、間に合う

『ブロークン・フラワーズ』 あれが息子か!

昔の男がある日突然花束を抱えて現れたら、いったいどんな 反応をするだろう。どうしても終始女性の視点で見ている自分が いました。 『アメリカ、家族のいる風景』(レビューはこちら)も 自分の人生に違うラインを見出した男の話だったが、これも 「もしかしたら自分に息

桃 ~「ブロークン・フラワーズ」~

ジム・ジャームッシュ監督作品、ビル・マーレイ主演の、映画 「ブロークン・フラワーズ」を観た。2005年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品。「19歳の息子がいる」という手紙を受け取ったドン(ビル・マーレイ)。隣人の助けを受けながら、手紙の差出人を見つける為

ブロークン・フラワーズ

何気に人気なのでしょうか?夜のシャンテは満員でした。何か不思議な雰囲気の映画でした。でもこの雰囲気はすごく好き。淡々としてるけど何かがあるような気がして少しわくわくするし笑いのおかげで何だかとっても楽しい時間を過ごした気がしました。結局最後まで息子は誰な

映画「ブロークン・フラワーズ」

原題:Broken Flowersこの映画、またまたビル・マーレイが、"ロスト・イン・トランスレーション"してるよね。あのポーカーフェイスのまんまで、哀愁に満ちた時が過ぎる・・。 差出人不明のピンクの手紙に綴られた、まだ知らぬ19歳の息子の存在、そこから過去

『ブロークン・フラワーズ』

'06.06.28 Tと『ブロークンフラワーズ』@Q-AXシネマずっと見たくてやっと見れた。「お金にも女性にも不自由せず気ままな独身生活を送るドン。ある日"あなたの息子がいます"という手紙が届く。友人のススメで昔の恋人達を訪ねる旅に出るが…」という話。ジャームッ

映画「ブロークン・フラワーズ」

ジム・ジャームッシュ監督 ビル・マーレイ主演 ある日、男に手紙が届く。昔の恋人からだ。「19歳の息子がいる」。その恋人は誰なのか。それを求めて男は過去の恋人を訪ねる。そんなストーリー。 まずタイトルがあらわれるまでがすばらしい。ピンクの便箋、ピンクの封筒。

映画「ブロークン・フラワーズ」

<B>『 ブロークン・フラワーズ 』</B>(監督:ジム・ジャームッシュ) BECK(漫画)でそっくりさんが出ているジャームッシュ監督の新作。カンヌでグランプリだったんでしたっけ。パルムドールでしたっけ。 ジャームッシュ作品は、昔<B>「ナイト・

「ブロークン・フラワーズ」

「ストレンジャー・ザン・パラダイス」や「コーヒー&シガレッツ」などで知られる米国の才人、ジム・ジャームッシュ監督が2005年に撮ったヒューマン・ドラマ「ブロークン・フラワーズ」。中年男性がかつて愛した女性のもとを訪れるというロードムービーだ。

ブロークン・フラワーズ

ジム・ジャームッシュの作品て実はあまり観ていない気が。予告編が面白そうだったのでDVDで観てみることに。カンヌ国際映画祭でグランプリを取っているというのがちょっと気がかり。カンヌと相性悪いのよね。。。( ^ _ ^;恋人に愛想を尽かされ去られてしまったドン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。