1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイロビの蜂

★本日の金言豆★
イヴェット・ピアパオリ:女性活動家で慈善事業家。19歳で国際難民救済協会の職につき、1999年に60歳で交通事故死するまでの間、アフリカの貧民の為に精力的に活動した。本作の主人公テッサ・クエイルのモデル。

2006年5月13日公開
 原題は「The Constant Gardener」。なんでこういう邦題になったのでしょうかね!?まあ物語の舞台はナイロビですからいいとして・・・
 貧困にあえぐアフリカ、それをいいことに都合のいい実験台として使用しようとする先進国、そのカラクリを暴こうとする女性活動家テッサ(レイチェル・ワイズ)と、その良き夫で外交官のジャスティン(レイフ・ファインズ)。
 他人に借りまくってその気になれば踏み倒し自由な借金国家なくせに世界の警察を気取る国が、またまた大きなお世話でアフリカの貧困層を救え!的なメッセージを押し付ける映画か!?と思いましたが、どちらかというとそこよりも、テッサとジャスティンの永遠普遍の愛を切なく描いたラブストーリーです。

 劇中、時間軸を目まぐるしく入れ替えて場面展開する演出で、先に結果を見せた後その説明をしたり、回想シーンと現在進行形の話をからませたりと、その場面転換の唐突さに若干戸惑う部分はあるものの、混乱してストーリーがわけわかんなくなるほど複雑ではありません。
 基本的にはテッサとジャスティン夫婦が中心に展開する話で、あと主要人物数名がからむだけでそれほど登場人物が多くはないのが幸い。

 情熱的な活動家であるテッサ、その間逆の性格ともいえるガーデニング大好きで事なかれ主義のジャスティン。表面上は何も問題なしのように見えた夫婦、しかしある日突然テッサを襲った悲劇。その影にちらつく男の影、否が上にも疑心を募らせるジャスティン。彼女を調べれば調べるほど、生前彼女の本質を何も理解していなかったと気づく。しかし、彼女の死の真相にたどり着いたとき明らかになるのは、彼女のジャスティンに対する永遠不変の愛。

 切な過ぎるラストは、涙を流して無く類ではありませんが、ジーンと心に余韻を残す静かな感動。妻への愛に応える為に、妻の愛を無駄にしない為に、そして最後に妻に会う為に、あのような行動がはたして取れるものか・・・。

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

「ナイロビの蜂」オリジナル・サウンドトラック
2006年4月28日発売

nairobinohati_book.jpgナイロビの蜂(上・下)集英社文庫
2003年12月発売

ナイロビの蜂 日本語公式サイトはこちら
監督:フェルナンド・メイレレス
原作:ジョン・ル・カレ
脚本:ジェフリー・ケイン
出演:レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ ダニー・ヒューストン
2005年/イギリス/ギャガ/128分

今やアカデミー賞女優、レイチェル・ワイズ出演作


金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

COMMENTS

この作品は、見応えのある映画でした

こんにちは。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからもコメントとトラックバックのお返しを失礼致します。

この作品は、社会的のみならずラヴ・サスペンス的な味わいも感じられる事柄を対比させて、様々な要素をバランス良く取り入れた優れた映画であったと思います。

また遊びに来させて頂きます。
改めまして、今度共よろしくお願い致します。
ではまた。

TBどうもです

いい映画でした。
サスペンスの謎に迫れば迫るほど、明らかになってくるのは切ないほどに深い愛、という構造が見事です。
フェルナンド・メイレレス、やはり只者ではなかったです。

TBありがとうございました。

こちらからもTBさせていただきました。
妻の真実を捜すうちに、自らの生き方も見つけ出し選択して行く夫ジャスティン。
このような形の夫婦もあるのだなと思いました。

TB有難うございました。
こちらもTBさせて下さいね。

TB有難うございます。

ラストも切ないですが、ようやく家に帰れたと思えば、
少しは楽になりますね。

TBありがとうございました

こんにちは♪
サスペンス性に引かれて2時間集中できましたが、いま記憶に残っているのは2人の愛の形です。
こんな形でしか理解し合えなかったのが悲しいですが、ジャスティンには悔いはなかったはずですよね。

TBありがとうございました。「目の中のリンゴ」です。
私はちょっとラブストーリー部分に共感できないでいたのですが・・・
でも、レイフ・ファインズとレイチェル・ワイズ、よかったです。

ご挨拶が遅れましたm(_ _)m

TBありがとうございました。私もTBさせていただきました。
同じ作品を見ても、こうも感じ方が違うのかと、記事を楽しませていただきました。
正反対の印象というのが面白いです。
そういう違いがまた良いのですけどね。お互いの存在理由があって。
またよろしくお願い致します。

TBありがとうございました。あっしゅです。
この映画は本当に”恋愛映画”として観たものですから感情移入することが出来ませんでした。前半は奥さんがあまりにも旦那より仕事を優先し、旦那はかわいそうだなぁって正直思いました。ナイロビの景色は壮大で、製薬会社の実態などサスペンス的な展開にかなりがっかりしてしまいましたねぇ。DVDが出たら、見方を変えてみてみたいと思います。

はじめまして

こんにちは。
映像配信サイト「X-TV」編集長:雉と申します。
こちらにトラックバックを貼らせて頂きました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
http://x-tv.jp/

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナイロビの蜂 THE CONSTANT GARDENER

レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ主演ジャスティン・クエイルは英国外交官で物静かな庭いじりが好きな男その妻テッサは正義感が強く 気丈で自分の信念を持って突き進み強引とも思われるほどの言動で真実を追求する法律家ですふたりはケニア ナイロビで生活をしてい

ナイロビの蜂

 まさか!テッサ(レイチェル・ワイズ)がいきなり死ぬなんて・・・ひょっとすると双子の妹が現れてジャスティン(レイフ・ファインズ)の調査を手伝うのかと思ったよ・・・

ナイロビの蜂/The Constant Gardener

公開前からこんなに煽られたら、嫌でもちょっとは楽しみになってしまう、、、、世界130以上のマスコミから絶賛の嵐!とか海外映画評No1サイト Rotten Tomatoesでも82%がフレッシュ{/ee_3/}(絶賛)とか言ってるのを日本でもウリにしてるし。。。。そして気になっていたのが

ナイロビの蜂

「ナイロビの蜂」 2006年 英★★★★☆この春、一番観たくて心待ちにしていた、作品。やっと公開です。雄大なアフリカ大陸の大自然を舞台に、夫婦の愛や不条理に立ち向かう正義感や、やりきれない思いを切ない音楽に乗せて 描いた、リアリティあふれる物語...

ナイロビの蜂

渇いた大地から届く,深い愛のラブストーリー。

ナイロビの蜂

ナイロビの蜂を見てきました。私は、もうちょっと派手な映画を想像して見に行ったのですが、全然違っていました。ジャスティンは、亡き妻の意志を引き継いで、巨大企業、国家に立ち向かって行くのだが。そこには、正義の味方やヒーローなどは登場せず派手さはない。しかし強

ナイロビの蜂

 彼女が私の家 。私は彼女の元へ帰る。

■ナイロビの蜂

英国外務省一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を見送った。しかし2日後に帰ってくる筈だったテッサは、車で出かけたトゥルカナ湖の南端で殺され永遠に帰らぬ人となる。警察はよくある殺人

ナイロビの蜂ぃ~

映画『ナイロビの蜂』の試写会を観てきました。なんかテレビでスピリチュアルカウンセラー江原啓之氏が宣伝してるやつだね~。妻のテッサ役レイチェル・ワイズがアカデミー助演女優賞を受けたりと、結構期待しちゃってたりして。この映画、原題は、『The Constant Gardener

『ナイロビの蜂』

地の果てで、やっと君に帰る。■監督 フェルナンド・メイレレス■脚本 ジェフリー・ケイン■原作 ジョン・ル・カレ(「ナイロビの蜂」)■キャスト レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ダニー・ヒューストン、ピート・ポスルスウェイト、ユベール・クンデ□オフィ

ナイロビの蜂

ネタバレあり。あ~、いい映画だったぁ。すごく熱い涙が流れたなぁ。今年は映画館に見に行っている作品はかなりいい作品が多いなぁ。どれも本当に心に残る作品が多い。レイフファインズもレイチェルワイズも好きな役者さんで、楽しみにしていたところ、レイチェルワイズがア

「ナイロビの蜂」レイチェル・ワイズの笑顔が胸に刺さる

「ナイロビの蜂」★★★☆レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ主演フェルナンド・メイレレス監督、2005年イギリス大衆の前でも自らの考えをひるむことなく主張できる女性、テッサ。彼女と恋に落ち、一緒にアフリカに赴任した外交官の主人公。テッ...

ナイロビの蜂

梅田ピカデリー 日本人の感覚として、映画はまだ「特別な時間」である。多くの日本人は、1年に映画を10本も観ない。平均すると5~6本。つまり、2ヶ月に1本である。10年で50本。だから私は「ターミネー

「ナイロビの蜂」意外と宣伝通り、かつ傑作

ストーリー: アフリカのナイロビでイギリスの外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ある日、弁護士で救援活動家の美しい妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を殺されてしまう。失意の中、ジャスティンは、妻が追っていた事件がイギリスの薬品メーカーによる..

ナイロビの蜂 (2005) THE CONSTANT GARDENER 128分

 アフリカ・ケニアのナイロビ。ガーデニングが唯一の趣味という英国外務省の一等書記官ジャスティン。事なかれ主義の彼は、アフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサの行動には深く立ち入らず、見ない振りを決め込んでいた。ところがそんなある日、テッサは救援活動中に

ナイロビの蜂

夫婦の深いラブストーリーであり、重い社会派サスペンス。怒りを覚え、恐ろしくもあり、切なくもあり、感動の話でもある。見ている間は感動も何もなかった。ただただ圧倒されて。エンドロールが流れ出しても最後まで席を立てずに湧き上がる思いを感じていた。

スニーク試写会鑑賞 新宿明治安田生命ホールにて ~ フェルナンド・メイレレス 「 ナイロビの蜂 」

こんばんは。晴れ時々曇り、昼にはにわか雨が降った土曜日です。今日は、新宿明治安田生命ホールにて行なわれたスニーク試写会で観させて頂いた、フェルナンド・メイレレス氏の新作映画について。『 ナイロビの蜂 ( THE CONSTANT GARDENER ) 』 ( ‘

試写会鑑賞 ヤマハホールにて ~ フェルナンド・メイレレス 「 ナイロビの蜂 」

こんばんは。良く晴れて暖かい休日、日曜日です。今日は、ヤマハホールにて行なわれた試写会で再度観させて頂いた、フェルナンド・メイレレス氏の新作映画について。『 ナイロビの蜂 ( THE CONSTANT GARDENER ) 』 ( ‘05年 イギリス )午後の2:00

文明国では、あらゆるものが疑わしい ~ ジョン・ル・カレ 「 ナイロビの蜂 」

こんばんは。一日雨降りの火曜日です。今日は本について。『 ナイロビの蜂 ( THE CONSTANT GARDENER ) 』 ジョン・ル・カレ ( JOHN le CARRE ) 加賀山  卓朗 訳 ( 文庫本 ‘03年 (株)集英社 )ナイロビの英国高等弁務官事務所に勤

ナイロビの蜂

監督 フェルナンド・メイレレス出演 レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ ダニー・ヒューストン ピート・ポスルスウェイトイギリス外務省に勤めるジャスティンは、妻テッ

ナイロビの蜂・・・・・評価額1700円

ブラジル、リオのスラムで生きる少年たちの姿を鮮烈に描いた、「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督のハリウッド進出第一作。何と「鏡の国の戦争」などで知られ

『ナイロビの蜂』

もともとは『炎のゴブレット』のマイク・ニューウェルが撮るはずだったこの映画ですが、スケジュールが合わず、ブラジル人フェルナンド・メイレレスの手で映画化されました。なかなかアライブ感のある映像になっていてナイロビの空気が伝わってきそうでした。

ナイロビの蜂 (2005)

ナイロビの蜂監督 フェルナンド・メイレレス出演 レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ビル・ナイ評価 8 ★★★★★★★★ アフリカ・ケニアのナイロビ。ガーデニングが唯一の趣味という英国外務省の一等書記官ジャスティン。事なかれ主義の彼は、アフリカで精力

*ナイロビの蜂*

{{{   ***STORY***             2005年   イギリスアフリカ・ケニアのナイロビ。ガーデニングが唯一の趣味という英国外務省の一等書記官ジャスティン。事なかれ主義の彼は、アフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサの行動には深く立ち入

ナイロビの蜂

原題はThe Constant Gardener。よく手入れされた庭が先進国であり、その外は貧困に苦しむ国々、特にアフリカだ。僕たちは庭の美しさを愛でながら、それがどこから養分を吸い上げているのか、

ハチミツ三つ!(昨日の続き)

『ナイロビの蜂』スニーク試写を観て。「彼らの命はあまりにも安い。」目の前のたった一人の少年の命すらも救えない現実。その現実に怒りを抱き共に闘った夫婦の時間を越えた愛。遠いアフリカの大地で、尊い命を代償に富を得る巨悪と、渦巻く陰謀・・・。外務官の夫が、昨日

「ナイロビの蜂」、公開

本日公開され、レイチェル・ワイズがアカデミー賞助演女優賞を獲得した「ナイロビの蜂」の情報を。「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督が、冒険小説の巨匠ジョン・ル・カレの原作を映画化。妻の死に世界的な陰謀の存在を嗅ぎ取った主人公の心の旅路を、

映画~ナイロビの蜂

   「ナイロビの蜂」公式サイト本年度アカデミー賞 助演女優賞(レイチェル・ワイズ) 受賞作品ナイロビでイギリス外交官として平和に働くジャスティン。しかし、ある日、弁護士でもある彼の美しい妻テッサが殺害される。妻が追っていた事件を調べるうちに、イギリスの

ナイロビの蜂

■ 試写会にて鑑賞ナイロビの蜂/THE CONSTANT GARDENER2005年/イギリス/128分監督: フェルナンド・メイレレス出演: レイフ・ファインズ/レイチェル・ワイズ/ユベール・クンデ/ダニー・ヒューストン/ビル・ナイ公式サイトケニア駐在の英国外務省一等....

「 ナイロビの蜂 」

監督 : フェルナンンド・メイレレス 主演 : レイフ・ファインズ /  レイチェル・ワイズ/       公式HP:http://www.nairobi.jp// ナイロビの蜂(原題 TheConstantGardener ) サスペンス小説の巨匠ジョン・ル・カレの傑作小説を完全映画化。 監督は...

「ナイロビの蜂」

「The Constant Gardener」2005 UK/ドイツオスカー助演女優賞(2005)/レイチェル・ワイズ監督はブラジル出身のフェルナンド・メイレレス(シティ・オブ・ゴッド/2002)。主演の英国外交官ジャスティン・クエイルにレイフ・ファインズ(メイド・イン・マンハッタン/2002

「ナイロビの蜂」を観る

主演の一人であるレイチェル・ワイズは好きな女優さん。しかも、今年のアカデミー賞・助演女優賞を獲得した作品なので、早めに鑑賞したいなと思っていましたら、運よくブログを持っている人限定の試写に招かれました。配られたワンペラ(ペラいち)の紙に、「きっかけは妻の

サスペンスから生まれたドラマ。『ナイロビの蜂』

妻の死を切っ掛けに、彼女の足跡をたどる英国外交官の物語です。

映画 「ナイロビの蜂」

映画 「ナイロビの蜂」の試写を新宿明治安田生命ホールにて。

「ナイロビの蜂」

 2005年/イギリス 監督/フェルナンド・メイレレス 出演/レイフ・ファインズ     レイチェル・ワイズ 重い。すごく重い。でも、目を逸らしてはならない。そんな気分にさせられた。 アフリカのナイロビで外交官として働くジャスティン。しかし、ある日妻のテッサ

映画「ナイロビの蜂」

原題:The Constant Gardenerアフリカ・ナイロビで、3人に一人が死ぬという結核のための新薬の人体実験が・・人命を軽々しく扱う巨悪に立ち向かい、不正を暴こうとするが・・。 ケニア・ナイロビの英国外交官ジャスティン・クエイル(レイフ・ファインズ)が妻テッサ・クエ

ナイロビの蜂~レイフ・ファインズが最高!

今年のアカデミー賞で助演女優賞を受賞。(レイチェル・ワイズ)そして、監督があの「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレスと聞いて期待して、試写会「ナイロビの蜂」を見てきました。これがまた、良かったです。イギリスの外交官であるジャスティン(レイフ・

映画@ナイロビの蜂/THE CONSTANT GARDENER

地の果てで、やっと君に帰る。それは、しばしの別れのはずだった。。英国外務省一等書記官のジャスティンは、ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサを見送った。「行ってくるわ」「じゃ2日後に」その後、ジャスティンの許に妻の死の知らせが届く。。妻テッサ、彼女は黒人

映画「ナイロビの蜂」

映画館にて「ナイロビの蜂」雄大なアフリカの大地を舞台に描かれる夫婦の愛、製薬会社を巡る陰謀のサスペンスに目が離せない2時間だった。救援活動家で情熱的なテッサ(レイチェル・ワイズ)とガーデニングを愛する物静かな英外交官ジャスティン(レイフ・ファインズ)は出

『ナイロビの蜂』公開前に思ったことなどなど

公式HPとかで・・・ ハチミッツはないだろ~! テッサの気持ちを思えば、あのマーク(あのマークとは違うと思うけど)見たくもないよ! って思わないのかしら~?プンプン! 江原啓之さん(スピリチュアル・カウンセラー)が『ナイロビの蜂』テレビCMに出演。江原さんはフ

ナイロビの蜂 ( 試写会 )

妻の死の真相に隠された世界的陰謀をめぐる極上のサスペンスが、心に染み入る<愛の傑作>に変るとき・・・

ナイロビの蜂

6点/10点満点アフリカ・ケニアのナイロビ。ガーデニングが唯一の趣味という英国外務省の一等書記官ジャスティン。事なかれ主義の彼は、アフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサの行動には深く立ち入らず、見ない振りを決め込んでいた。ところがそんなある日、テッサ..

『ナイロビの蜂』観て来ました!

『ナイロビの蜂』鑑賞レビュー!原題?The Constant Gardener後援::::国連世界食糧計画 (WFP)きっかけは、妻の死。たどり着いたのは、妻の愛。雄大なアフリカの大地を舞台に喪失感の只中に満ちてくる愛の奇跡?。本年度アカデミー賞4部門ノミネート!世界が絶賛し涙した、

ナイロビの蜂

【映画的カリスマ指数】★★★★★ 地の果て、愛と信念を胸に・・・ 

ナイロビの蜂

第28回アカデミー賞 助演女優賞受賞(レイチェル・ワイズ) 脚色賞、作曲賞、編集賞ノミネート第63回ゴールデングローブ賞助演女優賞受賞(レイチェル・ワイズ) 作品賞・ドラマ部門、監督賞ノミネートアフリカの空気がのどの渇きを激しく助長してくる。水という愛情で潤

「ナイロビの蜂」 宣伝、間違ってない?

試写会に行ってきました。レイチェル・ワイズがアカデミー 助演女優賞を受賞した作品です。監督は、フェルナンド・メイレレス。ブラジルのスラム街を描いた「シティ・オブ・ゴッド」が絶賛された監督さんですが、私はまだ観ていません・・・。主演は レイフ・ファインズで

ナイロビの蜂

この映画、アメリカでマスコミ試写では評判悪かったようです。

ナイロビの蜂

 イギリス サスペンス&ドラマ 監督:フェルナンド・メイレレス 出演:レイフ・ファインズ     レイチェル・ワイズ     ビル・ナイ     ユベール・クンデ英国外務省一等書記官ジャスティンはアフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサの...

ナイロビの蜂-(映画:今年65本目)-

監督:フェルナンド・メイレレス出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ユベール・クンデ、ダニー・ヒューストン、ビル・ナイ 公式サイト評価:77点(100点満点)(ネタバレあり)さて、どのように評価したらいいのか難しい。決....

ナイロビの蜂

それは、しばしの別れのはずだった。英国外務省一等書記官のジャスティンは、ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサを見送った。「行ってくるわ」「じゃ2日後に」それが妻と交わす最後の会話になるとも知らずに…。テッサは車で出かけたトゥルカナ湖の南端で殺された...

映画のご紹介(133) ナイロビの蜂

ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(133) ナイロビの蜂-「きっかけは、妻の死」「たどり着いたのは、妻の愛」とは名キャッチだね。原題はThe constant gardener(「いつも庭いじりしている人」みたいな感じか...

ナイロビの蜂(映画館)

地の果てで、やっと君に帰る。CAST:レイフ・ファインズ/レイチェル・ワイズ/ユベール・クンデ/ダニー・ヒューストン/ビル・ナイ 他■イギリス産 128分ラブストーリー要素と社会派サスペンス要素を両方あわせ持ったけっこうずっしりくる作品。食べ物でいえばカツカレー

社会派サスペンス:『ナイロビの蜂』

縷『ナイロビの蜂』朝一で見てまいりました。(>Д<)ゝ” 社会派サスペンスです獵 (適当につけました。) 朝から見る映画ではなかった...かな令 見終わった後あまりスッキリはしません。 しかし見応えあります。 何だか久々にこの手

『ナイロビの蜂』

----タイトルだけ聞いたんじゃ映画の中身が分かんないね?「そうだよね。レイフ・ファインズが出ていて舞台がアフリカと言うことからか、日本でのビジュアルは『イングリッシュ・ペイント』を思わせる上がりになっている。でもこの映画の原作は『寒い国から帰ってきたスパイ

『ナイロビの蜂』

『ナイロビの蜂』(原題 The Constant Gardener)試写。 とても不思議な映画です。ラブストーリーといえばそうだけれど、観ている間は、終始社会派サスペンススリラーのようでいて、見終わると、切なさや諦め、哀しさ、深い慈愛と、色んな感情がじわじわと込み上げてくる。

『ジャケット』

『ジャケット』(原題 THE JACKET)試写。 予告編を見かけてから結構楽しみにしていた作品。キーラ・ナイトレイとエイドリアン・ブロディが主演というだけでも期待が膨らみます。 監督はMTVやビジュアルアートなど多分野で活躍するインディペンデント作家のジョン・メイブ

ナイロビの蜂(2005)

庭師は夫だったのか。妻が植林でもしているのかと思っていた。 < こらっそういえば、これ、予告編を一回も見なかったぞ。そしてさらに誤解。「ナイロビの蜂」という題名は、妻が蜂のひと刺しをするからかとも思ってたのだが、製薬会社のマークが蜂の巣だから? テッサが

ナイロビの蜂 (米国盤DVD)

原題: The Constant Gardener (2005)2006年5月13日 日本初公開公式サイト: http://www.nairobi.jp/ゴウ先生総合ランキング: B+  画質 (ビスタ): A-/B+  音質 (ドルビーデジタル5.1ch): A-  英語学習用教材度: A-

ナイロビの蜂

見る前にあまり期待し過ぎると、自分の中で妄想が膨らみ過ぎるのか(笑)、期待外れとは言わないまでも、少し肩透かしをくらったような戸惑いを覚えます。この作品もそうでした。書店に並んだ文庫版は上・中・下巻でかなりのボリューム。それを2時間の中に収めようとするこ

「ナイロビの蜂」 The Constant Gardener

かつて冒険小説を好んで読んでいた頃、ギャビン・ライアルの「最も危険なゲーム」とジャック・ヒギンスの「鷲は舞い降りた」と並んで好きだったのがジョン・ル・カレの「寒い国から来たスパイ」だった。外務省書記官として西ドイツのボンに赴任した自らの経験をもとにリアリ

ナイロビの蜂

『ナイロビの蜂』は、ただの大河ドラマでもロマンスでもない映画でした。ガーデニングが趣味の、英国外交官のジャスティンは、探究心と正義感が強く魅力的なテッサと恋に落ち、ともにアフリカへ旅立ちます。テッサは、友人の医師アーノルドと好んでスラムへ出かけ、活動する

ナイロビの蜂

監督:フェルナルド・メイレレス、出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、2005年英国 思慮深くいかにも英国人然とした外交官の男と、若く奔放な妻の物語。

シネマ日記 ナイロビの蜂

妻の死の謎を追う夫を描く、社会派サスペンス。アフリカにおける製薬会社の新薬の人体実験を暴こうとし、そして殺された妻。そんなことなど知らず、幸せな夫婦と思っていた英国

ナイロビの蜂

ストーリーナイロビの英国高等弁務官事務所に勤務する外交官ジャスティンのもとに、妻テッサが惨殺されたという知らせが入る。ガーデニングを趣味とし、穏やかで礼儀正しく誠実な人柄のジャスティンであったが、喪失感の中、彼女の死の真相を探るうちに、巨大製薬会社が絡む

『ナイロビの蜂』

ああ・・あの『シティ・オブ・ゴッド』の監督だったんだと後から「なるほど」と思った。 映像のトーンがね、そうだし。 子供の表情を撮るのが上手いですねやっぱり。 随分前から散々公式HPを覗いては楽しみにしていたクセに、そういう基本情報が全然頭に入っておらず、ア

ナイロビの蜂

2005年、UK、フェルナンド・メイレレス監督。原題The Constant Gardener穏やかな英国外交官ジャスティン(レイフ・ファインズ)と情熱的な妻テッサ(レイチェル・ワイズ)。ナイロビに赴任した二人、テッサは夫に内緒で疑惑の医療団体の背景を調査していた。医師と二人

「ナイロビの蜂」レビュー

「ナイロビの蜂」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ダニー・ヒューストン、ユベール・クンデ、ビル・ナイ、ピート・ポスルスウェイト、他 *監督:フェルナンド・メイレレス *原作:ジョン・ル・カレ

ナイロビの蜂

         評価:★4点(満点10点)監督:フェルナンド・メイレレス主演:レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ2005min 128min英国外務省一等書記官のジャスティン(レイフ...

ナイロビの蜂

原題は「Constant Gardener」。原作=ジョン・ル・カレ。監督=フェルナンド・メイレレス。アフリカの人命の軽さの悲しい現実。政府と企業との謀略。製薬会社が武器商人と同じだという告発。”庭いじり外交官”は蜂サンをやっつけられるか。☆☆☆★★★

ナイロビの蜂

予告編を何度も見てたのでかなりシリアスな内容だろうと覚悟して見に行きました。明るい画面に反して テーマは重くのしかかってきました。アンジェリーナ・ジョリーの

ナイロビの蜂

  テッサの愛に彼は包まれる・・・世界の果てで。 ナイロビでイギリス外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)。 ある日、訃報が訪れる。ロキに赴いた美しい彼の妻テッサ(レイチェル・ワイズ)が何者かに殺害されたとの知らせを受....

FUN … 『ナイロビの蜂』

【cinema de refresh(?)】

「ナイロビの蜂」

「ナイロビの蜂」 公式サイト 劇場鑑賞ゆづの好き度 ★★   (満点は★5個、☆=★×1/2)?2006年5月13日初公開  上映時間128分レイチェル・ワイズは、気の強い強引な女を演じると素敵ですね。「ハムナプトラ」「コンスタンティン」でのレイチェル・

ナイロビの蜂

ナイロビの蜂 THE CONSTANT GARDENER (2005/イギリス)切なすぎる・・・監督フェルナンド・メイレレス Fernando Meirelles原作ジョン・ル・カレ John Le Carre  『ナイロビの蜂』脚本ジェ

「ナイロビの蜂」

少々退屈だった。妻は、なぜ殺されたのか。アフリカの地を舞台に、人命を軽視した製薬会社の悪行をつきとめようとする夫。サスペンス・ミステリーを縦糸に、夫婦愛を横糸に、アフ

ナイロビの蜂

 この作品を、妻の死にまつわる疑惑を調査する社会派サスペンスとみるか、亡き妻との思いを綴る恋愛映画とみるか、見解は分れるでしょう。  自分は

ナイロビの蜂

“世界がアフリカを食いものにしている”このセリフが胸を突いた。夫婦の深い愛を描いた感動のラブストーリー、というぐらいしか予備知識なく鑑賞しました。少々“愛”などというものが“浅く”なってきた私ども夫婦・・・[:ひやひや:]英国外交官のジャスティン(レイフ・フ

ナイロビの蜂 (2005年、英)

原題: THE CONSTANT GARDENER監督: フェルナンド・メイレレス 原作: ジョン・ル・カレ 脚本: ジェフリー・ケイン 出演: レイフ・ファインズ    レイチェル・ワイズ    ユベール・クンデ     ダニー・ヒューストン    ビル・ナイ      ピート・ポ

蜂なのに、蝿、ハエ・・・『ナイロビの蜂』

あ~、ハエ、ハエ~♪蝿、蝿~♪はえはえぇ~♪『ナイロビの蜂』観に行きました。行ってからというもの、ここ2日間ほど、「あ~ハエ、ハエ♪」の音楽がアタマから離れず、「ハエ病」にうなされております。何をしてても、勝手にクチが「あ~ハエ、ハエ」って歌ってしまうん

THE CONSTANT GARDENER(邦題:ナイロビの蜂)

 " 私は 中央アフリカの大地にこしらえた岩壁の上に座り、空から白い物体が投下されるのを眺めた。医療キャンプに落とされる期限切れの医薬品。先進国から第3国への廃棄物というプレゼント。 私は貧困街の雑踏に佇んで眺める。人体実験をされているとさえ知らずに、

ナイロビの蜂

The Constant Gardener(2005 イギリス)なんとなく「イングリッシュ・ペイシェント」に似てるような。出演も同じレイフ・ファインズだし。イギリスのサスペンス作家ジョン・ル・カレの原作で舞台はアフリカ。主人公は庭いじりを趣味としているイギリスの外交官。赴任先の

「ナイロビの蜂」 2006-28

「ナイロビの蜂」を観てきました~♪英国の在ナイロビ一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、北部の街キロへ向かう妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を空港で見送る。2日後また会えるはずだったが、彼の元に届いたのは訃報だった。彼女の死に疑問を持ったジャス

ナイロビの蜂

ナイロビの蜂上映時間 2時間8分監督 フェルナンド・メイレレス出演 レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ ユベール・クンデ ビル・ナイダニー・ヒューストン評価 6点(10点満点) 何を上映するか知らされない試写会。アンケートに答えて報酬がもらえ...

ナイロビの蜂

テレビCMで、この映画を推薦しているのはなんと!スピリチュアル・カウンセラーの江原哲之さん。確かに、冒頭5分で逝ってしまった妻と交信するわけですから、「スピリチュアル映画」といえるのかも。。。

「ナイロビの蜂」(2005・英)

久々に試写会行ってきました。タイトルは「ナイロビの蜂」、5月13日公開映画。レイフ・ファインズとレイチェル・ワイズが共演し、原作はジョン・ル・カレ、舞台はアフリカ……な訳ですが、試写会場でもらった二つ折りチラシをぱかっと開けると著名人コメン...

「ナイロビの蜂」

「世界中が絶賛し涙した、壮大なラブストーリー」というコピーと、予告編を見た時に、アフリカをだしに使った、自己中心な女の話「すべては愛のために」を思い出した。この作品も似たようなもんじゃないのと思ってましたが、監督が「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・

ナイロビの蜂

イギリスの冒険小説の第一人者、ジョン・ル・カレの同名小説を『シティ・オブ・ゴット』のフェルナンド・メイレレス監督が映像化。救済活動に熱心で行動的な妻の謎の事故死に隠された世界的陰謀を追って、アフリカの大地をめぐり、巨悪に立ち向かおうとする外交....

ナイロビの蜂 / The Constant Gardener

「地の果てで、やっと君に帰る」監督:フェルナンド・メイレレス原作: ジョン・ル・カレ脚本:ジェフリー・ケイン音楽:アルベルト・イグレシアス出演:レイフ・ファインズ 、レイチェル・ワイズ 、ユベール・クンデ 、ダニー・ヒューストン 、ビル・ナイ公式HP:http://

行き着く先は・・彼女の心

105「ナイロビの蜂」(イギリス) イギリス外務省一等書記官のジャスティン・クエイルはある朝訃報を聞く。数日前ナイロビの空港で見送った妻が死んだという。しかも殺されたと。妻のテッサは元々アフリカの救援活動に取り組み、医療施設の救援活動に励んでいた黒人医師

ナイロビの蜂

第453回★★★★☆(劇場)(綺麗事と思われる文面あるので、ご注意あそばせ)「何かがキレイになるには、何かが汚くなければならない」 これは「汚れ保存の法則」と呼ばれるものだ。 転じてこれは「成功の裏にある犠牲」を意味する言葉とも捉える....

ナイロビの蜂

【勝手に評価:★★★★☆】なんだかもの悲しそうだなーっと思いつつも、江原さんがコメントしてたので見てきた作品 ストーリー: アフリカのナイロビでイギリスの外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ある日、弁護士で救援活動家の美しい妻テッサ(

「ナイロビの蜂」を見てきました。

 アフリカにおける製薬会社の汚職を命を省みず暴いていく感動作と思ってナイロビの蜂を見てきました。間違ってはいなかったけど、でも、この映画のテーマってラブストーリーだったのね。そんな風には全然思って見に行かなかった・・・。

ナイロビの蜂

ナイロビの蜂 2005:英監督:フェルナンド・メイレレス演:レイフ・ファインズ/レイチェル・ワイズ/ユベール・クンデ/ダニー・ヒューストン地の果てで、やっと君に帰る。突然の訃報―「悪い知らせだ」「まさかテッサが・・・」 それは、しばしの別れのはずだった。英...

映画「ナイロビの蜂」

http://www.nairobi.jp久しぶりに“映画を観たぁ~”という充実感。レイフ・ファインズにもレイチェル・ワイズにも興味は無し。ジョン・ル・カレには少し興味あり。フェルナンド・メイレレス監督には大いに興味あり。前作「シティ・オブ・ゴッド」みたいに凝った映像や構成

ナイロビの蜂

この作品には凄く沢山のものが詰まっている・・・愛~~夫婦の愛、家族の愛、そして発展途上国への献身的な愛・・・憤り~~人体実験、差別される命、莫大な金と政治、国家権力、邪魔者は殺す・・・正直、予想していた勝手なイメージとは程遠く、かなり重い内容だ....

ナイロビの蜂

レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズが出ている映画、『ナイロビの蜂』を随分前ですが、映画館で観て来ました。レイチェル・ワイズが、この作品でアカデミー賞とったんですよね

社会派サスペンス:『ナイロビの蜂』

縷『ナイロビの蜂』朝一で見てまいりました。(>Д<)ゝ” 社会派サスペンスです獵 (適当につけました。) 朝から見る映画ではなかった...かな令 見終わった後あまりスッキリはしません。 しかし見ごたえあります。 何だか久々にこの

映画鑑賞記「ナイロビの蜂」

鑑賞日:06.06.04 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16「シティ・オブ・ゴッド」でアカデミー監督賞にノミネートされたブラジル人監督フェルナンド・メイレレスの作品。アフリカ・ケニアを舞台に、正義感の強い慈善活動家である妻の突然の死から、平穏な生活を投げ打

★「ナイロビの蜂」

見たい映画が溜まってたので・・・一挙3本見てきました。その1本目。レイチェル・ワイズがアカデミー・助演女優賞受賞した作品。この頃アフリカが舞台の作品が多いよねぇ・・・。まだまだ未開の地だからかなぁ・・・。

『ナイロビの蜂』’05・英

「ナイロビの蜂」オリジナル・サウンドトラックあらすじアフリカのナイロビで、イギリスの外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ある日、救援活動家の美しい妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を殺されてしまう。失意の中、ジャスティンは、妻の殺人の真相..

ナイロビの蜂

こんち 公開して結構経つんだけど…賞味期限としてはギリギリで鮮度が悪いですが、観たのでグダグダとアレします。あっ、6月ですが五月病のBasettaです。一緒に手を引いて通勤して下さい。。。6年生の皆様m(__)m今回観たのは… ナイロビの蜂で...

『ナイロビの蜂』に見るアフリカを舞台とした南北問題

1限を終えて、まっすぐ家に帰ろっかな、どうしよっかな、と迷った末に、つい寄り道してしまいました、池袋シネマロサ。観たのは、『ナイロビの蜂』。監督は、『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレスですね。『シティ~』は観てはいないが、ブラジルのスラム街

ナイロビの蜂

 地の果てで、やっと君に帰る。先日、祇園会館にて「プロデューサーズ」とこの「ナイロビの蜂」を鑑賞した。舞台はケニアのナイロビ・・・・。妻テッサの死をきっかけに、死の真相調べようと・・・・イギリス人外交官ジャスティンは、広大な大地アフリカを巡る。ジャスティ

ナイロビの蜂

7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)いわゆる一つの「良い映画」って感じでしたぁ。もの凄くインパクトがあるってわけじゃないんですけどね。丁寧に作られてるので観ていて惹き込まれるし、真実と結末にジィ~ンと来ました。昔の良作と共通するよ

ナイロビの蜂

『ナイロビの蜂』あらすじ『情熱的な妻・テッサと外交官の夫・ジャスティンは、ジャスティンの駐在先であるナイロビで暮らしていた。そんなある日、テッサが何者かによって殺害されてしまう。警察はよくある殺人事件として処理しようとするものの、疑念に駆ら...

ナイロビの蜂

『THE CONSTANT GARDENER』公開:2006/05/13製作国:イギリス監督:フェルナンド・メイレレス原作:ジョン・ル・カレ    『ナイロビの蜂』(集英社文庫刊)出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ユベール・クンデ、ダニー・ヒューストン、ビル・ナイ、ピート・

ナイロビの蜂

製作年度 2005年 製作国 イギリス 上映時間 128分 監督 フェルナンド・メイレレス 原作 ジョン・ル・カレ 脚本 ジェフリー・ケイン 音楽 アルベルト・イグレシアス 出演 レイフ・ファインズ 、レイチェル・ワイズ 、ユベール・クンデ (allcinema ONLIN...

ナイロビの蜂 (The Constant Gardener)

監督 フェルナンド・メイレレス 主演 レイフ・ファインズ 2005年 イギリス映画 128分 サスペンス 採点★★★★★ 一部の比較的裕福な国を除いて、平均寿命が50歳代を軒並み割ってしまうアフリカ。平均寿命が30歳代の国も、決して少なくない。今これを書いている私の年

ナイロビの蜂

2005年 イギリス 2006年5月 128分 原題:The Constant

ナイロビの蜂

『THE CONSTANT GARDENER』公開:2006/05/13製作国:イギリス監督:フェルナンド・メイレレス原作:ジョン・ル・カレ    『ナイロビの蜂』(集英社文庫刊)出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ユベール・クンデ、ダニー・ヒューストン、ビル・ナイ、ピート・

ナイロビの蜂

ナイロビの蜂日活このアイテムの詳細を見る製作=2005年 イギリス 128分監督=フェルナンド・メイレレス脚本=ジェフリー・ケイン出演=レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ ダニー・ヒューストン ビル・ナイ ピート・ポスルスウェイト公式HP=http://www.nairob

ナイロビの蜂

話題になった作品。DVDで鑑賞。ガーデニングが趣味の英国外務省一等書記官のジャスティンは、赴任先のアフリカのナイロビで妻のテッサと暮していた。現地の救援活動に熱心なテッサはある日、黒人医師アーノルドと共にロキへ向かうのだがトゥルカナ湖の南端で無残な

ナイロビの蜂

ナイロビの蜂 THE CONSTANT GARDENER 監督 フェルナンド・メイレレス 出演 レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ     ユベール・クン...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。