1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコ「30兆円の闇」もうこれで騙されない

★本日の金言豆★
自販機や両替機などでお札をカラーコピーしたものを使おうとすれば偽札使いの犯人になるが、白黒コピーを使おうとすれば窃盗になる。(白黒コピーでは偽札とは言えないため。)

2005年9月発売
 タイトルにもあるとおり、「30兆円」もの金が動く巨大市場、パチンコ業界。
 その規模は、鉄鋼やら造船など、日本のすべての業界市場をひっくるめたランキングでも堂々4位に入るという巨大さ。
 にもかかわらず、何故かいまだに”ダーティ”な”日陰者稼業”というマイナスイメージがつきまとう業界。
 確かに、パチンコ依存症とやらで多重債務に陥る人が大勢いるとか、夏場になると必ず車に乳幼児置き去り熱死事件が発生するとかいったマイナスな事件が発生しているのは事実ですが、冷静に考えればそういう”業界ならでは事件”っていうのは少なからずどこの業界でもあるもの。
 変態や異常殺人者が捕まる度にその住処で発見され、青少年の凶悪化に結びついてるんじゃないかっていう言説が絶えないTVゲーム業界、ついこないだまで談合による入札が当たり前の慣例だった建設業界など、そういう例は枚挙に暇がありません。

 にもかかわらず、パチンコ業界ほどダーティイメージが根強く残る業界はないんじゃないか!?と思えるこの現状、いったい何故?
 ギャンブルだからというなら、宝くじや競馬など、純度100%のギャンブルがちゃんとあります。しかもあっちはパチンコなどよりべらぼうに高い寺銭をぼったくられる、ギャンブルとしては全くもって割の合わないもの。
 しかしあっちにはダーティイメージなどかけらもないのは、お上公認で運営されているから。
 これぞ核心、パチンコ業界は、約1世紀近い歴史を持ち、30兆円という巨大市場を持つにも関わらず、未だに法的にグレーなまま放置されているという、かなり異常な業界であり、それこそダーティイメージを払拭できない最大の理由。

 明確な法の拠り所が無く、別に女性が接客するわけでもないのに「風俗営業法」の範疇で規定される為、そのすべてが警察の管轄化に置かれる。その曖昧さ、警察のさじ加減ひとつでけっこうどうにでもなってしまう危うさが、
 北朝鮮や中国などへのゴト師による外貨流出や犯罪の多発といったブラックな事件や、
 法の拡大解釈でしかない三店方式による換金といった限りなくブラックに近いグレーな運用方法といったものを生み出す原因となり、業界の健全化を阻んでいるのです。

 この手の裏社会に毎度毎度鋭く切り込み、ヤクザに刺されたりも日常茶飯事という著者が、業界の裏のウラまで徹底取材。その驚きの仕組みを暴きます。
 月収ウン百万、ウン千万を荒稼ぎするという”裏ロム師””ゴトの元締め”など、よくそんな人に会って話を聞けたなあと思うようなキケンな対談インタビューをベースに、  そこまでやるか!?というような精巧な技術を要する手口から、単なる押し込み強盗以外の何ものでもない力技まで、あらゆる手を尽くしてホールから金をせしめる、ホールも打ち手も真っ青のその驚きの実態を紹介。
 とりあえずこれを読めば、依存症気味の方もちょっとは財布の紐を締められるかも!?(あるいは、ゴト師に就職したくなる!?)

 唯一残念なのは、ほんとに「闇」の部分の掘り下げに終始しており、そうでない部分、
 例えば最近郊外の大型パチンコ店などはほんとにキレイなつくりになってますが、そういうホールがクリーンなイメージ作りにどう腐心しているかとか、
 台メーカーは、ギャンブル性の高い台が人気上位を占める現状をどう思っててどんな努力をしてるか?
 といった方面の話がほとんどないこと。ちょっとバランスが取れていない感が否めません。

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

パチンコ「30兆円の闇」もうこれで騙されない
溝口敦

著者の作品


金言豆メインサイト 本の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

隠された3つの真実@栃木リンチ殺害事件

栃木県警の萩原孝昭警部補の息子・克彦、67日間集団リンチ殺人の首謀者! 主犯格の萩原克彦は、栃木県警の萩原孝昭警部補の次男で、中学卒業後ビジネス学校に入るが、ほどなく中退

こんなにDSのソフトがあるんですねぇ

人気作から、不人気作?までいっぱいあります。脳トレで鍛えるのもよし、マリオで懐かしむもよし!カバーを買ってくっつけてみるのも乙ですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。